パークハイアット・ソウル




韓国といえば、



f0189142_1448527.jpg







f0189142_14485371.jpg






f0189142_14501885.jpg







f0189142_1449381.jpg



こんな感じや、







f0189142_14583143.jpg







f0189142_1502629.jpg



こんな感じが、イメージとして先に浮かんできますよね。








f0189142_1544076.jpg


が、しかし、伸びゆく韓国!!
ソウルのパークハイアットから眺めた江南地区です。











f0189142_1512781.jpg








f0189142_15122533.jpg








f0189142_1515563.jpg










f0189142_15153921.jpg










f0189142_1517653.jpg











f0189142_15185428.jpg








f0189142_15219100.jpg






お部屋はハイアットらしいシンプルモダンなインテリアで、狭さを感じさせず快適です。

浴室も外に面していて、天井までのガラス張りなのでとても明るかったです。
夜には、眼下に車のヘッドライトの光の洪水を眺めながらのバスタイム♡
もちろんシェードを降ろして使う事もできます。

この旅は両親を連れての旅だったので、何かと世話をしながらなもので、ホテルのレストランでの食事の写真は撮ってません。
また、すぐにWソウルウォーカーヒルにホテルを移ったので、特別に印象が残って無くて、強いてあげれば東京にいるのと変わりないわ〜と思った事と、意外に大きなホテルでは無くてこじんまりした感じだった事位かしら...。

f0189142_2247584.gif韓国男性って、アジアのイタリア男って言われたりして、結構情熱的らしいとは以前から聞いてました。

小高い山の上のWソウルウォーカーヒルに行くのには、下の一般道から、ゆるいスロープのホテル敷地の道へと登って行きます。タクシーの中、そのスロープへ入る手前で、かなり長い信号待ちをしていた時の事です。

一台の車がその坂の下に停まっていました。なにげなく見ていたら、車の運転席から若い男性がドアを開けて出てきました。視線の先をたどると、坂の上から白いワンピースを着た髪の長い女の子がゆっくりと坂を降りて来るではありませんか...。

女性が彼の側まで近付いた時、やおら男性は、手にしたクラッカーを2〜3回放ち、彼女の頭上に紙吹雪が舞い降りました!!
そしてすばやく助手席側に回るやいなや、今度は車内から大きな花束を取り出し、彼女に捧げたんですね...。

私、絶対車の中に他の友達もいて、皆でお祝いするか何かで、ぞろぞろ出てくるんじゃないかと思って、身を乗り出して見てました。
が、最後までたった一人で立派にやり遂げたんですよ、これが!!
ハア〜〜〜♡

気持ちのホットな国、韓国はソウルでのワンシーンでした。














by jackie-style | 2009-03-17 00:04 | 海外
<< 映画の中の中華料理 コンラッド東京3 >>