<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「Cheval Blanc Randheli」 2016 Summer Vacation-6

来年の旅行プランが決まったので、さてその次はどこにしようかと楽しく思いを巡らしてたんですが、、、
幾つかの候補のうちの一つが、アメリカ経由で行く旅でした。。

でも、今回の大統領選の結果をみて、しばらくはペンディングかなぁ〜。。。
様子見ですかね。。。




さて、モルジブ編に戻りましょうっと♪



お部屋で少しまったりしたら、
そろそろお腹が空いてきました。。
ランチに出かけた先は、、、






f0189142_9514426.jpg







ヴィラを出るとこんな風に小道の両サイドから熱帯の植物がトンネルを作っています。






f0189142_9521582.jpg







小さなトカゲさん発見!






f0189142_9525553.jpg







ディナーは予約が必要ですが、ランチは予約無しで「White Bar」や「Deelani」のレストランが使えます。
長いジェッティの先にある建物が「 Deelani」のイタリアンレストランです。
ランチはそこで♪






f0189142_9532359.jpg







ウォーターヴィラが並んでる人口の島と美しい海の色を眺めながら、テコテコ歩いて行きました♪
日本人スタッフの佳美さんによると、人口島を造る際には1500本もの椰子の木を植栽したんだそうですが、遠くから眺めていると、一本一本の椰子の木がまるでヨチヨチ歩いてるみたいに移動していて可愛らしかったそうですよ♪
人の手がたくさん掛かって大変だったんでしょうね。。




f0189142_954784.jpg






到着しました。
地中海とイタリアンのお料理がいただける「Deelani」のエントランスです。







f0189142_9543484.jpg






生簀があって、中にはロブスターがたくさん!







f0189142_955921.jpg







空いていたので、特等席でした♪
さっき水上飛行機で到着したばかりの桟橋を眺めて。。






f0189142_9553687.jpg






陶器でできたフレンチブルちゃんがカラフルキュート♪







f0189142_956021.jpg







オリーブオイルの瓶とオリーブやドライトマト入りのパンやバケット、グリッシーニが先に運ばれました。






f0189142_9562375.jpg







ボンゴレパスタはモチモチとしてて、味付けもgood♪
ソースに少しだけバターが入ってますね♪






f0189142_9564975.jpg







ミックス前菜は、マッシュルーム入りのオムレツ、エッグプラントの生ハムチーズ包み、アランチーネ、カルツォーネ、それにオリーブとドライトマトの付け合わせでした。
ボリュームもあって、いろんな味が楽しめましたよ♪

海の色が眩しいくらいに目に飛び込んできて、カールスバーグのビールをゴクッ!、、、、ふぃ〜っと一息ついたら、、、
もうモル最高!
ランデリ最高〜〜♪ 笑

まだ到着1日目ですものね。。
これからたっぷり時間があります♪





f0189142_9592291.jpg








午後はゆっくりヴィラのプールに浸かったり、目の前の海に入って遊びました♪

ジムにも行って運動したので、夕方にはまたまたすっかりお腹ペコペコに。。








f0189142_100161.jpg







初日のディナーはこちらです♪
朱塗りの壁が鮮烈な印象のエントランスです!





f0189142_1005170.jpg







「Le 1947」
本格的なフレンチレストランです♪

ランデリの他のレストランは、ランチで行った「Deelani」のイタリアン、メインレストランの「White」、東アジア料理の「Diptyque」、プールサイドにある「White Bar」があります。

こちらのフレンチレストラン「Le 1947」は月曜日、火曜日、水曜日のみ、「Diptyque」は金曜日、土曜日、日曜日のみのオープン。
また、「Maldivian Night」というイベント付きのディナーは、毎週木曜日と決められているそうです。
なので、
私たちの滞在中に全てのレストランディナーをもれなく楽しめるようにと、先に佳美さんがディナースケジュールのモデルプランを作っておいてくださいました♪
もちろん、こちらの希望があれば変更可能だということで。
楽チンなので、私たちはその通り変更無しでお任せすることにしました♪










f0189142_1011628.jpg







ウェイティングバーのお部屋です。
グランドピアノの側にあるモンキーのオブジェは、流木で作ったものだそう。






f0189142_1021036.jpg







先ほどの長いエントランスの後ろ側には水盤が。。
居心地の良さそうな雰囲気を醸し出しています♪
ここでゆっくり食後にウィスキーを飲むのも良さげですね。。。
私はウィスキーよりもやっぱりシャンパンが良いかな♪







f0189142_1025011.jpg








向かい側にはワインセラーが見えました。





f0189142_1032443.jpg






ちなみに、
「Le 1947」というレストラン名は、ボルドーはサンテミリオンの「Chateau Cheval Blanc」で、最高の品質のワインができた当たり年に因んで付けられたそうです!
その年のCheval Blancの赤ワインは、今ではネット価格でも百万円以上、なかには300万円台の代物も出ているようです!






f0189142_1035452.jpg







食前酒をこちらでいただきました♪






f0189142_102852100.jpg








バーから、奥へと続くディナーレストランへ案内されて。。。
テーブルの上には、こんな陶器の飾り付けがされていました。
ちょっとユーモアもあって、温もりも感じる雰囲気に。。





f0189142_10422318.jpg






アントレは3種でした。
メニューからそのままに。。。
「Porcini "Sabayon", Melba Toast」
「Emperor Tartar, Kaffir Lime, Ponzu&Crispy Garlic」
「Black" Crimee" Tomato, Feta&Watermelon Foam」

だったようです^^;
正直どれがどれだかもう忘れました。。。(アハっ)
どれも繊細な仕上がりだった気がします。。(スミマセン)








f0189142_10435337.jpg







バターとお塩入れが、これまた手作り感ある入れ物ですよね♪
粘土細工のような。。






f0189142_1124984.jpg




左上は、ハマチとオセトラキャビアに林檎のゴーフレット♪
右上は、フォアグラのソテーにサフラン風味のマルメロソースだそう♪
左下は、ロブスターにトリュフ♪
右下は、Turbot(ヒラメ)のソテーにマッシュルームとグリンピースかな、柚子の風味がしました♪

泡泡のソースが多かったみたい。
重たい系じゃなくて、どれも軽やかでヘルシーな印象でした♪








f0189142_2059168.jpg





左上のスープは、せりとココナッツ、それにライムのフォームとミントパウダーを散らせて♪
右上のメインは、ピレネー産の子羊、フェンネルとバジルのソース、パイナップルトマトを添えて♪
下段は、fuméeしたブルーチーズ、アップルジェリー、アーモンドにセロリ、ポルト酒で♪

全体に量も多すぎず少なすぎずでちょうど良い感じでした。







f0189142_21131178.jpg





デザートは、可愛らしい苺の一皿に、
ココナッツスフレ、中にはココアのソルベとパッションフルーツキャラメルが入って♪
チョコレートのアイスクリームだったかな。。
そしてプチフールまで、しっかり美味しくいただきました♪

ふぅ、モルジブでちゃんとしたフレンチのフルコースがいただけるだけでも素晴らしいですよね♪
食材もフランスからの直輸入だそうです!
なので、お値段もそれなりにでしたが。。

ワインは、ピュイニーモンラッシュで確か$350くらいでしたか。。
ワインはものにもよりますが、だいたい3〜4倍くらいのお値段だった気がします。






*****






夜もとっぷりと更けて。。。
綺麗な星空を眺めながら、ヴィラへと戻りましょう♪





f0189142_21181484.jpg








"おやすみなさい"の文字が出迎えてくれました♪






f0189142_21184358.jpg







お部屋には、翌日のモルジビアンナイトディナーで着用するパレオが用意されていました♪
明日の夜もお楽しみ〜♪
夜のオヤツにカヌレとゼリー、それに冷蔵庫にはマンゴーのフルーツが冷やしてありました♪











つづく








by jackie style
[PR]
by jackie-style | 2016-11-14 18:08 | 海外 | Trackback | Comments(0)

「Cheval Blanc Randheli」 2016 Summer Vacation-5

f0189142_1341636.jpg






スタイリッシュなバスルーム♪
広々としていて明かるくてとっても気持ちが良かったです♪
このバスタブの壁の裏側にシャワーブースです。






f0189142_13414495.jpg







左手にシンクが






f0189142_1342729.jpg







右手にももう一つのシンクがあって、その後ろにはトイレ。







f0189142_1342376.jpg








バスタブから手の届く棚には、右から黄色いボトル入りのジャスミンの香りのコンディショナーとシャンプー、バスジェルです。
ボックスにはヘチマのスポンジが。
真ん中にあるのはランデリのキャンドルとマッチ。
バス・フィズ・タブレットが2個と、一番左はバスソルトです。





f0189142_13425989.jpg







シンク横のトレイの中に、グレーのチューブのハンドクリーム、ボディローション、ボディスクラブ。
手前にはリップクリーム。
このリップクリーム、バニラの香りがして凄く好き♪
お持ち帰りさせていただきました♪






f0189142_13431836.jpg







シンク横に座ってお化粧したり、物を置けるデスクがあって使い易かったです。
その椅子の上には、薄手のコットンバスローブと、袋の中身は、バンブーのスリッパ。
お風呂上がりに履くと足裏に気持ち良かったです◎
後で、他のルームシューズやビーチサンダルと一緒に撮った写真をお見せできるはず。。(写真探します!)






f0189142_13444633.jpg






両サイドから出入りできるシャワーブース。
水圧も問題無し!







f0189142_13451033.jpg







シャワーブースから外のテラスへ出てみると、そちらにも屋外シャワーがあります。






f0189142_13461636.jpg







もう一つ別の屋外シャワーがあって、それは、ヴィラ入り口横にあるトイレから外へ出た場所にありました。
プールの両サイドどちらからでもヴィラに入る前に使えるように、2ヶ所設置されてるんですね!





f0189142_13465118.jpg







寝室のベッドの裏側には、広いウォークインクローゼットがあります。
そうそう、チェックインして最初の一回目だけは、水洗いの洗濯物なら2名分無料でクリーニングしてくれるそうです!





f0189142_13471983.jpg







男女別にシューキーパーが用意されてました。






f0189142_13473989.jpg







ドレッサーの両サイドにキャビネットがあって、この中にセキュリティーボックスが置かれています。






f0189142_1348022.jpg







寝室との出入り口には等身大の姿見鏡が。






f0189142_1348426.jpg







これはヴィラ入り口横のトイレの方ですね。
ビーチサンダルの間のボックスは蚊取り線香入れだったかな。
カリブのアマンでは蚊が凄くいたのですが、ここではまったくいなくて快適でした◎





f0189142_13492193.jpg







ここはキッチンパントリー。
スタッフさんが、部屋を通らずに外から出入りできて、オヤツや飲み物などを運べるようにしてあります。
冷蔵庫に、ネスプレッソ、湯沸かしポット、パナソニックの電子レンジが置いてあります。



f0189142_13495376.jpg







冷蔵庫の中は、お水と無料のミルクが。
オヤツの時間前にはここで果物のプレートなどを冷やしておいてくれます。






f0189142_13502291.jpg







ヴィラをビーチから眺めて♪






f0189142_1350467.jpg







空と海と白砂のビーチしか目に入りません♪






f0189142_13511547.jpg







反対側を眺めても、遠くに無人島が見えるだけ♪






f0189142_13514652.jpg







少しだけビーチを歩いていってみると、アイランドヴィラが並んでいました。






f0189142_13521651.jpg







毎日プカプカと浮かんで眺めていた景色♡
heavenly blue にまるごと溶け込んで。。。。。











by jackie style
[PR]
by jackie-style | 2016-11-01 17:23 | 海外 | Trackback | Comments(2)