ミッシェル・トロワグロ パート2




「トロワグロ」は、フランス・ロアンヌで40年間連続してミシュラン3ツ星の座を守り、東京では昨年2ツ星を獲得!! 
フレンチの真髄を堪能できる店であることは間違いないでしょう035.gif


f0189142_1312851.jpg

アミューズ・ブーシュは、プチトマトのキャラメリーゼ、フォアグラとビーツetc.











f0189142_1321820.jpg



フォアグラのロワイヤル"ミロワール"ジロル茸と柚子(右)










f0189142_1324469.jpg

トリュフの舌平目ポロ葱と洋梨(左)
ラングスティーヌのクロカン(右)





f0189142_1332080.jpg

豆腐のラビオリ(左)
蝦夷鹿のノワゼット(右)






f0189142_1421369.jpg






f0189142_1423053.jpg




f0189142_19435526.jpgf0189142_19442493.jpgf0189142_19445382.jpg


初めて訪れるレストランの場合、最初に出される前菜なりアミューズなりで、その店の当たり外れがわかってしまう事って多いと思いませんか?
最初に“おっ、これはっ...”って思うと、たいがいその後の料理も期待できますし、
“何、これっ?”の場合は、やっぱり最後まで挽回できずって感じ多いですぅ、私的に...。


じゃあ最初が良ければ、安心して期待に胸弾ませて待ってりゃいいかっていうと、これがそう単純じゃないですよね...やっぱし025.gif


途中のお皿までは平均点以上、中には素晴らしく美味しいお皿があったりしても、以外や以外メインでこけちゃいました〜って事無いですかー?
だいたいメインまでくる頃にはお腹も8割方一杯な状態だし、ハードル高いですよね042.gif
特にお肉料理ってソースも含めて○か×か分かり易いような気がします。

生意気な事言っちゃいましたが、このミッシェル・トロワグロは期待を全く裏切らないさすがのお店だと思います!!
オープン仕立ての頃はワサビを使ったり、かなり日本を意識したメニューだった覚えがありますが、今ではとりわけ意識すること無く、本来のフレンチ大御所の底力を発揮して自在に楽しませてくれます。
f0189142_18241746.giff0189142_18281027.jpgf0189142_18285162.gif
それから、(オーナーシェフが個人で経営するレストランと違い)ホテル内にあるということで、サービススタッフの充実ぶりも心強いですね!
また、お席もゆったりとしていて、広々としたお庭の眺めも気持ち良いです!

いつ行っても満足できるお店ですが、今度はミッシェル氏が来日なさった時に是非伺ってみたいです。先日もご案内いただいたのですが、都合がつかず残念054.gif
年に数回はいらっしゃるようですし、次回は11月のミシュラン発表前ですかしらんね〜?









[PR]
by jackie-style | 2008-10-23 19:06 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/9466501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 伊豆玉峰館 「SCANDAL」&今年も色々... >>