<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

エンパイア・ステイト・オブ・マインド

車に乗ってると、ラジオからよく流れるこの曲♪


これを聴くとニューヨークにまた行きたくてたまらなくなっちゃいます♡
歌詞がまたぐっとくるんだわ〜!



「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」

Yeah Yeah あのブルックリンを飛び出して
俺は今、トライベッカに住んでいる、デニーロの近所だよ
それでも永遠に、フッドの精神をわすれない
第2のシナトラ、「ここで勝ち上がれば、どこでも成功できる」
Yeah 俺はどこでも愛されている
かつてはハーレムで稼いでた
「元気にしてっか、ドミニカンの仲間たち」
ブロードウェイを上がっていけば、つきあたりにマクドナルドがあった
かつて現ナマを押さえていた場所が、ステイト通りの560番地
シモンズ(ケーキ屋さん)のある場所だ、そこのキッチンで
俺たちは“白いパウダー”を泡立てていた
クリーム色のレキサスに乗って、8丁目をゆっくり下っていった
BK(ブルックリン)出身で、ビッグ(テキサス)な俺ビギーの生まれ故郷、ベッドスタイを飛び出して
いまは「ビルボード」が俺の居場所、幼馴染も連れてきた
いまだにマイタイ(カクテル)が好物のタイ・ガイだ
こいつと一緒にNBAニックスやネッツの試合を観戦するんだ
観戦席はコートサイド、選手から「ハイ・ファイヴ」を受ける
ここまで近くで座ってると、審判が足をひっかけちまう
俺の態度でじゅうぶんあきらかだろう、俺の出身地は・・・

コンクリートのジャングル、ニューヨーク
夢が叶う場所、できないことなんて一つもない場所
だってここはニューヨーク
この街を踏めば、気分もブランニュー
ネオンがインスピレーションを与えてくれる
ニューヨークのために拍手喝采してくれ
ニューヨークへ、ギャングスタのおまえをウェルカム
一躍ホットな男に、仕立ててやるぜ!

ギャングスタのダチと、ブロンクスでヤンキースの試合を観戦してる
ヤンキースの選手以上に、ヤンキースキャップを有名にしてやった
俺の血は「紺色」だ、そこまでヤンキース好き
紺色(ブルー)って言っても、クリップ所属じゃないけどね
それでも俺が行く場所には、ギャングらしき連中がついてるけどね
「人種のるつぼ」へようこそ、ストリートコーナーでは塊を捌いてる
ヒップホップの生誕地、アフリカ・バンバータを感じさせる
イエロー・キャブ、「もぐり」のキャブ、1ドルキャブ(=バス/地下鉄)
異国人たちへ、「もっと集まってこいよ」
800万通りもの物語が紡ぎ出されるこの「裸の街」(ニューヨーク)で
どうやら連中の半分も成功をおさめられなくなっている、なんて哀れ
「スペシャル・エド」の掛言葉のように、「俺は勝ち上がってやった」
ジージーがレブロンとビジネスしてるなら
俺はドウェイン・ウェイトとひとつ、交わそうか
サイコロを3つ、転がしてペット、3カードでこっちの勝ち
毎年、勤労感謝の祝日(レイバー・デイ)パレードが開かれる場所
ボブ・マーリーへ、安らかにお眠りあれ
自由の女神、いつまでも末永く生き続けますように
貿易センター、いつまでも我々のこころに、生き続けますように
「ザ・キング」よ、いつまでも長く生き続けますように
「エンパイア・ステイト」が、俺の出身地、そこは、「エィィィィ」

コンクリートのジャングル、ニューヨーク
夢が叶う場所、できないことなんて一つもない場所
だってここはニューヨーク
この街を踏めば、気分もブランニュー
ネオンがインスピレーションを与えてくれる
ニューヨークのために拍手喝采してくれ

イケてるじゃないか、明るいネオン街へ、ようこそ
まばゆい明るさ、目移りしてるガールズたち、グラサンが必要だ
気づかぬうちに限界を越えてしまい、サイドラインへ倒れ込む
またもやこの街の犠牲が増えた、ネオンの光に飲み込まれてゆく
どんどん深みにハマってゆく、「リンゴ」をかじっちゃいけないよ
そして「イヴ」は群衆に巻き込まれてゆく、流行りのオシャレして
『ヴォーグ』雑誌のアナ・ウィンターに目をつけられ
露出が多めのデザイナー服を着せられる、ここが罪な街
あわれな彼女、「グッドなガール」が「バッド」となった
このシティーには、彼女のような人間があふれている
メトロバスに乗った一人の女性、男に口説かれ
今じゃあらゆる男に「乗り回されている」まるで彼女がバス路線かのごとく
こんなシティーへ、「アベマリア」
ヴァージンの女の子にも、神の救いがとどかない場所
「ほんとの人生がスタートするのは、教会を出たあとだ」
この街の学校に引っ越してきた学生卒業して、派手な人生を歩むこととなった
バスケ選手、ラップスター、スポットライトに明け暮れる日々
MDMA(エクスタシー)を感じて、自分を勝者だと勘違いし始める
「眠らない街」、睡眠薬(アンビエン)は如何かな

コンクリートのジャングル、ニューヨーク
夢が叶う場所、できないことなんて一つもない場所
だってここはニューヨーク
この街を踏めば、気分もブランニュー
ネオンがインスピレーションを与えてくれる
ニューヨークのために拍手喝采してくれ

ビッグ・シティーのために、片手を高く、かざしてくれ
街のネオン、大きな夢、すべてが光り輝いている
世界どこをさがしても、こんな街は見つからない
ライターをかざしてくれ、そしてみんなで、こう叫んでくれ

「あたし/おれの生まれは・・・」

コンクリートのジャングル、ニューヨーク
夢が叶う場所、できないことなんて一つもない場所
だってここはニューヨーク
この街を踏めば、気分もブランニュー
ネオンがインスピレーションを与えてくれる
ニューヨークのために拍手喝采してくれ
[PR]
by jackie-style | 2010-02-21 15:05 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その14

アンサナのヴィラからも見える近さで、モルジブの人達が普通に暮らしている小さな島があります。
この島の様子をガイドさん付きで案内してもらうツアーに参加しました。

f0189142_91330100.jpg




f0189142_18283794.jpg


モルジブの船はなんてカラフルなんでしょう!
日本の漁船とはまるで違いますね。
こっちの船の方が楽しそうだわ〜♪





今回は写真が多いので、さくさくっと写真で島の様子をご覧になって下さいませね。


f0189142_18302041.jpg












f0189142_1832458.jpg

f0189142_1833528.jpg





ほとんどが漁業で生計をたてているそうです。
f0189142_18341556.jpg







f0189142_18355684.jpg


私達だけ写真を撮りまくったりビデオを回したりで忙しく、ついつい皆に遅れてしまうものだから、ちっともガイドさんの説明が聞けなかったんですよね〜!(^^;)
なもので、皆に追いついては、「ここは何の建物だろうね〜?」なんて主人と話していたら、ひとりの女性が日本語で教えてくださいました。
日本人は私達だけだと思っていたのでびっくり!
彼女は中国人なんですが、長年日本で仕事をしていて東京に住んでるのだそうです。どうりで流暢な日本語でした。親切な方だったな〜♪
中国から来たお友達と一緒に明日はもう帰ると言ってました。




f0189142_183795.jpg


ひゃ〜目の覚めるような色使いですこと!@@















f0189142_18381338.jpg



f0189142_18411059.jpg






















f0189142_18433058.jpg






f0189142_18444269.jpg










これは男性専用のモスク。
女性用は別になっていて、こんなに立派じゃありませんでした。



f0189142_18451786.jpg

ここは病院だそうです。



f0189142_20223752.jpg



学校です。







f0189142_20245343.jpg



学校の中庭。
ひっそりとしてるのは、夏休み中だから。


f0189142_2026087.jpgf0189142_20265525.jpgf0189142_20275510.jpg















ビビッドな配色には驚きです!











f0189142_20315758.jpg











この日もドピーカンのお天気で、炎天下の下を歩き回って暑かったです〜(汗)















f0189142_20305668.jpg

救急車。
こんな小さい島に必要なんだろうか??
動けない患者さん用かしらんね?!
そういえば、島の中で自動車が走ってるの一台も見なかったな〜。



f0189142_20363815.jpg

これね〜ただのボロッちい倉庫だと思うでしょ〜!
実はですね、これはあの「スマトラ沖地震」で津波に襲われた残骸なんですって!!!
下の無くなってる部分の高さまで波が押寄せてさらっていっちゃったそう!(怖っ)

さらにつづく
[PR]
by jackie-style | 2010-02-20 00:08 | 海外 | Trackback | Comments(2)

お知らせ!

本日夜9時54分から、テレビ東京の「ソロモン流」という番組で「龍吟」の山本氏が紹介されますよ〜♪
ご興味のある方はどうぞご覧下さいませ。
[PR]
by jackie-style | 2010-02-14 09:29 | Trackback | Comments(0)

アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その13

f0189142_1714717.jpg













今宵もいつもの「アズール」レストランでディナーです。
なんだかいまいち気が乗らなくなってきてるな〜。





f0189142_1721133.jpg
パンの上にはサーモンのカルパッチョ。
別にパンにのせる必要もないのでは。。。
パンもパサパサだ〜。
あ〜またオリーブオイルこってり使ってる〜!








f0189142_175765.jpg












スターターは、トマトのガスパッチョ。
蟹肉とキャビアがちょっぴり。

蟹肉はともかくとして、肝心のスープがこれといって美味しいわけでもなく。。



f0189142_1762639.jpg
トマトと茄子とズッキーニのバジル風サラダ。
オリーブオイルの味だけはハッキリわかりました。









f0189142_178283.jpg


マッシュルームのスープ。
も〜オリーブオイルをこんなに上からかけないで〜!!(悲鳴)



f0189142_1784699.jpg



さっぱりとお口直しにベリーの冷たいシャーベットが嬉しかったです♪





f0189142_179235.jpg



主人の選んだメインはビーフフィレ。


f0189142_17103237.jpg



私はパンプキンリゾットにグリルした海老。
だっからあ〜〜〜、こんなにオリーブオイルいれるなっちゅうのに〜〜〜!!(怒)
もうギトギトじゃん!(><)




f0189142_172885.jpg

コロナビールでグビッと一気に油を流しちゃいましょう♪












とここらで、隣のテーブルに座ったのが、
あのインド人カップル。

何やらウェイターを呼んでメニューを見ながら相談しています。
どうも料理を特別に作って欲しいと頼んでる様子。
ウェイターが一度厨房に戻ってシェフに聞いてからまた戻ってきて、OKだと答えてました。

一安心したのか、今度は私達の方を向いてにっこり笑いかけてきます。
それまでも島のあちらこちらやレストランで何度かおみかけしていましたので、自然にお話する雰囲気になっていました。

お二人はヒンズー教徒でらして、この日はたまたま月曜だったのですが、ヒンズー教では月曜にはお肉や魚を食べないんですって。
それで野菜だけのカレーを作って欲しいとリクエストしたのだそうです。

f0189142_17295290.jpg



これがその野菜のカレーです。
とってもフレンドリーなカップルで、私達にも是非食べてみてと勧めて下さるんですよ〜!
もうお腹一杯だったのですが、お断りするのも失礼かと思い、ちょっとだけおすそ分けに♪
そしたら、な、な〜んと美味しいじゃないですか〜〜〜!!!
ここまで、いやこの後も、このホテルで食べた料理の中で一番に美味しい料理でした◎
やればできるじゃん!

日本にもお仕事でいらした事があるそうで、日本やインドの話などをおしゃべりしながら最後には一緒に写真を撮ったりと、とても楽しいディナーになりました♪








f0189142_17305393.jpg




f0189142_17321968.jpg




デザートはチョコレートムースとホームメイドのアイスクリーム。








f0189142_1744526.jpg

















お部屋に戻ってみると、テーブルの上には毎回おんなじココナッツ入りのクッキー。
これが時にチョコレートクッキーになる程度で、ほとんど代わり映えなし。

さて明日はどんなお楽しみが待ってるのかな〜♪
[PR]
by jackie-style | 2010-02-12 20:21 | 海外 | Trackback | Comments(5)

龍吟

クリスマスに行ったのは、六本木にある「龍吟」という新日本料理のお店です。

初めは、新日本料理って創作料理みたいなもの?と、夫があまり乗り気じゃない様子でした。
奇を衒ったような料理が出るんじゃないかと危惧したみたい。

調べてみたら評判は上々ですし、クリスマスにお席が取れただけでも有り難い♪

f0189142_14541949.jpg































「龍吟雲起」の額は、店主の山本征治氏自らの筆だそうです。
山本氏は「青柳」の出身で、そういえば「小十」の奥田透氏も「かんだ」の神田裕行氏も「青柳」からと聞いてます。
多いですね〜「青柳」出身の店主の星付きのお店。

予約の段階でホームページを見てみると、ドレスコードとして、料理の持つ香りを最大限楽しめるよう、香水やオーデコロンを過度につけた来店をご遠慮願いたいとありました。
なかなか料理に対する拘りや意気込みを感じます。
他には、全席禁煙、携帯電話の通話お断りと書いてます。ふむふむそうですよね。
内蔵のカメラを用いての料理撮影は問題ございませんとあって、これは内心ほっとしましたわん!(^^;)

そんな訳で、どんなお料理をいただけるのか期待に胸躍らせてお店に入りました〜♪


f0189142_14563831.jpg












f0189142_14594526.jpg





















f0189142_151268.jpg


f0189142_1522628.jpg

























おしぼり一つにも名入りとは、まずオッと思います!
龍がテーマになっての飾り付けのせいか、和食のお店というよりちょっと中華料理店風?
でも清潔感と華やかさがあって良い感じです。





f0189142_156447.jpg




最初の一皿は、「さっくり揚げた海老芋とふぐ白子」生姜の香りのあんかけ仕立て。
間違いなくお・い・し・い♬
今揚げたばかりの熱々ホクホクなのが嬉しい!














f0189142_15195667.jpg



ワインは「Vosne Romanee」の2004年にしました。
いつものように、コースの値段と同じ位のものでお料理に合うものをと、ソムリエに選んでいただいたものです。
バランスが良くて美味しくいただけました。










f0189142_1592774.jpg



次は、「北海道"散布”の極上うに」干海老出汁のジュレを絡めた冷製茶碗蒸し仕立て。
下に敷いた塗りのお皿に霧が吹いてありますね。
白いものは長芋だそう。
葱を揚げてミキサーでパウダーにしたものをまぶしてあります。








f0189142_15104327.jpg





器が立派ですね〜。龍がやっぱり描かれてます!

徳島の「古今 青柳」でも器が本当に素晴らしかった事を思い出しました♪









f0189142_15264478.jpg



続いて、これは龍吟名物だそう!
「北海道余市の"あん肝”ぬた和え」。
オープンよりのお勧めの一品なんですって!
下にわけぎ、食感の良い烏賊のみみが敷いてあり、辛子の酢みそで和えてます。
茗荷の千切りをのせて、松の実も入ってました。
あん肝好きにはたまらない一品でございます〜♪
ここでは日本酒が欲しくなりますね〜!(チャンポンになるから止めときましたが)
















f0189142_15283522.jpg













f0189142_1532335.jpgf0189142_15344772.jpg




お椀の蓋を開けてみれば、ここにも龍ちゃんが〜。。

f0189142_1536163.jpg







引き立て一番出汁への想いと謳った「山陰のタグ付き"松葉蟹”の身蒸椀」。
下に蟹糝薯、上に焼蟹がのせてあります。

蟹はもちろんのこと、出汁が旨いんですわ〜!
和食の基本ですものね、、、納得のお味です。




















f0189142_1541426.jpg



お造りは、「鳴門平目、大間のトロ、アオリイカ、伊勢海老」。
アオリイカも徳島鳴門のもの、伊勢海老は上に昆布のポン酢醤油味が添えられてます。
酢橘も徳島産でしょう。















f0189142_15563075.jpg
「カラスミ」。
柚子大根と共に。。。
このカラスミは表面を炙ってありますね。自家製カラスミだそうです。
柚子大根は冷たくしてあって、カラスミとの温度差を楽しんで欲しいそう。
クワイを揚げたチップスもなぜか合いますね〜!

探求心に溢れ、斬新な料理を作り出すと紹介されてた事が、充分頷けます。

あ〜、やっぱり日本酒にすれば良かったかしらんと、ちと後悔の一品でした。










f0189142_1557843.jpg





「銚子産"赤ムツ”煎り米をまとわせた黒酢焼、ぶぶ漬けおろしと共に」。
上にトッピングしてあるのは、栗だそう。
下にはかきの酢漬けが敷いてあります。
お皿もきちんと温めてありました。
焼き加減もバッチリです♪











f0189142_155861.jpg





「鹿児島県出水のむそう網で捕らえた"真鴨”」ですって。
鴨のローストは藁で炙ってるそうです。
や、やわらかくてジューシー、、うまっ!
他には、鴨のささみのスープ、蕪に柚子のせ、玉葱と鴨のつみれ。
もちろんお皿も温めて。








f0189142_15591232.jpg











トマトと梅こぶ茶とヨーグルトの箸休めが添えられてます。










f0189142_1672094.jpg

〆は、「ちりめんじゃこの山椒煮と冬野菜のごはん」でした。
香の物と赤出汁が一緒です。
冬野菜は白菜と柚子。


















f0189142_16122549.jpg






ごはんで終わりと思うでしょ〜!
これがね〜違うんですわ〜♪

なんと温かいお蕎麦か冷たいお蕎麦をおかわり自由で出してくださるんですよ〜!










f0189142_16145949.jpg



 



お蕎麦と一緒に柚子や酢橘の香りをさっぱりとたのしんで、もう大満足のフィニッシュでございました♪













f0189142_16161229.jpg



















f0189142_16241186.jpgf0189142_16255612.jpgf0189142_16305461.jpg











デザートは別腹ですものね〜、しっかりいただきました。
「オレンジのシャーベットを絡めた愛媛のみかん」
それと、
巾着に包まれた「龍吟パフェ"苺”」
可愛らしいイラストの説明が付いてるじゃありませんか!

これがもうまた美味しいのなんのって♡
下に丹波大納言の小豆や黒蜜煮いちご、その上が苺ミルクのお焼き、さらに苺と練乳のアイスクリームに赤ワインソースがたらしてあって、トッピングは白チョコレートの金箔マブシでございますわよ〜〜ん♪









いや〜お見事でございます!
最後まで手を抜かない仕事ぶり◎

美味しい感動を味わえて、至福のクリスマスを過ごせました♪


f0189142_16362668.jpg
















f0189142_1637138.jpg







お店の玄関でタクシーを待つ間に、山本氏がご挨拶に出て下さいました。
やっぱり徳島出身でらしたんですね!
物腰も柔らかく丁寧なご挨拶に気持ち良くお店を後にいたしました。

実はもう一つ驚いた事が。。。
[PR]
by jackie-style | 2010-02-05 08:03 | レストラン | Trackback | Comments(8)