人気ブログランキング |

タグ:書籍 ( 6 ) タグの人気記事

アルジェントASO



銀座にあるアルジェントASOは、何度か予約しようとする度に披露宴やパーティーの貸し切りで断られ、やっとタイミングが合って伺う事ができました。
人気のお店なことは確かなようで、どんなお料理をいただけるのかとても楽しみでした♪




f0189142_17552947.jpg



















f0189142_17344646.jpg



























f0189142_175662.jpg





お部屋は個室をお願いしました。

















f0189142_17573950.jpgf0189142_17581456.jpg


















最初に運ばれたバター&ブレッド。
バターは、塩、オリーブオイルを練り込んだ物、薫製にした生クリーム状のものと3種類。

パンは両端がフォッカチャヤ、栗入り、シリアル胡麻入り、星の形のドライトマト入り、クグロフ型のレーズンとオレンジピール入り。

バターといいパンといい、おっと思う美味しさとバラエティー♪
これは期待できそうですわーーー!











f0189142_1822492.jpg
f0189142_18121.jpg






ワインはブルゴーニュから。












f0189142_17223967.jpg






えっ、グラス逆さまですけど・・・?






f0189142_17251031.jpg


f0189142_1731327.jpgf0189142_17314866.jpg














これは前菜のスモークサーモン3種。
てっぺんに乗っかってるのがサーモンソテーで薄いカツレツと一緒に。

グラスを戻して、グラスの底にあるのは、サーモンに生クリームのエスプーマ。糸状なのは、トルコの小麦を使った麺をフリットにしたものだそうです。

お皿の上にサーモンのカルパッチョ。オリーブオイルと香草の香り付け、バルサミコのホワイトタイプのジュレ。
その下には、アボカドをムースにしたソースがしかれています。


初っぱなから驚きのプレゼンテーションです!@@








f0189142_17334885.jpg








続いて運ばれてきたのにも、またびっくり!!
理科の実験???
モクモクっと煙りが吹き上がってきてるじゃありませんか・・・。













f0189142_17423190.jpgf0189142_17454570.jpg















これは、黒トリュフ風味のオムレツ。
下の鉢にお湯とドライアイスを入れ、そこにトリュフを顆粒状にしたものを加えて撹拌、煙りと一緒にトリュフの香りを醸し出すのだそう!
オムレツにはもちろん黒トリュフとそのソースがたっぷりとかかっています♪













f0189142_17555576.jpg







フォアグラと生ハム。
クレープを敷いたその上にフォアグラのソテー、パルマ産のハム、木の葉状のパンを散らし、横にジャガイモのピュレが添えられています。
コクのある甘みが効いた年代物のバルサミコソースをまぶして。







f0189142_17565115.jpg


これがフォアグラ料理??
なんとまあ繊細な盛りつけをしてあるのでしょう!!
真ん中に飾ってあるのが金魚草の花びら。
周囲の泡はオレンジと蜂蜜の香りをブレンドしたもので、この状態にするにはレシチンの配合が難しいらしいです。。
そして黄色い花びらの下には、バルサミコソースとフォアグラが隠されていました。
蜂蜜とポルト酒に一日漬けたフォアグラのムースです。







うーーーん、今までどれもハズレ無しーーー◎








f0189142_1824563.jpgf0189142_184358.jpg






























あれっ?、きのこのスパゲッティとメニューにありますが、パスタはグラスに別添え??

淡路産タマネギの炭火焼に、7〜8種類の茸、ビーツのゼリーとベーコンの出汁で和えられています。
グラスの中はアンチョビ風味の牛乳ムースでからめたパスタ。








f0189142_18132068.jpg




そうですよね〜、やっぱり一緒に混ぜていただくんでしたーー♪


















f0189142_1883297.jpg







カラスミのスパゲッティ。
う〜〜ん、もう見るからに美味しそうなのがわかりますねーーーー◎
パスタを茹でるのに塩を使っただけだそうで、後はカラスミの塩分だけで絶妙なお味に仕上がっています♪














こうどれも美味しくて、見た目も驚きだと、もう次の料理が今度は何かしらんと楽しみになってきちゃいますねーー♪

で、メニューを見たら、次はカレイライスとでています。
えっ、まさかのインド料理???







f0189142_1818464.jpg








宮城産のナメタカレイに、ガラムマサラ(はは〜〜ん、それでインド風ネーミングを使った訳ですか^^;)と牛乳を泡立てたソースが添えられています。
リゾットもとっても美味しいわ〜〜♪
カレイにライスってことですね。(笑)













f0189142_1822528.jpg














































f0189142_18271433.jpg









f0189142_182758100.jpg




















メインは、牛モモ肉か牛ロースの炭火焼。

上のお皿の付け合わせは、マスカルポーネとブラックペッパーをコンキリエの中に詰めたもの、白いトウモロコシのポレンタに塩味の効いた頬肉の生ハム。

下のお皿の付け合わせお野菜は、ジャンボマッシュルームのフリット、ロマネスク、フヌイユをピクルスにしたもの、ホオズキ。







f0189142_18311464.jpgf0189142_18313798.jpg















そして、ワゴンで運ばれてきたのはこれまた一体何でしょうか???

ありゃ、焼き芋!!

種子島産の安納芋と呼ばれるサツマイモだそうです。
これがねー、もうネットリと甘くって蕩けそうなお味なんですーーー◎

〆が焼き芋ってのも驚きですが、納得の美味しさで大満足でございました♪


・・・って、これで終わりじゃないところがまた凄いんですわ〜。。
















f0189142_1836153.jpgf0189142_1836574.jpg


デザートは上の階でお出ししましょうか?とおっしゃって下さって、メインダイニングも拝見する事ができました♪
こちらの方がずっと眺めが良いですね◎
個室と同じように、こちらのテーブルの上にも、スワロフスキーのクリスタルのオブジェがさりげなく飾られています。




f0189142_18374512.jpg





































f0189142_18395227.jpg

























f0189142_18425520.jpgf0189142_1843696.jpg























f0189142_18444532.jpg

























もうこのデザートの美味しいこと!

キャラメルとココナッツのアイスクリーム。
これに3種類の岩塩が添えられ、削ってお好みの塩味に。。
白いのはモンゴル塩、赤はヒマヤラの岩塩、黒は硫黄の温泉の香りがするそうです。
お土産に3種類のこの岩塩を別に包んでくださいました。おろし金付きで!

そしてティラミスも大変おいしゅうございました♪

最後まで手を抜いていませんねーー◎






f0189142_18474811.jpg







って、まだあったんです、おどろきのトドメが!!@@

マシュマロにジェリーにショコラに・・・。
まあなんて可愛らしいアレンジでしょうか〜♡
このまま持って帰って、しばらく飾っておきたいくらい♪


料理の素晴らしさと、驚きの展開とで、最後までとっても楽しくおいしくいただきました。
サービスも一流でした◎

是非また訪れたいレストランであります!











f0189142_1851052.jpgf0189142_18511488.jpg
















バーラウンジもシックで居心地良さげでしたよ♪

イタリア繋がりで・・・
by jackie-style | 2010-09-22 00:39 | レストラン

「安閑園の食卓」

f0189142_13414446.jpg






























今回は、旅先で読んだ本がとても面白かったのでご紹介します。

林真理子さんが親しい編集者に、「最近、食べものエッセイがやたら出てくるけど、あれを越すのはちょっとないなあ」と話したことから、インターネットの古本市場で見つけ出され、文庫本として復刊されたのがこの本です。
1930年代の台湾に生まれた著者が、台南の郊外の広大な屋敷「安閑園」で過ごした子供時代の食の記憶を丹念に書き綴ったエッセイ。
毎日の普段の食事から祝い事や祭り事、婚礼の宴に至まで、なんと豊かで美味しそうな料理の数々が並ぶことでしょう!
中国の人々の食に対する飽くなき情熱とエネルギー、スケールの大きさにも、ため息が出てきてしまいます。
そして料理があれば当然そこにまつわる当時の人々の暮らしぶりやエピソードも相まって、まるで映画のシーンを見ているかのように、お皿から立ちのぼる湯気の香りや賑やかな人々の笑い声、至福の表情や時に深い悲しみまでも、色鮮やかにその情景が浮かび上がってくるのでした。

著者の父上は、台湾総督府の最高政治顧問という政治の要職にあり、いくつもの会社を経営する実業家、更に学校教育にも力を注いだ方だったそうです。
大家長だった父のもと、著者の兄弟姉妹の数も多く、20人は越す大家族とたくさんの使用人達が、広大な敷地の中に建つ「安閑園」の屋根の下に暮らしていました。
台所のかまどの火は一日中消えず、夕暮れどきには6つのかまど全部に火が入り、煮物、炒め物、揚げ物、スープ、ご飯といっせいに調理され、それはそれは活気があったことでしょう。
著者は幼い頃から料理に興味があったようで、せっせとこの台所に入り浸っては、使用人の邪魔になりながらもお手伝いをかって出たり、おとなしく隅で見物しては料理が作り上げられてゆく様をじっと観察していたようです。

日本の音楽大学で学ぶために来日、日本で結婚生活を送られていたのですが、離婚されてから自宅で得意の料理教室を開かれ、徐々に名が上がって、料理研究家としてNHK「きょうの料理」や雑誌、講演等で活躍なさってました。
台南での生活を語った講演を聞いておられた本間千枝子さんの勧めがあって、この本を執筆され、1986年に刊行されました。
林真理子さんも24年ぶりに読み返したところ、やはり素晴らしかったと書いておられます。
もっともっと著者の色々なお話を読んでみたかったのに、残念ながら2002年にお若くしてお亡くなりになってしまいました。。
凛とした美しい方でらしたのが、お写真を拝見してよくわかります。

本の内容、ちょっと知りたいですよね・・・。

目次の最初のお話が、「宝石売りのおばあさん」

***


年に数回、纏足のおばあさんが小さな足に、それでもちゃんとヒールのある靴をはいて、大きな重たい箱を提げて、危なっかしい足取りで歩いてくる。箱の中身は、いまの金額で言えば一億か二億になるのではないだろうか、ダイヤモンドに真珠、それに中国のことだから翡翠がいちばん多くて、・・・(中略)・・・
高価なものばかり持っているのだから人力車ぐらい乗ればいいのにと思うのだが、いつもかならずひとりで、ヨチヨチとあるいていた。



***

学校から帰った幼い著者が、このおばあさんがきているよと言われると、小躍りして母の部屋にとんでいったのには理由があって、いつもより豪華なおやつが待っているから・・・。
そのおやつとは・・・。
と、甘いお菓子ばかりではない、午後のお茶に添えられた様々な食べ物の話へと広がってゆきます。

そしてこの宝石売りのおばあさんが持って歩いていたのは、宝石だけではなかったのです・・・。
たっぷり時間をかけて宝石選びをする間に交わされる世間話。

***


あちこちの家の出来事や自慢の蘭の出来ぐあい、子どもたちの成長ぶりなどの社交情報を満載してくるのはもちろん、宝石箱のいちばん下の引出しには、ある意味では宝石よりもっと大事なものが入っていた。宝石売りのおばあさんがどこの家でも歓待されたのは、むしろこのためだったかもしれない。



***


って書いてあって、ね〜〜この先が読みたいでしょーー♪
この続きはどうぞ書店でお求めになってから読んで下さいませ〜〜!




PS/旅行中に読んであまりに美味しそうだったので、帰国して程なく台湾料理店「月和茶」を訪れてみました♪

そしたらなんとこのお店のレジの横にもこの本が積んでありましたー!!
台湾料理も食べれて、本も買えるから一石二鳥ですね◎




f0189142_18453311.jpg

魯肉飯(るうろうはん)
味付きゆで卵と一緒に食べるのが美味しい♪




f0189142_18454660.jpg



















ビーフン汁麺
















f0189142_1846219.jpg











緑豆餡、マンゴーアイス、杏仁アイス、タピオカ、仙草ゼリー、白キクラゲの台湾パフェー♪









f0189142_1982083.jpg











タピオカミルク
by jackie-style | 2010-09-08 00:54 | 日々の暮らし

FSホテル@丸の内・ekki

f0189142_1134213.jpg

椿山荘のFSは結婚式に出席の日本人が多くみられますが、こちら丸の内FSは東京駅の側という立地のせいもあり、ビジネスマンの姿が多いようです。海外からのお客様も多そうですね。

椿山荘のFSは藤田観光が、丸の内の方は香港の実業家の資本運営だそうです。
敷地の広さ、雰囲気、インテリアスタイルまで、全然違いますよね。
こちらは、シンプルで機能的にまとめているようです。

銀座からも近いので、ショッピングの後などに、混雑を避けてゆっくりしたければ、このホテルのレストランやバーを利用するのもよろしい感じ。

f0189142_1130242.jpg

この日のディナーは、アペリティフにセロリのムース。
フォアグラのテリーヌ、ソテーパイナップルのピクルスと共に。
田舎風パテ、りんごのローストと共に。
車海老、レモンとパセリ風味、ピクルスペースト。

f0189142_11371481.jpg

メインは、オーストラリア産テンダーロイン。
ニュージーランド産骨付き仔羊のスローロースト。
シーザーサラダ、アスパラガスを一緒に。

他に、ヴーヴクリコのシャンペンとワインはシャルドネ。
デザートはサマーフルーツのコンポート。(ブレてて、写真はありましぇーん^^;)

お味の方は、オーソドックスで悪くなかったです。

f0189142_2135485.jpg

食事が早い時間で終わったので、食後は、すぐお隣のバーに移動。
ジャズの生演奏も入って、なかなか良い雰囲気。お仕事帰りのサラリーマンがたくさん来てましたね。

おまけ
by jackie-style | 2009-09-02 00:18 | レストラン

シモネッタさんをご存知?





皆さん、イタリア語の通訳者で有名な方ってどなたかご存知でしょうか? 同時通訳ができる位のトップクラスの方。
英語だったら、鳥飼玖美子さんとか、ロシア語だったら亡くなられた米原真理さんとか..。

その米原さんを“エッ勝手リーナ”(権勢をほしいままにしたエカテリーナにちなんで)と呼び、米原さんからは、イタリア名“シモネッタ”と名付けられたのが、田丸公美子さんというイタリア語通訳の第一人者です。


この方が数年前に処女出版されたのが、「パーネ・アモーレ」。これがとっても面白かったんですよー!!

ある年のクリスマスイブの夜、突然某TV局から自宅に電話が入り、イタリアからの法王恒例のクリスマス・メッセージを訳してもらえないかとの緊急依頼。しかも放送時間まで20分あまり。英語と思って通訳を待機させていたら、送られてきた映像はイタリア語のメッセージだけだったそう。そのまま電話で聞いて訳をファックスで送るしか方法なく、一家総動員態勢で、6歳の息子が翻訳された紙を一枚ずつ持って階下に走り、ファックスの前で夫が局に送るというスリリングな展開に!
ところでイタリア語通訳なら誰もが法王の言葉をすぐに訳せるかというと、これが違うのだそうです。法王自身は美しく平易なイタリア語で話されていても、例えば、「人間」という言葉も聖書の時代のことなら「民」と訳し、現代の話で使われるなら「人類」に訳すのだそう。
「あなた」という言葉も、「汝」と言ったほうが法王らしく、ジョバンニはヨハネに、ジュゼッペはヨセフと聖書バージョンに再翻訳するのだそう。
フーッ、並み大抵の仕事ではありませぬ!

通訳の世界で出会った様々なイタリア人達、有名なデザイナー、歌手、作家、映画監督、俳優から一般の人たちまで、時には可笑しくも時にはちょっとホロリとするような出来事が、イタリア文化の香りを合い混ぜながら、面白く読み易く語られています。


なかでも笑ったのが、強気な女王様ジーナ・ロロブリジーダ!
NHKの特別番組で、ローマからの衛星中継。まずライティングが強すぎるとクレーム、スタッフが背景のローマ市内を同時に映すためには強いライトが必要と説明しても、「日本の視聴者は私を見たいの、それともローマ? 私の言うとおりにしてくれないと出ないわよ」とのたまったとか。
番組が始まり、イタリアとアメリカの映画作りの違いを質問され、「アメリカ映画は英語を、イタリア映画はイタリア語を使って作ります。言葉が違います」と重々しく答えられた時には、同時通訳していた田丸さんもさすがに驚いたそうです。(笑)
な〜んてエピソードが満載の本でした。







f0189142_20414583.jpg







f0189142_225563.giff0189142_22552937.giff0189142_22554356.gif


で、その田丸さんが最近上梓されたのが、左の「シモネッタのドラゴン姥桜」。
いや〜これも抱腹絶倒ですよ!!

先の「パーネ・アモーレ」の中でも、既に幼少にして「栴檀は双葉より芳し」の諺の如く、3歳にして、給食時お肉を食べながら「円高差益還元」とつぶやき、周りにいた保育園の先生達が騒然となったというエピソードが書かれていました。
その一人息子の雄太君、いつのまにか立派に成長して、開成から東大文1に合格、在学中最年少で旧司法試験に合格して、今や司法修習生なんだそうです。

この本は、お決まりの教育ママと秀才真面目堅物息子からは程遠い、型破りな爆笑子育てのエッセイです。

開成の卒業式で、東大確実の秀才の誉れ高いA君の母親のお着物の背中に、開成のバッジと同じペンと剣が交差する紋が染め抜かれているのを田丸さん発見!
さらに正面から見てみれば、開成紋が前裾部分に絢爛豪華に散りばめられているではありませぬか...。
「で、でも、これって今日しか着られなくない?」と驚き極まります。
で、田丸さん、「まー、Aさん、素敵なお着物! まさか4月にお召しになる“いちょうの紋入り”のお着物ももう準備なさっているとか?」と聞いたそうな^^;
Aさん「まぁー、おっほっほ」とお上品にお笑いになって、この調子なら図星かと書いてます。(笑)

田丸さんの息子雄太君、抜群に頭が良いだけでなく、開成高3では、男が男に惚れるくらいでないと務まらないし選ばれないという運動会の団長を務め上げ、女の子にも引っ切り無しにモテモテだったイケメンらしいです。
こんな息子を持ったら母親冥利に尽きるでしょうな〜♡









by jackie-style | 2009-02-14 07:53 | 日々の暮らし

Collection of books about Jacqueline




名乗っておきながらなんなんですが、ジャクリーヌってえっ誰の事?って自分につっこみ入れたくなる今日この頃(恥&照)。
ちょっとスカシちゃいましたかも(爆)。

が、本当に...

昔から憧れだったジャクリーヌ・ケネディ・オナシス♡

シンプルでモダンなファッションセンス、数カ国語を操り芸術にも造指が深く、知的でウィットに富んだ会話、洗練された優雅な振る舞い、全てにエレガンスを感じます。

仏のド・ゴール大統領が、ケネディに「へたなフランスの女より、あなたの奥さんのほうが、よほどフランスの歴史にお詳しいですな」とささやくと、「へたな男よりもですよ」とケネディが答えたとか。
また、エリゼ宮殿の晩餐会での彼女の美しさに思わずドレスの素材を訊ねたド・ゴール大統領。ゲストの夫人のドレスに興味を持ったのは、後にも先にもグレース・ケリーとジャクリーヌだけだったといわれています。
露のフルシチョフ首相が、ウクライナの教師の数の推移を話すと、「あら、統計のお話なんて、つまりませんわ」と答え、フルシチョフもカラカラと笑ったとか。数々の逸話が残されています。

栄光の輝く日々ばかりでは無く、悲劇の最中にあっても毅然と立ち向かい、波乱万丈と一言で片づけるには、あまりにもスケールが違う人生の荒波を乗り越え、きちんと子供たちを育て上げ、決して優雅さを失わなかったジャクリーヌ。

そんな彼女に魅せられて、いつのまにか集まっていた本の数々です。


f0189142_1450860.giff0189142_14492194.giff0189142_14494080.gif

右下の本は、ジャクリーヌの妹、リー・ラジヴィルの写真集。
彼女はトルーマン・カポーティのお気に入りでした。
インテリア好きは姉に劣らずで、当時の自宅の写真が興味深いです。



f0189142_10593270.jpg








f0189142_110593.jpg








f0189142_113988.jpg






↓に続くレアな3枚の写真は、上右側の「Jack」にあったもの。この本セールで売っててお買い得でした。


f0189142_118517.jpg







f0189142_119585.jpg







f0189142_1192135.jpg








f0189142_1110848.jpg




左から2番目上のDVDは、本の付録で付いてたもの。この中に、ジャクリーヌがTV番組で
ホワイトハウスの中を案内した映像が映ってます!
他にも、スペイン語やイタリア語で選挙応援のスピーチをするシーンなど、超貴重な映像が入ってます。
その下のDVDは、映画化されたもの。









f0189142_1112734.jpg
このショット好きです。









f0189142_11154130.jpg

これも珍しい写真
パスタ好き?









f0189142_11183137.jpg


このコート欲しい!












f0189142_11221384.jpg










f0189142_11322925.jpg

上のブローチと、下の写真のビーズのネックレスも素敵♡
サザビーズで約1000点に及ぶ遺品のオークションがあり、有名な模造パールの3連ネックレスは、なっ、なんと約2200万円で競り落とされたそうです!
模造なのにですよっ!!
このブローチとネックレスもあったのかしら?
いくらで落札されたのかちょっと気になるな〜。買える訳無いし、まぁいいです...。












f0189142_11342970.jpg



ジャクリーヌの実家は、ニューポート郊外にあるハマースミス・ファーム。
ここで「華麗なるギャッツビー」も撮影されたとか..。
14歳から使っていたジャクリーヌの部屋も一般に公開されているらしいです。
いつか、訪れてみたいです。。。
と思って調べたら、今はもう一般公開されてないそうです!!
すっごい残念054.gif



次回も、本繋がりでいきま〜す。たぶん..。








by jackie-style | 2009-02-10 00:02 | 日々の暮らし

辰巳屋山荘「里の湯」



オバマさんいよいよホワイトハウス入りですね♡


f0189142_1242128.jpg



大統領御一家の普段の食事ってどんなんかしら〜?
ステートディナーってどうやって準備していくのかしら?
メニューは?って、我々下々の者はいろいろ興味ありますよね!

これはクリントンとブッシュ両大統領に11年間仕えたエグゼクティブシェフが書いた本。
かな〜り面白かったです!
まるで違う両家のスタイル、9.11の日のホワイトハウスの様子、ローラ・ブッシュ夫人との行き違い等々...。

晩餐会が終わり、ブッシュ夫妻が乗ったエレベーターが閉まる寸前に、
「みなさん、食事はだいたい結構でした」
これが最後にブッシュ夫人からかけられた言葉だったそうです!






f0189142_12554034.giff0189142_1256576.giff0189142_12563860.gif


さて、11月初めなら紅葉もまっさかりと思い予約していた、福島土湯温泉「里の湯」。
こちらは愛子さまがお生まれになる前、皇太子ご夫妻もお泊まりになったというお宿。
子宝に恵まれると古くから言伝えられてきた温泉らしいです。





f0189142_12382367.jpg






泊まったのは、「花村」という離れ。

離れはここだけなので、もしやご夫妻もこちらにお泊まりだったのかしら?と伺ったら、
警備の都合上、本館の方にお泊まりだったそう。
あっそ..。
恐れ多くも同じ畳で同じ天井見て休んじゃう?って、ちょっと期待しちゃいました012.gif


お料理&お風呂は、またこのつづきで....(やんごとなき方々もその周りの方々も大変なんだろうな〜と思う事も...)。












by jackie-style | 2008-11-07 13:03 | 国内(旅館)