カテゴリ:国内(ホテル)( 18 )

シャングリ・ラ ホテル東京 -2

f0189142_1872720.jpg


お部屋はデラックスベイビューにUG。



f0189142_188396.jpg




昼食をいただいたロビーラウンジでもそうでしたが、ナプキンがパリっと糊が効いていて真っ白でとても清潔感があります♪





f0189142_1893141.jpg























f0189142_18111931.jpg





このスリッパがフカフカで履き心地が良かったですね。




f0189142_18123053.jpg










f0189142_1814883.jpg




f0189142_1816139.jpg
f0189142_1818883.jpg




革張りの時計。サイドテーブルの引き出しのプリングも革。女性には嬉しい時計やアクセサリーの小物入れも革。
部屋全体のインテリアや細部にも高級感があって悪くありません。





f0189142_18233734.jpg
















f0189142_18253916.jpg



これはちょっとお洋服を掛けておくハンガーと時計やキーを入れるトレイが一緒になってるスタンド。ビジネスステイの方には重宝するのかしらん?
私達は使いませんでしたが。






f0189142_18273115.jpg



バスアメニティーはロクシタンで、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローションのセットです。
VOSSのミネラルウォーター。
引き出しの中には、mouth washや、wild rose,jasmine,chamomile3種類のBath saltが常備されてました。

右側の壁に埋め込まれたTV。



f0189142_18291416.jpg








f0189142_18303787.jpg




寝室側から見た浴室です。
バスタブの隅にはタオル地のヘッドレストも置いてあります。




f0189142_21151494.jpgf0189142_21175264.jpgf0189142_2118761.jpgf0189142_21182116.jpgf0189142_21192016.jpg












茶器セットも素敵です。
グリーンティー以外にオリジナルヒマラヤンブレンドティー(Black Tea)がありました。

























f0189142_21204197.jpg




f0189142_21225971.jpg





ディナーはイタリアンレストラン「Piacere」で。






f0189142_21302742.jpg




箸置き入れみたいな木箱の中に温かいおしぼりが入ってます。







f0189142_21315012.jpg




ワインはクロード・ドュガの2006年ジュブレイ・シャンベルタン。



f0189142_2133930.jpg

パンは無花果とオリーブ入り。もちもちしててなかなか美味しかったです。




f0189142_213415100.jpg


アミューズで最初に運ばれたのが、アボガトのムースと蟹のサラダのトマトカップ入り。
「あれっ??う〜〜ん、、もしかして・・」
なんだか悪い予感が・・・。






f0189142_21382640.jpg
前菜に選んだのは、ポテトクリームに雲丹とキャビアのサラダをのせて海老のフォーム仕立て。
メニューを読んだ時には期待していたんですけどね〜。
キャビアがえっこれだけ?でしたし、海老のフォーム自体が何の香りも味もなくて邪魔なだけ!
下の方にこれまたほんのちょっとのスープが入ってたんですが、雲丹は一体どこにあるの?
シェフ忘れたのかしら??

それにしても泡好きみたいです。。















f0189142_21365572.jpg


来ました来ました!
イタリアンレストランですものね〜、パスタで勝負してもらいましょう!
フィレンツェ風のタリオリーニ、トリッパと手長海老のソースだそうです。
はあ〜〜、なんともぼやけた味。。。全然インパクトがありません。(悲)


f0189142_21423020.jpg



3種のフォアグラセレクション。
グレープフルーツの蒸焼き。ブリュレとパッションフルーツソース。ピスタチオを纏ったポワレ。
グレープフルーツの蒸焼きとフォアグラの味がてんでバラバラに主張してて合わせた意味が不明!
ピスタチオの方はフォアグラ自体が美味しくありません!













f0189142_2144849.jpg



リボルノ風魚のスープ。
材料は良いのにスープが美味しくないどころか、ちょっと機械油っぽいような・・・。
どうしてこうなるの・・?不思議だ!



それからテーブルウェイターのサービスがごちゃごちゃしてるようで、別々に何度も同じオーダーを取りに来たり。



f0189142_2145164.jpg







ホテルのメインレストランとして今後に期待したいところです。











f0189142_2149163.jpg




このパジャマ、くにゃっとした柔らかな肌触りでとても着心地良さそうでした◎
VOSSのお水もベッドサイドに。

翌朝は
[PR]
by jackie-style | 2010-03-31 08:12 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(4)

シャングリ・ラ ホテル東京 -1

f0189142_21171048.jpg


昨年末に宿泊したのは、こちらのホテル。
「シャングリ・ラ」とは、英国の作家ジェームズ・ヒルトンの小説「失われた地平線」に登場する理想郷のこと。
ちゃ〜んとその本「Lost Horizon」が革の装丁で、ナイトデスクの中にしまってありました。






f0189142_21154265.jpg





ほとんど東京駅直結といってもいいロケーションの良さは、ポイント高いですよね〜◎
37F建て「丸の内トラストタワー本館」の最上階11フロア部分にホテルが入っています。
これはそのエントランス1階エレベーターロビー。


















f0189142_21243538.jpg




そこかしこに飾られてるシャンデリアの豪華さにまず目を奪われます!




f0189142_21213411.jpg








f0189142_21225483.jpg


「ザ・ロビーラウンジ」の中のシャンデリアは、良く見るとイチョウの葉の形。これは東京都の木に選定されていることに因んだそうですよ。




f0189142_21363175.jpg




「アジアンスペシャリティー」というフェアーがあったので、ランチはこちらでいただく事にしました。
まずは泡で乾杯!

このロビーラウンジは「アフタヌーンティー」が有名らしく、これをお目当てのお客様でテーブル席は満席、かろうじてカウンター席の端っこに座れました。

















f0189142_2135958.jpg




真っ白な糊の利いたナプキンやピカピカに磨かれたカトラリーが、きちんとした高級感を醸し出してくれます♪








f0189142_21474843.jpgf0189142_21383489.jpg



















「マレーシア風炒め麺」はシーフードと卵入り。
「ナシゴレン」はローストチキン入りの目玉焼き乗せ。
「ソト アヤム」というスパイシーチキンブロスのスープ。

本格的なお味で、どれもとっても美味しかったです♪















f0189142_21411263.jpg


ジャーマンカモミールの紅茶ですっきりと。






















f0189142_21432192.jpgf0189142_21443792.jpg






















お部屋に戻る途中に覗いたのは、今夜のディナーを予約したレストラン「ピャチェーレ」。
雰囲気は良さそうですね。。
さてお味は如何でしょうか、、楽しみです。











f0189142_2158239.jpgf0189142_21591997.jpg



















階段吹き抜けにもスダレのように垂れ下がったシャンデリアがキラキラと煌めいています!

3月にオープンしてから一度は泊まってみたかったのですが、特に評判の良いスパ「気」を利用して
みたいと思ってました。
それと個人的にプールがあるのが嬉しいホテルです♪
マンダリンオリエンタルホテルは大好きなホテルなんですが、あそこはプールが無いのが私的にはちょっと残念なんですよね〜。。
食べ過ぎてもプールで泳げばカロリー消費できるし、プールサイドのまったり感も好きなんです♪

マンダリンオリエンタルはプールが無いかわりに、スパの中のバスエリアが良いんですよね◎
フロアから天井まで一面ガラス張りになっているので、ジェットバスに入っていてもドライサウナの中からも、眼下に広がる東京の景色を眺望できるんです!
気持ち良いですよ〜〜♪
サウナの中から窓の外の景色を眺められるって他に経験ないな〜!
(主人はこの時たまたまイッコーさんとお風呂一緒だったんです! どんなだった?って聞いたら、普通のおじさんだったですって。^^;)


シャングリ・ラのお部屋はまたこの次に。

おまけ
[PR]
by jackie-style | 2010-03-01 12:21 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(10)

ホテルリッジ&ポンテベッキオ

前の晩あんなに美味しいご馳走をたくさんいただいたのに、一夜明けて目覚めたら悲しいくらいもうお腹が空いてますです(^^;)
またもやリムジンで向かった先はホテルダイニング。
この建物は、昭和初期に建てられた旧三井家の別荘を箱根小涌園から移築したものだそうです。
広い畳の和室にテーブル席が並んでるのですが、違和感なく、椅子のデザインも色もシックで見事に調和していました。
f0189142_17432257.jpg

目にも楽しい12の小皿がいきなり運ばれます!
鯛味噌がとっても美味しくて、これもお土産に買ってかえりました。


f0189142_17433572.jpg

ご飯かお粥をお好みで選べます。写ってませんが、おみそ汁はしじみでした。
鳴門の天然小鯛の塩焼きに酢橘を搾って、ご飯が進みますぅ(はふはふ...)
シラスチリメンに鳴門若布も新鮮!
コーヒーも熱々でよろしかったです。

朝の日の光にキラキラと輝く鳴門海峡を眺めながらの朝食。
それは格別の美味しさでございました。

和食が続いたら洋食も食べたい!
[PR]
by jackie-style | 2009-08-21 15:28 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(4)

ホテルリッジ&古今「青柳」

f0189142_17445091.jpg

鳴門海峡と大鳴門橋を見下ろす小高い山の頂上に、鳴門パークヒルズはあります。
その7万坪の広大な敷地に点在するのは、「ホテルリッジ」、カジュアルレストラン「カリフォルニアテーブル」、料亭「古今青柳」の3つの施設のみ。
なんと贅沢なロケーションなのでしょう!

f0189142_1745349.jpg

そしてホテルリッジの部屋数はたった10室、和室4室と洋室6室だそうです。

屋根を渡した長い回廊から、一つ一つの部屋への入口へと横に入っていきます。
写真上部真中が、玄関口です。ずっと奥に庭が見えませんか?(クリックすると見え易いかも)
右隣の写真が、その庭側から入口扉を写したものです。
そう、かなり細長く縦に延びた平屋の造りです。

部屋はフローリング仕上げで、濃紺と黒を基調にした落ち着いた色合いの部屋でした。
窓からの眺めは、始めの写真の通り、大鳴門橋が真ん前に見えます。

f0189142_17451893.jpg

左上は、バスルームからお部屋方向を覗いたところ。
右下は、お風呂上がりに涼めるテラスデッキ。

f0189142_17453026.jpg

可愛い下駄が揃えてありました。鼻緒は徳島名産の藍染めでしょうか?
冷蔵庫の中には、やっぱりオロナミンCが入ってますね。(笑)
鳴門パークヒルズは、大塚製薬が開発したリゾートなのです。
バスアメニティーはロクシタンでした。

f0189142_18181225.jpg

今回一番の楽しみだったのが、古今「青柳」で小山裕久氏のお料理をいただくこと。

で、ホテルから青柳まで、な、なんとリンカーンのリムジンが送迎してくれます。
ゆっくり走っても数分で着いてしまうんですが、そこは雰囲気といいますか、お贅沢気分を一気に盛り上げて、いやが上にも期待が増す憎い演出でございましてよん(^^)V

着いた所は、打水も清々しく、数寄屋造りの建物が凛と佇んでいます。
ここは全部で4室あるそうで、私達は洋室の個室に通されました。

f0189142_191022.jpg

写真左上から順に、
先附は、大根、もやし、白アスパラ、セロリ、鮑の5種の千切り。

刺し身は、もちろん鳴門の鯛、吉野川の海苔、よこわ(黒鮪の幼魚)。

酢の物は、鯛皮、紫蘇、ハラミ、ポン酢、大根おろし。

椀は、車海老しんじょ。

八寸は、車海老に若布、枝豆と林檎、鱧の骨の素揚げ、無花果の胡麻和え、ピータン、鯛肝の佃煮、素麺南瓜、シラスの佃煮ピーマン入り。
丸い形にしてあるピータンが絶妙に美味しかったです。食べやすいようにピータンを細かくして何かと和えてあるみたい。。。
シラスの佃煮はご飯に振り掛けて食べたくて、お土産にしてもらいました。

鮨は、いぼ鯛。脂が乗ってるのに、さっぱりしてる!美味しかったです。

鳴門鯛の兜焼き。
ところで、「鯛の鯛」ってご存知ですか? えらの辺りの小骨が丁度“魚の形”になってて、きれいに食べ尽くすと出てくるんですが、この小骨のことを、「鯛の鯛」と呼ぶのだそうです。

煮物は、南瓜、賀茂茄子、里芋、鴨肉。鴨肉が絶妙に柔らかくてさすがの仕上がり。

〆は、天然うなぎと香の物。皮をパリッと焼き上げてありました。

鯛を知り尽くした料理人の腕による“鯛尽くし”。
鳴門金時や蓮根に酢橘等、徳島名産の地の物も堪能させていただきました。
基本はダシの味、そして天然の素材の良さでしょうか。
本当にどれもこれも美味しゅうございました。

そして器がまた素晴らしくて、これはもうそれだけで目を見張りましたし、楽しませていただきました。

全てにおいて日本料理の真髄を味わえた気が致します。

f0189142_03839.jpg

デザートは、メロンとゼリーにアングレーヌソース。
阿波三盆糖に番茶ゼリーと白玉。

若女将(左端の方)も揃っての丁寧な見送りを受け、最後の最後まで心配りの行き届いた、これぞまさに「日本の料亭」ともいうべき素晴らしい持成しに、大満足の夜でありました。

そうそう、東京でも「青柳」のお料理がいただけるんですよ。場所は虎ノ門です。

この後、大分夜更けてはいましたが、源泉掛け流しの温泉で、潮風に包まれながらの露天風呂も満喫することができました♪


つづく。。。
[PR]
by jackie-style | 2009-08-15 19:44 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(2)

コンラッド東京3






f0189142_1214763.jpg






f0189142_1221826.jpg







f0189142_123246.jpg

ゴードン・ラムゼイのディナー。

先ずアミューズブーシュは、トリュフを散らしたクリームチーズ。
これは好みのお味だったので先を期待したんですが...。










f0189142_1244789.jpg

一番美味しかったのは、パン!!
って言っても良い位美味しかったです。
ケシの実、全粒粉、ライ麦のパンとロアールのバターは◎









f0189142_12181632.jpg

白いんげんのスープ。トリュフを浮かせて。









f0189142_12251587.jpg

フォアグラと豚バラ肉のテリーヌ林檎のキャラメリゼと共に。
うーん、これはいまいちでした。
フォアグラと豚バラ肉を一緒にした意味が何も感じられず、3つの味がバラバラな印象で残念。








f0189142_1234537.jpg

真鯛のポワレ。
下に南欧野菜とハーブニョッキのソテー。
ズッキーニのピューレ タプナードのヴルーテと共に。
お魚がちょっと焼き過ぎでパサパサだったのと、ソースとのコンビネーションが?








f0189142_12425695.jpg

こちらは主人が選んだ鶏胸肉のロースト。
根セロリのラザニア仕立て ジロール茸のピクルス ほうれん草のソテー添え。
フォンドボーのビネグレットソースとレモンタイムのヴルーテと共に。
私はいただいてないので分かりませんが、主人も特別には何も語らずでしたわ〜。。。







f0189142_12501863.jpg

シャンパンとマンゴーのパルフェパイナップルのグラニテと共に。









f0189142_12535413.jpg

デザートは、この他にプレデザートでクレーム・ブリュレが出ました。








f0189142_134891.jpg



選んだワインはアルザスのツィント・フンブレヒト
これは美味しかったです◎











f0189142_13212039.giff0189142_13214499.giff0189142_132221.giff0189142_13225752.gif


f0189142_13251494.jpg

一夜明けてまぶしいくらいのお天気♪









f0189142_13255996.jpg








f0189142_13262728.jpg









f0189142_13273589.jpg

朝から主人はステーキを別オーダー^^;
昨日のディナーが物足りなかったせい?







f0189142_13275859.jpg








f0189142_13282012.jpg







f0189142_13362241.jpg







朝食後、前日チェックインが遅くて行けなかったスパへ急ぎます。



f0189142_1339026.jpg








f0189142_13393615.jpg







f0189142_13505433.jpg








f0189142_1351208.jpg


プールは明るくてとても気持ちが良かったんですが、上の階にあるジムからガラス越しにプールを見下ろせるようになっていて、泳ぐのはちょっと勇気がいるかな〜(汗)。
この日はプールよりマシーン使ってる客の方が多かったです。


去年のGWにペニンシェラHに泊まったんですが、あそこのプールも皇居外苑と日比谷公園を眺められ、バルコニーもあって、とても気持ち良かったのを思い出しました。
丁度、君○十○子ファミリーがいらしていて、お嬢ちゃん二人と遊んでらしたんですが、ぜったいお顔を水に浸けないんでびっくりしました。やっぱり美容を考えての事でしょうかね!?
抜けるような色白でらっしゃいましたわん♡
主人はあの顔で隣に寝てたらびっくりするだろうなって言っとりました。目開けてたら飛び起きちゃうかもって...バカでしょ!







f0189142_14221334.gif

[PR]
by jackie-style | 2009-03-10 00:05 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(2)

コンラッド東京2





今回、コンラッド東京に泊まりたかった理由の一つは、去年6月の来日でヨン様が宿泊されたホテルだったって事もちょびっとあるでしょう〜*^^*
同じ景色を眺めてみたくって...(見てどうなるって訳でも無いんですが..ハイ)。

実は、私が時々拝見しているヨン様ファンの方々のブログの一つBYJテーマパーク
は、“好き〜っ”ていう気持ちが溢れんばかりで、もうここまでくると頭が下がります!
熱い想いが伝わってきて、人を好きになるって素晴らしいものだわ〜と感心したり、こちらまで癒されたり♡


えー話がまたまた逸れていきそうですわね^^;
ラウンジ、ラウンジです!




f0189142_2310894.jpg



サパータイムは6時からと聞いてましたので、15分過ぎ位に行ってみました。
が、時既に遅しで、ほぼ満席!
その上、お料理もほとんど残ってません!
写真のクッキーとチョコレート、豆のお料理、それにコロッケを半分に割ったもの、メロンのスッゴク小さなポーションに生ハムを乗せたもの、私たちが目にしたのはそれだけでした。(ショボイ)
サーブする女性スタッフが小皿を運ぶ度に、客がワーっと群がって、あっという間に無くなっちゃいます。(苦笑)










f0189142_002236.jpg


料理はこのカウンターの上に並べられてるだけで、種類も量も全然少なすぎでした。
ドリンクは、初めにスタッフがオーダーを聞いてきたので、シャンパンを頼んだんですが、特別銘柄を聞く気にもなれないものでした。赤・白のワインもソフトドリンク類も自分で自由に好きなだけ飲めますが、何しろ落ち着いていただける雰囲気では無かったので、そうそうに部屋に戻ってきてしまいました。このラウンジ、眺めもシティ側でしたし、テーブル席の間も狭かったです。

これなら、バー&ラウンジの「トゥエンテイエイト」でトワイライト・インスピレーションを頼んだ方が絶対良かったと思いました。眺めもベイビューですし、ゆったりしていて雰囲気も良く、アルコール類もフリー&タパス料理付きで、男性が5000円、女性が4250円だそう。








f0189142_0384143.jpg







f0189142_0385838.jpg


ターンダウンされたお部屋に戻ったら、こんな可愛いクマちゃん達がベッドに置いてありました♡






ゴードン・ラムゼイのディナーに期待しちゃいますわよね、こうなったら!














[PR]
by jackie-style | 2009-02-25 11:11 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(2)

コンラッド東京




Sunnyさん、お待たせ〜っ!006.gif

えー、まず泊まったお部屋の名前は、ベイビューエグゼクティブスィートっちゅう長ったらしいやつです。(もうなんか始めから怒りモード?)
36〜37階のエグゼクティブフロアにある、72㎡の広さでベッドルームとリビングがセパレートな浜離宮&お台場側のお部屋です。

結論から言えば、お部屋もビューも◎でしたが、エグゼクティブフロアにする必要は全然ありませんでした!
なぜならこのフロアのみで利用できるラウンジが全くの期待外れでしたから×
それに関しては、また後程説明致しましょう。

夕食と朝食付き、7日前のアドバンスパーチェスの割引を使っても2名で9万8100円(飲み物や、スパ・プール利用料はモチ別途追加)。
朝食のみであれば、8万1000円でした。
夕食は、一つ☆のゴードン・ラムゼイでいただいたんですが、これも今一つでしたわ(シクシク)。

ですので、今ホテルが出してるスペシャルプラン「ヒルトン彩発見」のベイビュースィートルーム(72㎡、30階以上)朝食付き45%OFF2名で4万円台の値段は、本当に安くてお得ですし、これで充分だと思います◎(私はガ〜〜〜ンとショックでありますけどね..怒)。

何もエグゼクティブフロアに拘る必要無いですし、夕食も縛られない方がベストかと^^;
(⇒フレンチだったら、すぐ側にパークホテル45F「タテル ヨシノ汐留」もありますし)。



f0189142_16373350.jpg







f0189142_16395813.jpg
1階のエントランス










f0189142_16422643.jpg


ここが28Fのフロントロビー。この階にレストランが全て揃っています。


う〜ん、ホテルに来たぞーっていう、ワクワクするようなトキメキ感にちょっと乏しいかな〜。。。










f0189142_1716460.jpg

お部屋に入ってすぐの眺め








通ってるジムのスタジオでどうしても出たいエアロがあったため、チェックインが遅くなって、5時過ぎでした。
エアロ歴長いんです、これでも...^^;
あっ、笑ってません?





f0189142_1724894.jpg







f0189142_1724374.jpg







f0189142_17251664.jpg








f0189142_17253443.jpg








f0189142_17255626.jpg

コーナーテーブルの上はアロマキャンドル、下はドライヤーの入った袋。









f0189142_17304290.jpg
このライティングかなり明るくて良かったです。









f0189142_17324864.jpg

アメニティーは資生堂








f0189142_17344391.jpg
シンクのフォルムは美しいのですが、浅いので、どうしても水が飛び散りますよね。







f0189142_17363365.jpg








f0189142_17403061.jpg









f0189142_1741149.jpg


ソウルのWホテルでもあったな〜金魚さんとか....。











f0189142_1746486.jpg


アイロン台入ってました。
マンダリンはヨガマット置いてありましたっけ。










f0189142_17455574.jpg









f0189142_17462237.jpg








f0189142_17525153.jpg

癒し系のコンピレイションCDを聞きながら...







f0189142_17544099.jpg

ウェルカムショコラをいただいて...









f0189142_17502688.jpg


窓の外を眺めれば、イルミネーションされたレインボーブリッジ♡
手前の暗い所は浜離宮。








あ〜〜〜っ、爆裂踊ったからお腹空いた〜〜!!
8時に予約のディナーまでもたないから、行きました、ラウンジへ、、、つづく。


PS> 今「一休」で見たら、このプラン、ゴールデンウィークの最中でさえ、3万8650円〜4万1950円で泊まれるみたいですぅぅうう(号泣)












[PR]
by jackie-style | 2009-02-19 18:55 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(2)

SCAPES @葉山




雑誌で見て素敵だな〜と思い、是非泊まりたかったホテルは葉山にあるscapes スケープスです。
たった4室だけのコンパクトデザインホテル。
葉山の海がすぐ目の前にひろがり、都心のホテルには無いリゾート気分が味わえます。



f0189142_0373625.jpg
ホテルエントランス


実は、夕食を「日影茶屋」で取ったため、チェックインが遅くなってしまいました。






f0189142_0462939.jpg








f0189142_0482162.jpg


















一階にあるレストラン

この日は結婚式があって、クローズされてました。
そうこのホテルには結婚式場が併設されているのです。




f0189142_0564098.jpg







f0189142_125566.jpg

お部屋はサックスブルー、マンダリンオレンジ、エバーグリーン、メープルローズと4色に分かれ、私たちはメープルローズに泊まりました。
広さはブルーが95㎡,オレンジが64㎡,グリーンとローズが52㎡になっています。









f0189142_119479.jpg







f0189142_2332623.jpg








f0189142_1252425.jpg







f0189142_23403840.jpg




Bang &OlufsenのCDプレーヤー&アップル iPod







f0189142_1285129.jpg


Sony ブラビアTV&ヤマハのスピーカーシステ厶







f0189142_015124.jpg


ヘアードライヤーはamadanaでした。








f0189142_021983.jpg


イッタラのグラス







f0189142_03680.jpg









f0189142_035191.jpg

molton brown (英)のバスアメニティー
 









f0189142_0114073.jpg



赤いビーチサンダルが可愛いでしょ!









f0189142_1133326.jpg

フィリップスのコーヒーメーカー、Russell Hobbsのポット、引き出しの中にはRosendahlのコーヒーカップも入ってました。









f0189142_034210.jpg

翌朝はあいにくの曇り空
お天気だったら、富士山もくっきり望めます!








f0189142_0475482.jpg

朝食はこちらのテラスでいただきました。









f0189142_0492486.jpg









2008年10月からオープンしたANNEX。
プライベートトレーニングのために、アスレティックトレーナーが付いて、ヨガ、サイクリング、ジョギング等のサポートシステ厶を始めたそう!


f0189142_0564538.jpg






f0189142_0565971.jpg





以前はソニーの保養所だった所を、ウェディングサービスの会社が買い取ったそうです。
泊まりたかったサックスブルーのお部屋は、結婚式の新郎新婦のための予約が最優先のよう..。

お値段はとてもリーズナブルでしたし、スタッフのサービスも電話での予約の時点から感じが良かったです◎

都心からわずか一時間で、海を望むこんなオシャレなお部屋に泊まれるんですから、是非また利用したいと思いました。今度は夏の葉山もよろしいかも....。

scapes











[PR]
by jackie-style | 2008-11-28 01:49 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(0)