<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「Ruffles Hotel」 2016 Summer Vacation-12

マレからシンガポールまでは約4時間50分程のフライトでした。
往路のSQのお食事は美味しくいただきましたが、さて復路はどうでしょう?










f0189142_183546.jpg







アペタイザーは、マリネした海老にスモークチキンとモッツアレラチーズ、バルサミコドレッシングです♪
今こうして写真を見ただけでも美味しそうですよね♪




f0189142_1841479.jpg







メインで選んだのは、ブレイズしたラム、付け合わせはラタトゥイユにリヨネーゼポテト、グレービィーソースで♪






f0189142_1844544.jpg







デザートはパンナコッタ♪






f0189142_1851164.jpg







チョコレートケーキも選べます♪
コーヒーはイリィの豆の数種類のセレクションからチョイスできます♪

どれも美味しく頂戴しました♪
SQの評価が高いのも頷けますね。


シンガポール着は、夜の9時近くでした。




f0189142_1854345.jpg







大昔に一度お邪魔して以来の「ラッフルズホテル」です♪
タイ旅行の帰りに寄って、宿泊はしなかったんですが、こちらの中庭にあるレストランで、小さかった娘のお誕生日をお祝いしました♪
その時のチョコレートケーキがとっても美味しかったのを今でも覚えています♪
時の過ぎるのって、本当にあっという間なんですね。。。(しみじみ)





f0189142_1862237.jpg






このロビーの大階段の上から、英国紳士が手にした背広をくるっと大きく回して袖を通しながら降りてくるのを、下から見上げて惚れ惚れしたのを思い出します!
やっぱりスーツを着慣れてるなぁって・・・・とてもかっこ良く見えた。。。
宿泊客以外は立ち入れない二階のエリアから、談笑しながら降りて着た英国紳士達を眺めて、いつか私たちも絶対このホテルに泊まろうと、心に誓ったんですよね。。
あ〜〜それから随分と長いこと、なぜかご縁が無かったんですよね。。
でも、今回やっと来れてようやく念願が叶いました♪








f0189142_13582519.jpg







チェックインの手続きを待つ間にサーブされたウェルカムドリンクは、もう有名ですよね!
シンガポールスリングです♪
ドライジンをベースに、チェリーブランデーやパイナップルジュース、ライムジュース、コアントローなどをシェークして、最後にソーダ水で満たしたカクテルです♪
パイナップルとチェリーの飾りが愛らしい♪
ほんとは甘いお酒は苦手なんですが、シンガポールの気候に合ってるみたいで、ゴクゴク一気飲みしちゃいました♪
美味しかったです♪



f0189142_1404754.jpg







お部屋に案内されて・・・
この長い回廊・・・・風情ありますよね♪






f0189142_1412085.jpg








私たちのお部屋は、この建物の一階の右端にありました。





f0189142_1415223.jpg







振り返って見れば、先ほどチェックインした本館が美しく照らし出されています♪






f0189142_1465448.jpg







ちょっとした場所がとても絵になります♪






f0189142_1431873.jpg






パーソナリティスイートで予約を入れたのですが、このカテゴリーには、過去にラッフルズに宿泊し伝説的な逸話を残した著名人の名を冠した12室のスイートがあります。
エヴァ・ガードナー、チャーリー・チャップリン、ノエル・カワード、アンドレ・マルロー、ジョン・ウェイン等々、中でも有名なのは、サマセット・モームですよね!
ゲストがその中の誰々の部屋をと事前にリクエストすることはできないようでした。。
なので、それらのどのお部屋に通されるかはこの時までわかりませんでした。

で、私たちが案内されたお部屋は、なんと「サマセット・モーム」のお部屋でした!!
内心、そうだったら良いな〜と願ってたので、とても嬉しかったです♪

玄関ドアを開けて左手に、ソファーセット。






f0189142_1443385.jpg







玄関ドアを背にして右手にテーブルセット。






f0189142_145093.jpg







ウェルカムフルーツとラッフルズチョコレートが置いてありました♪






f0189142_1484152.jpg







サイドボードを開けると、ミニバーやティーセットが。
実は翌日気がついたんですが、この中にあった白ワインのボトルが一本、中身が空っぽなのに、うまく蓋を被せてあって、すぐには気付かれないようにカモフラージュされてました!
ゲストの誰かの仕業で、チャージされないようにしたんでしょう。。。
すぐにその旨をバトラーに話したのは、もちろんのことです。
でも、お部屋のクリーニングの際には、こうゆう細かい点までチェックするのが当たり前だと思うのですが、、、、
その後の対応は、また次回以降で書きますね!
流石にラッフルズホテル!と思わせる対応だったことだけは、先にお伝えしておきますね。。






f0189142_14104581.jpg







リビングエリアの次にベッドルームです。
奥にドレッシングエリアとバスルームがあります。





f0189142_14112516.jpg







ベッドの対面には、テレビがセットされた大型ワードローブ。
ワークデスク。






f0189142_1412947.jpg







歴史を感じるアンティーク家具も照明も、全てがぴったりとマッチしていてとても素敵なお部屋でした♪






f0189142_1415124.jpg







大理石のタイル張りのダブルシンク。






f0189142_14165145.jpg







モスグリーンカラーが美しいバスルームです♪






f0189142_14172553.jpg







ウォークインシャワーブースが隣に。






f0189142_1418043.jpg







色彩の美しい陶器の象さん♪
これ欲しいなって思いました!
綺麗なプランターに植えられた植物が置かれてるだけで、なんだか清潔感が増しますよね♪





f0189142_14201192.jpg







デスクの周りの壁には、






f0189142_14395735.jpg







サマーセット・モームがホテル宛てに書いた、お礼状が飾られていました!
一つは、ルクソールのウィンター・パレスホテルの便箋を使ったものでした!
ちょっと調べて見たら、ソフィテル経営で今でもエジプトルクソールにありました!
5つ星の由緒あるホテルです!
いつか泊まってみたいものです♪






f0189142_14213996.jpg







1960年2月にラッフルズホテルで撮られたサマセット・モームの写真です!






f0189142_14412260.jpg







夕食がまだだったので、お腹が空きました!
でも時間が遅かったので、レストランではなくて、こちらの方へ、、、






f0189142_144146100.jpg







有名なロングバーです♪





この時には、まさか、、、、あんなことになるとは、夢にも思ってなくて。。。。








つづく。。。






by jackie style
[PR]
by jackie-style | 2017-02-14 18:15 | 海外 | Trackback | Comments(2)

「Cheval Blanc Randheli」 2016 Summer Vacation-11



去年の夏のバカンスだったこのランデリ@モルジブの記事もようやく終わりが見えてきてホッとしてます。。(長くかかりすぎだろって、、、済みませんっ^^;)
あとは、帰りに立ち寄った国があるので、それも早く済ませちゃいたいところ!

気持ちは、早くも今年の旅行にもってかれてます♪
GWと9月のSWの旅行は、既に去年の内に手配予約済みなのですが、8月は予定してなくて、でも皆さん夏休みでお出かけするだろうし、暑い最中私たちもどこかで少しはお休み取りたくなるだろうなぁ、いやいや9月まで我慢するかと思ってました。。
そんな最中、ひょんな事から、ずっと前々から行ってみたかった近場の温泉宿と、そこからすぐ近くで別の新しいホテルの2軒、どちらも希望のお部屋が空いてることがわかり、人気の宿ですから、これは行かなきゃ損だよねと、即予約を入れました♪
和食とフレンチ両方ガッツリいけそう♪
我ながら上出来なプランだわとほくそ笑んでます♪


って、前口上はこのくらいにして、サクッといきます!







*****









f0189142_17593147.jpg







アップする方も飽きてきてるんですが、一応備忘録として、、、
ターンダウンのおやつは、キャラメルとココナッツトリュフとマンゴーでした♪
でもなんでいつも果物のラップ剥がさないで写真撮ってたんだろ??

前回も書きましたが、ニコンの方のホワイトバランスのダイヤルを動かしてしまっていた事に気づかず、ずっと青味がかった写真になっちゃってます。。
お見苦しくて残念!(セルフでフィルターかけたつもりで見てくださると有難いです)




f0189142_1801131.jpg







この日の朝食は、アップルジャム入りのドーナッツと、マーブルチョコケーキです♪
私もイタリア人ほどじゃないけど、朝は甘いものが欲しくなるタイプかな。。






f0189142_1813855.jpg









これは主人の方。




f0189142_1821762.jpg







オーダーで頼んだのは、スパニッシュオムレツ♪
じゃがいもやトマトやオリーブの実がゴロゴロ入っていて美味しくいただきました♪






f0189142_1824133.jpg







シンプルに目玉焼きが食べたかったもよう。。
これにポークソーセージや、フライドポテト、マッシュルームのソテーのサイドメニュー付きです♪






f0189142_1843323.jpg







明日はもう出発だから、ヴィラの前のビーチでゆっくりシュノーケリングしようという事になりました♪
先の方の海の色が変わる所まで泳いで行ったら、たくさんのお魚が見れましたよ♪






f0189142_196982.jpg







この日は一番風が強い日でした。






f0189142_1963833.jpg







ラストディナーは、ヴィラ前のプライベートビーチでBBQディナーの予定で、ちゃんとセッティングまでしてくれていたのですが、夕方からスコールになり、急遽撤収!








f0189142_197231.jpg






「White」のガラス張りの個室に場所を変えてディナーをいただくことになりました。
広い部屋の中で、2人だけのディナーです♪
他のゲストは、別のレストランディナーに行かれてるようで、貸切状態でした。






f0189142_1975873.jpg







たっぷりほぐした蟹とプチトマトのサラダ♪






f0189142_1982011.jpg






海老の生春巻きとスパイシーなディップソース♪
シーザーサラダ♪








f0189142_1991672.jpg







メインのロブスターグリル♪
烏賊や帆立や海老も一緒に♪





f0189142_1994273.jpg







他にはピラフ、ポテト、野菜のグリル、チキン、ビーフもありました♪






f0189142_1910122.jpg




「エキゾチックケーキ」という名のココナッツとマンゴーとホワイトチョコレートのケーキ♪
上品な甘さで、とっても美味しいケーキでした◎


デザートをいただいていたら、ソムリエのARUNさんがわざわざ最後のご挨拶にいらしてくださいました♪
本当に好青年でした♪
いつか世界のどこかのホテルでお会いできたら嬉しいです♪






f0189142_1912535.jpg







お部屋に戻ると、こんなお土産のプレゼントが置いてありました♪





*****









f0189142_19123085.jpg







いよいよラストデーです!
あれっ!?
この日は、ちゃんとラップ剥がして写真撮ってましたね、、マンゴーです♪
アーモンドフィナンシェもチョコナッツキャンディーも美味しかったです♪






f0189142_19125214.jpg







思い残すことのないように、しっかりパンをゲットしてきました!
チョコクロワッサンと、チョコアーモンドクロワッサンと、ココナッツマフィンです♪






f0189142_19131549.jpg







こちらは主人のチョイス。
一応本人が見たら懐かしいかもしれないので、載せました。。笑





f0189142_19134113.jpg








オーダーしたのは、シャルキュトリープレート♪





f0189142_1914586.jpg







意外に美味しかったお鮨&刺身をアゲインしてみたくて♪







f0189142_19163741.jpg







チェックアウトを済ませたら、、、






f0189142_1915827.jpg






お世話になったレジデントマネージャーのトマ氏とエグゼクティブシェフも一緒にお見送りに駆けつけてくれました♪
埼玉大学でホテル学を学んで日本語ペラペラでお洒落なトマ氏、、、来年は上海のホテルに興味があるようなお話も。。。
もしやAmanyangyun??
今年の秋以降にソフトオープンでしたよね。。
いつかどこかでまたお会いできたら嬉しいです♪

そしてもちろん、日本人スタッフの優秀な佳美さんもお見送りにきてくださいました♪
英語が堪能ではない私たちが、何不自由なく快適に過ごせたのは全て佳美さんのお陰でした。
有難うございましたm^^m







f0189142_19175750.jpg






あれに乗っていよいよもう帰るのねと思うと、、、さびしいです。。







f0189142_1919167.jpg














f0189142_19194119.jpg







左側の2島は人口の島だそうです。
全然そうは思えませんでしたが。。






f0189142_14362514.jpg






私たちのヴィラはあの辺だったねと。。。
本当に素敵なホテルでした♪


またいつか来れるかな。。。
それまでさよなら。。。

拙いですが、ランデリの海の中の写真を最後に。。。
[PR]
by jackie-style | 2017-02-08 17:24 | 海外 | Trackback | Comments(0)