2017バンコック&シェムリアップへの旅−8

f0189142_15333144.jpg







とびきりの笑顔でウェルカムされて、真っ白の清潔なカバーのかかったシートに身をゆだね、外気温は36度の猛暑の中を、冷房の効いた車がゆっくりと走り出しました♪






f0189142_15342177.jpg








もちろん、冷たいお水とおしぼりも用意されて、いつものアマンスタイルですね♪





f0189142_1535613.jpg







舗装されていない道路がたくさん。。。






f0189142_1535337.jpg







アジアの国々の中でも、カンボジアはまだまだこれから発展していかなくてはいけない、途上国の一つなんでしょうね。。






f0189142_1536544.jpg







15分ほども走ったのかしら、、、なんと目の前に世界遺産がもう見えてきました!






f0189142_15362744.jpg







シェムリアップの市街地から、すぐ近くにあるんですね!!






f0189142_15371234.jpg







緑がたくさん目に飛び込んできます♪






f0189142_15375324.jpg







あっという間にアマンサラに到着したようです♪
アンコールワット遺跡のエントランスからは10分程の所に位置するそうです!





f0189142_15382658.jpg







クメール語でアマンサラって書いてあります。。たぶん!^^






f0189142_1541833.jpg







フランス人女性のGMはじめ、大勢のスタッフが笑顔でお出迎えしてくださいました♪






f0189142_15422099.jpg







このプール、何百回?、いやちと大袈裟か・・・何十回見たことでしょう。。。
その昔1967年、カンボジアを訪問したジャクリーヌ・ケネディがこの地にあった迎賓館に迎えられ、その迎賓館をアマンがホテルにしたと聞いて以来、ずっとずっと一度は訪れてみたいと思っていました。。

その当時の写真が検索したら出てきたので、最後に貼り付けておきますので、ご興味あればご覧くださいませ。。





f0189142_15435018.jpg







客室に案内される前に、こちらのダイニングルームを通りました。
アマンサラは全室24室のみの小さなホテルなので、レストランはここのみ。
朝食も昼食もディナーも全てこちらでいただきます。
もちろん、ルームサービスでいただくこともできますが。




f0189142_1545383.jpg







ちょうど、シェフが厨房から出てこられて、丁寧にご挨拶くださいました!
お忙しそうだったので、どちらのお国の方かは聞かずじまいでした。。
でも、体型からして美味しそうなものを作ってくれることは間違いなさそう。。。^^




f0189142_15464171.jpg







中庭を挟んで、両サイドにオールスイートのお部屋が並んでいます。
24室のうち、半分の12室がプールスイートで、あとはコートヤードスイートとスイートに分かれているそうです。






f0189142_15473690.jpg








石柱の並ぶコリダーが美しく静謐でした。。。





f0189142_15502226.jpg







こちらが私たちのお部屋です♪
右手奥のドアが入り口です。
コンパクトな作りになっています。




f0189142_15512250.jpg







ベッドの上には、男女別のチェックのバティック(カンボジアではクロマーと呼ぶそうです)がプレゼントで置いてありました♪






f0189142_15514576.jpg







外廊下に面した窓にブラインドがかかっていて、その手前にデスク、ベッドと配置されています。






f0189142_1552767.jpg







テーブルには、ランブータンとトリュフチョコレートのウェルカムです♪






f0189142_15523213.jpg








ルームキーが木彫りの象さんで可愛かった♪





f0189142_15525166.jpg







サイドテーブルの上にも、ウェルカムで生春巻きと飲み物(何だったか、たぶん柑橘系だと、、)が運ばれました♪

チェックインもお部屋で行います。
担当のThanyさん(←谷さんと覚えやすい♪)は、独学で日本語を勉強したそうですが、もう凄く上手でびっくり!
相当頭の良い女性だなと、すぐにわかりました!





f0189142_15532739.jpg







ソファーセットから段差で降りると、このバスタブが置かれています。






f0189142_15541741.jpg








ガラス扉の向こうにテラスと6mx5mのプランジプールがあります♪





f0189142_1556129.jpg







テラス内側の両サイドにはシンクが。
奥にバスタオルとバティックがかかっていて、シャワールームへ続いています。






f0189142_15572257.jpg







シャワー室からの眺め。






f0189142_15593724.jpg







ちょっと暗くて分かりづらいですが、入り口ドアに続く壁際には、クローゼットやトランク置き場、ミニバーがあります。






f0189142_1602365.jpg







この砂岩でできたレリーフがアクセントになって素敵でした♪






f0189142_1615276.jpg







他のアマンに比べると、お部屋の広さは無いんですが、なぜか居心地は良いんです♪
テラスが広々としていて、プールも目に入るから、ちっとも狭さを感じません!






f0189142_1621561.jpg







セキュリティーボックスとミニバーコーナー。






f0189142_162413.jpg







カシューナッツとピーナッツとライムが常備されていました♪






f0189142_1631698.jpg







ドリンクは全てコンプリ♪
ビールも飲み放題ですぅ◎
ただしレストランでビールをオーダーしたら、それにはチャージされると!
全然いいです、ビールはお部屋で飲みますっ♪





f0189142_1633547.jpg






って、早速ビール開けちゃってますね。。笑

この日は、ずっとホテルにお籠り、、、
[PR]
# by jackie-style | 2017-08-01 21:45 | 海外 | Trackback | Comments(0)

2017バンコック&シェムリアップへの旅−7

f0189142_1312789.jpg






サイアム3日目。
この日の朝食は、ココナッツワッフルに、マンゴーのコンポートと、Longanの蜂蜜添え♪






f0189142_13123697.jpg







つい選んじゃうチョコクロワッサンと完熟フルーツ盛り♪






f0189142_13125842.jpg







可愛い小瓶は各種あって、グアバやオレンジにパイナップル、スイカなどのフレッシュジュースが選べます♪
これは、オレンジジュースと、ヨーグルトにバナナと牛乳と蜂蜜入りのものだったかな。。
アイスカフェラテも毎朝必須です♪





f0189142_13131869.jpg







エッグベネディクトも美味しかったですよ♪






*****






お昼に出かけたのは、「Than Ying」 というレストランです♪







f0189142_13144941.jpg







もうかれこれ、20年以上前にディナーで行って以来。。。
こんな場所だったのかしら。。。
夜だったので、タクシーで着いたらお店の灯りが煌々として眩かったことだけ覚えてるんですが。。。






f0189142_13151645.jpg













f0189142_13155062.jpg







一軒家のタイ宮廷料理のお店です。






f0189142_13164279.jpg







この日は、お昼も早い時間だったせいか、まだ空いていました。

昔、ディナーで伺った際には、お店は満席でとても賑わっていて、隣の大きなテーブルには、たまたま日本のビジネスマン達がお食事されていました。
現地で働いている日本の方達も足を運ぶんだから、きっと美味しいでしょうと思ってたら、本当に美味しくて、またいつか来てみたいと思っていたんですね。。
あれからもう、あっという間に時が過ぎていってしまいました。。





f0189142_13171310.jpg







前菜で運ばれたのは、Pandan leavesという葉で包んだ、ディープフライのチキンです♪
しっかり濃い味のソースをかけて♪
うん、やっぱり美味しいです!






f0189142_13174237.jpg







スープは、ランブータンにミンチのポークを詰めたもの♪
あっさりしているけれど、とても美味しいです♪





f0189142_1318675.jpg







これは干しエビや茄子を炒めたサラダ♪
ちょっとスパイシーで、ご飯にも良く合います♪






f0189142_13183123.jpg







4種類のカレー♪
マトンと、ポークのレッドカレー、エビのグリーンカレー、チキンのイエローカレーだったかな。。
それぞれ、甘みや辛さの違いがあって、飽きずに楽しめました♪



お会計も、前日の「セラドン」の半額以下と、お財布に優しいCPの良いお店です◎




*****






ランチの前にお土産やお買い物を済ませていたので、昼食後は、一旦ホテルに戻りました。






f0189142_1320336.jpg







この先に見えるのは、「Café Cha」ですね。
アフタヌーン・ティーも楽しめるようです。
試してみたかったんですが、ランチでもうお腹いっぱい。。。






f0189142_13203215.jpg







テラス席の方が素敵に見えるんですが、何しろ外は蒸し暑いので、店内の方が人気のようです。






f0189142_132125.jpg







セキセイインコにもご挨拶しておきましょう。。






*****






ホテルでゆっくりした後に夕方向かったのは、






f0189142_13213955.jpg







こちらのホテル「Dusit Thani」






f0189142_1322238.jpg







ホテルのレストラン「Benjarong」に伺いました。






f0189142_1323872.jpg







18時からの予約を入れていたのですが、私たちが一番乗りのようでした。






f0189142_13243469.jpg







と、思ったら外のテラス席に先客がいらしたんですね!
滝が流れていて、とても雰囲気があります♪






f0189142_1326489.jpg







メニューを眺めながら、カンパリソーダだったかな。。
おつまみは、ポップコーンのようなものだったと。。。(失念)






f0189142_1327037.jpg





「Indulgence Signature Tasting Menu」というコースをチョイス♪

前菜は、
真ん中のものは、タロイモの蒸したもので、Pandas Leaf包みって書いてあったのですが、そっか、パンダの葉っぱだから、笹の葉のことなんですね!
右側のものは、ターメリックとオレンジのソースで味つけたビーフンのようです。
左側は、ポメローやハーブのココナッツとピーナッツソースで和えたサラダかな。







f0189142_13272541.jpg







次に、ココナッツスープが運ばれました♪
Slow Cooked Chickenとメニューにあるとおり、確かにすごく柔らかいチキンでした♪






f0189142_13274659.jpg






タマリンドとパイナップルソースのフォアグラ♪
こちらのお店は、ガイドブックを読むと、タイ王宮料理だった内容を一新して、モダンタイ料理のレストランに衣替えと書いてありましたが、確かに従来のタイ料理にはないような一品ですよね!







f0189142_1328158.jpg







これも見た目がフレンチっぽいですものね〜!
和牛サラダだそうです!
お皿の端っこにお料理を盛り付けるのも、今流行りのもの。。。






f0189142_13284010.jpg






最後に、ローストした鴨肉とライチのレッドカレーでした♪







f0189142_13293356.jpg







デザートは、パイナップルと塩味のメレンゲにバジルのアイスクリーム♪


レストランの雰囲気もゴージャスですし、確かにお料理も美味しいんですが、なんだかタイ料理って感じが薄くなってしまっていて、ボヤけた感じがしてしまいました。。
タイ料理なら本格的なタイ料理を食べたいですし、フレンチが食べたいならフレンチのレストランに行きますものね〜、なんか中途半端になってしまって残念な気がしたのは、、、私だけでしょうかしらん。。。
デンマーク出身のシェフの腕は確かそうなので、もったいない気がしました。。







*****





夜は更けて、、、








f0189142_13303744.jpg






ホテルに戻ると、、、この幻想的なシーンともお別れですね。。。
明日は、初めての国へと出発です♪







*****






翌朝、サイアム最後の朝食を♪







f0189142_13313472.jpg






グリルしたポークとスパイシーソースで♪
餅米に合いますよね〜♪







f0189142_1332570.jpg







お粥は、チキンか、ポークか、エビから選べます♪
お腹に優しい味でした♪






f0189142_13333286.jpg






スワンナプーム空港まで、サイアムのBMWで送ってもらったのですが、空港に到着して私たちが車から降りるやいなや、近づいて来た男性に、〇〇様ですねと名前を呼ばれました!
それは、なんとアマンスタッフでした!!!
バンコック市内にはアマンのホテルは無いのですが、これから私たちがカンボジアのアマンサラに行くことを事前に知っていて、アマンスタッフがお手伝いに来てくれていたのです!!!
サイアムの車が到着するやいなや、〇〇様ですね!と笑顔で問いかけ、サッと手荷物を受け取り、ご案内致しますと。。。。
なんというアマンマジック!@@
さすがですよね〜!!
これだから、どんな僻地であろうと、安心してアマンのホテルに行こうと思えちゃうんですよね◎






f0189142_13334835.jpg







アマンサラに飛ぶ気持ちも更に盛り上がって、、、
テンションが上がると、お腹も空くという。。。
すいません、やっぱり今回も食べログ紀行になってますね。。

空港内で見かけたこのマンゴーとスティッキーライスの店に目が奪われ、ランチ前なのに、立ち寄ってしまいました。。
う〜〜ん、やっぱりあのトリサラの洗練された味には全然適わないなぁ〜。。。
あれは別格のものでした。。






f0189142_13342079.jpg







バンコックからカンボジアのシェムリアップまでは、バンコクエアウェイズで1時間10分ほどです。







f0189142_13344653.jpg






あっという間なのに、こんな機内食が出ましたよ。
ポテトとマカロニのマヨネーズサラダだったかな。。







f0189142_13351484.jpg







このお坊さんと一緒の飛行機だったんですが、バンコックのイミグレーションでは、お坊さんは別扱いで、飛行機までの送迎のバスも、お坊さんは一人だけ別の乗用車で飛行機まで乗せてもらってました!
お坊さんって特別待遇なんですね!





f0189142_13355990.jpg







こちらがシュムリアップ国際空港ですか!
カンボジアに初上陸です♪

この中に入ると、すぐにアマンサラスタッフが出迎えてくださって、他の乗客がイミグレーションの窓口に並んでいるのに、私たちだけ別の場所に案内されて、入国手続きもアマンスタッフがササッと済ませてくださいました!
先ほどのお坊さんと同じ扱いで、お坊さんの方がびっくりしてこちらを見たくらい!!
やるなぁアマン!!(にんまり)^^v







f0189142_13362246.jpg







空港の外で待っていてくれたのは、こちらの1965年製のメルセデスでした♪
雰囲気ありますね〜♪
この世界遺産の街にぴったりなクラシックカーで、優雅にホテルへと向かったのでありました♪













つづく
















by jackie style
[PR]
# by jackie-style | 2017-07-27 10:08 | 海外 | Trackback | Comments(2)

2017バンコック&シェムリアップへの旅−6

連日の東京のこの猛暑と蒸し暑さは、いや〜バンコックやシェムリアップ並みですね〜!


それで思い出したというわけではないのですが、、、^^;
旅の続きを書かなくっちゃ。。。








f0189142_19105450.jpg







この日は、バンコックの中心部までお出かけ♪
この桟橋からボートに乗って、チャオプラヤ川を下ります♪






f0189142_191122100.jpg







その方が車よりも早く、30分程で着くんだそう!






f0189142_19114872.jpg







ボートからホテルを眺めて、、、行って来ま〜す♪






f0189142_19145442.jpg







これは、「Wat Phra Kaeo」
いわゆる「エメラルド寺院」でしょうか。。。

違ってたらごめんなさいね。。




f0189142_19154820.jpg







中国廟のような建物が。。






f0189142_19182657.jpg







ビルに巨大な新国王のお写真!






f0189142_19194386.jpg







シェラトンホテルのようです。






f0189142_19201247.jpg







廃墟になった建物と、後ろに見覚えのある特徴的なデザインのビル!
そろそろ市の中心部近くのようです♪






f0189142_19204436.jpg







懐かしいマンダリン・オリエンタルホテル!
こんなに古くなっちゃいましたか〜。。
遠い昔の記憶よりもずっと小さく感じます。。。





f0189142_19211340.jpg







こちらは、シャングリラホテル。
大型のホテルがチャオプラヤ川に沿って、たくさん並んで建ってるんですね。。




ボートからの眺めはまた一味違って、観光気分を楽しめました♪




*****


今回、バンコックのレストランは、ランチもディナーも全て日本で手配済みでした。
ただ一軒だけ、既に予約が埋まってしまって、キャンセル待ちも入れておいたのですが、最後まで取れなかったお店が、「Gaggan」のインド料理のお店でした。。
凄い人気のお店なんですね。。







f0189142_19222737.jpg






最初のランチに選んだのはこちら、スコータイホテルの敷地に建つ「セラドン」のお店です。







f0189142_19232956.jpg







お邪魔しま〜す♪






f0189142_19251587.jpg






店内は、上品で落ち着いた雰囲気です♪
12時半からの予約だったんですが、まだお客さんの数はまばらでした。







f0189142_19261059.jpg







まずは、モヒートで喉を潤して♪






f0189142_19263978.jpg







メニューを見て迷っていたら、お店の方が、主人と二人で別々のコースを頼むと良いですよとアドバイスしてくださいました。

こちらが、私のコースで「LEMONGRASS MENU」です♪

見た目も美しい前菜が運ばれました♪

ピンク色のお花の形の蒸し団子は、中にチキンが入っていて、白い方はお魚が♪
生春巻きは、お魚やミントやグリーンマンゴーが巻いてありました♪
どれもとっても美味しいです♪







f0189142_1927076.jpg





こちらは、主人のコースで、「GALANGAL MENU」です♪

右側の「Fish Cake」とは、さつま揚げのようなものですね♪
時計周りで、ピンク色のは私と同じ蒸し団子♪
次は、「Duck Spring Rolls」だそうです♪
そして、上にあるのが、「Traditional Thai Snack arranged with Aromatic Herbs, Dried Shrimps」♪


なんて綺麗な盛り付けでしょう!
そしてお味も文句なしに美味しいです♪








f0189142_19273021.jpg






続いて、私の2品目。
スパイシーなグリーンパパイヤのサラダに干しエビとピーナッツ和え、グリルドチキン、それに蒸したもち米♪
う〜〜〜ん、たまらん美味しさ◎







f0189142_19275746.jpg







こちらは主人の2品目で、バナナブロッサムのサラダに、ローストダック、大きなライチと♪
これは超辛でしたが、深みのある辛さで美味しいと♪
私も一口もらいましたが、ホント、舌が痺れました!








f0189142_19282251.jpg







これは私の方の、トムヤムクンスープ♪
今まで日本で飲んでたトムヤムクンスープは何だったんでせうか?
深いコクと旨味が絶妙です♪





f0189142_19284748.jpg







こちらは主人の方のスープ、チキンのココナッツスープ♪
見るからに美味しそうでしょ〜♪ ←はい、間違いなく美味しいです◎






f0189142_19291977.jpg






これが私のコースのメイン料理♪
真ん中にチキンのグリーンカレー♪
ナスとバジルが入っています♪

周りには、芽キャベツと豚肉の炒め、ソフトシェルクラブのガーリックソース炒め、牛フィレ肉とフレッシュハーブのチリ炒め♪





f0189142_19294281.jpg






こちらは主人のメイン料理♪
真ん中に、ラムのマッサマンカレー♪

周りは、手長海老のタマリンドソース、蟹肉と大豆のココナッツソース、一緒に生ローカル野菜、 クリスピーフィッシュにレンコンのホットバジルソースだそう♪






f0189142_19303254.jpg







そして、付け合せの餅米がまた絶品なの◎
黒米も最高のお味♪
いままで食べたタイ米の最高峰ですな♡

バンコックに行ったら、絶対再訪間違い無しです♪






f0189142_19305512.jpg







そして、デザートまで美しい盛り付け♪
シトラスのシロップに季節の果物が、ドラゴンフルーツの器に盛り付けられていました♪

甘すぎず、さっぱりと上品なお味でした♪




f0189142_19312051.jpg







こちらは主人のコースのデザート♪
餅米のライスボールと、塩漬けの卵の黄身がココナッツミルクに浮かんで、これも超美味♪





はぁ〜、ため息の、大満足の、お腹いっぱいランチでした♪






*****




もうランチだけでも十分な食事だったんですが、お土産を買ったり、ぶらぶらバンコックの街を歩いたりして、なんとか腹ごなし。。
夕方、
向かった先は、市街地中心部からは少し離れた、住宅地の中にあるレストランです。







f0189142_1932263.jpg







緑が美しいお庭のある一軒家♪






f0189142_1933893.jpg






ドイツ人の双子の兄弟のお店、「Suhring」というレストランです。







f0189142_19334682.jpg







店内からは美しいお庭が見渡せます♪






f0189142_19345074.jpg







創作ドイツ料理と聞いています。
正直、まだあまりお腹が空いてなくて、メニューを見てもよくわからなかったので、お店の方にオススメを聞いて、アラカルトから少なめに選びました。

まずは、
プレッツェルに、キムチのムース⇦カマンベールチーズにチリやクミンを和えたものだそう、そして小さなビールジョッキに入った少し甘めのビール。
松ぼっくりが側に置かれ、シュヴァルツヴァルトの森でピクニックしてるイメージなんだとか。。。
う〜〜ん、でもここタイですし。。。^^;






f0189142_19351664.jpg







ドイツパンですね。
ハードでどっしり!

バターやゴーダチーズ、魚の燻製、刻んだポークハムなどの付け合せ。



f0189142_19354339.jpg






生ハムとキューカンバーのピクルスも。
これもピクニックの一環ということでしょうか。。。?







f0189142_193684.jpg







おっ!
黒トリュフのお出ましです!






f0189142_19363288.jpg







卵入りの生パスタにキノコのソースとトリュフ掛け。
期待したんですが、、、塩味がきつくて残念。。。






f0189142_19365785.jpg






メインの魚は、パン粉で揚げたマダラ、ポロ葱とビールのオランデーズソース。







f0189142_19372222.jpg





メインのお肉は、サーロインA5のビーフ♪
薪でグリルしたそうです。

これは美味しかったです♪




こちらの店は、ガイドブックにも出てなくて、でも今バンコックで人気のあるお店だと伺ってました。。
私たちが行った夜も、次々に各国のゲストが自家用車やタクシーで乗り付けて、すぐに満席になる盛況ぶりでした。。。

ちょっと、
辛口で申し訳ないんですが、コスパも良くないし、日本でだったらどうかな〜?と思う内容でした。。。
この日のランチが美味しすぎたんですね、きっと。。。
そう思うことにして、ホテルに戻ったのでありました。。。

そもそもなんで、タイでドイツ料理開いたんだろ、、、??(ボソっ)







by jackie style
[PR]
# by jackie-style | 2017-07-14 17:21 | 海外 | Trackback | Comments(0)

「Cheval Blanc Randheli」からの手紙♪

バンコック&シェムリアップの旅ブログの途中なんですが、、、、、

昨日、突然、嬉しいお便りが届いたので、皆様にもお見せしたくてUPしますね♪

(写真は全てiPhone 7Plusです)








f0189142_1023799.jpg











郵便受けの中に、真っ白い小箱が入っていました。。
何だろう?
海外からのもののようです。。
すぐには、送り主がわからず、、、、、

箱を振ってみると、中でコトコトと音がして、何かが入ってるみたいです。。
表紙の部分をベリベリと剥がしてみたら、、、、








f0189142_10292848.jpg







ガラスの小瓶が入っていました♪







f0189142_10311086.jpg







箱から取り出してみると、、、
中に何か書いてある紙を、ヒトデのチャームを飾ったミサンガのようなピンクの紐で括ってありました。。








f0189142_1034675.jpg







中の手紙をガラス瓶から取り出してみると、、、
表と裏に、フランス語と英語でなにか詩のような文章が書かれていました。。。



端折ると何とももったいない気がするので、、、
全文をここに写してみますね。。




*****



Wake with a smile.

Feel the sun caress the skin.

Layer sunscreen.

Walk hand in hand, toes in the water.

Intoxicated by the perfume on the sea spray.

Collect shells.

A wave crashes, discover a message in a bottle.

Build sand castles.

Write holiday memories.

Plunge into the water.

Play in the swell.

Burst with laughter.

Shake out a towel.

Doze to the murmur of the breeze.

Marvel at the flaming sun on the horizon.

Surrender to the sweetness of summer life.

Soon, to Cheval Blanc!




*****




参りました!!!

正直、文章を読んでる最中から、鳥肌が立って、、、目の前にあの美しいランデリの海が広がり、、、懐かしさと恋しさに目がウルウルっときちゃいましたです!!


な〜〜〜〜んて、洒落てるんでしょうか。。。。

去年の夏のバケーションで訪れてからもう一年。。。
思いもよらないまさかのこの時に、、、心揺さぶるインビテーション。。。。


やるなぁ〜ランデリ!!!

飛んでゆきたくなっちゃいますよね〜♪


このセンスはやっぱりフランスだからでしょうか、、、
未だかつてこんなホテルに出会ったことがない。。。


洗練さの極みでした♡









f0189142_1121499.jpg














f0189142_11213365.jpg














f0189142_1122489.jpg














f0189142_1123157.jpg











またいつか、See you soon.....♪













by jackie style
[PR]
# by jackie-style | 2017-07-04 11:26 | 海外 | Trackback | Comments(0)

2017バンコック&シェムリアップへの旅−5

f0189142_11303476.jpg







朝食後、ゆっくりホテル内を見学&撮影してみることにしました♪
お庭や小道も全てが美しく見えるようにトータルでデザインされてるんですね♪
ここを通り抜けると、、、






f0189142_11305877.jpg







メイン棟の裏側に出ます。
右脇の階段を登ると、、、






f0189142_11311988.jpg








ビリヤードを楽しむスペースがありました♪





f0189142_1131404.jpg







反対側から、階段を登ってきたところのエントランスを眺めて。。






f0189142_1132453.jpg







さらに先には、階下にスパの施設を見下ろせます♪






f0189142_11345321.jpg







この階段を降りるんですね、、、






f0189142_11494093.jpg







ここがスパの入り口です。。
残念ながら、今回私たちは時間がなくて利用しませんでしたが、ゆったりとしたロビーを見るだけでも、その充実ぶりがわかりますよね。。
なんでも、「コンデナスト・トラベラー」が2015年にベスト・シティスパに選んだそうです!
実力のほどがわかりますね◎






f0189142_11354660.jpg







上の階に戻って、ガラスの陳列棚にはたくさんの年代物の陶磁器が飾られています。






f0189142_11365226.jpg







この馬車もアンティークで貴重なものなんでしょうね。。
すみません、、、詳しくなくて。。
ただ、へぇ〜とか、ほぅ〜とか言って見てるばかりで!^^;






f0189142_11382028.jpg







コーナーの片隅もほってはありません!
計算され尽くしてあります。。






f0189142_11392357.jpg







そして、真ん中にあるのが、この迫力あるアトリウム!
約30mはあるでしょうか、天井のガラスから日差しが差し込み、南国の青々とした木々の葉をキラキラと輝かせ、昨日の夜の幻想的な感じとはまた違った美しさです♪
アーバンリゾートホテルと謳われるのも宜なるかなですね♪






f0189142_1140387.jpg







真ん中の植物園を、ライブラリーやミュージアム、シアタールームにジムなどの施設が取り囲んでいます。
ここはそのライブラリーやシアタールームの外側に陳列されたミュージアムの一部です。






f0189142_11404944.jpg







ありとあらゆる種類のアンティークが集められていました。。






f0189142_11511724.jpg







片隅にもゆっくりと寛げるコージーなコーナーが♪






f0189142_1152574.jpg







お部屋の中に入ると、こちらはライブラリーを兼ねてのミュージアム♪






f0189142_11524686.jpg







その奥にシアタールーム♪






f0189142_11531426.jpg







いつでも好きなDVDを鑑賞できそうです♪






f0189142_11544683.jpg














f0189142_11573673.jpg







古い映写機でしょうか。。
ディレクターズチェアも古そうです。。






f0189142_11585573.jpg







アンティークなカメラの数々も展示されています。。






f0189142_11594031.jpg








膨大なコレクションですね。。





f0189142_1204178.jpg







こちらは、ジムの受付です。





f0189142_1211392.jpg







写真にはありませんが、ムエタイのリングもありました!

残念だったのは、レンタルシューズが無かったことかな。。
あったら、マシンで汗を流したかったんですけどね。。
なにしろ、毎日3食しっかり食べまくってましたから、カロリー少しでも消費したかった。。。^^;






f0189142_1254636.jpg







もうね〜、ホテル全体が博物館であり美術館でもありました♪






f0189142_1265492.jpg







これは駐車場の入り口に飾ってあったのかな。。







f0189142_12114084.jpg







ここまで徹底したホテル作りは、一体誰がデザインして、誰がオーナーなのか、、、、気になりますよね〜。。
そしてこれらの膨大な数のアンティークは一体どこから集められてきたのか。。。。





f0189142_12141462.jpg







ロビーに戻ってきました。。






f0189142_12145760.jpg







ロビーの飾り棚を覗き込んでみると、、、、






f0189142_12152843.jpg







ひゃ〜!!
1368〜1644AD Ming Dynastyですって!!@@
明の時代に埋葬用として作られた俑でしょうか。。。
一体どれくらいの価値のあるものなのか。。。
それが、ガラスケースの中に何体も飾ってあるんですもの!!!

ねぇ〜ますます気になるぅーーー!?
一体誰が???って感じですよね!!!






f0189142_1217552.jpg







ちょっと中庭で気持ちを落ち着けて。。。






f0189142_1218354.jpg







噴水のコートヤードを抜けると、その先に、、、
こちらのカフェがありました♪







f0189142_12195865.jpg







このカフェは、ホテル宿泊客ではない外からのお客様も入れるそうです♪







f0189142_12202923.jpg







虎の椅子もユニーク!
鳥かごがありますね!






f0189142_1220481.jpg






可愛らしいセキセイインコが2羽いました♪
美しい羽の色ですね♪





*****



ところで、気になるこのホテルのオーナーファミリーがわかりました!
the sukosol hotel
など、タイ国内にホテルをいくつか経営、そして有名な音楽一家でもあるスコソンファミリーでした!

母親のカマラさんは、有名なジャズシンガーで、長男のスキさんは、ロックシンガーでレコード会社のオーナー、長女のマリアさんはタイの歌姫、次男のクリサダさんは俳優でロックシンガーなんだとか。。

そして、クリサダさんはサイアムのクリエイティブディレクターとして、世界的なデザイナーのビル・ベンズリー氏と一緒にこのホテルをデザイン、
自身の膨大なアンティークコレクションを配して、ミュージアムのようなホテルに作り上げたのだそうです。。

なるほど、、、
他では真似のできない、個性溢れるホテルはそうして創られたわけですね。。。。








by jackie style
[PR]
# by jackie-style | 2017-06-26 18:37 | 海外 | Trackback | Comments(0)