<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その6

f0189142_019153.jpg

水上ヴィラに唯一のレストランは「アズール」。
このランチョンマットが涼しげ〜でお家に欲しかったなぁ♪

f0189142_026405.jpg

レストランの外デッキにもテーブル席が。日差し除けが無いので、日中はお日様が燦々。

レストランの中は、ほとんどオープンな造りなので風が吹き抜けていい感じ♪


f0189142_031795.jpg

ビュッフェで前菜やデザートが用意され、メインの料理だけこのプレートを見て選びます。


f0189142_0362539.jpg

前菜を盛り合わせてきました〜。
まあなかなかなお味。ローストビーフもライスサラダも◎


f0189142_0402733.jpg

メインから選んだお魚(なんだか忘れたけど、たぶん鯛系?)のソテー。



f0189142_0455712.jpg

トマトのリゾットを選んだのは主人。
口に入れて一瞬表情が止まったのを、確かに見ました!
「何???」って首を傾げてみたら、「ちょっと食べてみて、、、。」と。。
それでは私も一口と、、、、あれ〜〜〜??
まずね、お米がざらざらと口の中で砕けて違和感一杯になります!
良く言われているお米の芯を残す位が美味しいんだといっても、これは生煮えというかお米が炊けて無い状態のままザラザラになっちゃった感一杯!
その上、このオリーブオイルの海を見てくださいませ!

このレストランはイタリアンがメインだとしたら、う〜ん、これからの一週間かなり厳しいかも〜(^^;)


f0189142_053715.jpg

デザートはビュッフェでチョイス。
アイスコーヒーをオーダーしたんですが、日本でいえばミルクたっぷりのちょっと甘めのカフェラテというところでしょうか。

お腹も一杯になり、レストランのすぐ目の前にあるレセプションで、これからのスケジュールを予約してもらいました。
あんまりキツキツにならないように、リゾートらしくゆったりと過ごせるようにと組み合わせてもらい、結果私達には満足のゆく滞在になりました。

More
[PR]
by jackie-style | 2009-10-30 01:07 | 海外 | Trackback | Comments(6)

アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その5

f0189142_12144381.jpg

ジャ〜ン!

ベッドの先に見えるのがこの光景です〜♪

f0189142_12555553.jpg

テラスの左側にはテーブルセットとボードが2枚。
右側には水上ハンモック。

f0189142_1311740.jpg

f0189142_1335562.jpg

海から上がってこのプールに浸かり、塩抜きしながらプ〜カプカ。
極楽でした〜〜〜♡♪♡
なので2枚もUP(^^)V


f0189142_1385552.jpg

続いてお二階に上がってみましょう。
オープンリビングといった感じのテラスになってます。
ソファーの上は日差しよけの屋根が付いてます。


f0189142_13111714.jpg

f0189142_13134887.jpg

ルームサービスを頼んでこのテラスで食べても良かったかも。。。



f0189142_13172712.jpg

下を覗いてみましたよん。



f0189142_13352929.jpg

海の色が変わるドロップオフ辺りにダイバーさんの標識が。(クリックすると大きく見えまーす)
左に立ってるのは、本物の鷺です。じっとしてる時間が長くてまるでダイバーさんと同じ標識かと思う程。

この写真見ながら、やっぱり海の中で遊んでた時が一番楽しかったわ〜と思うのでありました。

フルレで朝食抜きのまま飛んできたので、お部屋の写真を撮り終えたらもうお腹ペコペコ。
という事で、次はレストランのお食事編続きますね。
[PR]
by jackie-style | 2009-10-25 13:19 | 海外 | Trackback | Comments(4)

アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その4

f0189142_16344545.jpg

左側が玄関入口のドアです。入ってすぐの左手にバーカウンターがあります。


f0189142_16372344.jpg

次にソファーセット。


f0189142_16395773.jpg

その真向かいにTV&オーディオセット。右隣のドアは、屋上へ上がる入口。

オーディオでかかってた癒し系のCD3枚セット、お土産に買って帰りました♪


f0189142_1649525.jpg

クリックすると大きくなりますので、興味のある方はどうぞご覧下さいまし。
ミネラルウォーターは、オレンジの可愛い袋入り。瓶の中身だけ入れ替えてくれます。


f0189142_16541953.jpg

続いてのお部屋がベッドルーム。間仕切りのスライドする扉が両側にあります。

寝転がっても、海が目の前一面に広がって見えま〜〜す。^^


f0189142_16571392.jpg

ウェルカムはこちらの果物だけ。ちとサビシイ感じ。
後は、毎日ココナッツ入りのクッキーが2枚置いてあったかな。チョコレート味もあったりして結構美味しいクッキーでしたが。。

黄色いのはビーチタオル。


f0189142_10124356.jpg

一度も使わなかったベッドサイドのお香セット。


f0189142_10125925.jpg

バスルーム側からリビングまで見た所。
ソファーとは別にテーブルセットもあって、カメラを置いたり書き物したり。

More
[PR]
by jackie-style | 2009-10-20 00:50 | 海外 | Trackback | Comments(4)

アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その3

f0189142_14475149.jpg

モルジブの首都マーレです。歩いて一周しても1時間くらいの小さな島なんだそうですが、ビルがかなり密集して建ってますね。

f0189142_14501613.jpg

ここはどこぞのリゾートでしょう?

f0189142_1452106.jpg

こちらはもしかしたらヴィルリーフ・ビーチ&スパ・リゾートでしょうか。

f0189142_14543148.jpg

ここは滞在中に訪れた小さなローカルアイランド。島の暮らしぶりが興味深かかったなぁ。

f0189142_1529022.jpg

約45分程のフライトで、やっと見えてきました。

f0189142_15291165.jpg

左端の3角形になってる桟橋の一番上は、スパ専用のヴィラです。

f0189142_15502915.jpg

裸足のパイロットさん、お疲れさまでした〜!
一応パイロットの制服はちゃんと着てま〜す。

f0189142_17131826.jpg

この白いボートでホテル桟橋に向かいます。
向こうに見えるのがアンサナヴィラヴァルのメインランドです。

f0189142_17255087.jpg

ちょっと望遠で覗いてみました。
わぁ〜〜、あっちも良い感じ〜♡♡
後で行くから待っててね〜〜♪

f0189142_17342765.jpg

左がレセプション。ここには日本人スタッフの“まみさん”がいて、とても助かりました。
いつも笑顔を絶やさずにテキパキと仕事をこなしてゆく、明るくて可愛らしい女性です。

右はバーとレストランになっていて、朝食や昼食は大抵ここでいただきました。
夕食は、メインランドにも2つレストランがあるので、日によって場所を変えて利用しておりました。

f0189142_174654.jpg

バーコーナーで、冷たいおしぼりにベリー系のシャーベットでウェルカム。
心地よい風が吹き抜けてゆきます。
水タバコが飾ってありますね。

f0189142_17492494.jpg

桟橋を歩いて、お部屋へと案内されます。

2階部分のテラスの東屋に屋根がかかってるのが、プレミア・インオーシャンヴィラで11棟あるようです。
20棟あるふつうのインオーシャンヴィラとの違いは、プールが21㎡と27㎡とで少し大きい事。Thai salaのヒラヒラ天蓋?付きサンベッドが、プールデッキの先にある事でしょうか。
室内の広さと造りは同じで変わらないとスタッフが言ってました。

他にはサンクチュアリ・インオーシャンヴィラという2ベッドルームあるファミリーやグループ向けの大きなビィラが2棟。スパ専用ヴィラと同じ3角形桟橋の一番端にありました。

私的には、ふつうのインオーシャンにするかプレミアを選ぶかよりも、もっと大事なポイントがあるように思いました。それはどちら向きに建っているかですね。
船着き場や、レストランがある方向、つまりメインランドの島が見える向きと、その反対の海しか見えない方を向いてるかです。
島が見えるのがお好きな方もいれば、海だけ見ていたい方もあるので、好みは色々でしょうが、、、。
もう一つ、シュノーケリングをするには、外の海向きのヴィラの方がリーフに近いという利点がありますね。


f0189142_17513234.jpg

ここが私達のヴィラです♪
なんだか普通の一戸建ての住宅みたいですね。
外観はほぼ白とベージュ色で統一され、ナチュラルな感じでモルジブの海に溶け込んでいました。

さあ次はいよいよお部屋に入ってみましょうね。
[PR]
by jackie-style | 2009-10-14 00:48 | 海外 | Trackback | Comments(4)

アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その2

定刻通りに成田を出発したSQ637便。
シャンパンもいただいたばかりなのに、もうアミューズが運ばれます。サテーにタマネギとキュウリのスライス、スパイシーピーナッツ添え。
私は「花ごよみ」懐石風弁当を選びました。お蕎麦が付いてます。それに水菓子は抹茶ティラミスでした。ワインはアルゼンチンの赤をチョイス。
f0189142_2122495.jpg

ANAのラウンジでビールにお稲荷さんをいただいてましたから、あんまりお腹が空いてなくて、少し箸をつけただけでお終い。
麺好きなんですが、食べたいと思うほどのお蕎麦でなくて残念。
機内で食べた麺では、ヨーロッパからの帰りの便だったか、あの普通の日清のインスタントカップ麺をいただいたのが意外にとっても美味しく感じられたのを思い出しました。

f0189142_21291996.jpg

主人が選んだのは、鮪のたたき、蛸のマリネ、&なぜか卵焼きのミックスサラダ。メインは牛フィレステーキ。デザートはマンゴーケーキ。
主人はぜ〜んぶ完食でしたね。(^^;)

桃井かおりさんは機内食が好きじゃないので鯖の押し鮨を買って乗るって、何かの雑誌で読んで真似した事がありましたわ〜。
でもね、お食事を断ってお鮨を食べる勇気がなくて、機内では食べず仕舞い。
結局、早朝に到着したシャルルドゴールで、オルリー空港までのシャトルバスを待つターミナルのベンチに座り、ちょっと硬くなった鯖鮨を頬張った記憶があります。それなりに味わい深いものがありましたですね。。。

f0189142_21422488.jpg

約7時間の快適なフライトで、無事に夕刻のシンガポールへ到着。
随分昔にタイからシンガポールに降りたって以来なので、チャンギ空港の広さと新しさに驚きました。こんなでしたっけ!?
ショップも充実してますね〜。
オアシスのコーナーが癒しの空間を演出。池には鯉まで泳いでます。

f0189142_21515952.jpg

SQのシルバークリスラウンジです。
バーカウンターの雰囲気が良いですね〜。
なんだか映画のワンシーンみたいじゃあないですか。
オーダーしたシンガポールスリングから恋が始まった、、、な〜んて妄想の世界へ勝手にトランジット。(爆)

PCの台数も多いですね。
主人は帰りの便で、こちらのシャワー室を利用してさっぱりしてました。

f0189142_21582274.jpg

食事は、カレーや焼きそばにお粥、チキンの唐揚げ、サンドイッチ、スープ類、チーズにデザート各種とバラエティーに富んでいましたが、美味しいかといったら、う〜ん格別ではありませんですわね。
却ってショッピングモールの中の飲食店で、好みのアジアンフードを有料で食べた方が良かったかもと。。。

シンガーマーレ間のエアは私は熟睡したままで記憶に無いんですが、主人はちゃんとチキンカレーを食べてた模様。

f0189142_11392385.jpg

マーレ到着は、現地時間で22時(日本時間で午前2時)。空港からすぐにフルレアイランドホテルへと。
何しろ空港から徒歩でも行ける位の近い距離にあるホテル、ワゴン車に乗ってゆっくり走っても5分とかからず到着で、ヘロヘロに疲れ切った私達には何よりでした。

お部屋のタイプはシービューのスーパーデラックスルームだそう。
f0189142_11331086.jpg

f0189142_1924232.jpg

フルーツにワインにチョコレートのサービスが。
翌朝、朝日に当ててもう一度撮影。このバナナの形のお菓子が可愛らしくて、一口齧ってみたら、あり得ないほど激甘!!!
こんな撮影をしてるなんて悠長な事態では無かった事が、後でわかったんですけどね!!

前の晩、フルレのホテルに到着時、翌朝のアンサナへ行く水上飛行機の予定時間は、アンサナの方からコンタクトがあって時間を知らせてくれると聞いていました。
翌朝、のんびりと朝食を取ろうかとロビーの前を通りかけた私達を、スタッフが慌てて呼び止めます。なんでも水上飛行機の出発時間が迫っていて、既に迎えの車が待機してると。
「え〜〜っ、何も聞いてないし、部屋に電話も無かったし〜!!」って驚いていても仕方ありません。
私達の方が事前にきちんと確認を取るべきだったんでしょうが、何しろ疲れ切っての到着だったので、フロントとのやり取りが曖昧になってしまった所があったのかもしれません。
すぐさま部屋に戻って、荷物をまとめ(といっても、一晩泊まるだけだったので、ほとんどパッキングしたままの状態でしたが)、チェックアウトを急いで済ませ、なんとか水上飛行機の待つターミナルへと到着したのでした。
f0189142_19394752.jpg

フルレアイランドホテルの朝食を食べ損なったのは残念だけど、一応間に合って良かった〜〜!
ってこの時は、ホテルのチェックアウト時の慌てふためきをもはや過去のものとして、サンゴ礁を眼下に見下ろす遊覧飛行にウキウキしてた訳なんですわね。
あ〜〜っ、まさか旅の終わりにあんな事が待ち受けてるとはツユも思わなかったのでございます。

つづく。
[PR]
by jackie-style | 2009-10-11 01:48 | 海外 | Trackback | Comments(4)

ヨン様in東京ドーム

f0189142_13444788.jpg
 
東京ドーム、2日間連続で行ってきました!
ご興味の無い方は、スルーして下さいませね。

いや〜〜自分の事を棚に上げて言う訳じゃないですけど、あんなに凄い数の中年女性が続々と集まる光景というのは、一種鬼気迫るもんがありますね〜〜!!
水道橋の駅のホームに電車が停まる度に次々と吐き出されてくるオバサン。皆さん同じ方向へゾロゾロと向かう先はもちろん東京ドーム。
すれ違う男性達から、「なんだこりゃ???」といぶかられながらも、黙々と進みます。
途中に並ぶはヨン様グッズの店。ここで何名かは早くも脱落し、足を止めては品揃えを物色します。
f0189142_203045.jpg

今回のチケット、先行発売はネット登録してからどうのこうのでややこしくて、私はその後大分経ってから一般発売で申し込んだため、きっとすぐに完売になってしまって手に入らないだろうと諦めておりました。
が、ラッキーなことに初日の「アニメ冬ソナ」で2枚get。翌日の「韓国の美をたどる旅」出版記念イベントでも1枚をgetできました。

主人に一緒に行こうととり合えず声を掛けてみたんですが、もちろんNo!
生のチェ・ジュウは綺麗よ〜と誘ってみたんですけどね。
ま、仕事ほっぽって行こうっていう方が間違ってますわよね。(^^;)
で結局、面倒くさがる娘をなんとか説得致しました。

幸い娘の大学が近くなので、授業を終えてから現地で待ち合わせ。
娘曰く、“同級生達に励まされて出てきた”ですって。(爆)
途中歩きながら、オバサン達が「なんでヨン様の事を好きになったのか、、、、云々。」を喋り合ってるのを聞きながらやってきたそう。あっそ。

会場に入ったら、これまたビックリ!
ひぇ〜こんなにたくさんいる〜〜@@
しかも2階席で、ステージず〜〜っと遥か彼方。
これじゃ豆粒くらいにしか見えないよ〜〜ん。(××)

さあ場内が暗くなり、6時ピッタリにいよいよ開演です。
なんと入場者数は4万5千人ですって。(驚)
ヨン様がカーテンの後ろにシルエットで現われただけでもう場内ワ~っと歓声が上がり拍手〜〜。
出ましたヨン様!!キャ〜〜〜!!!
花道をゆっくり歩き出すその先に、今度はステージ中央がせり上がってジウ姫が登場。
じっと佇みヨン様いえチュンさんを待つユジン♡
二人は見つめ合いそして抱擁!!
もう場内は悲鳴のような溜息のようなドヨメキで一気に興奮の坩堝と化しました!!
あ〜〜冬ソナの感動が甦りましてよ〜〜♡♡♡
f0189142_23285397.jpg

え〜とね、実は場内は撮影禁止だったんですね。警備員のお兄さんの目を盗んで撮っちゃいました。へへっ(^^;)
なのでまともに写ってなくてごめんなさい。クリックすると大きく見えますよん。

まあ色々と趣向をこらしてインタビューや、生アフレコを見せてもらい、途中にアニメ版の挿入歌など何曲か歌のステージもあり。
がしかし、ヨン様が出てないと途端にトイレに立つ人多し。(^^;)

最後のファンサービスは、あの有名な雪だるまの気球にヨン様とチェ・ジウがそれぞれ乗って、場内をぐるっと回るというもの。
アリーナ席じゃなくても、上の階の席までヨン様が良く見えるようにとの配慮でしょうか。
途中、二人の雪だるまがドッキングという場面では、司会者だけが興奮してましたっけ。
ファンはそんな事はどうでもよくて、ただヨン様を見たいだけなのね、、、、ハハ。
私達の前をヨン様気球が通りすぎると、誰かが後ろの方で「こっち見てたよね〜絶対!!」と嬉しそうに言ってたな〜。
う〜ん思い込みであっても幸せなら良いんですよね〜〜♪ 

この日のヨン様は熱があるような顔をしていてちょっと元気なさそうでした。相当無理してるんじゃないかと皆さん話してましたね。

娘は最初、隣の席の方に「あなたもお若いのにファンなの?」と話しかけられ、「まあその母は前方に座っておりまして、、、。」と受け答えしてたらしいんですが、途中でメールの返信打ったりしてるうちに何も話しかけてこなくなったんですと、、、スミマセンでしたわ〜雰囲気壊すようなの連れてっちゃって!


f0189142_003236.giff0189142_005849.giff0189142_012143.gif


さて翌日は、すっかり慣れたもので余裕?の会場入り。
出版された本も記念にちゃんと買いましたわよ!
思ってたよりずっと中身の深い本で、韓国の文化を理解するのに役立ちそうな立派なものでした。
なんでも一生懸命完璧にやり遂げようとする彼の姿勢がここにも表れていますね。本当に真面目な人なのよね〜。
f0189142_23451747.jpg

左下の写真、ステージ真ん前の特等席が空いてるのは、ひょっとして鳩山夫人のリザーブ席でしょうか??

この日私の左隣に座った方は、遥々沖縄からお友達4人で来られたそう。反対の右隣の席のおばあちゃまは山口からたったお一人で上京されたそう。

この沖縄の方が見せて下さったのが、ヨン様携帯。(写真右下)
表にサインがあって、中の待ち受け画面はヨン様写真が数種類選べるようになってます。
その上、電話がかかってくると韓国語でヨン様が「電話ですよ〜」とかなんとか喋ってくれるんですって。
私に番号を教えてくれ、かけてみてとおっしゃって、実際に声を聞かせてくださいました。
人懐っこい気さくな女性でとても楽しかったです。
知り合いの鎌倉の家に泊まっているので、ここまで随分遠いね〜と。
昨日のイベントももちろん観たし、更にその後、大久保のヨン様グッズ展示会まで足を伸ばしたんですって、、、凄いパワーですわ。

右隣のおばあちゃんも可愛いんですよ〜。
70歳はとうに過ぎてらっしゃるだろうに、ヨン様が乗ってる中央ステージがゆっくり回転し、私達の方向を向き始めると、席からすっくと立ち上がって一生懸命ハンカチ振ってました。
最後はヨン様の乗ったお神輿を追いかけて席を離れてまで追いかけて行っちゃうし。
場内係のお兄さんの「危ないですから席を離れないで下さい!」なんて制止も振り切って、み〜んなヨン様が一番見えるところへと、ダダーっと移動ですわよ。
お兄さん最後は諦め切ってましたね。
私もドサクサに紛れて、撮影禁止なのに、またまたこっそり写真撮っちゃいました、オホホ。
f0189142_011143.jpg

いやはやもう皆さんの熱い熱い想いには脱帽でございました。
な〜んて、実は私も夢中でハンカチ振り回しておりましたけどね。(^^)V
もしかしたら抽選でステージに上がる事があるかも!?と、万一の場合を想定してお気に入りの香水をシュッシュッっとして家出て来ましたし、、、、ウフッ♡
残念ながら韓国旅行は当たりませんでしたが。

あ〜楽しみにしていたイベントもとうとう終わってしまい、せめて韓国料理だけでも近々食べに行くぞと決意した夜でありました〜。
[PR]
by jackie-style | 2009-10-03 00:48 | Trackback | Comments(4)