<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

エスキス&大磯迎賓館&國よし

10月は毎週のようにお出かけやら食事会が続き、9月にせっかくファスティングに行ったのに、あっという間に元の黙阿弥でしたー!




お友達とランチ会で伺ったのは、銀座にある「エスキス」です。
エスキスとは仏語で「素描」の意です。
シェフのリオネル・ベカ氏は、このお店の前には「ミッシェル・トロワグロ」にいらしたそうで、朧げながらお顔を覚えているかも。。
南仏出身で、たしか奥様は日本の方だったような。。

山本益博さんがお気に入りのお店のようです。




f0189142_18154627.jpg







まずは、秋の味覚の秋刀魚、トマトのゼリー、山椒、パルメザンチーズ。
フレンチなのに山椒を使ったり、日本の食材を取り入れるのがお得意のようです。
毎日市場に行ってからその日の献立を決めるため、決まったメニューブックは作ってないそうです。





f0189142_14143227.jpg






チーズ入りのバターが入った容器の上に、オーストラリア産マレーリバーのお塩でエスキスの Eの文字を型どっています。
バターの塩気をお好みでということでしょうか。。






f0189142_14151093.jpg







手前のものはバター用の木べらです。
器にも拘りを感じますね〜。

この日、いつもの重たいニコンではないデジカメを持ってきたのですが、主人が設定をソフトフォーカスにしたままだったようで、気づかずに撮影!
でも後で見たら、白を基調にしたお店の雰囲気にマッチしたような写真に仕上がってて、それなりに面白いかも。。





f0189142_14154688.jpg







南瓜のヴルーテ
ヴルーテとはスープとピュレの中間ぐらいのものだそう。
オレンジ、バナナ、ココナッツのフレーバーで。





f0189142_14162113.jpg







フォアグラのソテー、舞茸、プラムを挟んで。
緑はベゴニアの一種のシュウカイドウだそうです。
鴨の胸肉を削り節にして取ったスープを浸して。





f0189142_1416578.jpg







鱒料理なんですが、やっぱり色が飛んじゃってますね〜!
実物は、サーモンピンクの綺麗な色でした!
付け合わせは、葡萄、文旦、きゅうりのソース、クレソンのサワークリーム、マッシュルームの泡だそうです。




f0189142_14173487.jpg







甘鯛、青りんご、生海苔、焼き栗、茴香のピューレと茴香のソース。
う〜ん、繊細過ぎて生海苔が合ってるのかどうかわからない。。^^;





f0189142_14181240.jpg







蝦夷鹿です♪
これももっと赤々としたお肉なんですけどね。。
周りの黒い色は、ブルーベリーのパウダーだそうです。
鹿肉とカシスのソースで。
付け合わせは、牛蒡、ジロール茸、根セロリ。
今まで食べた中で一番美味しい蝦夷鹿料理でした♪
焼き加減も凄く柔らかくて、滋味豊かなジビエ料理を満喫できました♪






f0189142_14184873.jpg






パティシエは、日本、ニューヨーク、台湾の「ジュエル・ロブション」にいらした成田シェフ。
見た目も美しいデザートです♪
葡萄、柿、サフラン風味のゼリー、レーズン、ブランデー風味のアイスクリーム、巨峰のシャーベット。
いろんな味覚が混じり合ってマリアージュが楽しめます♪







f0189142_14201141.jpg







ソムリエに選んでいただいたサンテミリオンの赤ワイン。
お手頃価格でも美味しかったです♪






f0189142_14204985.jpg







まるで店名の如く、美しく素描された絵画のような一皿ですね♪
ミルクのアイスクリーム、ベイクドマンゴー、りんごと一緒に煮込んだグレープフルーツ、キウイのグリーンソースは生姜とハーブの香り、黒いソースはバニラに竹墨を使って、ブリオッシュ、ミュスカのゼリー。






f0189142_14212392.jpg














f0189142_1422384.jpg








林檎の形のオブジェは、リオネルシェフのまだ小さいお嬢ちゃんが描いた絵をもとにして作ったものだそうです。





f0189142_14223620.jpg







お土産のケーキが入ったお店の紙袋にも。。
愛らしいですね♪

センスの良い素敵なお店でした。。






*****






湘南に用事があったついでに、大磯まで足を伸ばし、プリンスホテルに泊まってきました。
16年前に泊まって以来。。。
ホテルも大分年季が入ってきて、中国からのゲストがたくさんお泊まりのようでした。。

その日のディナーに出かけたのは、大磯駅からほんの数十メートル先にあるこちら。。。






f0189142_1425171.jpg






「大磯迎賓館」
「小笠原伯爵邸」の姉妹店で、イタリアンのお店です。






f0189142_14273641.jpg







大きなピザ釜が鎮座してますね!






f0189142_1429185.jpg







夏の喧騒が嘘のようだった湘南。。。
大磯はさらに静かな夜更けを迎えていました。。
秋の寂しい海辺の街って嫌いじゃないです。。






f0189142_1430487.jpg







尾長鯛のカルパッチョです。






f0189142_14314199.jpg







オーソドックスなボロネーゼ。





f0189142_14333031.jpg







ピザ焼き上がりました♪






f0189142_14342141.jpg







大好きなクアトロフォルマッジョ。






f0189142_1435116.jpg








鱸のアクアパッツァ。





f0189142_1437213.jpg







食後に館内を案内してくださいました♪
明治の頃から政財界、文化人など、名だたる名士が競って別荘を建てた大磯の地図!






f0189142_14375432.jpg







写真も残っています。






f0189142_1439438.jpg







結婚式披露宴の会場としても利用され、ここはお二階にある花嫁の控え室。






f0189142_14402312.jpg







親族の待合室でしょうか。。
ステンドグラスも手が込んでいますね。






f0189142_14411732.jpg







一階に戻り、
私たちが一番乗りの客だったのですが、次第にテーブルも埋まって、夜はこれからですね。。






f0189142_14435759.jpg







こんな素敵な洋館に住んでみたいものだとつぶやいたら、案内してくださった女性スタッフいわく、隙間風は入るし、維持管理するのが大変ですよ〜と。。
こうやって、たくさんの人の手が入って、たくさんの人が利用するから、洋館もイキイキとその美しさを保っていけるんでしょうね。。
いつまでもずっとその輝きのままで残していってほしいものです。。






*****





翌日ホテルをチェックアウトしてから向かったのは、
鰻の老舗、「國よし」です♪






f0189142_14452085.jpg






なんと1803年からの創業だそうです!
大磯の土地柄、吉田茂や伊東博文などの著名人始め、宮家からもご贔屓にされたそうな。。







f0189142_1446715.jpg








よく磨き込まれた階段を上がって、、、





f0189142_14481697.jpg







和室かと思ったら、テーブル席のお部屋でした。






f0189142_14491563.jpg







日本酒は、佐賀の「鍋島」♪
ガラスの酒器が良いですね〜♪






f0189142_14505728.jpg








ジャ〜ン!♪!
鰻大好きです♪
特選うな重定食は、肝吸いとお漬物が付いてます。
タレが濃すぎずさっぱり系で、鰻本来の味を楽しめますね。





f0189142_14515563.jpg





静岡産マスクメロン♪
お昼ご飯にはこれくらいがちょうど良いですね。
美味しゅうございました♪

鰻の写真を見てたら、超くだらない話を思い出しました!^^;
[PR]
by jackie-style | 2015-11-17 18:40 | レストラン | Trackback

学食&ヒルズクラブ&キュイジーヌ[s]ミッシェル・トロワグロ

2015年夏旅編が始まったばかりなのですが、、、、

溜まってきたレストラン写真の方も、今のうちにUPしちゃいましょう!
どんどん年の瀬が迫ってくると、何かしら雑用が増えてきちゃいますものね〜。。




f0189142_15244011.jpg








8月の猛暑の最中、娘が職場を案内してくれるというので、主人と一緒に出かけました。
お目当ては学食♪(そっちかい!?・・・ですよね^^;)






f0189142_15384816.jpg







一度食べてみたかったんです。。東大の学食を♪
私は鯖の味噌煮定食、主人はメンチカツ定食だったかな。。
どれも400円〜500円台でとにかく安〜い!!
お味の方もちゃんと普通に美味しかったです♪







f0189142_1622283.jpg







構内には他にもレストランがいくつかあるようで、食後にこちらの地下レストランも覗いてみました♪
ここの方がメニューが豊富!
次回はこっちにしようっかな♪
だれでも入れるようなので、もしご近所だったら頻繁に利用しちゃいそうです♪
外人さんも多かったなぁ。。





f0189142_17261948.jpg







なかなか実家にも帰れないくらい毎日忙しく働いているようで、身体を壊さないか心配だったのですが。。。
元気に楽しそうにお仕事に励んでいる様子を見れて良かった。。。







*****





東大から青山に出て少しお買い物をして、次に向かった先は六本木ヒルズクラブでした♪







f0189142_17274853.jpg






ヒルズの51階からの眺めです♪






f0189142_17303564.jpg







ディナーの時間まで間があったので、「フィフティワン」のオールデーダイニング&バーで時間を潰すことにしました。






f0189142_17314098.jpg








うだるような暑さだった下界を見下ろしながら、
キリリと冷えた白ワインを一口飲めば、もう天国の気分。。。
汗もすぅ〜っと引いていくのがわかります♪






f0189142_17332410.jpg







ディナーは「ラ クッチーナ」、イタリア料理のお店にしました♪






f0189142_17343798.jpg







あらカワイイ♪
鯵とカラスミと黒米を使ったアランチーニです。
バジルとレモンのソースでさっぱりと♪






f0189142_1736111.jpg







海老、イカ、帆立貝、アサリ、ムール貝のマリネ、ウイキョウとオレンジ添えです。
シンプルだけど、夏のメニューにはピッタリです♪






f0189142_1738666.jpg







イカスミを練り込んだキタッラ♪
ウニ、アスパラガス、ドライトマトのソースで。
パスタの茹で加減もバッチリ、イカスミ大好きなので美味しい♪






f0189142_1739145.jpg







真鯛とカブ、アサリのスープ仕立て、サフラン風味♪
どこといって奇をてらったところはありませんが、でもちゃんと美味しいです。






f0189142_1740274.jpg






仔羊のグリル♪
グレモラータ(レモン)とスーゴディカルネ(フォンドヴォー)の2色ソースだそうです。
インカポテトのロースト添えで。
仔羊もクセがなく、ソースもピッタリでした♪






f0189142_17435551.jpg






デザートは、カンノーリとレモンコンフィのクリーム♪
カンノーリはシチリア発祥のペストリー菓子で謝肉祭をお祝いするお菓子だそうです。


夏のコースとして、トータルで良く考えられたメニューでした♪
会員制のクラブなので、どの店も客の数が少なく、落ち着いて食事ができるのも良いですね。。。







f0189142_17423262.jpg







夜景にもウットリ♪






*****






それから程なくして、、、

娘の誕生日のお祝いにお邪魔したのは、、、、





f0189142_17462985.jpg







大好きなお店、「ミッシェル・トロワグロ」さんです♪
娘夫婦からのご招待でした♪






f0189142_1747334.jpg







記念日や誕生日など、何かといえばこのお店を利用することが多いかも。。






f0189142_17484024.jpg








はじまりの一品は、
きゅうり巻きの桜鱒、チーズ入りクラッカー、プチトマトを揚げたものに生姜とゴマを散らして♪
いつもこれは何かしら?と嬉しい驚きがあるのよね〜♪
見た目もキュートです♪





f0189142_1749383.jpg







アミューズ ブーシュは、モンサンミッシェルのムール貝にピスタチオ、ズッキーニ、ケイパー。
このチマチマ感もトロワグロっぽいのよね。。






f0189142_17503294.jpg







そこへイタリアンパセリのグリーンソースが掛けられて♪
間違いのない美味しさです。






f0189142_17512453.jpg







「ボタン海老のラフレシー オードトマト」だそう♪
生のボタン海老に、トマトの透明な!ソース、ウイキョウのパウダーをかけて。
見た目も夏に相応しいお料理です♪






f0189142_1753367.jpg







「グルヌイユ腿肉のクルスティアン タマリンド」
カエルちゃんですね!
ジロール茸も添えられて♪
そろそろ秋の足音が聞こえてくる頃でしょうか。。。




f0189142_17534784.jpg






「鱸のescalopeとフヌイユ スムール」だそうです♪
フヌイユとはウイキョウ、鱸の薄切りにウイキョウのソースをかけて、
スムールとはクスクスのこと、レモンやキュウリも一緒に散らしてあって、見た目も綺麗ですね♪







f0189142_17542781.jpg







「ラングーストとパッションフルーツ とうもろこしとアボカド」
パッションフルーツにお味噌が入ったソースや、アボカドのソース、茶色のソースは海老のビスクソース♪
美味しくない訳がないですよね〜!




f0189142_1755790.jpg






「ブレス産ピジョンのロティ 腿肉のコンフィと梅」
インゲンと枝豆を添えて♪






f0189142_17554835.jpg







梅肉のピューレをかけて、さっぱりといただきます♪







f0189142_1759334.jpg








チーズセレクション♪





f0189142_1803943.jpg







果物のソースを添えて美しく盛り付けてくださいます♪






f0189142_182850.jpg







西瓜のジュレのデザート♪
アーモンドのパンナコッタをベースに、西瓜のジュレをのせて、チョコレートの種を散らした、愛らしいデザート♪





f0189142_1824860.jpg








プチシューやゼリーやマカロンのプレデセール♪





f0189142_1832958.jpg






グランデセールの見た目の涼やかなこと!
「鮮やかな緑、米、胡瓜、果実の酸味」だそうです♪
米粉を使ったケーキに、胡瓜の薄切りやメロン、柑橘系のソースといったところでしょうか。。





「ミッシェル・トロワグロ」は、見た目も美しく、丁寧な仕事ぶり、フランス直送の原産の品質、ソースの巧みさ、時に和の食材をアレンジして、いつも新鮮な驚きを与えてくれます♪
量的にもちょうど良くて、最後のメインのお肉までいっても疲れません。
デザートまで手抜きなく、パーフェクトに楽しませてくれます♪
トロワグロ氏が頻繁に来日して、ちゃんと厨房をチェックしているから、日本にいてもフランスのお店と変わらぬお料理をいただけるんですね!

家族4人、記念の写真を撮っていただいて、、、そう家族が増えた喜びを噛み締めつつ。。。
今宵もステキなお祝いになりました。
[PR]
by jackie-style | 2015-11-10 15:46 | レストラン | Trackback

「Casa Tua Hotel and Restaurant」@Miami-2015 Summer Vacation-2

サンフランシスコから約6時間弱で到着したのはマイアミでした。
SFOを出発したのが午後の2時でゆっくりだったため、マイアミ国際空港に着いた時には現地時間で夜の11時になっていました。
ホテルにチェックインした頃には、すでにホテルレストランは終わってしまい、簡単なメニューでよければと即席で作ってくれたのがこちらでした。



f0189142_18222862.jpg





ツナの一口サイズ、チーズと生ハムを挟んだパニーニ、そしてローランペリエのウェルカムシャンパン♪
シェフ自らが運んできてくれたのですが、イタリア人の超イケメンシェフでした〜♪

そう、このホテルはとってもこじんまりとした「Casa Tua」(音が入ります!)ホテルです♪

なぜにマイアミ?
そしてなぜにこのホテル?かといいますと・・・

今回の旅の目的地まで、サンフランシスコから乗り継ぎで直行できない訳ではなかったのですが、主人が今まで行った事のないマイアミを是非見てみたいというので。。

そしてもう一つの大きな理由は、私が好きなイタリア人インテリアデザイナー、Michele Bonan氏がデザインしたホテルがこの「Casa Tua」だったのです♪
去年の夏旅で、ローマで泊まったホテル「Portrait Suites」をデザインしたのも彼でした♪
「Portrait Suites」だけでなく、彼が手がけた他のホテルの作品を実際に見てみたい、泊まってみたいと思っていましたので、丁度良い機会でした♪
彼の作品としては大分以前のもののようでしたが、、彼らしいテイストを十分に感じることができました♪
別荘のインテリアの参考になればいいな。。。










f0189142_18183243.jpg







気持ちのよい翌朝、お部屋から降りると、そこには前庭があります♪
昨晩遅く到着した際にも、テーブル席がまだ賑わっていたお庭です。






f0189142_18201364.jpg







お庭から入ってくると、左手に厨房とロングテーブル。
写真手前の右側がメインのレストランになります。





f0189142_18211120.jpg














f0189142_1822185.jpg







朝一番のゲストは私達だけのよう。。






f0189142_18231662.jpg







たくさん写真を撮りたくなってしまいます♪






f0189142_1828298.jpg







奥のアーチをくぐると別のお部屋が。。




f0189142_18303125.jpg












f0189142_1836311.jpg






サンルームのような明るくて居心地の良さそうなスペース♪





f0189142_18333993.jpg







ミニバーコーナーもありました♪







f0189142_18392879.jpg







こちらはレストラン入り口の正面にある階段で、お二階はクラブラウンジになっています。
昨晩の到着時最初は、クラブの方で軽いお食事にしましょうか?と案内されたのですが、行ってみたら、中は大音量のラテン音楽の生演奏、ぎゅうぎゅう詰めのゲストが踊りまくっていて歌いまくっていて、それはそれは凄い熱気でした!!
落ち着いて食事をしたかったので、結局お部屋に運んでもらったわけです。。

後で、写真だけでも撮っておきたかったと思ったくらいの盛り上がり様。。。
マイアミっぽかったなぁ〜♪
ホテルのHPの「The Club」の写真を見れば、その雰囲気がわかると思いますよ〜♪






f0189142_18403573.jpg







一通り写真も撮り終えたので、ゆっくり朝食をいただきましょう♪






f0189142_18411144.jpg







フレッシュジュースも、カプチーノも、フルーツ盛り合わせも、全部美味しかったです♪






f0189142_18421100.jpg







シェフ、ご馳走さまでした♪






f0189142_1843551.jpg







ボーナン氏はファブリックの使い方が本当に素敵です♪

薔薇の似合うホテル「Casa Tua」♪

お部屋の案内はまた次に。。。
[PR]
by jackie-style | 2015-11-04 20:33 | 海外 | Trackback | Comments(2)