<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アルジェントASO



銀座にあるアルジェントASOは、何度か予約しようとする度に披露宴やパーティーの貸し切りで断られ、やっとタイミングが合って伺う事ができました。
人気のお店なことは確かなようで、どんなお料理をいただけるのかとても楽しみでした♪




f0189142_17552947.jpg



















f0189142_17344646.jpg



























f0189142_175662.jpg





お部屋は個室をお願いしました。

















f0189142_17573950.jpgf0189142_17581456.jpg


















最初に運ばれたバター&ブレッド。
バターは、塩、オリーブオイルを練り込んだ物、薫製にした生クリーム状のものと3種類。

パンは両端がフォッカチャヤ、栗入り、シリアル胡麻入り、星の形のドライトマト入り、クグロフ型のレーズンとオレンジピール入り。

バターといいパンといい、おっと思う美味しさとバラエティー♪
これは期待できそうですわーーー!











f0189142_1822492.jpg
f0189142_18121.jpg






ワインはブルゴーニュから。












f0189142_17223967.jpg






えっ、グラス逆さまですけど・・・?






f0189142_17251031.jpg


f0189142_1731327.jpgf0189142_17314866.jpg














これは前菜のスモークサーモン3種。
てっぺんに乗っかってるのがサーモンソテーで薄いカツレツと一緒に。

グラスを戻して、グラスの底にあるのは、サーモンに生クリームのエスプーマ。糸状なのは、トルコの小麦を使った麺をフリットにしたものだそうです。

お皿の上にサーモンのカルパッチョ。オリーブオイルと香草の香り付け、バルサミコのホワイトタイプのジュレ。
その下には、アボカドをムースにしたソースがしかれています。


初っぱなから驚きのプレゼンテーションです!@@








f0189142_17334885.jpg








続いて運ばれてきたのにも、またびっくり!!
理科の実験???
モクモクっと煙りが吹き上がってきてるじゃありませんか・・・。













f0189142_17423190.jpgf0189142_17454570.jpg















これは、黒トリュフ風味のオムレツ。
下の鉢にお湯とドライアイスを入れ、そこにトリュフを顆粒状にしたものを加えて撹拌、煙りと一緒にトリュフの香りを醸し出すのだそう!
オムレツにはもちろん黒トリュフとそのソースがたっぷりとかかっています♪













f0189142_17555576.jpg







フォアグラと生ハム。
クレープを敷いたその上にフォアグラのソテー、パルマ産のハム、木の葉状のパンを散らし、横にジャガイモのピュレが添えられています。
コクのある甘みが効いた年代物のバルサミコソースをまぶして。







f0189142_17565115.jpg


これがフォアグラ料理??
なんとまあ繊細な盛りつけをしてあるのでしょう!!
真ん中に飾ってあるのが金魚草の花びら。
周囲の泡はオレンジと蜂蜜の香りをブレンドしたもので、この状態にするにはレシチンの配合が難しいらしいです。。
そして黄色い花びらの下には、バルサミコソースとフォアグラが隠されていました。
蜂蜜とポルト酒に一日漬けたフォアグラのムースです。







うーーーん、今までどれもハズレ無しーーー◎








f0189142_1824563.jpgf0189142_184358.jpg






























あれっ?、きのこのスパゲッティとメニューにありますが、パスタはグラスに別添え??

淡路産タマネギの炭火焼に、7〜8種類の茸、ビーツのゼリーとベーコンの出汁で和えられています。
グラスの中はアンチョビ風味の牛乳ムースでからめたパスタ。








f0189142_18132068.jpg




そうですよね〜、やっぱり一緒に混ぜていただくんでしたーー♪


















f0189142_1883297.jpg







カラスミのスパゲッティ。
う〜〜ん、もう見るからに美味しそうなのがわかりますねーーーー◎
パスタを茹でるのに塩を使っただけだそうで、後はカラスミの塩分だけで絶妙なお味に仕上がっています♪














こうどれも美味しくて、見た目も驚きだと、もう次の料理が今度は何かしらんと楽しみになってきちゃいますねーー♪

で、メニューを見たら、次はカレイライスとでています。
えっ、まさかのインド料理???







f0189142_1818464.jpg








宮城産のナメタカレイに、ガラムマサラ(はは〜〜ん、それでインド風ネーミングを使った訳ですか^^;)と牛乳を泡立てたソースが添えられています。
リゾットもとっても美味しいわ〜〜♪
カレイにライスってことですね。(笑)













f0189142_1822528.jpg














































f0189142_18271433.jpg









f0189142_182758100.jpg




















メインは、牛モモ肉か牛ロースの炭火焼。

上のお皿の付け合わせは、マスカルポーネとブラックペッパーをコンキリエの中に詰めたもの、白いトウモロコシのポレンタに塩味の効いた頬肉の生ハム。

下のお皿の付け合わせお野菜は、ジャンボマッシュルームのフリット、ロマネスク、フヌイユをピクルスにしたもの、ホオズキ。







f0189142_18311464.jpgf0189142_18313798.jpg















そして、ワゴンで運ばれてきたのはこれまた一体何でしょうか???

ありゃ、焼き芋!!

種子島産の安納芋と呼ばれるサツマイモだそうです。
これがねー、もうネットリと甘くって蕩けそうなお味なんですーーー◎

〆が焼き芋ってのも驚きですが、納得の美味しさで大満足でございました♪


・・・って、これで終わりじゃないところがまた凄いんですわ〜。。
















f0189142_1836153.jpgf0189142_1836574.jpg


デザートは上の階でお出ししましょうか?とおっしゃって下さって、メインダイニングも拝見する事ができました♪
こちらの方がずっと眺めが良いですね◎
個室と同じように、こちらのテーブルの上にも、スワロフスキーのクリスタルのオブジェがさりげなく飾られています。




f0189142_18374512.jpg





































f0189142_18395227.jpg

























f0189142_18425520.jpgf0189142_1843696.jpg























f0189142_18444532.jpg

























もうこのデザートの美味しいこと!

キャラメルとココナッツのアイスクリーム。
これに3種類の岩塩が添えられ、削ってお好みの塩味に。。
白いのはモンゴル塩、赤はヒマヤラの岩塩、黒は硫黄の温泉の香りがするそうです。
お土産に3種類のこの岩塩を別に包んでくださいました。おろし金付きで!

そしてティラミスも大変おいしゅうございました♪

最後まで手を抜いていませんねーー◎






f0189142_18474811.jpg







って、まだあったんです、おどろきのトドメが!!@@

マシュマロにジェリーにショコラに・・・。
まあなんて可愛らしいアレンジでしょうか〜♡
このまま持って帰って、しばらく飾っておきたいくらい♪


料理の素晴らしさと、驚きの展開とで、最後までとっても楽しくおいしくいただきました。
サービスも一流でした◎

是非また訪れたいレストランであります!











f0189142_1851052.jpgf0189142_18511488.jpg
















バーラウンジもシックで居心地良さげでしたよ♪

イタリア繋がりで・・・
[PR]
by jackie-style | 2010-09-22 00:39 | レストラン | Trackback | Comments(4)

「安閑園の食卓」

f0189142_13414446.jpg






























今回は、旅先で読んだ本がとても面白かったのでご紹介します。

林真理子さんが親しい編集者に、「最近、食べものエッセイがやたら出てくるけど、あれを越すのはちょっとないなあ」と話したことから、インターネットの古本市場で見つけ出され、文庫本として復刊されたのがこの本です。
1930年代の台湾に生まれた著者が、台南の郊外の広大な屋敷「安閑園」で過ごした子供時代の食の記憶を丹念に書き綴ったエッセイ。
毎日の普段の食事から祝い事や祭り事、婚礼の宴に至まで、なんと豊かで美味しそうな料理の数々が並ぶことでしょう!
中国の人々の食に対する飽くなき情熱とエネルギー、スケールの大きさにも、ため息が出てきてしまいます。
そして料理があれば当然そこにまつわる当時の人々の暮らしぶりやエピソードも相まって、まるで映画のシーンを見ているかのように、お皿から立ちのぼる湯気の香りや賑やかな人々の笑い声、至福の表情や時に深い悲しみまでも、色鮮やかにその情景が浮かび上がってくるのでした。

著者の父上は、台湾総督府の最高政治顧問という政治の要職にあり、いくつもの会社を経営する実業家、更に学校教育にも力を注いだ方だったそうです。
大家長だった父のもと、著者の兄弟姉妹の数も多く、20人は越す大家族とたくさんの使用人達が、広大な敷地の中に建つ「安閑園」の屋根の下に暮らしていました。
台所のかまどの火は一日中消えず、夕暮れどきには6つのかまど全部に火が入り、煮物、炒め物、揚げ物、スープ、ご飯といっせいに調理され、それはそれは活気があったことでしょう。
著者は幼い頃から料理に興味があったようで、せっせとこの台所に入り浸っては、使用人の邪魔になりながらもお手伝いをかって出たり、おとなしく隅で見物しては料理が作り上げられてゆく様をじっと観察していたようです。

日本の音楽大学で学ぶために来日、日本で結婚生活を送られていたのですが、離婚されてから自宅で得意の料理教室を開かれ、徐々に名が上がって、料理研究家としてNHK「きょうの料理」や雑誌、講演等で活躍なさってました。
台南での生活を語った講演を聞いておられた本間千枝子さんの勧めがあって、この本を執筆され、1986年に刊行されました。
林真理子さんも24年ぶりに読み返したところ、やはり素晴らしかったと書いておられます。
もっともっと著者の色々なお話を読んでみたかったのに、残念ながら2002年にお若くしてお亡くなりになってしまいました。。
凛とした美しい方でらしたのが、お写真を拝見してよくわかります。

本の内容、ちょっと知りたいですよね・・・。

目次の最初のお話が、「宝石売りのおばあさん」

***


年に数回、纏足のおばあさんが小さな足に、それでもちゃんとヒールのある靴をはいて、大きな重たい箱を提げて、危なっかしい足取りで歩いてくる。箱の中身は、いまの金額で言えば一億か二億になるのではないだろうか、ダイヤモンドに真珠、それに中国のことだから翡翠がいちばん多くて、・・・(中略)・・・
高価なものばかり持っているのだから人力車ぐらい乗ればいいのにと思うのだが、いつもかならずひとりで、ヨチヨチとあるいていた。



***

学校から帰った幼い著者が、このおばあさんがきているよと言われると、小躍りして母の部屋にとんでいったのには理由があって、いつもより豪華なおやつが待っているから・・・。
そのおやつとは・・・。
と、甘いお菓子ばかりではない、午後のお茶に添えられた様々な食べ物の話へと広がってゆきます。

そしてこの宝石売りのおばあさんが持って歩いていたのは、宝石だけではなかったのです・・・。
たっぷり時間をかけて宝石選びをする間に交わされる世間話。

***


あちこちの家の出来事や自慢の蘭の出来ぐあい、子どもたちの成長ぶりなどの社交情報を満載してくるのはもちろん、宝石箱のいちばん下の引出しには、ある意味では宝石よりもっと大事なものが入っていた。宝石売りのおばあさんがどこの家でも歓待されたのは、むしろこのためだったかもしれない。



***


って書いてあって、ね〜〜この先が読みたいでしょーー♪
この続きはどうぞ書店でお求めになってから読んで下さいませ〜〜!




PS/旅行中に読んであまりに美味しそうだったので、帰国して程なく台湾料理店「月和茶」を訪れてみました♪

そしたらなんとこのお店のレジの横にもこの本が積んでありましたー!!
台湾料理も食べれて、本も買えるから一石二鳥ですね◎




f0189142_18453311.jpg

魯肉飯(るうろうはん)
味付きゆで卵と一緒に食べるのが美味しい♪




f0189142_18454660.jpg



















ビーフン汁麺
















f0189142_1846219.jpg











緑豆餡、マンゴーアイス、杏仁アイス、タピオカ、仙草ゼリー、白キクラゲの台湾パフェー♪









f0189142_1982083.jpg











タピオカミルク
[PR]
by jackie-style | 2010-09-08 00:54 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

イギリスの旅-12

ここらで早くスッキリ終わらせちゃおうと、今回は一挙に最後まで突っ走ることにしました!
でないと、後に控えてるものの記憶や印象がどんどん薄れて怪しくなっていきそう・・・そういえば、今年のお正月の温泉編もまだでしたっけ・・・次のお正月来ちゃいますよね^^;



えーと、ロンドン最終日は日帰りの旅に出かけました♪
ホテルを出る前に化粧室を利用したのですが、階段を下りるとありゃ〜そこには驚きの空間が広がっておりました@@

ここで半日くらい過ごせるかも・・・。
ガラスケースの中は、ホテルグッズやブティック商品のショーウィンドーになっています。


f0189142_1955311.jpg
f0189142_19561620.jpg
f0189142_1957403.jpg
f0189142_1959462.jpg





























































































f0189142_20302790.giff0189142_20304481.giff0189142_203182.giff0189142_2032133.giff0189142_2032182.gif





ヴィクトリア駅から電車で南へ2時間弱、イーストボーン駅に到着。
ドーヴァー海峡に面する港町です。
ここから更にバスで20分程行った所に、セブン・シスターズと呼ばれる白亜の岸壁があります。



f0189142_2055896.jpg












f0189142_20131438.jpg
























f0189142_20145699.jpg










f0189142_2016574.jpg

























f0189142_20172699.jpg









f0189142_20182286.jpg



























映画のロケにも使われるという真っ白な美しい石灰岩の断崖。
崖の下から上まで、ずっと緑の草原が続き、ウォーキングコースが作られています。
崖の端には柵があるわけではないので、てっぺんの端っこ辺りはかなり恐そう! 
よく見るとテクテク登って行く人達がいるんですね〜@@;

実はこの景色に辿り着くまでの道のりが大変でした!
何にも調べず、行き当たりバッタリで来たものですから、どう行けばいいのかも分らず、まずはバス停を降りたすぐ側にあるインフォメーションセンターに行ってみました。
村営の観光案内所といった様子で、ボランティアみたいなおばあちゃんが座ってます。
パンフレットの地図を広げて行き方を教えてもらったのですが、時間にしてどのくらい歩けば着きますかと聞くと、「さぁ〜?それ聞かれると困っちゃうのよね〜。。なにしろ私はあそこまで歩いて行ったことないのよ・・・。」って!(^^;)

バス停からセブン・シスターズや海は全く見えず、目の前にずっと牧草地が続いているだけ。。
このインフォメーションセンターの隣が貸し自転車屋さんで、ここから自転車で出発してゆく人達もいました。
娘と相談して、延々と歩くのも嫌だしという事で、結局自転車を借りることにしました。
これが失敗だったんですねー!(××)

まず自転車が、サイクリング用というかスポーツタイプのものしかないのです。
いつもはママチャリにしか乗ってないからヨロヨロしちゃうし、前籠も無ければ後ろの荷台も当然無いので、カメラが入ったバッグを片方の肩に下げて乗るしかなくって、バランスが取りにく〜い!
さらに最悪なのは、道が雨上がりの後の泥だらけのぬかるみ状態だったのです!!!
そうですよね〜、牧草地の間を通ってる道だから、舗装なんかされてませんよねー!(気付くのが遅過ぎ)

結局ほとんどの道のりを、自転車を押して歩き続け、更に道幅全部が水たまりの場所なんか、自転車を右端に、自分を左端に寄せて通らなければいけなくて、真ん中なんか通ったらスニーカーやブーツが泥水にぐっちゃり浸かってしまうのです!!
これじゃ歩いていった方がマシではないですか!(怒)
借りてるから、途中で自転車を置き去りにもできないしー!
それでもって、娘はお気に入りのUGGのブーツが泥だらけになってしまいもう半泣き!
で、あろうことか、ヌルっと足元が滑って、尻餅をついて転んでしまい、これまたお気に入りのダウンコートまで泥だらけになっちゃったのです=3
傍らでタイミング良く牛が「モ〜〜ッ」と鳴くものだから、「牛ウルサイッ!!モ〜〜ッて鳴くんじゃないっ!!!」って、牛に怒ってもね〜、アハ。(^^;)


まあ、結局30分位かかったのかしら、どうにか到着して眺めた景色がこちらだったのでした。
しばし海風に吹かれながら絶景を眺め、そしてまた自転車を引きつつ黙々と悪路の帰り道を辿ったのでありました。。
普段の1/10くらい寡黙な娘でありました・・・。






f0189142_2039890.jpgf0189142_204026100.gif








ロンドンに戻ってその日の夕食は、あのグルメなイギリス紳士が教えて下さったイタリアンの店「Zilli fish」に行ってみることにしました♪



f0189142_20421923.jpg









f0189142_20442358.jpg














f0189142_13315979.jpg






















f0189142_1336031.jpg















f0189142_13344480.jpg


























f0189142_13374237.jpg



























f0189142_1344146.jpg

























お店は気楽なトラットリアといった雰囲気です♪
ウェイターお勧めのワインが手頃な価格の割にしっかりとしていて美味しかったな〜!
牛肉のカルパッチョやロブスターのトマトソースパスタ、ボンゴレビアンコどれも美味しゅうございました〜♪
お店のスタッフもほとんどイタリア人だし、お味もイタリア本場のお味だし、ロンドンにいるんじゃなくてローマの夜を過ごしているような気分になりました◎

















f0189142_23583588.gif








f0189142_0132763.jpgf0189142_034680.jpgf0189142_05364.jpgf0189142_064178.jpgf0189142_072048.jpgf0189142_075745.jpgf0189142_085210.jpgf0189142_093546.jpgf0189142_0101492.jpgf0189142_0145923.jpg







f0189142_0164567.jpg








最後のお楽しみは、ヒースロー空港のヴァージンのアッパークラス専用ラウンジ♪
2500㎡のスペースにはジャグジーやスチームサウナのスパ、スカイラウンジ、豪華本が並ぶライブラリー等が備えられ、そうそうヘアサロンでのカットも無料らしいですよ!
食事や飲み物は、レストランのようにメニューを見てオーダー、テーブルまで運んで来てもらえるのが嬉しいサービスでした♪
ランチメニューのカレーを頼んだんですが、とても美味しかったです◎
豆のカレーとチキンの2種類だったかな、それにカレー風味のコロッケとマンゴーのジュースセット。












f0189142_0202619.jpgf0189142_0252197.jpgf0189142_021465.jpgf0189142_0225385.jpgf0189142_023483.jpgf0189142_0242334.jpg



























































機内に入るとほっとしたのか、どっと疲れが押し寄せてきて、ひたすら休んでおりました。
今回の旅は一応私が保護者の立場でしたし、頼りの主人もいなくて、やはり緊張していたのでしょうね・・・。
写真もテキトーに撮ってしまってますわ。。
夕食に頼んだのは和食で、衣のついてるのは鱈だったかな・・・(また鱈?って思った気がする^^;)
朝食はおかゆと鯖の焼魚に漬け物でしょうか。。

とにかく、フルフラットの体勢で、シーツもブランケットカバーも枕カバーも真っ白のコットンに包まれ、心地よく熟睡できたのが一番でありましたー◎


いろいろとハプニングの多かった旅でしたが(最後はアイルランドの噴火まで^^;)、なんとか二人とも無事に帰国できて、目出たしでありました。
最近は日本に帰ってくる度に、つくづく日本は良い国だわ〜と感じ入ってしまいますね〜♪
ま、またすぐ出かけたくなるんですけどね・・・。

最後までおつきあい下さりありがとうございました。おしまい!
[PR]
by jackie-style | 2010-09-01 00:11 | 海外 | Trackback | Comments(0)