2017年 04月 11日 ( 1 )

くろ崎&吉兆&リストランテ ラ・バリック トウキョウ

続けてのお鮨祭り〜♪
渋谷にある「くろ崎」さんです♪
婦人雑誌にお鮨の特集記事があって、写真を見ただけでも美味しそうだなぁと・・・・こちらのお店の名前を覚えていました♪

その後、グルメで有名なアンジャッシュの渡部さん(←なんとタイムリーだわん@@! おめでとうございます♪)
が、ここはコスパが良くて一番のオススメと言ってらしたのをどこかで拝見したんですね!
やっぱり美味しいんだ!
と、ポンと手を打つ!^^
年末の忙しい時期でしたが、予約も取れたので早速お邪魔してみました♪





f0189142_17193866.jpg






こうしてブツを見せてもらうと食欲も湧き出て生唾ものですよね♪
はしたなくてすみません^^;

最初にシジミのだし汁とアサリ(寒い時期、温かな汁物で最初に食欲をそそります)、
ハタと黒ムツや、 
せいこ蟹が出たんですが、
このお店はカウンター席が割と狭くて、他のお客様に遠慮して撮影を控えておりました。。

そのうち、他のお客様も携帯でお写真を撮り始め、黒崎さんもどうぞ構いませんとおっしゃってくださったので、私もiPhonで撮影できました♪

今回は他のお店も全てiPhoneでの写真になります。





f0189142_17211538.jpg





白子のすり流し♪
上に乗ってる赤いものはカンズリで、唐辛子を発酵させたものだそうです。
ピリッと辛みもあって、うん、美味しいです◎
最後ちょっと残して、これにご飯を入れてくださったのが、またたまらなく美味しいんですよね〜♪
お茶碗一杯、もっとくれ〜って感じでした♪


この後は、天草の墨烏賊が。。





f0189142_17353050.jpg





これも初めてのお味♪
カワハギの下にはカワハギの肝を挟んで♪
味に一段と深みと旨味が増してます♪


この後にナメタガレイ。。



f0189142_17354782.jpg






中トロ♪

日本酒は山形の「冽」。





f0189142_1736422.jpg







長崎島原の車海老♪

この後、続々と握りやつまみが、、、
北海道余市の鮟肝、
自家製カラスミ、
佐賀のコハダ、
福岡のクエ、
お酒は、三重の「而今」で。




f0189142_17363094.jpg







椀物は、甘鯛と菜の花と百合根のお吸い物♪
ほっこり一息ついて、、、

北海道長万部のホッキ貝、
車海老の頭の蒸し焼き、




f0189142_17365222.jpg






北海道浜中の馬ふん雲丹に佐賀の海苔♪
うまかとです♡
お口の中が雲丹祭り♪






f0189142_173789.jpg






大間の鮪の赤身は二週間熟成だそう♪


つづく穴子は対馬から、
黒ムツ、甘鯛、クエのお出汁で、




f0189142_17372162.jpg






鮪の鉄火巻きは、中に赤身、中トロ、背トロ、中落ちを入れて♪
こうゆう海苔巻きも初めてでした♪


この後、鯛のすり身に黒糖焼酎を使った玉子焼きをいただきました♪
お鮨屋さんの玉子焼きはいろんなタイプをいただきましたが、私的に今まで一番印象に残って、まるでケーキのような玉子焼きだったのは、うん「鮨よしたけ」の玉子焼きでした。。あの玉子焼きを食べにだけ行ってもいいくらい♪
こちらの玉子焼きも5時間かけて作るとか!
もちろん美味しくいただきました♪


f0189142_17373920.jpg







シメは、イクラと更に裏ごししたイクラをかけた一品で、これにご飯を混ぜていただきました◎
丼ぶりイッパイでも食べられますが、ほんのちょこっとだけ・・・
お腹いっぱいなのにもっと食べたくなる罪なシメでした!
余韻を残しながら、、、
もちろん、次回の予約も入れていただきました♪



全部で24品ほどのコースで、しかもお値段は一人2万円台!
なるほど!
やはり渡部さんがおしゃる通り、コスパが良いお店に間違いなかったです◎

こちらのお店、いずれ場所を変えてもっと広いお店になりそうな予感。。。

お祝いごとで、、、
[PR]
by jackie-style | 2017-04-11 12:47 | レストラン | Trackback