2017 Aman Venice & Grand Hotel a Villa Feltrinelli-1

シェムリアップの旅編が、あともう少しだけ残っているのですが、、、、

ちょっと飽きてきちゃった。。。


という訳で、、、?
先月に行ったベネチアの旅写真を先に少しだけご案内しちゃいますね♪

Instagramでは既に写真をpostしていますので、よろしかったらそちらもご覧くださいませ♪





写真は全てiPhone撮影です。
インスタ用にも撮ろうとすると、デジカメとiPhoneと両方使っての撮影になっちゃって、忙しいのなんの。。^^;
ハタで見てたら、可笑しいでしょうね〜。。。笑
エレガントに滞在したいのに、、、、これじゃね〜。。


一度、メキシコのホテルでウェイターさんに「ナショナルジオグラフィック」のカメラマンかと思ったと言われましたが。。。
あの時は、まだインスタもやってなかったからカメラだけだったんですが。。。苦笑





f0189142_18514971.jpg







ホテル好きな方や、セレブ情報に詳しい方は、良くご存知でしょう!
そう、ジョージ・クルーニーとアマルさんが貸切で結婚式をしたホテル、アマンベニスです♪


もう、ホテル全体が美術館のよう。。。。









f0189142_18522246.jpg







どこもかしこも絵になる美しさ。。。。






f0189142_18544640.jpg







この天井画は、17世紀のヴェネチア生まれの画家ティエポロの作品だそうです!
ティエポロの作といわれても、弟子が描いたものも多くあるそうですが、これは正真正銘本人の作品と鑑定されてるんだそう。。。





f0189142_18551659.jpg







前半と後半(間に、ガルダ湖畔のホテルに移動)で、アマンでは二つのカテゴリーのお部屋に泊まってみました。
そして、後半に泊まったこのお部屋が、なんと!!
ジョージ・クルーニーとアマルさんがウェディングの時に泊まっていたお部屋だったんだそうです@@
知らんかった。。。

いいんでしょうか?、、、私たちなんかが泊まっても?と、恐れ入りながら泊まらせてもらいましたけど。。





*****








f0189142_18555641.jpg







ベネチアから列車で一時間半ほど。。
イタリアで一番大きい湖、ガルダ湖畔のホテルに移動しました。
この建物は、ムッソリーニの別荘だったものをホテルに改築したそうです。






f0189142_18562523.jpg







ホテル裏手には、アルプスの険しい山肌がそそり立ち、正面には広々とした湖。。。
静かに打ち寄せる波音を聞いているだけで癒されました♪






f0189142_18565448.jpg







ここも隅々まで美しいホテルでした。。






f0189142_18574435.jpg







アマンベニスと同じくらいの規模のホテルで部屋数も少なく、ほとんどが欧米のゲストで、アジアからのゲストはめったにいないそうです。






f0189142_18584995.jpg








今回の旅は、というか、今回も、旅のメインは食・食・食!笑
イタリアですものね〜、だってベネチアですもの、、、美味しくない訳がない!!

ガルダ湖畔のホテルでは外に出かけることはなかったのですが、
ベネチアでは、ホテルでの朝食以外は、昼夜全て日本からお店の予約を入れておきました!
それでも、まだまだ行きたかった店がたくさんあって、、、あ〜も一度行くしかないかも。。。。



旅の詳細は、またゆっくりと。。。

その前に、シェムリアップだなっと。。







PS: 先日、ハワイのテラスハウスの最終回を観ていたら、エンディングに次のテラスハウスの場所が映し出されていました!
森に囲まれたその家を見て、、、、アレ、どこかで見たような。。。。
調べてみたら、やっぱりそうでした!
軽井沢だったんですね!(詳しい場所まで書くと、ご迷惑がかかるといけないので、軽井沢とだけ、、、)
どうしてわかったかというと、以前あの家を建てた同じ建築会社の他の物件を案内してもらったことがあったんですね。。
で、その建築会社のHPで、他の家の写真もたくさん載っていたのを見ていたので、ぼんやり記憶の隅にあったんでしょうね。。。

なんだか不思議なのは、前々回のテラスハウスの湘南の家も、実は中を見せてもらってるんですよね。。
撮影が入るちょっと前のことだったんですが。。。
で、その時も、次の場所はって、映像を映し出した途端、びっくり仰天して、これってもしかしてあのお家?ってなったんですね。。

そのことをチラッと書いてるのがこちらです。


ちょっとふしぎ。。
そういえば、テーマソングのテイラー・スイフトのロードアイランドの別荘も、知らずに偶然写真に撮ってましたわ。。。→こちら
今、読み返してみたら、なんとガルダ湖畔のこのホテル「ヴィラ・フィルトリネッリ」の話もここに一緒に書いてあるじゃありませんか!!
凄い偶然だあ!





   






by jackie style
[PR]
# by jackie-style | 2017-10-02 21:11 | 海外 | Trackback | Comments(2)

2017バンコック&シェムリアップへの旅−9

アマンサラ滞在2日目♪





f0189142_1030421.jpg







今日も快晴の気持ち良い朝♪
スタッフがホースで芝生に水を撒いています!
丁寧に手入れされた芝生が目に染みました♪
この広々とした緑の空間が良い気の流れを作ってるんですね◎





f0189142_10363811.jpg







早速朝食へ。。
ここはレストランの外にあるテラス席ですが、朝から30度以上で湿度もあるので、ゲストは皆さん屋内へ。。






f0189142_10371578.jpg







テーブルクロスを広げて、これからセッティングです。
私たちが一番乗りでしたか。。






f0189142_10374728.jpg







先ずはパンの盛り合わせが運ばれて。。
どれも美味しいパンでした♪





f0189142_1038997.jpg







フルーツプレートも綺麗に盛り付けられて♪
甘さのレベルも違うし、とてもフレッシュでした♪






f0189142_10383219.jpg






超美味だったのがこのヌードル♡
グリーンココナッツカレー、タマリンドソースのフレッシュライスヌードルです♪
まろやかで深みのあるスープがたまりません!
思い出しただけでも涎が。。。







f0189142_10385350.jpg







こちらはあっさり系のライスヌードルスープ♪
チキンのミートボールとお野菜が入っていました♪
物足りなければ、唐辛子入りのニョクマムソースを入れてもOK!
私はこれだけでも十分美味しくいただけましたよ♪






f0189142_10405497.jpg







朝食後のお散歩タイム♪
レストランを出て、石柱の並ぶ長い廊下を渡り、突き当りから振り返って眺めたところ。。
芝生の奥の白く円形の建物が、先ほどまで朝食をいただいていたレストランになります。







f0189142_10412053.jpg







その突き当りの裏手に、このロングプールがありました♪






f0189142_10414726.jpg







静かです。。
ちょっとカメラで遊んでみました♪






f0189142_10442791.jpg






ロングプールから、またレストランの方へ戻ると、その横手には水盤の先に仏像が立っていて、スパエリアになっていました。
予約は最終日に入れてあるので、またご紹介致しますね。







f0189142_1046093.jpg







レストランの建物とホテルエントランスの間にあるのがこちらのメインプールです。






f0189142_10463445.jpg







こちらのプールもほとんどゲストをお見かけせず。。






f0189142_10552784.jpg







と思っていたら、一度だけ白人カップルがラウンジャーに陣取って日光浴してました!







f0189142_1114354.jpg







プールの先にホテルエントランスが。。
自転車も借りれるようですね♪






f0189142_11122523.jpg







ピカピカに磨かれたクラシックカーがこのホテルにぴったりお似合いです♪






f0189142_1113346.jpg







このリモーク(カンボジアのトゥクトゥク)は、何度もお世話になりました♪
リモークの送迎は全て宿泊料金に含まれます。
他にも、ドライクリーニング以外のお洗濯や、ノンアルコール飲料、クッキーやケーキにチーズと季節の果物などが、すべて宿泊料金込みだそうです♪
あと、ミニバーのビールもね◎
そして、毎朝食と、ランチかディナーのどちらか一食も含まれます♪
それ以外に追加で食事を希望すれば、一回に付きお一人USD50だそうです。


これらのサービスを考えると、他のアマンに比べてかなりリーズナブルな宿泊料金のように思います。






*****













f0189142_1057220.jpg







早速リモークに乗せてもらって、シェムリアップの街中に出かけてみました♪






f0189142_10582680.jpg







世界遺産の街ですから観光客も多くて、とても活気があります!

  





f0189142_10593331.jpg







翌日にアンコールワットを見学する予定でしたが、考えてみたら遺跡を歩き回るのに適した靴を持ってきてなかった!!^^;
ホントに何も考えてなくて、テキトーな性格がまるわかりですよね。。
なので、こちらのスーパーに寄ってスニーカーを買うことにしました。
右端にカタカナで書いてありますが、ラッキースーパーだそうです!






f0189142_1102937.jpg






スニーカーもゲットしたので、市場が並ぶ賑やかな通りに繰り出しました♪
暑いので、必ずこういったジューススタンドや、カキ氷のスタンドが道路にズラッと並んでいます!








f0189142_111454.jpg







うわっ!!
圧巻のデコレーションです!!






f0189142_1121539.jpg







規則正しくキチンと吊り下げられて!






f0189142_1125458.jpg







サラミも色々種類がありそうです。。






f0189142_1133311.jpg







市場の中に潜入すると、野菜も果物も所狭しと並べられ、、、






f0189142_1142372.jpg














f0189142_1144696.jpg







お肉も任せてください。。。






f0189142_1161523.jpg







うなぎでしょうかしら。。
ちょっとぎょっとしちゃいますね。。






f0189142_1173827.jpg








カマスのようなお魚も。。
この日差しなら、あっという間に干物になるんでしょうね。。




f0189142_1191942.jpg







庶民の台所を覗けて興味深かったです♪

お土産もゲットしました。
カンボジアは、胡椒の産地なんですね♪
アマンサラからオススメのお店をいくつか紹介してもらえて助かりました♪







*****













f0189142_1110127.jpg







喧騒の街中のショッピングから、急に静寂なアマンサラのホテルに戻ってみると、なんだかさっきまでの事がまるで嘘のようで、、、ここはホントに別世界なんだと感じてしまいました。。。






f0189142_11174740.jpg







一端お部屋に戻って。。
プールサイドの壁にも砂岩のレリーフが♪
蓮のデザインですね♪







f0189142_11191830.jpg







まるで作り物のような本物の蓮の花が大きな水瓶に飾られていました♪

美しく清潔で静謐で贅沢で。。。
外の暮らしぶりとは掛け離れた世界。。。

そういえば、あのアマンもまた別のアマンでも、、、同じような感覚を覚えた気がします。。。
それをアマンマジックとでも呼ぶのでしょうか。。。




f0189142_1122851.jpg







ひっそりとしたレストランで、遅めのランチをいただきました♪






f0189142_11232227.jpg














f0189142_1124135.jpg







ブロッコリーとソーセージ入りのシンプルなトマトソースパスタ♪






f0189142_11243466.jpg







ナシゴレンも美味しいです♪






f0189142_11245670.jpg






そしてこのポメローサラダが絶品でした♪
海老とピーナッツ入りのちょっぴり辛めのお味♪
サッパリとしていて夏にぴったりのサラダです♪

ランチの後は、、、
[PR]
# by jackie-style | 2017-08-30 20:28 | 海外 | Trackback | Comments(0)

再びの紀尾井町三谷&パッサージュ53

シェムリアップの旅紀行の最中ですが、ずっとテンプレートに放置したままだったこちらを、いい加減UPしておかなくっちゃと、思い腰を上げました。。^^;

今年の春先のことでしたので、もうほとんど記憶喪失です。。
ま、お写真だけでも備忘録として。。







f0189142_1173080.jpg







一月の間に、立て続けに2回お邪魔しました紀尾井町の「三谷」さんです♪
最初は、お友達とお昼間に。。
この時はiPhone使用です。





f0189142_21235256.jpg







2回目のディナーの時と被さるものが多いので、数枚のみのピックアップにしました。
こちらは、白魚ですね♪
大きいですが、味は繊細♪






f0189142_21254614.jpg







大好きなカラスミと雲丹、それにノドグロとキャビアの組み合わせ♪
悶絶♪





f0189142_21273173.jpg







これも美味しくない訳がない、、大トロの炙り♪
お友達に手タレになっていただきました。





f0189142_2128911.jpg







アオヤギ♪






f0189142_21284426.jpg







雲丹もてんこ盛りです♪






*****













f0189142_21344618.jpg







この日は主人と夜にお邪魔しました。
週一で来ても構わないくらい、全然飽きませんから。。
ま、お財布が許せばですけどね。。笑






f0189142_21351236.jpg







三谷さんは、四谷の方に復帰なさったようですね。
この時点で伺ったところによると、あちらはお休みしていた際にご迷惑をかけたお客様優先で2年先まで予約が埋まっていて、それから先の予約はまだ受け付けていないということでした。。(←今はどうかわかりませんが)







f0189142_21353699.jpg







最初のシャンパンは、「ダヴィット・クヴルール」の2007年物でした♪
これはランチの際にも同じものが出て、お友達が美味しいと気に入っていました。





f0189142_21365930.jpg






 
まずは、毛蟹と出汁の餡で♪
寒い季節には、暖かい椀がほっこり温まりますね♪






f0189142_1183923.jpg







福島県喜多方市のにごり酒だそうです。






f0189142_119437.jpg







トスカーナの赤のフルボディに合わせたのは、、






f0189142_1192528.jpg







銚子で獲れた鯖♪
脂が乗ってます♪





f0189142_11201437.jpg






2012年の「カルム・ド・リューセック」というソーテルヌ!
このトロンと甘いワインに合わせたのは、、






f0189142_11203482.jpg







大トロ、中トロ、中落ちをブレンドしたもの♪
この濃厚さに、ふくよかな甘味のソーテルヌを組み合わせるという離れ技!







f0189142_11205885.jpg







このマリアージュを、ちびちびと少しづつ噛み締めながら味わいましょう♪






f0189142_11212584.jpg







「ドゥラモット」のシャンパンには、、






f0189142_1121449.jpg








ランチでもありました、カラスミと雲丹、ノドグロとキャビア♪
盛り付け方が少し違いますね。。





f0189142_1122767.jpg








こんな可愛らしいガラスコップで日本酒も良いですね♪





f0189142_11223011.jpg







鯛のだし汁にふっくらした白子、皮を少し炙って香ばしい♪






f0189142_11225572.jpg







合わせたのは群馬のお酒、「尾瀬の雪どけ」大吟醸。






f0189142_11231789.jpg







イケイケどんどん、続いてはラベルもオシャレな、「満寿泉」。
富山のお酒だそうです。






f0189142_11233646.jpg







合わせたのは、あん肝♪
ちょっと甘味を混ぜてるそうです。
あん肝大好物です♡






f0189142_1124118.jpg







「ピュリニーモンラッシュ」の2014年。
ドメーヌ・ジョマンです。
このシャルドネには、、





f0189142_11242978.jpg







淡路島の真鯛♪






f0189142_11245197.jpg







スミイカ♪






f0189142_112514100.jpg







スミイカには、「フリーマン」というカリフォルニアのシャルドネ。






f0189142_11253580.jpg







赤身の漬け♪






f0189142_112626.jpg







黙々と握って、、仕事ぶりが良いですね〜。






f0189142_11262230.jpg







大トロ♪
ほろ酔い気分で、お口の中も天国♡





f0189142_11264621.jpg







「花陽浴」は、埼玉のお酒だそうです。






f0189142_1127768.jpg







コハダ♪






f0189142_1127302.jpg







中トロ♪






f0189142_11275284.jpg








宍道湖の白魚♪





f0189142_11281818.jpg







「龍神」は群馬県のお酒です。






f0189142_11321996.jpg







車海老♪






f0189142_11323894.jpg







春子鯛♪






f0189142_11325831.jpg









玉子焼き♪




f0189142_11332262.jpg







「写楽」は福島の会津のお酒です。






f0189142_11334132.jpg







桑名のハマグリ♪





f0189142_1134261.jpg







干瓢の海苔巻き♪






f0189142_11342255.jpg







さらに、稲荷で巻いた干瓢の海苔巻き♪
これも大好きです♪






f0189142_11344239.jpg






雲丹♪







f0189142_1135228.jpg







ご飯に蛤の肝を和えたもの♪
シメにはちょうど良い塩梅♪

ちなみに、親方三谷さんは、玉子焼きでシメではないそう!
最後は干瓢海苔巻きなんだそうです!

この夜は、シメの海苔巻きよりもさらに品数多く出していただき、お腹一杯の大満足でありました♪






f0189142_11352397.jpg





最後にデザートは、梅のコンポートでした♪
ご馳走様でした。



料理や握りの一皿それぞれに、合わせるお酒も選んであって、シャンパン、赤白ワイン、日本酒と、これだけ種類を多く揃えているお店は、そうそう他にはないですよね。。
三谷さんの研究熱心さ、精進を怠らない姿勢が、人気の所以だとよくわかります。

次回は、また四谷のお店で三谷さんのお話を伺いながら、美味しいお鮨とお酒を愉しみたいものです♪
予約が取れると良いな。。。

続いては、フレンチのイベントです♪
[PR]
# by jackie-style | 2017-08-08 20:03 | レストラン | Trackback | Comments(0)

2017バンコック&シェムリアップへの旅−8

f0189142_15333144.jpg







とびきりの笑顔でウェルカムされて、真っ白の清潔なカバーのかかったシートに身をゆだね、外気温は36度の猛暑の中を、冷房の効いた車がゆっくりと走り出しました♪






f0189142_15342177.jpg








もちろん、冷たいお水とおしぼりも用意されて、いつものアマンスタイルですね♪





f0189142_1535613.jpg







舗装されていない道路がたくさん。。。






f0189142_1535337.jpg







アジアの国々の中でも、カンボジアはまだまだこれから発展していかなくてはいけない、途上国の一つなんでしょうね。。






f0189142_1536544.jpg







15分ほども走ったのかしら、、、なんと目の前に世界遺産がもう見えてきました!






f0189142_15362744.jpg







シェムリアップの市街地から、すぐ近くにあるんですね!!






f0189142_15371234.jpg







緑がたくさん目に飛び込んできます♪






f0189142_15375324.jpg







あっという間にアマンサラに到着したようです♪
アンコールワット遺跡のエントランスからは10分程の所に位置するそうです!





f0189142_15382658.jpg







クメール語でアマンサラって書いてあります。。たぶん!^^






f0189142_1541833.jpg







フランス人女性のGMはじめ、大勢のスタッフが笑顔でお出迎えしてくださいました♪






f0189142_15422099.jpg







このプール、何百回?、いやちと大袈裟か・・・何十回見たことでしょう。。。
その昔1967年、カンボジアを訪問したジャクリーヌ・ケネディがこの地にあった迎賓館に迎えられ、その迎賓館をアマンがホテルにしたと聞いて以来、ずっとずっと一度は訪れてみたいと思っていました。。

その当時の写真が検索したら出てきたので、最後に貼り付けておきますので、ご興味あればご覧くださいませ。。





f0189142_15435018.jpg







客室に案内される前に、こちらのダイニングルームを通りました。
アマンサラは全室24室のみの小さなホテルなので、レストランはここのみ。
朝食も昼食もディナーも全てこちらでいただきます。
もちろん、ルームサービスでいただくこともできますが。




f0189142_1545383.jpg







ちょうど、シェフが厨房から出てこられて、丁寧にご挨拶くださいました!
お忙しそうだったので、どちらのお国の方かは聞かずじまいでした。。
でも、体型からして美味しそうなものを作ってくれることは間違いなさそう。。。^^




f0189142_15464171.jpg







中庭を挟んで、両サイドにオールスイートのお部屋が並んでいます。
24室のうち、半分の12室がプールスイートで、あとはコートヤードスイートとスイートに分かれているそうです。






f0189142_15473690.jpg








石柱の並ぶコリダーが美しく静謐でした。。。





f0189142_15502226.jpg







こちらが私たちのお部屋です♪
右手奥のドアが入り口です。
コンパクトな作りになっています。




f0189142_15512250.jpg







ベッドの上には、男女別のチェックのバティック(カンボジアではクロマーと呼ぶそうです)がプレゼントで置いてありました♪






f0189142_15514576.jpg







外廊下に面した窓にブラインドがかかっていて、その手前にデスク、ベッドと配置されています。






f0189142_1552767.jpg







テーブルには、ランブータンとトリュフチョコレートのウェルカムです♪






f0189142_15523213.jpg








ルームキーが木彫りの象さんで可愛かった♪





f0189142_15525166.jpg







サイドテーブルの上にも、ウェルカムで生春巻きと飲み物(何だったか、たぶん柑橘系だと、、)が運ばれました♪

チェックインもお部屋で行います。
担当のThanyさん(←谷さんと覚えやすい♪)は、独学で日本語を勉強したそうですが、もう凄く上手でびっくり!
相当頭の良い女性だなと、すぐにわかりました!





f0189142_15532739.jpg







ソファーセットから段差で降りると、このバスタブが置かれています。






f0189142_15541741.jpg








ガラス扉の向こうにテラスと6mx5mのプランジプールがあります♪





f0189142_1556129.jpg







テラス内側の両サイドにはシンクが。
奥にバスタオルとバティックがかかっていて、シャワールームへ続いています。






f0189142_15572257.jpg







シャワー室からの眺め。






f0189142_15593724.jpg







ちょっと暗くて分かりづらいですが、入り口ドアに続く壁際には、クローゼットやトランク置き場、ミニバーがあります。






f0189142_1602365.jpg







この砂岩でできたレリーフがアクセントになって素敵でした♪






f0189142_1615276.jpg







他のアマンに比べると、お部屋の広さは無いんですが、なぜか居心地は良いんです♪
テラスが広々としていて、プールも目に入るから、ちっとも狭さを感じません!






f0189142_1621561.jpg







セキュリティーボックスとミニバーコーナー。






f0189142_162413.jpg







カシューナッツとピーナッツとライムが常備されていました♪






f0189142_1631698.jpg







ドリンクは全てコンプリ♪
ビールも飲み放題ですぅ◎
ただしレストランでビールをオーダーしたら、それにはチャージされると!
全然いいです、ビールはお部屋で飲みますっ♪





f0189142_1633547.jpg






って、早速ビール開けちゃってますね。。笑

この日は、ずっとホテルにお籠り、、、
[PR]
# by jackie-style | 2017-08-01 21:45 | 海外 | Trackback | Comments(0)

2017バンコック&シェムリアップへの旅−7

f0189142_1312789.jpg






サイアム3日目。
この日の朝食は、ココナッツワッフルに、マンゴーのコンポートと、Longanの蜂蜜添え♪






f0189142_13123697.jpg







つい選んじゃうチョコクロワッサンと完熟フルーツ盛り♪






f0189142_13125842.jpg







可愛い小瓶は各種あって、グアバやオレンジにパイナップル、スイカなどのフレッシュジュースが選べます♪
これは、オレンジジュースと、ヨーグルトにバナナと牛乳と蜂蜜入りのものだったかな。。
アイスカフェラテも毎朝必須です♪





f0189142_13131869.jpg







エッグベネディクトも美味しかったですよ♪






*****






お昼に出かけたのは、「Than Ying」 というレストランです♪







f0189142_13144941.jpg







もうかれこれ、20年以上前にディナーで行って以来。。。
こんな場所だったのかしら。。。
夜だったので、タクシーで着いたらお店の灯りが煌々として眩かったことだけ覚えてるんですが。。。






f0189142_13151645.jpg













f0189142_13155062.jpg







一軒家のタイ宮廷料理のお店です。






f0189142_13164279.jpg







この日は、お昼も早い時間だったせいか、まだ空いていました。

昔、ディナーで伺った際には、お店は満席でとても賑わっていて、隣の大きなテーブルには、たまたま日本のビジネスマン達がお食事されていました。
現地で働いている日本の方達も足を運ぶんだから、きっと美味しいでしょうと思ってたら、本当に美味しくて、またいつか来てみたいと思っていたんですね。。
あれからもう、あっという間に時が過ぎていってしまいました。。





f0189142_13171310.jpg







前菜で運ばれたのは、Pandan leavesという葉で包んだ、ディープフライのチキンです♪
しっかり濃い味のソースをかけて♪
うん、やっぱり美味しいです!






f0189142_13174237.jpg







スープは、ランブータンにミンチのポークを詰めたもの♪
あっさりしているけれど、とても美味しいです♪





f0189142_1318675.jpg







これは干しエビや茄子を炒めたサラダ♪
ちょっとスパイシーで、ご飯にも良く合います♪






f0189142_13183123.jpg







4種類のカレー♪
マトンと、ポークのレッドカレー、エビのグリーンカレー、チキンのイエローカレーだったかな。。
それぞれ、甘みや辛さの違いがあって、飽きずに楽しめました♪



お会計も、前日の「セラドン」の半額以下と、お財布に優しいCPの良いお店です◎




*****






ランチの前にお土産やお買い物を済ませていたので、昼食後は、一旦ホテルに戻りました。






f0189142_1320336.jpg







この先に見えるのは、「Café Cha」ですね。
アフタヌーン・ティーも楽しめるようです。
試してみたかったんですが、ランチでもうお腹いっぱい。。。






f0189142_13203215.jpg







テラス席の方が素敵に見えるんですが、何しろ外は蒸し暑いので、店内の方が人気のようです。






f0189142_132125.jpg







セキセイインコにもご挨拶しておきましょう。。






*****






ホテルでゆっくりした後に夕方向かったのは、






f0189142_13213955.jpg







こちらのホテル「Dusit Thani」






f0189142_1322238.jpg







ホテルのレストラン「Benjarong」に伺いました。






f0189142_1323872.jpg







18時からの予約を入れていたのですが、私たちが一番乗りのようでした。






f0189142_13243469.jpg







と、思ったら外のテラス席に先客がいらしたんですね!
滝が流れていて、とても雰囲気があります♪






f0189142_1326489.jpg







メニューを眺めながら、カンパリソーダだったかな。。
おつまみは、ポップコーンのようなものだったと。。。(失念)






f0189142_1327037.jpg





「Indulgence Signature Tasting Menu」というコースをチョイス♪

前菜は、
真ん中のものは、タロイモの蒸したもので、Pandas Leaf包みって書いてあったのですが、そっか、パンダの葉っぱだから、笹の葉のことなんですね!
右側のものは、ターメリックとオレンジのソースで味つけたビーフンのようです。
左側は、ポメローやハーブのココナッツとピーナッツソースで和えたサラダかな。







f0189142_13272541.jpg







次に、ココナッツスープが運ばれました♪
Slow Cooked Chickenとメニューにあるとおり、確かにすごく柔らかいチキンでした♪






f0189142_13274659.jpg






タマリンドとパイナップルソースのフォアグラ♪
こちらのお店は、ガイドブックを読むと、タイ王宮料理だった内容を一新して、モダンタイ料理のレストランに衣替えと書いてありましたが、確かに従来のタイ料理にはないような一品ですよね!







f0189142_1328158.jpg







これも見た目がフレンチっぽいですものね〜!
和牛サラダだそうです!
お皿の端っこにお料理を盛り付けるのも、今流行りのもの。。。






f0189142_13284010.jpg






最後に、ローストした鴨肉とライチのレッドカレーでした♪







f0189142_13293356.jpg







デザートは、パイナップルと塩味のメレンゲにバジルのアイスクリーム♪


レストランの雰囲気もゴージャスですし、確かにお料理も美味しいんですが、なんだかタイ料理って感じが薄くなってしまっていて、ボヤけた感じがしてしまいました。。
タイ料理なら本格的なタイ料理を食べたいですし、フレンチが食べたいならフレンチのレストランに行きますものね〜、なんか中途半端になってしまって残念な気がしたのは、、、私だけでしょうかしらん。。。
デンマーク出身のシェフの腕は確かそうなので、もったいない気がしました。。







*****





夜は更けて、、、








f0189142_13303744.jpg






ホテルに戻ると、、、この幻想的なシーンともお別れですね。。。
明日は、初めての国へと出発です♪







*****






翌朝、サイアム最後の朝食を♪







f0189142_13313472.jpg






グリルしたポークとスパイシーソースで♪
餅米に合いますよね〜♪







f0189142_1332570.jpg







お粥は、チキンか、ポークか、エビから選べます♪
お腹に優しい味でした♪






f0189142_13333286.jpg






スワンナプーム空港まで、サイアムのBMWで送ってもらったのですが、空港に到着して私たちが車から降りるやいなや、近づいて来た男性に、〇〇様ですねと名前を呼ばれました!
それは、なんとアマンスタッフでした!!!
バンコック市内にはアマンのホテルは無いのですが、これから私たちがカンボジアのアマンサラに行くことを事前に知っていて、アマンスタッフがお手伝いに来てくれていたのです!!!
サイアムの車が到着するやいなや、〇〇様ですね!と笑顔で問いかけ、サッと手荷物を受け取り、ご案内致しますと。。。。
なんというアマンマジック!@@
さすがですよね〜!!
これだから、どんな僻地であろうと、安心してアマンのホテルに行こうと思えちゃうんですよね◎






f0189142_13334835.jpg







アマンサラに飛ぶ気持ちも更に盛り上がって、、、
テンションが上がると、お腹も空くという。。。
すいません、やっぱり今回も食べログ紀行になってますね。。

空港内で見かけたこのマンゴーとスティッキーライスの店に目が奪われ、ランチ前なのに、立ち寄ってしまいました。。
う〜〜ん、やっぱりあのトリサラの洗練された味には全然適わないなぁ〜。。。
あれは別格のものでした。。






f0189142_13342079.jpg







バンコックからカンボジアのシェムリアップまでは、バンコクエアウェイズで1時間10分ほどです。







f0189142_13344653.jpg






あっという間なのに、こんな機内食が出ましたよ。
ポテトとマカロニのマヨネーズサラダだったかな。。







f0189142_13351484.jpg







このお坊さんと一緒の飛行機だったんですが、バンコックのイミグレーションでは、お坊さんは別扱いで、飛行機までの送迎のバスも、お坊さんは一人だけ別の乗用車で飛行機まで乗せてもらってました!
お坊さんって特別待遇なんですね!





f0189142_13355990.jpg







こちらがシュムリアップ国際空港ですか!
カンボジアに初上陸です♪

この中に入ると、すぐにアマンサラスタッフが出迎えてくださって、他の乗客がイミグレーションの窓口に並んでいるのに、私たちだけ別の場所に案内されて、入国手続きもアマンスタッフがササッと済ませてくださいました!
先ほどのお坊さんと同じ扱いで、お坊さんの方がびっくりしてこちらを見たくらい!!
やるなぁアマン!!(にんまり)^^v







f0189142_13362246.jpg







空港の外で待っていてくれたのは、こちらの1965年製のメルセデスでした♪
雰囲気ありますね〜♪
この世界遺産の街にぴったりなクラシックカーで、優雅にホテルへと向かったのでありました♪













つづく
















by jackie style
[PR]
# by jackie-style | 2017-07-27 10:08 | 海外 | Trackback | Comments(2)