<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「Rocco Forte De Russie」@Roma-2014 Summer Vacation-6

イタリア編復活です。


この日の夕食は、Hotel De Russieのコンシェルジェにお薦めのお店を聞いて予約を入れてもらいました。

「Corte Del Grillo Osteria」というシーフードのレストランです。
ヴェネチア広場やフォロトライアーノの近くにあります。











f0189142_1834830.jpg














f0189142_1855018.jpg








店先に氷漬けの魚をたくさん並べ、生簀もありました!
新鮮そうですね♪





f0189142_18122311.jpg














f0189142_18133233.jpg







食材を選んで♪






f0189142_1815653.jpg














f0189142_18163046.jpg







お魚のカルパッチョです♪






f0189142_18191697.jpg








ラングスティンや生牡蠣♪
白ワインがすすみます♪





f0189142_1820242.jpg







メインはロブスターのパスタ。
う〜ん、美味しいんだけどやっぱりちょっと塩っぱいのよね。。






f0189142_1823366.jpg







ホテルに戻るとテラスの雰囲気が良くて。。
夕食もこちらのレストランにすれば良かったかも。。。
ローマに立ち寄ったら、「Le Jardin de Russie」は是非とも再訪したいレストランです♪






f0189142_18242064.jpg








翌朝はお部屋のテラスに朝食を運んでもらいました♪





f0189142_18255116.jpg








名残惜しいけどまた来ますね。。





f0189142_18262744.jpg








次の目的地を目指してテルミニ駅から列車の旅が待っています。。

ミラノを経由して・・・・
[PR]
by jackie-style | 2015-04-13 10:51 | 海外 | Trackback | Comments(2)

京都旅-2

PCの調子が悪くてなかなかUPできませんでした。(焦^^;





京都編パート2行きます!



用事が済んだ主人も戻って、「俵屋」さんの夕食です♪






f0189142_198426.jpg







先附は、じゅんさい、アスパラ、鱚にオクラのレモン酢掛け、海老にお多福豆、粽寄せ、飛龍頭山椒焼き、小芋土佐煮、鯵寿司、稚鮎等。
小茶碗は、もずくの薄葛仕立て。






f0189142_1984450.jpg





向附は、鱸焼目造り、生雲丹、海老湯洗いだそうです。







f0189142_1992550.jpg





ガラスの酒器には日本酒が♪







f0189142_18494497.jpg






煮物は、油目葛叩き、湯葉豆腐、葱、柚子。









f0189142_19102234.jpg






焼物は、鮪のほほ焼、それに鮑と椎茸の味噌焼き等。









f0189142_18543789.jpg









f0189142_18503735.jpg






温物は、穴子天水煮、賀茂茄子、針絹さや、碗豆。






f0189142_1912016.jpg






強肴は、蛸若布酢掛け、ずいき、茗荷。






f0189142_1945014.jpg





止め椀は、赤だし。







f0189142_19112590.jpg





水物は、枇杷甘味煮、苺。




初夏を感じさせる瑞々しい皐月の献立でした♪
お腹一杯です♪


まだまだ宵の口、、、
名旅館の館内をゆっくり拝見させていただきましょうか♪






f0189142_1923089.jpg








玄関前の屏風は、江戸初期の物。
「賀茂競馬」だそうです。




f0189142_19172925.jpg













f0189142_1915378.jpg





こちらは「葵祭板戸絵」。





f0189142_196448.jpg







黒光りするよく磨かれた階段を登ると、、、





f0189142_1913635.jpg







こちらが有名なアーネスト・スタディのお部屋ですね。

当主である佐藤 年さんの夫、故アーネスト・サトウ氏の書斎だったお部屋です。
アーネスト氏は、ライフ誌のカメラマンとして活躍、その後京都市立芸術大学の教授を務められたそうです。









f0189142_18421280.jpg






お部屋を拝見するだけでも彼の美意識の高さが伺えます。。







f0189142_19135557.jpg













f0189142_18555913.jpg






万華鏡が置いてありました。
仕事に疲れたらこの美しい小宇宙を除いていたのかしら。。。





f0189142_19162952.jpg






何時間でも篭っていたくなるような居心地の良いお部屋です。。





f0189142_19121597.jpg







小さなキッチンも付いていて、お茶も飲めるようにしていたんですね♪





f0189142_19145185.jpg







私たち泊まり客も自由に楽しめるようにと、お菓子まで用意されていました♪








f0189142_19181237.jpg





お部屋に戻るとお布団が敷かれていました。

この寝具も寝心地の良さで有名ですよね♪
何しろ敷き布団の真綿には1万個の繭が使われ、羽毛の掛け布団にはポーランド産のマザーグース60羽以上から手摘みしたダウンボールを使用してるのだそうです!

お布団の上に用意されたパジャマの肌触りも最高でした♪





f0189142_19185340.jpg






枕元にあったのは、我が家のと同じ置き時計でした♪

ぐっすり眠った翌朝は・・・
[PR]
by jackie-style | 2015-04-01 19:23 | 国内(旅館) | Trackback | Comments(0)