2016年 09月 27日 ( 1 )

AMANEMU-2

新幹線で名古屋まで、そこから近鉄線に乗り換えて賢島まで約2時間の旅です。









f0189142_12591720.jpg




いつものアマンスタイルのように、駅には制服を着た出迎えのスタッフが待っていてくれて、レクサスに乗り約20分程でホテルに着きました。








f0189142_1351167.jpg




車がゲートを入り、整然と手入れされた敷地をしばらく走ると、パーキングエリアのパビリオンに到着。
こちらで、冷たい緑茶をいただきながら、GMの日本人女性、久代さんとしばし談笑です♪
今まで行ったアマンのホテルの話で盛り上がりました♪
インドのアマンバグにいらしたそうで、こちらも懐かしく思い出話をすることができました♪
とても笑顔のチャーミングな気さくで素敵なGMさんでした♪







f0189142_1317504.jpg








そのパビリオンからの眺めです。
棚田のような景色の先に英虞湾が見えてます。







f0189142_13184961.jpg







カートに乗り換えて、次に案内されたのはレセプション棟です。






f0189142_13191776.jpg







チェックインカウンター。






f0189142_13204560.jpg






レセプション棟を真ん中に、左右に分かれた先にそれぞれ建物が建っています。
右手がダイニングレストランで、左手がバーラウンジの建物です。






f0189142_13223118.jpg







こちらはダイニングレストラン。
レストランはここ一つだけです。






f0189142_13231494.jpg






バーラウンジ。







f0189142_13235219.jpg







海側から見た真ん中のレセプション棟。






f0189142_13244966.jpg







テラスも広くとってあります。






f0189142_13253313.jpg






バーラウンジの先にプールが見えます。
この滞在中、台風の影響であいにくお天気が悪く、一度もプールに近寄らず、、、
なので、残念ながらメインプールの写真を撮らずじまいでした。。






f0189142_1333946.jpg







この先がバーラウンジの入り口です。






f0189142_13333874.jpg







その手前、レセプション棟側の端っこには、ライブラリーの部屋がありました。






f0189142_1335664.jpg







ホテルに到着したのが3時過ぎ。
お昼ご飯を取る機会が無くて、お腹が空いてしまいました。
ちょうど、アフタヌーンティーの時間ということで、こちらのバーラウンジでちょっと小腹を満たすことにしました♪






f0189142_13353055.jpg







サーモン入りのキッシュが美味しかったです♪






f0189142_1336631.jpg







コーヒーをお願いしたのですが、後でチェックレシートを見ると、コーヒーは別料金になってましたね。






*****






さて、少しお腹も落ちついたので、カートでお部屋の方に案内してもらいましょう♪






f0189142_13392984.jpg






アマネムは2ベッドルームのヴィラが4棟、スイートが24部屋あるそうです。
スィートは大きな1棟が2部屋に分かれていて、こちらの#24と#23の凪スィートは先端に位置するため、一番眺めの良いスィートだそうです♪
凪スィート以外に、空、森スィートがあり、海がどの程度見えるかの眺望によって3つのカテゴリーに分けられています。






f0189142_1341821.jpg







アマン東京のコーナースィートに比べると、かなりこじんまりとした感じのお部屋です。
でも、料金はこちらの方がずっとお高いですね。







f0189142_13451296.jpg







天井が高い分、圧迫感がなくて広く感じます。






f0189142_13462672.jpg







テラス用のサンダルが置いてあります。
レストランには浴衣着用で利用するゲストも見られ、スパはバスローブ着用でも行けるので、こちらのサンダルが便利でした。






f0189142_13495043.jpg







ウェルカムは高敷きのお盆にのった葡萄でした。






f0189142_14172394.jpg







座ることもなかったコーナーソファー。






f0189142_1418994.jpg







右手が玄関の三和土。
真ん中の障子様の襖にTVとミニバーが隠されています。
その左側がバスルームへと繋がっています。






f0189142_14193330.jpg







右手、玄関入り口の扉を閉めて。
真ん中襖を開けるとこんな感じ。





f0189142_1421784.jpg







お煎餅入りのジャー。
お醤油味とアオサ海苔のお煎餅でした。
アオサ海苔の揚げお煎餅が美味しかったです♪
レクサスのドライバーさんが、ホテルまでの道中教えてくださったんですが、英虞湾では真珠の養殖の他に、このアオサ海苔の養殖も盛んなんだそうです。




f0189142_14221081.jpg







ミニバーはアルコール以外は全てコンプリ。






f0189142_14225920.jpg







寝室リビングとバスルームの境の扉の中にコンパクトな棚が仕切られていて、こちらにコーヒーメーカーやポットが収納されていました。






f0189142_14243931.jpg







デスク周りは、TVリモコンが布貼りのボックスの中に、同じグレーの生地を張ったホテルメニューブックも。






f0189142_1425754.jpg







透し木彫りの美しいレターボックス。






f0189142_14271273.jpg







対面式のダブルシンクとバスタブ。






f0189142_14283549.jpg







寝室リビング側から見て、奥にトイレと左側にシャワールームです。






f0189142_14291499.jpg














f0189142_14294677.jpg






お湯は60度の熱い温泉でした!
早めにお湯を入れておいて、冷めるまで待ってから入る方が、せっかくの温泉をお水で薄めてしまうより良いですよとアドバイスがありました。








f0189142_1431216.jpg







シンクの後ろに天井までの鏡と、右側の扉は、、






f0189142_1432164.jpg







開けると玄関三和土に。
こちらからも出入りできます。
鏡左側は、クローゼットへ。





f0189142_1433887.jpg







バスローブがフワフワでとっても気持ちが良かったです♪
クローゼット引き出しにセキュリティボックスと、防虫スプレーやベープマット、靴ベラなどが。







f0189142_14335283.jpg







化粧台の引き出しを開けると、






f0189142_14342480.jpg







ドライヤーや石鹸、ネットタオル、歯ブラシセットや櫛などのアメニティーが入ってました。






f0189142_14344914.jpg







その分、シンク周りはスッキリと、ハンドタオルに綿棒、コットン、ボディローションのみ。






f0189142_14354030.jpg






ちょっと外へ出てみましょう。
伊勢志摩国立公園の中だけあって、建設したばかりの頃は、野ウサギやイノシシ、イタチなんかがよく遊びに来てたそうですよ!
ネムの里を含めたこの近隣の敷地全体を、ヤマハから三井不動産が譲り受け、その三井不動産がたっての願いで是非にとアマンを誘致したそうです!
建物は住友建設だそう。
日本の建築技術だからでしょうか、きっちりしっかり建てられているように思えました。
建てつけが悪いなんてことはありえなさそうですね! 笑






f0189142_14361069.jpg







お天気さえ良ければ、お風呂上りのテラスも気持ちよさそうです。。






f0189142_14375349.jpg







ベッドで寝転がることもできます。






f0189142_14411190.jpg







ホテル全体の地図があると、わかりやすくて親切ですよね♪
色違いの青いところが4棟のヴィラです。
真ん中のレセプションエリアの横に突き出しているところが、私たちの凪スィートでした。

左側に離れてある施設は、スパ&フィットネス施設です。




f0189142_1442281.jpg





こちらの地図は半島全体の地図で、隣のネムホテルとの位置関係もよくわかります。




今のところアマネムの宿泊客は、外国人が3〜4割で、中国、台湾からのゲストも多いが、それよりも欧米人の方が多いということでした。
アマン東京からアマネムへと移動するパターンも人気なんでしょうね!
何しろ温泉施設があるアマンは世界中でここだけですものね♪

それでは、ゆっくりディナーをいただきに参りましょう♪
[PR]
by jackie-style | 2016-09-27 18:36 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(2)