<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

強羅花壇6






f0189142_23312436.jpg









f0189142_23314268.jpg


強羅花壇で印象に残った一つに、部屋からパブリックな施設までの間、どこを移動していても、細部まで気を抜かない細やかな気配りを感じた事でした。
意外な所にまで、客の視線が届く事をきちんと意識しておられるのではないでしょうか。










f0189142_23431283.jpg








f0189142_23475573.jpg




プールの奥の戸外に、ジャグジーもあります。



しばらくプールで泳いだ後は、大浴場でゆっくりと身体をほぐしました。



f0189142_091127.jpg


二日目のお食事はどんな趣向でしょう。



f0189142_129094.jpg
今宵も同じく久保田の萬寿を♡
ビールは、とっとと飲んじゃいましたー^^;








f0189142_04167.jpg

先附:穴子飯蒸し朴葉包み

これもっと食べた〜い☆








f0189142_05016.jpg


八寸:蟹 芹 
伊勢海老琥珀寄せ 
八幡巻 サーモン砧巻 お多福豆
水菜 貝柱 金時人参浸し





f0189142_071071.jpg


椀:帆立貝真丈 新海苔 柚子






f0189142_075924.jpg


向附:トロうす造り 山葵卸し 昆布 酢橘 

酢橘を搾って丸めて一口で^0^









f0189142_0102531.jpg
↓焼物用の、塩 ちり酢の小皿






f0189142_12124064.jpg


焼物:牛ヒレ 蒸鮑 鉄板焼き
エリンギ アスパラ 青唐 









f0189142_12142171.jpg








f0189142_0144946.jpg


進肴:南瓜擦り流し










f0189142_015839.jpg

炊合:海老芋 
牛タン旨煮 放連草 針柚子










f0189142_0153565.jpg

御飯:焼きおにぎり 唐墨茶漬
大葉 山葵 胡麻 ぶぶあられ 香物










f0189142_015579.jpg

果物:洋梨モンブラン











f0189142_016474.jpg

食後は、場所を変えて、こちらのサロンでコーヒーをいただきに











f0189142_01625100.jpg











f0189142_0174778.jpg








f0189142_0181157.jpg



もう一度大浴場でお風呂に浸かった後、部屋に戻りますと、お布団の枕の上にこんなものが...。
始めからも終わりから読んでも同じ、回文になってるんですね。。
 






f0189142_14124887.gifお陰で、富士と鷹と茄子のトリプル初夢見ました....な〜んちゃって、ウソ!
日本酒が効いてな〜んにも覚えてませんでしたっzzz



強羅花壇は次回で終わりです。
最後に、富士屋ホテルでランチしてから帰りました^^v
ほんとに食べてばっかりですね!












[PR]
by jackie-style | 2009-01-31 00:04 | 国内(旅館) | Trackback | Comments(0)

箱根ハイアットリージェンシー&強羅花壇5






f0189142_2044324.jpg

雑誌でもお馴染みの「リビングルーム」は、こうしてエントランスから入ってくるなり眼下に見下ろせる訳ですね!









f0189142_2047897.jpg







f0189142_20473769.jpg








f0189142_20531838.jpg

主人が頼んだクラムチャウダー










f0189142_2059444.jpg

それにフォアグラ 生ハム パテ チーズ等の盛り合わせ

主人にしてはやけに控えめの選択^^;
夕食を美味しくいただきたいですものね!










f0189142_2113223.jpg


私は茸とチーズソースのペンネ

カトラリーのフォルムがシンプルできれい!









食後に頼んだカフェラテは、ミルクが冷たすぎたのか、ぬるくなっていて全然美味しくありませんでした×


お茶をいただきながら、ふと視線を上げれば、階段を降りてくるのは、もしや秋○康氏では?

奥様の麻○子さんとお嬢ちゃんも一緒です。
麻○子さん、真っ直ぐサラサラなロングヘアーでお若いわー!
スタイルも良くてお綺麗。

お嬢ちゃまは6〜7才位かしら...、可愛らしかったです♡
ママと同じに髪を伸ばしてるのね!
お二人の丁度良いところを半分ずつもらってるみたいなのかな...。

お忙しいんでしょうが、お正月はやっぱり家族水入らずで過ごされるんですね。

秋○氏ってお幾つ位なのかと思って、ウィキペディアで調べてみたら、結構お年なんですね(失礼)。
お若く見えましたよ。

面白い事が書いてあって、喫茶店でとんねるずの石橋さんに「作詞とは...」と偉そうに語っていたら、すぐ近くのテーブルに松本隆氏がいらしたそう(笑)。
 
お幸せそうで素敵なご一家でした。




f0189142_2273646.giff0189142_2275299.giff0189142_22888.gif

すっかりお腹も満足して、強羅花壇の部屋に戻ると、主菓子にお薄茶が。
デザート食べずにいて良かった〜^^v




f0189142_22154898.jpg













お部屋で一服した後は、岩盤浴とプールで汗を流しましょう!





f0189142_22193883.jpg





夫婦二人で入れる個室になってます。約40分位入ってたかしら。
いつも思うんですが、岩盤浴って身体の中の方から汗がジワジワ滲み出してくる感じなんですよね。
高温ドライサウナと違って、低温だから結構長時間いられるんですが、思ってる以上に汗が絞り取られるから、必ず水分を補給します。
こちらでは先に常温のミネラルウォーターを一本ずつ渡してくれました。
欲を言えば、お部屋にあるような冷蔵庫が置いてあって、冷たいものが入ってればいいのになぁ〜


これで今宵も美味しいビールが飲めるっちゃ^^v



f0189142_2238942.jpg


こちらはエステの個室のようですね






f0189142_22523519.jpg



どこにいても、隅々まで清々しい「気」が漂うようです。











つづきます。









[PR]
by jackie-style | 2009-01-27 00:26 | 国内(旅館) | Trackback | Comments(7)

強羅花壇4






f0189142_15474740.jpg


まずは目覚めのお茶を一杯。梅に昆布が入ってますね。






f0189142_1550760.jpg

二日目の朝食もお屠蘇が付きます









f0189142_15583420.jpg


丑の熨斗を開ければ、黒豆 数の子 昆布巻き だて巻きなどのお節料理。










f0189142_1653498.jpg


紅白なま酢にごまめ、さわらの味噌漬けにきんかんも











f0189142_1620515.jpg


丑の箸置き可愛いですね!
後で仲居さんが、2つ“お土産に”とくださいました。有り難う〜♪











f0189142_16245320.jpg


待ってましたーっお雑煮!
薄いピンク色と白のお餅にかしわと里芋と大根に青菜と柚子の澄まし仕立。
上品なお味でした。
お代わりしたいくらい...。
太るので止めときます。









f0189142_16342136.jpg

コーヒーはチケットをもらいサロンでいただくのですが、これも仲居さんのはからいで、
お部屋に熱々を運んで下さいました。とても美味しいコーヒーでした。
何も言わないのに本当に良く気が利く仲居さんでした。




f0189142_16435548.gifテレビの箱根駅伝を観ながら、仲居さんが迎えに来てくれるのを待ちます。
小田原を過ぎた頃に出かければ丁度良いそう。
小田原から強羅までかなり距離がありそうなのに、やっぱり相当速い走りなんですね!


またまたメルセデスでコース近くまで送って下さいました。
既に沿道はずーっと人人人が...。さらにまだまだ続々と集まってきます。

ヘリの音も近くになって、携帯のワンセグで中継を観てる人が、「宮の下を通過したからもうすぐ」なんて話してるのを聞いてると、こちらもだんだん興奮してきます!

応援用の小旗を配る車がゆっくり先導してくると、さらに臨場感が高まっちゃいます!



f0189142_1742152.jpg



キターッ!!!
一位早稲田








f0189142_1743878.jpg

2位東洋大 柏原君!
この人、山の神様と言われた順天堂大学の今井君の記録をあっさり破っちゃいました。
東洋大初優勝に導いた最大の立役者!











f0189142_175572.jpg


沿道向こう側に、赤いセーターに白いマフラーのおじ様はもしや作曲家平○昌○氏では..?
(写真小っちゃくて分かんないですよね^^;)








f0189142_1752748.jpg


この頃になると、私も少し落ち着いて写真撮ってるみたいですな(笑)







実際目の前で応援すると、本当にどの選手どの選手にも、ただただ「ガンバってー!!ガンバッてー!!」って声を張り上げちゃいます。小旗も必死で振っちゃいましたわー!!
だってあんな急な坂を青年達が必死に駆け登ってくるんですもの(泣)

あー感動しました♡♡♡


2006年の箱根駅伝では、今井君のぶっちぎりで往路一位だった順大。復路も順調で、このまま優勝かと誰しもが思っていました。ところが、8区のキャプテン難波選手が思わぬアクシデント。
後半脱水症状で朦朧とし始め、次々と他大に追い抜かれ、最後は右に左によろよろとセンターラインから対向車線にまで出てしまいそうに。
どこを走っていえ歩いてるのかさえ分からない、目もうつろな状態で、一度は足も止まってしまい、そのまま倒れるんじゃないかと思いました。
そ、それなのに、なんとしてでもタスキだけは渡さねばとまた前へ歩き出したんです(嗚呼)!!
自分一人で走ってるなら棄権したって構わないだろうに、それがタスキというものの重みなんでしょうか...(涙々)
こうゆう感動が多くのファンをつくっていくのですね。



声張り上げたらお腹が空いたので(汗)、そのまま箱根ハイアットリージェンシーへ。
そちらでも以外なファミリーに遭遇致しましたです!
つづく...。









[PR]
by jackie-style | 2009-01-24 00:17 | 国内(旅館) | Trackback | Comments(7)

強羅花壇3



“明けましてお目出度うございます ”と先ずはお屠蘇であらためてのご挨拶。


f0189142_12184924.jpg









f0189142_1239427.jpg


先に頼んでました久保田の萬寿と
エーデルピルスのビール








f0189142_12344188.jpg
先附は、胡麻豆腐 春日小鯛笹漬 数の子 蕨 紅白梅花 みじん柚子










f0189142_12345687.jpg


凌ぎは、蒸鮑寿司 
美味しかったです!
これで先が楽しみに...^0^









f0189142_12485124.jpg
八寸は、厚焼玉子 才巻海老 キャビア 子持鮎煮浸し あんぽ柿 金箔唐墨
牛ヒレ柚香煮 一寸豆 
蕗の薹ぬた和え 干し子










f0189142_1305120.jpg
立派な塗りのお椀は、蟹真丈白味噌仕立 金時人参 鴬菜 蕪 柚子








f0189142_1342685.jpg

向附は、白身 伊勢海老 鮪 烏賊 造り醤油と味噌醤油で








f0189142_1392582.jpg

焼物は、のどぐろ柚庵焼 姫大根味噌漬 はじかみ 味噌納豆









f0189142_13165125.jpg

進肴は、もち豚湯葉包みべっこうあん
こうゆうモチモチっとしたの大好き♡








f0189142_13263552.jpg

炊合は、蕪 子芋 南瓜 棒蟹 菜種 振り柚子








f0189142_13324720.jpg

御飯は、鯛赤飯に芹 
止椀は赤味噌仕立 新海苔











f0189142_13364215.jpg


果物は、杏仁苺












期待に違わず大変結構なお料理でありました♡
量は多すぎもせず、少なすぎもせず、丁度お腹いっぱいの満足感であります。
お雑煮はたぶん元旦の朝に出たのかしら...?
なんとなくお餅の料理が出るのかなと思っておりましたが、これまたお目出度い鯛のお赤飯で新春をお祝いいたしました。

仲居さんが茶目っ気のある方で、気さくに私たちの質問にユーモアを交えながら答えてくださいました。
お部屋のタイプは色々ありますが、お料理の内容は全室一緒で、違う所といえばちょっと器が良いものだったりするだけだそう^^;

温泉の質も良いんでしょうね..、翌朝起きてみたらなんだかお肌もツッルツル。
二泊して帰る日には更に実感でしたもの◎

さあ明日は箱根駅伝を応援しに行きましょう!!
f0189142_141722100.gif

ランチは箱根ハイアットリージェンシーに行ってみましょうか♪
f0189142_2323285.gif

ご馳走漬けになりそうだから、温水プールでも泳ごうっと^^v
f0189142_16532396.gif

それから岩盤浴のスパも予約しといたから...アレ〜結構忙しいじゃないですか〜
f0189142_1761691.gif








[PR]
by jackie-style | 2009-01-21 00:04 | 国内(旅館) | Trackback | Comments(0)

強羅花壇2








f0189142_13353779.jpg



季節が良ければこの長い柱廊のサイドの扉はオープンになるようです。










f0189142_13523665.jpg

この先に貸し切りの露天風呂があります。










f0189142_13493969.jpg

露天の横にはミストサウナも。







お風呂に浸かっていると、木立の向こうに登山鉄道がときおり車輪の音を響かせながら登っていきます。
f0189142_143249.gif少し冷たい風が頬をなでていくのも暖まった身体に心地良くて、露天は最高!









f0189142_1472726.jpg

夕刻が近づくと松明に灯がともります。







f0189142_1492487.jpg



f0189142_14114328.giff0189142_1412838.giff0189142_14122573.gif










f0189142_14155661.jpg


お風呂上がりにはこのサロンで冷たい飲み物がサービスされます。










f0189142_14172884.jpg

中にはライブラリーやマッサージの部屋も。







f0189142_14211469.jpg


私たちはハーブティーをいただきました。









眺めの良いテーブル席が幾つかあるのですが、お正月休みとはいえ、受験や塾のための宿題をやってる(やらされてる?)お子さん達に占領されてました^^;

私もかつての経験がありますから、お気持ちは十分お察し致しますです。









f0189142_1429569.jpg


またこの柱廊を渡ってエントランス方向に戻っていきます。









f0189142_14334558.jpg







f0189142_14353232.jpg


お部屋に戻る途中にも、お正月の飾り付けがそこかしこにあって目を楽しませてくれます。




f0189142_14532881.gifさあいよいよ元旦の懐石料理をいただきましょう!


f0189142_14555749.gifつづく











[PR]
by jackie-style | 2009-01-15 14:57 | 国内(旅館) | Trackback | Comments(2)

強羅花壇





今年は日本でゆっくりお正月を過ごしたいという主人の希望で(海外は疲れるそうな^^;)
大晦日は我が家で年越しでした。
初めて頼んだお節料理をつつきながら(来年はもう買わないなー×)、ゆっくり紅白歌合戦を鑑賞する...はずでしたが、なぜか途中でKBSテレビの韓国恒例の大晦日に生でやるテレビドラマ授賞式にあっさり変わり、韓国語全然分からないのに、出てくる俳優さんや女優さん達が素敵でずーっと観ちゃいました!!

元旦からは、二泊で箱根の強羅花壇に泊まってきました。
去年の10月頃にお電話した時は、予約で満室との事だったんです。取りあえずキャンセル待ちを入れたんですが、リストでは私たちの前に既に16組程いらっしゃるそうで、あーこりゃ全然無理だろうとあきらめていました。
ならば都心のホテルにしようかとコンラッドHに変更、すっかり忘れていた12月半ば過ぎに、強羅花壇からお電話がありました。
カテゴリーは一番下になるが(露天風呂無しで檜の内風呂の部屋)空きが出たとの事。もちろん二つ返事でOK! やっぱお正月は日本料理で温泉っしょってことに♡
それにしても16番目なのにね〜って、これも不景気のせいなのかしらん?





f0189142_23471958.jpg

強羅の駅にはメルセデスのS550でお迎えの車が006.gif









f0189142_2358923.jpg








f0189142_23584967.jpg









f0189142_012617.jpg


エントランスから打水も清々しく
つくばいにはさり気なく椿の花が..。



新年を寿ぐ華やかなしつらえがあちこちに本当にたくさんありました。
センスの良さと細かい気配りに初めから魅せられます。



↓はエレベーターの中の飾り





f0189142_0132275.jpg











f0189142_0133033.jpg






f0189142_013474.jpg

こちらはお部屋の中です。




f0189142_014352.jpg
この花びら餅、上品な甘さでしたわ◎











家族風呂の予約を仲居さんが取ってくれたので、夕食前に早速露天風呂で温泉三昧することに..^^v



f0189142_0351918.giff0189142_0353963.giff0189142_0355250.gif  つづく










[PR]
by jackie-style | 2009-01-12 00:41 | 国内(旅館) | Trackback | Comments(0)

銀座「小十」

明けましてお目出度うございます。f0189142_19225982.gif

f0189142_1927718.gif今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


今年のお正月は久しぶりに日本の温泉旅館で過ごしてまいりました。
お天気にも恵まれ、まったりと温泉に浸かり、お節料理も堪能して、良いお正月でございました!
そのお話しはまた追々にいたしますね...。




今回は、昨年のクリスマスに訪れた銀座「小十」のお料理を忘れない内にUPしておきま〜す。


Christmasの日は、丁度Foxeyにも用事があったので、先に青山のお店に寄りました。

3階に降りると、お肉の香ばしい匂いが漂っていて、X'masという事でなんとチキンを焼いてサービスして下さいました!

f0189142_20174578.gifケーキもとっても美味しかったです。

夜の食事のために、お昼は軽くと思ってたので、これでちょうど良かったくらい◎





f0189142_20123073.jpg






f0189142_20125427.jpg






f0189142_201353.jpg












銀座の「小十」は初めてでしたし、目立つような看板も何も無いさり気ない入り口でしたから、ちょっと分かりにくかったです。


f0189142_20275821.jpg








f0189142_2031763.jpg

カウンター席の予約でしたが、前のお客様がまだ食事がお済みでなかったので、先に個室の方で待つように計らって下さいました。
この部屋ともう一つ6人位が入れる少し大きい部屋の2つが個室になっていて、あとはカウンターの6人席のみで、全部で16席だそう。








f0189142_21261964.jpg

まず付出しは北海道産たらば蟹と若布酢ジュレ








f0189142_2134339.jpg


車海老、アワビ、いくらなどのみぞれ和え
どの素材も素晴らしいですが、とくにいくら!
こんなに弾けるような弾力のある新鮮ないくらは...♡








f0189142_21493838.jpg









f0189142_215058.jpg



海老真丈のお椀









f0189142_21575725.jpg

店主の奥田氏の庖丁さばきが見れるのも、カウンター席ならではですね!











f0189142_2215035.jpg

店名は、陶芸家西岡小十氏の名に由来するそうです。
(この器ではないかもしれませんが...可愛い器なのでパチリ)

そうそう、
カウンター席でしたので、デジカメの撮影は最初に奥田氏の
了解をいただきました。












f0189142_2275486.jpg


大間の鮪、鳴門のあおり烏賊、淡路の鯛だそう。

このあおり烏賊、厚みがあってとっても柔らかく、甘い!
うっ美味いー!










f0189142_22152494.jpg

静岡産夢咲牛の炭火焼き
柔らかくてジューシー!







f0189142_22224341.jpg


海老芋、蕪、穴子の炊き合わせ









f0189142_22294935.jpg
この日の炊込みは、カラスミと鯛のご飯

わざわざ写真のために、2回もポーズを取って下さいました♡










f0189142_22315263.jpg








f0189142_22339100.jpg



デザートのほうじ茶のプリンは、ほろ苦くて大人のお味





お土産まで頂戴して、奥田店主、本当に有り難うございました!

さすがの3つ☆、全てを堪能させていただき、大満足致しました012.gif



いや〜それにしてもクリスマスの8時頃の銀座って、凄いんですね〜!
並木通り、すずらん通りのような裏通りを歩いてたら、それはそれは美しく着飾った夜の蝶々さん達がヒラヒラと舞うようにたくさんいらっしゃるじゃありませんか(驚愕)
この日はやっぱり普段以上に気合い入るんでしょうかね....?
どの方も美しいー!!
お召し物が違うのはもちろんですが、ヘアスタイルも特徴ありますよねー!
アップっていうより、アップの3乗ぐらい!アップアップドアップ!!!
ハーッ凄い迫力でありました049.gif












[PR]
by jackie-style | 2009-01-03 23:19 | レストラン | Trackback | Comments(2)