カテゴリ:海外( 179 )

「Casa Tua Hotel and Restaurant」@Miami-2015 Summer Vacation-2

サンフランシスコから約6時間弱で到着したのはマイアミでした。
SFOを出発したのが午後の2時でゆっくりだったため、マイアミ国際空港に着いた時には現地時間で夜の11時になっていました。
ホテルにチェックインした頃には、すでにホテルレストランは終わってしまい、簡単なメニューでよければと即席で作ってくれたのがこちらでした。



f0189142_18222862.jpg





ツナの一口サイズ、チーズと生ハムを挟んだパニーニ、そしてローランペリエのウェルカムシャンパン♪
シェフ自らが運んできてくれたのですが、イタリア人の超イケメンシェフでした〜♪

そう、このホテルはとってもこじんまりとした「Casa Tua」(音が入ります!)ホテルです♪

なぜにマイアミ?
そしてなぜにこのホテル?かといいますと・・・

今回の旅の目的地まで、サンフランシスコから乗り継ぎで直行できない訳ではなかったのですが、主人が今まで行った事のないマイアミを是非見てみたいというので。。

そしてもう一つの大きな理由は、私が好きなイタリア人インテリアデザイナー、Michele Bonan氏がデザインしたホテルがこの「Casa Tua」だったのです♪
去年の夏旅で、ローマで泊まったホテル「Portrait Suites」をデザインしたのも彼でした♪
「Portrait Suites」だけでなく、彼が手がけた他のホテルの作品を実際に見てみたい、泊まってみたいと思っていましたので、丁度良い機会でした♪
彼の作品としては大分以前のもののようでしたが、、彼らしいテイストを十分に感じることができました♪
別荘のインテリアの参考になればいいな。。。










f0189142_18183243.jpg







気持ちのよい翌朝、お部屋から降りると、そこには前庭があります♪
昨晩遅く到着した際にも、テーブル席がまだ賑わっていたお庭です。






f0189142_18201364.jpg







お庭から入ってくると、左手に厨房とロングテーブル。
写真手前の右側がメインのレストランになります。





f0189142_18211120.jpg














f0189142_1822185.jpg







朝一番のゲストは私達だけのよう。。






f0189142_18231662.jpg







たくさん写真を撮りたくなってしまいます♪






f0189142_1828298.jpg







奥のアーチをくぐると別のお部屋が。。




f0189142_18303125.jpg












f0189142_1836311.jpg






サンルームのような明るくて居心地の良さそうなスペース♪





f0189142_18333993.jpg







ミニバーコーナーもありました♪







f0189142_18392879.jpg







こちらはレストラン入り口の正面にある階段で、お二階はクラブラウンジになっています。
昨晩の到着時最初は、クラブの方で軽いお食事にしましょうか?と案内されたのですが、行ってみたら、中は大音量のラテン音楽の生演奏、ぎゅうぎゅう詰めのゲストが踊りまくっていて歌いまくっていて、それはそれは凄い熱気でした!!
落ち着いて食事をしたかったので、結局お部屋に運んでもらったわけです。。

後で、写真だけでも撮っておきたかったと思ったくらいの盛り上がり様。。。
マイアミっぽかったなぁ〜♪
ホテルのHPの「The Club」の写真を見れば、その雰囲気がわかると思いますよ〜♪






f0189142_18403573.jpg







一通り写真も撮り終えたので、ゆっくり朝食をいただきましょう♪






f0189142_18411144.jpg







フレッシュジュースも、カプチーノも、フルーツ盛り合わせも、全部美味しかったです♪






f0189142_18421100.jpg







シェフ、ご馳走さまでした♪






f0189142_1843551.jpg







ボーナン氏はファブリックの使い方が本当に素敵です♪

薔薇の似合うホテル「Casa Tua」♪

お部屋の案内はまた次に。。。
[PR]
by jackie-style | 2015-11-04 20:33 | 海外 | Trackback | Comments(2)

「Loews Regency San Francisco」@SFO-2015 Summer Vacation-1

先日、早々とではありますが、来年2016年の夏のホテルを手配したら、宿泊料金と送迎費用の50パーセントのデポジットをいただきますと言われ、ビックリポンでした!!(笑)
いや〜強気のホテルが増えてますねー!!
確か2013年のお正月休み、年末年始に泊まったメキシコの「ローズウッドマヤコバ」もそうでした!
全額デポジットのうえに、3ヶ月前から100パーセントのキャンセルポリシーがかかると!!
今回2015年夏旅のホテルのうちの一つでも、半額とまではいかないまでも、予約の時点でかなりの割合でデポジット料金を支払いましたね。。

それが世界のホテルの潮流になりつつあるんでしょうかしらん??
なんでどす??
あ、これも朝ドラの受け売りですわ。。。(笑)
「あさが来た」・・・面白いですね〜♪
着物も綺麗。。
録画しておいて毎晩楽しみに観ております♪





さてと、今年の夏旅は、4カ所移動して、4つのホテルに泊まりました!
一番の目的地が遠かったために、他の3カ所はストップオーバーでのステイです。





f0189142_1715516.jpg







いよいよ旅の始まり。。。
まずはシャンパンでチアーズしましょ♪
羽田のさくらラウンジです。





f0189142_1751319.jpg








ガラーンとしてて、他にお仕事でのフライトと思われる先客が2組程しか見かけませんでした。。





f0189142_1773256.jpg






私たちは深夜便だったので、夕食をこちらで。
お皿に一杯あれもこれも取ってきちゃってますね。。(^^;)






f0189142_1783796.jpg







他にもお饂飩や、






f0189142_1793568.jpg








手まり寿司もありましたよ〜♪





f0189142_1715586.jpg







去年の夏、ヨーロッパに旅した際にも羽田のこちらを利用したのですが、生憎まだリニューアル中でした。
2014年の8月末に完成したそうで、その時は丁度出来上がる直前だったわけです。。

一番奥に赤いプレートがかかった部屋が見えますか?




f0189142_17174532.jpg





こちらがリニューアルの目玉といっていい、特別なお部屋になっていました!
食事が終わった頃を見計らって、スタッフがご案内しましょうと誘ってくださいました。








f0189142_17262665.jpg







ちょっとしたプチミュージアムのような造りで、「旅行」や「航空機」をテーマにしたコンセプトになっていました。






f0189142_17281635.jpg







この「Red suite」では、特別にローランペリエのシャンパンがいただけます♪






f0189142_15313840.jpg







日本酒もあります。






f0189142_17321688.jpg







古いトランクがショーケースに陳列され、モノクロの航空写真、その奥の部屋はゲーム台の置いてある部屋へと続きます。






f0189142_17333059.jpg







部屋の反対側には、






f0189142_17345039.jpg






地球儀や、飛行機のプラモデルや計器類、、






f0189142_17353258.jpg







マニアの人にとっては垂涎の嬉しい展示品なのでしょうね〜!






f0189142_17374370.jpg







このチェスやゲームで遊べる部屋の壁紙はよ〜く見ると、飛行ルートの描かれた綿密な地図になっていました!

他にも色々とサービスがあって、マッサージも受けられますし、
主人は、イギリスの名店、ジョン・ロブの靴のクリーニングサービスをしてもらいました。


時間が遅くなってくると、だんだんラウンジも混んできて・・・・中には大分足元がフラフラとふらついて出来あがちゃってる方もお見受けしたり・・・・いろんな方がいらっしゃっるんですね〜、今回は退屈しませんでしたわ。。
そうこうするうちに、ようやく私達も搭乗時間になりました。




f0189142_17405943.jpg







最初の目的地サンフランシスコまでは、9時間40分程。
深夜便だったせいか、Fクラスはなんと貸切でした!
4名のJALCAさん達の至れりつくせりのサービスが、私たち二人だけに集中して受けられるなんて滅多にない機会でございました♪





f0189142_1742457.jpg







お休み前のアラカルトから、「オマール海老のサンド」とSALONのシャンパーニュ♪






f0189142_17425834.jpg







主人は「醤油ラーメン」にローラン・ペリエ キュヴェ・ロゼのアレクサンドラ♪






f0189142_17482153.jpg







気持ち良く熟睡できました♪






f0189142_1749513.jpg







おめざは、日向夏とオレンジから作られた愛媛県オリジナルの品種「ひめのつき」♪





f0189142_17495275.jpg






スターターは、「フレッシュフルーツ盛り合わせ」
パンはメゾンカイザー






f0189142_17504026.jpg








メインは、「オムレツとソーセージ、温野菜、ハッシュドビーフソース」





f0189142_17515198.jpg







私は和定食で、「いさきの田舎煮、干し貝柱あん」などに小鉢添えでした。






f0189142_17523827.jpg







マカロンのオヤツもいただいて。。

久しぶりのサンフランシスコです・・・
[PR]
by jackie-style | 2015-10-19 21:44 | 海外 | Trackback | Comments(8)

「Le Meurice」@Paris-2014 Summer Vacation-12

f0189142_14395938.jpg







最後の朝食はレストラン「ル・ムーリス」で♪









f0189142_14413481.jpg







眩いばかりのゴージャスさ!
ヴェルサイユ宮殿の「平和の間」からのインスピレーションだそうです!
サーモンピンクの大理石の壁やイタリア風彩りの床石、天井画にシャンデリア、、、全てが息を飲むような華やかさ。。。
流石はパリのパラスホテルです!





f0189142_15213730.jpg





中央にはフィリップ・スタルクの装飾で、アイスバーグのオブジェがクリスタルのような透明感を醸し出していました!






f0189142_14431498.jpg







沢山のパンの盛り合わせとは別に、なぜかクグロフが必ず付いてきます。。
いつも食べきれなくて。。。






f0189142_14435891.jpg







メニュー以外でも、どんな注文にも応えてくれるとのことなので、
この朝は、主人がヘルシーな野菜料理にしたいとオーダーしたら、こんな一皿に・・・






f0189142_14443938.jpg








温野菜のサラダも作ってもらいました♪



この日、日本に帰るフライトは夜遅い便でしたので、これからまるまる一日パリ散策を楽しめます♪





*****






あいにくこの日は日曜日で、デパートもお店も軒並みお休みで、ショッピングはできずじまい。。
(主人はホッとしたかも。。。)

ランチは、
パリ初日に行ったビストロ「La Fontaine de Mars」のすぐ近くにある、「Café Constant」に行ってみることにしました♪



f0189142_14483397.jpg







予約を取らないお店なので、ディナータイムでは長蛇の列ができていたのですが・・・
ランチは12時からというので、オープンちょっと前に行ったらすんなり入れました!






f0189142_14492215.jpg








1階はバーカウンターになっていて、ランチとディナー以外の時間は朝7時から夜11時まで、カフェとして営業しているそうです。





f0189142_1517555.jpg








お食事はお二階で。





f0189142_1524621.jpg







まずはフォアグラテリーヌをいただきました。






f0189142_15244057.jpg







アーティチョークのサラダ。






f0189142_15251514.jpg







仔牛のカツレツ。
気取らない普段の家庭料理が一番美味しくてほっこりしますよね♪





f0189142_15254932.jpg







ビーフシチュー。
お肉にワインが染み込んでいて柔らか〜い!


初日に行った「La Fontaine de Mars」より、お値段はこちらの方がお安いです。
ブルゴーニュの安い赤ワインのデキャンタとコーラも頼んで、二人で80ユーロくらいでした。
(お味の方は、フォンティーヌの方に軍配が。。。)
でもリーズナブルにビストロ料理がいただけるので、人気の店なのも納得です。



*****






その後向かった先は、






f0189142_15521036.jpg






「ジャックマール・アンドレ美術館」です♪







f0189142_1550021.jpg







ゆるいスロープを登って・・・






f0189142_15402756.jpg







ここは銀行家であったエドゥアール・アンドレ(1833-1894)と、妻であり画家だったネリー・ジャックマール(1841-1912)が、1869年に建てた壮麗な邸宅。





f0189142_1555815.jpg






18世紀のフランス美術と、イタリアのルネッサンス美術品の大収集家であった二人の所蔵品、
ルーベンスなどの絵画を始め、陶器やフレスコ画、ゴブラン織りのタピストリーが展示され、
プライベートルームまでもが公開されています。








f0189142_16135576.jpg







ガイドブックによれば、二人が美術品の収集に充てた年間の資金はルーブル美術館のそれをはるかに上回ったと書いてあります!
驚きですね!






f0189142_16385123.jpg







「The Picture Gallery」






f0189142_16161953.jpg







「The Tapestry Room」






f0189142_16172732.jpg







「The Study」






f0189142_16204659.jpg






二階回廊から見下ろした「The Music Room」






f0189142_16251528.jpg







ミュージックルームから見上げた天井画






f0189142_16263130.jpg






「The Smoking Room」







f0189142_16284646.jpg







「Èdouard's Anteroom」






f0189142_16321315.jpg








中央の絵は当主エドゥアールの肖像画で、画家であったネリーが結婚前に描いたものだそう。





f0189142_1630711.jpg







「Èdouard’s Bedroom」






f0189142_16335683.jpg







「Nélie's Bedroom」






f0189142_16352036.jpg














f0189142_16424821.jpg














f0189142_1644196.jpg






「The Winter Garden」
陽が燦々と降り注ぎ、温室のようなテラスになっていて、ここが一番素敵でした♪







*****






19世紀の夢から覚めたら・・・






f0189142_16484428.jpg







新しくできた「マンダリンオリエンタル パリ」のホテルですね!
客室はモダンな内装のようです。





f0189142_16493652.jpg








エリゼ宮、大統領官邸ですね。





f0189142_16501349.jpg







パリのマルちゃん発見♪







f0189142_1651105.jpg







オペラ・ガルニエ






f0189142_16541382.jpg







サン・ジェルマン・デ・プレ教会







f0189142_16551044.jpg







ここらで喉が渇いたので一休み。

まさにパリのお上りさん的名所巡りでしたっ!

8月のパリにいるのは世界中から集まる観光客ばかりでしょうか。。
主人はいつか6月の薔薇の季節にフランスの田舎を訪れてみたいと言います。
仕事の都合で6月にお休みするのは難しいのよね。。。
いつかリタイアしたらの夢になりそうです。。




f0189142_16583737.jpg







毎回、パリを訪れたら必ず最後はこのお店♪
カルチェ・ラタンにある、中華のお店「美麗華酒家」Miramaです♪






f0189142_16591674.jpg





必ず頼むのは、鴨肉がたっぷり乗ったラーメン♪
海老ワンタンのスープも有名ですって!
日本の中華料理店に比べたら、味はそこそこですが、何しろ安い!
3品のお料理とビールにアルザスの白ワインのデミを頼んで、二人で45€でした!
またパリに寄ることがあったら、次も来ちゃうだろうな〜。




f0189142_1712815.jpg






マドレーヌにもまた会えますように!


Au revoir!
Á bientôt!





2014年夏旅は長らくかかってしまいましたが(^^;)
やっとこれでお終いです。。。(ほっ)

さて2015年の夏旅は何処へと。。。。
[PR]
by jackie-style | 2015-09-28 14:32 | 海外 | Trackback(1) | Comments(0)

「Le Meurice」@Paris-2014 Summer Vacation-11

いよいよスプレンディードホテルともお別れの朝。。
この美しい眺めを最後までゆっくり心に留めておきたくて、お部屋のテラスに朝食を運んでもらいました。





f0189142_1446365.jpg














f0189142_15192019.jpg















f0189142_1452574.jpg







アシスタントマネージャーのDaniele Caltagirone氏には何かとお世話になりました。
彼は以前には、ローマで泊まった「Hotel De Russie」でも働いていたそうで、私たちが泊まったその部屋の事も良くご存知でした。
ホテルからのプレゼントですと、このスレートにポルトフィーノを描いた石板をお土産にいただきました。
GMのErmes De Megni氏からは、前にこのホテルでシェフとして働いていた日本人の方が、東京でフレンチレストランを開いているから、自分の名前を使って構わないので良ければ行ってみたらどうですかと、わざわざお店の情報をコピーして名刺と一緒に渡して下さいました。

アットホームな暖かいサービスを受けて、とても居心地の良い滞在となりました♪
特にDanieleさんのイタリア人らしい風貌とお人柄は忘れられない思い出です。。
今でも彼の「プレーゴ、シニョーラ、プレーゴ!」の声と一緒にその笑顔が浮かんできます。。




f0189142_15301813.jpg






ホテルカーで、最寄りの空港ジェノバまで送ってもらいました。
朝から曇り空だったのですが、途中からは本格的に降り出してきて車のワイパーが全開の大雨でした!
滞在中一度も雨の日がなかったのはラッキーだったのかも。。
ジェノバの空港では、カウンターで荷物を預けようとしたら、ベルトコンベアーが故障して動かなくなってしまい、大混乱!
出発時刻がかなり遅れるというハプニングになりましたが、それでも無事離陸!
1時間30分程のフライトで、あっという間にパリ到着でした♪







*****













f0189142_15462683.jpg







「ただいま〜♪」
パリ初日に泊まったホテルのムーリスです。
ホテルスタッフからお帰りなさいと出迎えられて、ホッと笑顔が溢れますね♪







f0189142_15141412.jpg







またしても2カテゴリーUGしてもらったようで、最初に泊まった部屋の一階真上の部屋でした。
広さや作りは全く同じですが、インテリアは異なっていました。
こちらの方が男性的な感じかな。。





f0189142_14565610.jpg







リビングソファー。






f0189142_15222899.jpg







リビングコーナーデスク。






f0189142_15195532.jpg







隣接するベッドルーム。






f0189142_1539994.jpg






そういえば、前のお部屋では鏡がミラーインTVになっていましたが、こちらはTVそのものが壁掛けてあります。






f0189142_15481734.jpg







大理石のバスルームも全く同じです。






f0189142_1524443.jpg














f0189142_15261247.jpg








葡萄をちょっとつまんだら、そろそろディナーに出かけましょうか。。
ムーリスから予約を入れてもらっておいたお店です♪





*****





凱旋門近くにある「Guy Savoy」の店です♪

パリでは「ランブロワジー」や「ルドワイヤン」のお店にも行ってみたかったんですが、8月は夏季休業中でした。
特に「ルドワイヤン」は、ホテルムーリスで3ツ星を獲得していたヤニック・アレノ氏が新シェフに抜擢されたばかりと聞いて行ってみたかったんですが、残念。。
彼はドバイで泊まったホテル「One & Only」のレストラン「STAY」のプロデュースもしていましたね。。
若くて才能ある3ツ星シェフ、その上イケメン!



8月でも休まずに営業してくれる「ギィ サヴォア」の店はツーリストには有難いお店です!



f0189142_1551669.jpg







店内は奥行きのある5つの小部屋に分かれているそうです。
どの部屋にも、オーナーのサヴォア氏が世界中から集めた芸術作品が飾られています。






f0189142_15561357.jpg








よく雑誌等で拝見していたカラフルなガラスの調味料入れですね!
塩と胡椒とキャンドル。




f0189142_15574927.jpg







お店の特注のお皿に乗せられて、まず初めの一皿は、フォアグラのスティックでした。
うん、美味しい♪






f0189142_15584559.jpg







パンもとっても美味しいです♪






f0189142_15593338.jpg







続いては、ズッキーニのスープ。






f0189142_1602028.jpg







プチトマトの中にはクリームチーズ。
ここまでがアミューズブーシュかな.....どれも素晴らしいです♪





f0189142_161679.jpg







牡蠣風味のピュレの上に生牡蠣を乗せ、磯の香りのジュレで覆った「牡蠣のナージュ」♪






f0189142_1635327.jpg







その牡蠣に合わせて新鮮な野菜のお皿は、ドライアイスの白煙に包まれて!






f0189142_1643047.jpg







トーストしたブレッドの上に牡蠣を乗せて、これにも海藻のジュレがかけてあります。
確か先に横の葉っぱを食べてみてと言われたような記憶が・・・。




f0189142_1652633.jpg







この3皿で一つのセットになっているようです。







f0189142_166753.jpg







お野菜には牡蠣のブイヨンを注いで香りを立ち昇らせます。






f0189142_1664434.jpg







これ何だったかな、、、多分パルメザンチーズだったかも。。






f0189142_1675972.jpg







これは有名なアーティチョークのスープですね♪
黒トリュフとのコントラストの美しいこと!
ここにパルメザンチーズの塩味が加えられて、それはそれは美味でございました!
横に添えられたトリュフバターとシャンピニオンのブリオッシュはスープと共に♪





f0189142_1683822.jpg







「Color of Caviar」
悶絶の一皿です!






f0189142_169593.jpg














f0189142_16104060.jpg







オマール海老はアプリコットの甘さが程よく効いて♪






f0189142_16115347.jpg








主人が選んだのは仔牛の料理、シャンピニオンやズッキーニと共に。





f0189142_16122994.jpg








サヴァイヨンソースも添えられて。





f0189142_16131457.jpg







デザートは、タピオカにココナッツの薄切り、ココナッツミルクのグラニテ♪
白一色の美しく美味しいデザートでした♪






f0189142_16134924.jpg














f0189142_16142820.jpg














f0189142_161579.jpg




お腹が一杯なのに、最後のプチフールまで一つ残らず手を伸ばしてしまいますね。。


お店には、ゲストの数と同じくらいウェイターがいるんじゃないかと思う程たくさんのスタッフが働いていました。
途中でナプキンを換えてくれたり、身のこなしも流れるように洗練されていて、サービスも一流でした!

そして何よりお料理が本当にどれも美味しかったです!!
流石の名店ですね。。
本物のフレンチを堪能することができました◎

旅行の最後の夜に、素晴らしいディナーをいただけて大満足でした♪
予約を入れておいて良かった!
もう心残りは無いですね。。。

幸せな気持ちに包まれながらホテルへと・・・
[PR]
by jackie-style | 2015-09-04 16:54 | 海外 | Trackback | Comments(0)

「Hotel Splendido」@Italy-2014Summer Vacation-10

*****


今年は、いつもの年よりも早く7月にサマーバケーションを楽しんでまいりました♪

4つのホテルに泊まったのですが、どれもそれぞれ違った魅力のあるホテルだったので、飽きることなくエンジョイできて、中身の濃い充実した旅行でした♪
このシリーズが終わったらご紹介いたしますね♪

あとはシルバーウィークにファスティングのためのホテルに滞在するのが楽しみかな〜。。
国内のホテルなのですが、今年のGWに主人と泊まってみて、お部屋がとても綺麗で広かったし、温泉もあるし、何より時間をたっぷり使えてのんびりしながら、身体に溜まった老廃物をデトックスして体重を落とせたのが良かった!
気に入って再訪することにしました♪





*****




ということで、あとが控えているので・・・・・

このシリーズ、残りの写真を一挙にザーッと並べて先に進めちゃいましょう!









f0189142_1244421.jpg







ホテルでしっかり朝食をいただいたら・・・・






f0189142_12131774.jpg








この日は、リヴィエラの小さな5つの漁村 「チンクエテッレ」 を巡ってみることにしました♪

波があるから船で行くよりも鉄道の方が行き易いよとホテルスタッフにアドバイスされ、ホテルカーで最寄りの駅サンタマルゲリータまで送ってもらいます。








f0189142_12154988.jpg














f0189142_12192460.jpg







駅構内の売店です。
こうゆうところは普通なんですが・・・
イタリアのローカルな駅でちょっと困るのは、トイレが汚いこと。。。
観光地なんだからもうちょっとなんとかならないものかしらん・・・








*****







最初に訪れたのは、「モンテロッソ・アル・マーレ」という村です。
チンクエテッレで一番大きな村だそうです。





f0189142_12231446.jpg





駅を出るとすぐ目の前に、こんな海水浴場が広がっていました!





f0189142_1224184.jpg














f0189142_12245536.jpg







延々とビーチパラソルが並んでいます!







f0189142_12275720.jpg







今まで見たことの無い眺めだな〜!!
イタリアの海水浴場ってこんな感じなんですね!






f0189142_12291031.jpg







2014年の夏はフランスでもイタリアでも割に涼しくて、この日も海に入って泳いでる人より日光浴だけの人が多そうでした。







f0189142_19373696.jpg







ビーチを通り過ぎ、町中に入ってみます。






f0189142_19401942.jpg







オリーブ栽培もしてるんですね。






f0189142_19424161.jpg







味の濃そうなお野菜が並んでいます。






f0189142_1944351.jpg







イタリアらしい可愛い車が停まっていました♪






f0189142_19543697.jpg














f0189142_19562014.jpg







ニャンコちゃんも日光浴中でした♪







*****




続いて訪れたのは、「ヴェルナッツァ」です。
この村が一番観光客が集まっていました。







f0189142_19582324.jpg








駅を降りると、人々の流れに従って海の方へと下っていきます。





f0189142_2002556.jpg







狭い路地の両サイドにお土産物屋さんやレストランがズラッと並んでいます。






f0189142_2033275.jpg














f0189142_2054487.jpg







行き着いた先は小さな入江になっていました。






f0189142_20221159.jpg







小舟がたくさん停泊中。






f0189142_20161676.jpg














f0189142_20232858.jpg







防波堤も大賑わい。





f0189142_2025884.jpg














f0189142_2026422.jpg







防波堤の先の海を眺めてみたら、ビーチパラソルが並ぶ海水浴場が見えました。
ずっと海岸線に沿ってあんなビーチが点々とあるんでしょうね〜。





f0189142_20271084.jpg







お昼ご飯は入江に面したこのお店で♪
仲良くなったスプレンディードホテルのアシスタントマネージャー、ダニエェレさんに教えてもらったお勧めのレストランです♪
「Gianni Franzi」

ホテルから予約を入れておいてもらいました。





f0189142_20315416.jpg







お嬢ちゃん達もお腹空いたよね♪






f0189142_20324450.jpg







ボロネーゼ♪






f0189142_20335054.jpg







ムール貝やアサリの入ったシーフードパスタ♪






f0189142_20345747.jpg







魚のグリルはトマトソースで♪

どれも美味しくて、冷えた白ワインにピッタリでした♪







*****




f0189142_21233512.jpg







日帰りの予定なので、「マナローラ」には降りずに通過です。




*****




次の「リオマッジョーレ」駅で降りてみることにしました。





f0189142_21282523.jpg














f0189142_21284965.jpg







駅前広場には、こんな音楽隊が太鼓や笛を鳴らして賑やかにお出迎えしてくれました♪






f0189142_1373081.jpg







同じようにピンクや黄色のカラフルな街並みの中、今度は海側と反対の山の方へと登ってみます。






f0189142_1381256.jpg







地元のおばあちゃんがお買い物中。
鼻の下の産毛が濃いのでお髭のように見えましたが・・・・おじいちゃんではありません・・・たぶん。。







f0189142_138356.jpg








お腹が一杯じゃなかったら、このペーパーで巻いてあるピザも食べてみたかった〜。
レモンの先に海老や烏賊が串刺しになってトッピング!







f0189142_139239.jpg






壁画の素敵なお家のベランダで新聞を読んでるおじさん。









f0189142_1392428.jpg








こちらのお家のベランダも緑に包まれて気持ち良さそうですね〜♪





f0189142_13105771.jpg







高台まで登りつめると海が見えました♪






f0189142_13111738.jpg







結構坂道がきつくて、高低差がある村だから、ベランダを作って海の眺めを楽しむ家が多いようですね。






f0189142_13113978.jpg







海へと下っていってみましょう♪
入り組んだ路地や急な階段を降りて。。






f0189142_13124482.jpg







ここは砂浜のビーチが無いので、岩礁の上で日光浴です。






f0189142_13135561.jpg







よく見るとワンチャンも♪
海で泳いでたのかな・・・楽しそうにしてる♪






f0189142_13161020.jpg








ここがリオマッジョーレ村の先端の船着場です。





f0189142_13355686.jpg














f0189142_13364969.jpg














f0189142_13374659.jpg








夕涼みかな、、、おじさま達は暇そうです。。





f0189142_13401233.jpg








喉が渇いたので一休み♪

美しいチンクエテッレの村々も十分堪能しました♪





実は、ローマで泊まったホテル「ポートレート スイーツ」のマネージャーの一人が、たまたまこの近くのご出身だそうで、
私たちがこれからポルトフィーノに行くと伝えると、チンクエテッレ以外の穴場を教えてくださいました♪

一つは、
「S. Fruttuoso」
エリザベス・テイラーとリチャード・バートンが二人だけで訪れたロマンチックな場所だそうです♪

もう一つは、
「Camogli」
ここは黄昏時が特に美しいと言ってました♪


ちなみにホテルサイトでもこんな記事を発見!

『Recapture Taylor and Burton’s Romance in Portofino
Belmond Hotel Splendido in Portofino is said to be where Richard Burton proposed to Elizabeth Taylor for the first time during a break from filming Cleopatra, and couples can recapture the fabled pair’s romance on a sunset cruise aboard the hotel’s private boat. Sipping chilled Prosecco while cruising past Portofino and Camogli Bay, guests can enjoy a dip in the emerald sea before mooring at the secluded beach of San Fruttuoso Abbey. Here, their own waiter will serve an alfresco candlelit dinner for two.

Burton and Taylor also enjoyed water-skiing in Portofino and Belmond Hotel Splendido can arrange for guests to enjoy this classic pastime in the crystal waters of the Italian Riviera. 』



私達は、残念ながら時間が無くてどちらにも行けなかったのですが、もしこれからいらっしゃる方のご参考にでもなればと思い引用致しました。




さあそれでは、リチャード・バートンがエリザベス・テイラーにプロポーズしたといわれる、そのホテルへとそろそろ戻ることにしましょうか。。。

ラストディナーが待っています♪
[PR]
by jackie-style | 2015-08-03 19:28 | 海外 | Trackback | Comments(0)

「Hotel Splendido」@Italy-2014Summer Vacation-9

今回は、ポルトフィーノでのピープルウォッチングです!











f0189142_10345897.jpg








観光客船でチンクェテッレ巡りをするのかな・・・人気のようで、大勢の人が乗ってますねー!
こちらが普通に一般的な観光客のパターンですね。




f0189142_10371140.jpg








マイボートで日光浴中!
プチゴージャス派。




f0189142_10445735.jpg








豪華なクルーザーが何艘も停泊しています。
どんな人達が乗ってるんでしょうね・・・。




f0189142_10522121.jpg









望遠レンズで覗いてみたら、
いらっしゃいましたわっ!!
お子様達とマダムがっ!

お隣の一際大きい大型クルーザーには、ウォーターバイクがずらっと並んで常備されていますね!



f0189142_1056236.jpg







「ね〜、ママ〜、もうお船飽きちゃったよ〜」なんてね。。(笑)






f0189142_1059198.jpg






「しょうがないわね〜、ママはダイエット中なんだけど・・・
ちょっと降りてジェラートでも食べに行っちゃおか!」
「ワ〜イ、ジェラート食べたーい♪」

・・・勝手に妄想!






f0189142_11337.jpg







一番大きなお隣の船ではスタッフがミーティング。
船の主人の姿は見えなくて残念。。
これだけの船ならスタッフの数も相当いるんでしょうね。。。






f0189142_116535.jpg








そのまたお隣の船では・・・・
あっ、いらっしゃいましたっ!
ご夫妻のようです!





f0189142_1175139.jpg






屋上デッキには、
うわ〜っ、ジャグジーバスがっ!!
ここで入浴したら気持ち良いでしょうね〜♪
この美しいクルーザーの名が船腹に記されていました。
「DOMANI」
後で、ググってみようかしら。。。






f0189142_13452073.jpg








おっ、シャンパングラスを片手にマダム登場♪





f0189142_13465555.jpg







続いてご主人も。。






f0189142_2041880.jpg







並んで何を話してるんでしょうね〜。
「あなた、やっぱりあのエメラルドが良いわ〜。地中海の色そのままよ♪
記念に買いましょうよ!
きっと身に付ける度にこの旅行を思い出せますもの。。。」
「う、う〜ん、そうだなぁ〜、でも次のギリシャで買った方が安いんじゃないかぁ〜。。。。」

引き続き妄想中デス。(笑)




f0189142_20574364.jpg







「なんか、誰かに見られてる気がするのよね〜??
気のせいかしら。。。」

ヤバッ?(汗)







f0189142_20492998.jpg






「ギリシャは今経済が大変なんだから、良いもんなんか無いわよきっと!」(怒)
「それより、なんか腹減った! 俺 パスタ食べたい♪」







f0189142_215913.jpg






「やっぱり見られてる気がする!!」
「君は美しいんだからいいじゃないのぉ〜」
「ダメよダメダメ!」

妄想止まりません!







f0189142_2184065.jpg






「ちょっとあなた、話聞いてんの〜?
そうやって逃げてばっかり!!」







f0189142_2112543.jpg






「いいわよもうッ!!(プリプリ)
私もシャンパン緩くなったから、グラス変えにいこっと!」

奥様は、531万円もする、
ヴァンクリーフ&アーペルの「マジック アルハンブラ」の3モチーフイヤリングをユラユラさせながら退場したのでありました。。。







f0189142_21164764.jpg







あら、お嬢ちゃま達も乗ってたのね!






f0189142_21185717.jpg






バイバ〜イって、出航しちゃうのかしらん。。







f0189142_21201295.jpg







あっ、ほんとに港を出て行っちゃいましたー。。
美しい船、DOMANI。。。

後で調べてみたら、この船はMega Yachtと呼ぶタイプだそうで、2005年に造られたチャーター船だとわかりました!
因みにお値段は、夏のハイシーズンで、
10700Euro/per day
だそうです。。。
一週間で約1000万円かぁ!
ゲストの数は10人までだから、10人で割り勘にしたら一人100万円です!
う〜ん、微妙な値段よね。。。
って、そうゆう計算自体がセコくて借りる資格なしだわねっ!(苦笑)






f0189142_9554363.jpg







あ〜っ、この美しい景色を眺められるだけで幸せです♪
負け惜しみじゃなくって、ほんとにね!





f0189142_9561349.jpg







このヒルサイドには別荘も建っていて、
ベランダで優雅に読書を楽しむ御婦人の姿が。。。






f0189142_9564037.jpg














f0189142_9571036.jpg







対岸には私達の泊まっている「Hotel Splendido」が見えました♪






f0189142_1014320.jpg







ズームイン!






f0189142_1045274.jpg







ホテルの真下に位置する小さな海岸縁には、海水浴や日光浴をする人達の姿が見えました。






f0189142_1083312.jpg







丘を登り降りしてきたら、お腹も空いてきちゃいました。
夕食もポルトフィーノのレストランでいただくことにします♪






f0189142_1013176.jpg







その前に甘いジェラートで一休み♪






f0189142_10144366.jpg







このロケーションだと食べたくなるよね〜ムール貝♪






f0189142_1016970.jpg







魚介のパスタを頼んだらこちらにも沢山ムール貝が入ってました。







f0189142_10182670.jpg






みなさん、
大いに食べて飲んで・・・・
一番幸せな時間♪





f0189142_10211740.jpg





こうして、
美しい港町ポルトフィーノの夜は更けていきましたとさ。。。




次回はチンクェテッレの村を探訪します。
[PR]
by jackie-style | 2015-06-29 13:07 | 海外 | Trackback | Comments(2)

「Hotel Splendido」@Italy-2014 Summer Vacation-8

後残り4回ほどで終わりにするつもりのヨーロッパ夏旅@2014編ですが、なかなか前に進みませぬ。。

そうこうする内に今年の夏のバカンスがやってきちゃいそうです!!! ^^;)

サクサクっとね!
頑張ります!






f0189142_16122556.jpg







バスルームの窓を開けると、気持ちの良い朝の爽やかな風が舞い込みます♪







f0189142_16131185.jpg







朝食へ向かいましょう♪






f0189142_1618171.jpg








室内に用意されたビュッフェとオーダー料理で♪





f0189142_1620352.jpg














f0189142_16231365.jpg














f0189142_16244720.jpg














f0189142_1626412.jpg







前夜のディナーはテラス席だったので分かりませんでしたが、屋内のレストラン席はこんな感じなんですね。






f0189142_16285281.jpg







やっぱり朝もテラス席の方が人気です♪






f0189142_16303656.jpg














f0189142_16314690.jpg














f0189142_16323681.jpg










美味しくいただいた朝食の後は、ホテル内外を散策です♪




f0189142_16375822.jpg







こちらはレストランの隣にあるクラブコーナー。







f0189142_16395063.jpg







カウンターバーもあります。






f0189142_16405628.jpg







歴代のゲストの写真でしょうか。。





f0189142_16414740.jpg







フロントロビーです。
こじんまりとしたホテルで、冬季はクローズしてしまいます。






f0189142_17401672.jpg







もう朝からプールに入ってるゲストも何組かお見かけしました!
この年の夏のヨーロッパはけっこう肌寒い日が多くて、木陰に入るとひんやりするくらいだったんですが、皆さんお元気なんだわ!





f0189142_17455843.jpg








プールサイドの小花の絨毯が愛らしくて♪





f0189142_1742012.jpg







プールサイドレストランです♪







f0189142_17432380.jpg







ただいま準備中!






f0189142_17481583.jpg








プールサイドから上を眺めてみると、1階上にテラスレストラン、そのまた上の階の一番端が私たちの部屋になっていました。





f0189142_17493562.jpg







ホテル敷地の入り口にパーキングがあるのですが、ホテルシェフやスタッフが一台の車を囲み、写真を撮ったり覗き込んだりしています!
(こうゆうところが田舎チックだわね。。笑)





f0189142_17512986.jpg






こんな車でしたー!
お高いんでしょうね、、やっぱり。。
縁が無いのでお値段も見当つきません!(笑)

それではポルトフィーノの港へ降りて行ってみましょう♪
[PR]
by jackie-style | 2015-06-08 15:13 | 海外 | Trackback | Comments(0)

「Hotel Splendido」@Italy-2014 Summer Vacation-7

リヴィエラ海岸のポルトフェーノという港町にある「Hotel Splendido」は、一度は泊まってみたいと憧れていたホテルで、今回の旅を計画したのも、このホテルと近隣にあるチンクェテッレの漁村に行くのがメインの目的でした♪






それではお部屋をご案内しますね♪







f0189142_7551549.jpg







Executive Junior Suiteで予約を入れてたのですが、UGして下さったようです♪






f0189142_7572910.jpg







愛らしいお部屋です♪






f0189142_864741.jpg







白い扉の奥がクローゼットとバスルームに通じます。






f0189142_7585255.jpg














f0189142_80427.jpg







お花とウェルカムシャンパンとフルーツが用意されていました♪






f0189142_814520.jpg







ベランダへ出てみましょう♪






f0189142_8153178.jpg







入江に停泊しているあのヨットはこのホテルのゲストの船のようですね。。
眺めが最高です♪






f0189142_152444.jpg








白とグリーンのタイルや陶器のセットが素敵なバスルーム♪





f0189142_1533771.jpg














f0189142_1544792.jpg







アメニティーはブルガリ。
石鹸入れのお皿は、ホテルのブティックでも売られてましたよ♪






f0189142_1573930.jpg







このお部屋の一番の魅力は何といってもこのテラスでした♪






f0189142_1585615.jpg







お花が一杯のテラスです♪






f0189142_15105036.jpg







下を覗くとプールも見えます。






f0189142_1512217.jpg







この部屋はホテルの一番端に位置しているので、テラスに出てもプライバシーが保たれて、とても居心地が良く快適に過ごせました♪





*****



階下へ降りて・・・





f0189142_1521090.jpg







ディナーの前に、アペリティフをいただきましょう♪
ベリーニに合わせて、カレー風味のチーズ入りライスボール、ツナ入りパイ、オリーブ、ポテトチップス、ナッツ類です♪
屋外のこのテラス席が気持ち良いんですよね〜♪
湿度が無いからとても爽やかです♪






f0189142_15535035.jpg







ヨットの灯りが点って、夜の帳の景色もロマンチック♪






f0189142_15461369.jpg








レストランもテラス席が大賑わいです♪





f0189142_15475868.jpg







ピアノの生演奏♪






f0189142_15484355.jpg














f0189142_1549476.jpg






えーと忘れました。。^^;







f0189142_15503338.jpg







シーバスのフィレソテーです。
オリーブとほうれん草を添えて。





f0189142_1552199.jpg







エリザベステーラーのトマトとオリーブのパスタ♪
奥はシーフードのパスタです。
どれもとても美味しいです♪
何しろ雰囲気が最高なので、お料理の味もぐ〜んと増します◎






f0189142_1615261.jpg







ゴージャスな夜に酔いしれ、お料理も美味しくて、やっぱり来て良かったと、とても幸せな気分に浸って眠りにつくことができました♪
明日はポルトフィーノの港へ行ってみましょうか。。





PS: ヨン様、ご結婚おめでとうございます!(祝)
[PR]
by jackie-style | 2015-05-15 15:22 | 海外 | Trackback | Comments(0)

「Rocco Forte De Russie」@Roma-2014 Summer Vacation-6

イタリア編復活です。


この日の夕食は、Hotel De Russieのコンシェルジェにお薦めのお店を聞いて予約を入れてもらいました。

「Corte Del Grillo Osteria」というシーフードのレストランです。
ヴェネチア広場やフォロトライアーノの近くにあります。











f0189142_1834830.jpg














f0189142_1855018.jpg








店先に氷漬けの魚をたくさん並べ、生簀もありました!
新鮮そうですね♪





f0189142_18122311.jpg














f0189142_18133233.jpg







食材を選んで♪






f0189142_1815653.jpg














f0189142_18163046.jpg







お魚のカルパッチョです♪






f0189142_18191697.jpg








ラングスティンや生牡蠣♪
白ワインがすすみます♪





f0189142_1820242.jpg







メインはロブスターのパスタ。
う〜ん、美味しいんだけどやっぱりちょっと塩っぱいのよね。。






f0189142_1823366.jpg







ホテルに戻るとテラスの雰囲気が良くて。。
夕食もこちらのレストランにすれば良かったかも。。。
ローマに立ち寄ったら、「Le Jardin de Russie」は是非とも再訪したいレストランです♪






f0189142_18242064.jpg








翌朝はお部屋のテラスに朝食を運んでもらいました♪





f0189142_18255116.jpg








名残惜しいけどまた来ますね。。





f0189142_18262744.jpg








次の目的地を目指してテルミニ駅から列車の旅が待っています。。

ミラノを経由して・・・・
[PR]
by jackie-style | 2015-04-13 10:51 | 海外 | Trackback | Comments(2)

「Rocco Forte De Russie」@ Roma-2014 Summer Vacation-5

ここはポポロ広場。








f0189142_16385913.jpg








中央に高さ24mのオベリスクがスックと建っています。
このオベリスク、皇帝アウグストゥスが紀元前1世紀にエジプトから持ち帰ったものだそうです!
後ろに見えるのはポポロ門。




f0189142_1813685.jpg







昔の旅人たちは、フラミニア街道からこのポポロ門をくぐってローマに入るのが決まりだったとガイドブックに書いてあります。
ゲーテもバイロンもキーツもこの門をくぐったそうです。






f0189142_18133718.jpg







あの展望台はピンチョの丘にあるナポレオン一世広場にあります。
張り出したテラスからは、遠くにサン・ピエトロ大聖堂のドームやサンタンジェロ城が望めるそうです。






f0189142_1815163.jpg







携帯に忙しいローマ兵士。(笑






f0189142_18153640.jpg







双子教会のドームです。






f0189142_18161481.jpg







ポポロ広場南側に並ぶ双子教会の左手の道路沿いにチラッと国旗がはためいて見えますが、そこがローマ2件目に泊まる宿、「ホテル・デ・ルシー」のある場所です♪






f0189142_18173563.jpg







エントランスは意外に小さい入り口でした。
ホテルの正式名称は、「ROCCO FORTE DE RUSSIE」です。

ホテルサイト等を検索してみると、1917年にフランスの詩人ジャン・コクトーが母親にあてた手紙に、「ホテルのバルコニーからはオレンジが手でもげる」と伝え、このホテルを「地球の楽園」と讃えたそうです。
その後ここは一時はオフィスビルとなり、やがてイギリス人のホテル経営者で世界に11のホテルを運営しているロッコ・フォルテ氏が買い取って、現在のスタイリッシュなホテルに様変わりさせたとありますね。





f0189142_18185453.jpg







入り口を入って正面。






f0189142_1819266.jpg







その先に有名な庭園が広がっていました♪
後でゆっくりと拝見することにして、まずはお部屋へと。。





f0189142_16472568.jpg







ここは619号室の「ニジンスキースイート」。
コネクティングルームも付いている、ホテルで一番広いスイートです。
そういえば、最新の「リシュス」のローマ特集記事にこのスイートの部屋が紹介されていましたね!






f0189142_1654418.jpg






私たちが選んだのは、601号室の「ピカソスイート」です♪







f0189142_10151799.jpg







リビングルームから案内致しましょう。






f0189142_10153547.jpg







目の前のテラスの先に広がる緑の森とお部屋のカラーがマッチしています♪






f0189142_20584756.jpg






もう一つのテーマはピカソコレクション♪






f0189142_10155438.jpg














f0189142_1016119.jpg















f0189142_17194811.jpg







冷えたシャンパンと葡萄が運ばれました♪






f0189142_1016572.jpg







緑いっぱいのテラスが良さげです♪







f0189142_14303659.jpg







一旦玄関廊下に戻って、リビングルーム手前右手にもう一部屋ありました。






f0189142_1431053.jpg







ほとんど使わなかったセパレートオフィスの部屋。
右手奥のドアはレストルームです。






f0189142_15185243.jpg








寝室は別のお部屋になっていて落ち着きますね♪





f0189142_15191528.jpg







モダンクラシックなインテリア♪






f0189142_1520212.jpg







廊下を通り越してバスルームへと。






f0189142_15234853.jpg







モザイク模様が美しい大理石のバスルーム♪






f0189142_1730342.jpg














f0189142_17351580.jpg






リビングルームに戻って、気持ちの良いテラスに出てみました♪







f0189142_18451565.jpg







ピンチョの丘の緑を背にしてホテルが建ってるんですね♪






f0189142_18453672.jpg








真下を覗くと、ホテルの有名なレストラン「ル・ジャルダン・ドゥ・ルシー」が見渡せます♪
そろそろランチの時間、早速行ってみることにしましょう♪

More
[PR]
by jackie-style | 2014-12-30 17:14 | 海外 | Trackback | Comments(0)