<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

May your Christmas be a joyful one!

f0189142_10192437.jpg

[PR]
by jackie-style | 2009-12-25 10:36 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(8)

HRT&PHT@free drink

最近寒くなってきて、車を運転しても暖房が効いてくるまでテンション下がり気味〜。
なので、
ちょっと古いけど人気だったダンスミュージックのCDいっぱいかけて、気分をアゲアゲで運転しております!
ダンスポップ、トランス、ユーロビートだかなんだかわかんないけど、ジムに行く時はウォーミングアップのつもり。(^^)

で、ジムウェアーももっと欲しいなぁ〜と思ってたところに、ちょうどオープンしたのが
このお店、銀座アバクロ!
先に娘が行ってきて、男の子達めっちゃカッコイ〜よ〜、エアロウェアーになりそうなのもあったよ〜と教えてくれたので、早速私も行ってきちゃいました〜。(ミーハーオバサンです、はい^^;)

長蛇の列にもめげずに並んで待つ事30分。お店の外にまで、香水の香りがぷんぷん。
中に入ると暗くって、クラブミュージックがもうガンガンかかってます♬
イケメンのお兄さん達がネルシャツのボタンを外し、上半身の胸をはだけて、音楽に合わせて踊ってる〜@@
彼らは店員さんじゃなくて、ストアモデルなんですって。。
写真真中のマッスルなモデルのお兄さんと一緒にポラロイド撮影するサービスも人気でしたよ。

レジでは香水を勧められ、もしもお買い上げになったりすると、店員さん達(みんな可愛い)が一斉にヒュ〜っと囃してくれちゃいます!お決り事なのね!

ウェアーも可愛くて、娘にあげてもいいしな〜と、ついつい大人買いしてしまいました〜。(爆)


f0189142_20315280.giff0189142_20321016.giff0189142_20322556.giff0189142_20324278.gif

今回は、11月と12月に行った、ホテルのフリードリンクプランをご紹介します。

f0189142_13235237.jpg


こちらは、ハイアットリージェンシーホテルの「おんぼらあと」。
この名前は、石川県の方言で「ごゆっくりと」という意味なんだそうです。
その名のせいなのか、フリードリンクプランによくある時間制限が特に無かったように思います。

まずは、水菜と茸のサラダ。
鰹と縞鯵のお造り。


f0189142_13362191.jpg

手前が、左から糸コンニャクの明太子和え、ひじき、シメジと大根にイクラ。
上が、ほら貝、蓮根のきんぴら、牛蒡と鶏ささ身の胡麻和えだったかな?


f0189142_1491723.jpg

















最初はサントリーのプレミアムモルツ樽生。
それから、キールロワイヤルでしょ。
もちろんワインも。
カリフォルニアのシャルドネとカベルネをいただきました。



f0189142_14161714.jpg
















おぼろ豆腐。
蒸し野菜と塩豚をポン酢醤油で。
にらとモヤシのお浸しに温泉卵と海苔を混ぜて。


f0189142_14184260.jpg

やっと暖かいお皿が出てきました。
海老とズッキーニの唐揚げに甘酢餡かけ。


f0189142_1420479.jpg

このプランは、一人6000円なんですが、最後のバラちらしをこの握り鮨に換えると1000円増しになります。天麩羅を加えると更に1000円増しですって。


f0189142_14281842.jpg

















パイナップルと柿と豆乳のチーズケーキでした。


ハイアットリージェンシーは、泊まらなくてもビジターでプールに入れるのが良くて、一時は結構利用してました。
プールそのものは大きくないのですが、夜景が綺麗なのと混んでないのが好きで。
サウナがもっと熱かったら良いんですけどね〜、サウナ好きなのでそれがちょっと残念かな。
夏は帰りにこの「オンボラート」で冷えたビールを飲むのが楽しみでした。

ただ寒い時期だと、このプランメニューでは冷たい料理が多いので、天麩羅を頼むのも一つかもしれませんね。



f0189142_14322473.giff0189142_14324126.giff0189142_1433895.giff0189142_14332438.giff0189142_14333836.gif

もう一つのホテルもこのすぐ近くです。
[PR]
by jackie-style | 2009-12-22 00:09 | レストラン | Trackback | Comments(0)

アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その11

f0189142_15135682.jpg

真っ暗な中、釣り糸をかがる青年が影絵のように浮かびます。
右側にホテルの明かりが灯り、左上に星が光ってるのがおわかりでしょうか。
日の出前、ドーニ船に乗って「Dawn Fishing」に挑戦です!

前日、日本人スタッフのまみさんから頑張って釣ってきて下さいね〜と笑顔で励まされたものの、二人とも初挑戦だし、どうなることでしょう。。

5時半のモーニングコールで起き、真っ暗な桟橋で待っていると、ドーニに乗った若者とおじさんの二人がやってきました。
笑顔で挨拶しても暗いからわかんないよね。(^^;)

青年の方が釣り竿の準備、おじさんは舵を取っていざ出発で〜す!
波が静かでこれなら船酔いの心配はなさそう。良かった〜♪


f0189142_15165289.jpg

暗い波間を見つめつつ、30分程経った頃でしょうか、、、ようやく白々と夜が明け初めました。
太陽のエネルギーってやっぱり凄いものなんですね〜!
気温がみるみると上がってくるのを肌で直に感じます。
身体の中まで曙色に染まっていきそう。。。



f0189142_15263096.jpg

って、いきなり釣れました!! (はやっ)

主人と私は右舷と左舷に分かれ、釣り竿をじっと持ったまま座ってたんですが、これがけっこう重たいものなんですね〜。
最初に持った時、もう魚が引っ張ってるんじゃないかと勘違いしちゃう位、釣り糸がぐ〜んと遠くまで延びていって、いや〜重たいわ〜!

しばらくすると、主人の方のリールがカラカラと音をたて始め、俄に青年やおじさんがヘルプの態勢に入ります。(緊張)
魚と人間の綱引き状態で、格闘する事10分以上かかったでしょうか、、、プチ「老人と海」の世界です!
で、釣れたのがコレ。

聞いたら、tunaだっていうじゃないですか〜。
ヤッタ〜、いきなし鮪釣っちゃった〜〜っ♬


f0189142_15284465.jpg

f0189142_15351380.jpg

こんな擬餌針を使うんですね〜。



f0189142_1532108.jpg

日が昇るこの時間は、丁度お魚さんたちも目覚めたばかりでお腹がすいてるんでしょうか。



f0189142_15375552.jpg

20Kgはあると言ってました。
見事なお姿ですわ〜、ふぅ〜。


f0189142_15404540.jpg

あれっ、アンサナからそんなに離れていない所だったのね。



f0189142_15425087.jpg

私の方も釣れないかな〜と思ってたら、やややや〜〜〜なんだか急に重たくなってきましたよ〜〜@@
リール捲くのだけでも、すごい力がいります!
もう私じゃ無理って、途中でお兄さんに代わってもらいました。(絶対魚に負けるし、海にドボンしちゃいそうで^^;)
今度はわしがと、ベテランのおじさんの出番です。
もう海上近くまで引き寄せてるらしく、片手に引っかけ棒みたいの持ってる!



f0189142_1545691.jpg

ジャッバ〜ン!!
きゃ〜〜また釣れた〜〜〜♬♬

しっかし、こんな水色のインチキビニール烏賊に騙されちゃってかわいそう、、、(::)


f0189142_19231035.jpg

釣り上げの瞬間の連続激写です〜!(わたくし、もはや釣り人ではなく報道にまわりましたから)

最後に暴れる鮪の頭をベテランおじさんが棍棒で思いっきり叩くという、ひ〜っとホラーなシーンは、主人のビデオカメラが追ってました〜。(日本人の夫婦はヘンと思われたかも、、、テへ)


f0189142_19262798.jpg

わ〜い、もっとおっきなの釣っちゃったぞ〜!




f0189142_1929139.jpg

二番目のヤツは、25Kgはあるそうです!
種類が違うみたいだけど、何鮪なんでしょうね?
詳しい方教えて下さいませ。



f0189142_19365656.jpg

いや〜大満足な成果で興奮したら、ちょっとお腹も空いてきました。
ここらで一息つきましょう。

いかりや長介さん似のおじさんが、モーニングコーヒーを入れてくれます。
シンプルなデニッシュですが、輝く朝日の中海風に吹かれてですもん、充分美味しく感じますよ〜。



f0189142_2013925.jpg

海をのたりのたり漂えば、ちっちゃな無人島がたくさんあるんですね〜。
一つ欲しいかな〜、そしたらどうしよか?なんてしばし妄想。



f0189142_2015436.jpg

今日も良いお天気ね〜。


f0189142_20283756.jpg

遠くに満艦飾の小舟が、、、。
なんかの目印?
それとも海の守り神として祀ってるのかしらん?
不明です。



f0189142_203154.jpg

鷺が飛ぶ〜♪



f0189142_20355540.jpg

飛行機も飛ぶ〜♪



f0189142_20342927.jpg

今日も船がたゆたう〜♪

モルジブの毎日は平和そのもの〜〜〜♡


f0189142_20392222.jpg

大漁でありましたっ@初心者にしては!

もう帰りましょうね〜〜。お疲れさまでした〜〜。

さて、この鮪の行方、気になります?
[PR]
by jackie-style | 2009-12-17 10:35 | 海外 | Trackback | Comments(0)

すし匠斉藤

11月初めに早くも点灯された六本木けやき坂のイルミネーションです♪
f0189142_22462391.jpg

f0189142_22485052.jpg

「もうX'masなのね〜! 綺麗だわ〜ん。」と見とれたのもほんの一時でした〜。
だって、その夜のお目当ては赤坂にあるお鮨屋さんですも〜ん、ふふっ♡

「すし匠斉藤」は、辛口で有名なグルメ評論家が珍しく悪くは言ってなかったので、一度行ってみようと前から思ってたお店です。
f0189142_2332533.jpg

ビルの2階に上がると、こじんまりとした入口です。
入ってすぐに靴を脱いで畳敷きにあがります。カウンターだけの店で、足下が掘りごたつのようになって座れます。
斉藤さん、なかなかお若いですね〜。
会話も感じよくて、押しつけがましさもなく、爽やかでした◎


f0189142_2322615.jpg
取り合えず、生っ!っしょ。


f0189142_2321938.jpg

ここはお決りのコース仕立てのようです。
初めは、さよりの塩〆。

真鱈の白子。柚子こしょうに漬けるそうです。いただく時は鰹だしで。
いきなりどれもうまっ!!


f0189142_23302861.jpg

海葡萄、がりが薄切りじゃなくてゴロンと切ってあって新鮮な感じ。

寒平目。一切れはそのままの刺し身で、もう一切れは一日寝かしたものと食べ比べてみて下さいと。寝かした方が旨みが増してるようで好きかな。

お次は、ホッキ貝。軽く炙って七味唐辛子がふってあります。


f0189142_2335033.jpg

赤貝のひもと胡瓜ののり巻き。

子鯛の柚子ふりかけ。子鯛は身が柔らか〜い! かすご(春子)とも言うそうです。



f0189142_23421366.jpg

やっぱり日本酒いかなきゃね!
「香梅」という山形のお酒です。錫の酒器が冷酒に合いますね〜。

かわはぎの肝とポン酢和え。


f0189142_23462889.jpg

三陸の鯖。赤酢の米で握ってます。脂ののった秋鯖も赤酢の米でさっぱりといただけます。



f0189142_0261056.jpg

かますの塩〆。表面を少し炙ってありますね。ちょっとワサビを漬けていただきました。とろっとしてます。

蒸し鮑の茶わん蒸し。ナマコの卵巣の塩辛の「このこ」入り。


f0189142_23543793.jpg

あ〜いくらがとっても新鮮◎

茹で蛸は、高知の塩をちょっとつけるだけでいただきます。



f0189142_2359220.jpg

玉葱醤油のタレに浸けた鰹。

鯵の棒寿司。これも赤酢の米で白ゴマ入り。



f0189142_042996.jpg

いや〜お鮨もつまみもどれも美味しくて、お酒が進みますわ〜♪
次は、「雁木」という山口県のお酒いってみましょう。

さよりの皮を捩って捲いたもの。お酒のあてにぴったりの一品。



f0189142_085763.jpg

いくらの醤油漬けの軍艦巻。

もずくとナマコの酢の物。



f0189142_0271652.jpg

ししゃもの塩焼き。

アオヤギにも赤酢米。このアオヤギは少し火を通すことによって香りが増します!



f0189142_0273444.jpg

フレッシュザーサイで、ちょっと口直し。

大間の本鮪。一週間ねかせて赤酢米と。たまりませんね〜〜!



f0189142_0314856.jpg

福島の「飛露喜」という日本酒。

車海老はちょっと甘め。



f0189142_037292.jpg

バフンウニの海苔巻。これも赤酢で。

ここらで〆なんでしょうか、、、何か他にもっと召上りたいものがあればどうぞということで、
主人はコハダを。



f0189142_040217.jpg

私はスイカの奈良漬けとアンキモ。アンキモが大好きなので満足致しました〜♪

茸と大根おろしの味噌汁。



f0189142_0484127.jpg

最後にデザートは、紅玉と苺のアイス。他に紫芋や抹茶小豆のアイスもあります。



いや〜堪能致しました。お酒を楽しみたい方には嬉しいお店ではないでしょうか。
ネタもバラエティーに富んでいて、素材の組み合わせや調理の仕方も様々。
次はどんな料理が出てくるのかしらと楽しみでした。
お鮨だけじゃないから、すぐにお腹一杯にならず、飽きがきませんでした。
さらにお会計も、これだけ食べて飲んだにしては安いのではと満足のいくお値段でした。




*****


f0189142_052372.jpg

これは去年買ったものなんですが、赤と緑色のランプが交互に下からポワンと灯ります。


次回はまたモルジブ編に戻りますね〜。

そうそう、北京のアマンに行った時に、マネージャーの清水さんが、あっと驚くような所にアマンができますよ〜っておっしゃってらしたのは、ひょっとして東京大手町の事だったんでしょうかしらん@@
[PR]
by jackie-style | 2009-12-09 00:44 | レストラン | Trackback | Comments(2)

アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その10

f0189142_16494447.jpg

3日目の朝食、ブッフェ以外で選んだのはエッグベネディクト(主人)と、中華粥(私)。
中華粥というよりは、野菜スープでしょう。底をかき混ぜるとお米が浮いてきました〜。

この後、ビィラに戻ってシュノーケリング。
海の中の写真は後でまとめてUPしますね〜。
きれいな写真がちっとも無くて、、、難しいもんですね〜(><)


                      
f0189142_1795724.jpg

シュノーケリングの後は、水上ハンモックの上でお昼寝でもしましょうか?
でもなんだか落ち着かないしな〜。
やっぱり船であっちに行っちゃおうかな〜?



f0189142_171891.jpg

白砂のビーチが好き〜なんですもの♪

で、また来ちゃいました。(笑)
ホントはね、この日の夕食をこちらのレストランに予約してあったため、少し早めに行って、ブティックを見たりネットでもしてようかと思ったのです。



f0189142_17295870.jpg

レセプションのきれいなお姉さんをこっそり写したりして。(暇なもので)




f0189142_1737164.jpg

左に写ってるのは、ジムの建物。
う〜ん、中はちょっと暗い感じで、設備も古そう。
 
真中は、ビーチコテージのお玄関。けっこうお隣どうし近いかも。

右は、正面から見たウェディングパビリオン。
大きくするとわかりますが、海の向こうにインオーシャンヴィラが見えちゃいますぅ。

ウェデングパビリオンといえば、モルジブと全然関係無いけど、福岡に10月にできたばかりの「オテル グレージュ」の写真を最近見ました。
カトリーヌ・メミがインテリアデザインをプロデュースしてて、ウェデングチャペルも、全室オーシャンビューのお部屋もとっても素敵!
ちょっと関係ない話でした〜〜。





f0189142_17465882.jpg

今日もゲストを乗せた水上飛行機が飛んできます。
島陰に回り込んで行きました。
ここが島の端っこですね。



f0189142_23473423.jpg
地上では、ちっちゃいヤドカリ君も頑張ってます。




f0189142_2353361.jpg

ヨットクルージングは気持ち良かったですか〜?

インド人のカップルが写ってますが、このお二人と翌日のディナーの席がお隣になりました。
で、その時ちょっと嬉しいことがあったのです♪
その話はまた後ほど、、、。




f0189142_2357138.jpg

f0189142_00541.jpg

本日のヨットはこれにて終了!
お兄さん達がマストをたたんで帰っていきました。




f0189142_041725.jpg

お家に帰ったのかと思ったら、こんな所に集まってるじゃないですか!?

あ、サッカー始めちゃった。
好きなんですね〜サッカー♪♡♪




f0189142_0183724.jpg

にっこり愛想の良いお兄さんも、この後サッカーしに行っちゃいましたぁ。

ミントたっぷりの冷たいモヒートでも飲んで、のんびりサッカー観戦でもしましょうか。。

さあ、そろそろレストランの準備が整ったようです。
[PR]
by jackie-style | 2009-12-01 00:25 | 海外 | Trackback | Comments(2)