再びの紀尾井町三谷&パッサージュ53

シェムリアップの旅紀行の最中ですが、ずっとテンプレートに放置したままだったこちらを、いい加減UPしておかなくっちゃと、思い腰を上げました。。^^;

今年の春先のことでしたので、もうほとんど記憶喪失です。。
ま、お写真だけでも備忘録として。。







f0189142_1173080.jpg







一月の間に、立て続けに2回お邪魔しました紀尾井町の「三谷」さんです♪
最初は、お友達とお昼間に。。
この時はiPhone使用です。





f0189142_21235256.jpg







2回目のディナーの時と被さるものが多いので、数枚のみのピックアップにしました。
こちらは、白魚ですね♪
大きいですが、味は繊細♪






f0189142_21254614.jpg







大好きなカラスミと雲丹、それにノドグロとキャビアの組み合わせ♪
悶絶♪





f0189142_21273173.jpg







これも美味しくない訳がない、、大トロの炙り♪
お友達に手タレになっていただきました。





f0189142_2128911.jpg







アオヤギ♪






f0189142_21284426.jpg







雲丹もてんこ盛りです♪






*****













f0189142_21344618.jpg







この日は主人と夜にお邪魔しました。
週一で来ても構わないくらい、全然飽きませんから。。
ま、お財布が許せばですけどね。。笑






f0189142_21351236.jpg







三谷さんは、四谷の方に復帰なさったようですね。
この時点で伺ったところによると、あちらはお休みしていた際にご迷惑をかけたお客様優先で2年先まで予約が埋まっていて、それから先の予約はまだ受け付けていないということでした。。(←今はどうかわかりませんが)







f0189142_21353699.jpg







最初のシャンパンは、「ダヴィット・クヴルール」の2007年物でした♪
これはランチの際にも同じものが出て、お友達が美味しいと気に入っていました。





f0189142_21365930.jpg






 
まずは、毛蟹と出汁の餡で♪
寒い季節には、暖かい椀がほっこり温まりますね♪






f0189142_1183923.jpg







福島県喜多方市のにごり酒だそうです。






f0189142_119437.jpg







トスカーナの赤のフルボディに合わせたのは、、






f0189142_1192528.jpg







銚子で獲れた鯖♪
脂が乗ってます♪





f0189142_11201437.jpg






2012年の「カルム・ド・リューセック」というソーテルヌ!
このトロンと甘いワインに合わせたのは、、






f0189142_11203482.jpg







大トロ、中トロ、中落ちをブレンドしたもの♪
この濃厚さに、ふくよかな甘味のソーテルヌを組み合わせるという離れ技!







f0189142_11205885.jpg







このマリアージュを、ちびちびと少しづつ噛み締めながら味わいましょう♪






f0189142_11212584.jpg







「ドゥラモット」のシャンパンには、、






f0189142_1121449.jpg








ランチでもありました、カラスミと雲丹、ノドグロとキャビア♪
盛り付け方が少し違いますね。。





f0189142_1122767.jpg








こんな可愛らしいガラスコップで日本酒も良いですね♪





f0189142_11223011.jpg







鯛のだし汁にふっくらした白子、皮を少し炙って香ばしい♪






f0189142_11225572.jpg







合わせたのは群馬のお酒、「尾瀬の雪どけ」大吟醸。






f0189142_11231789.jpg







イケイケどんどん、続いてはラベルもオシャレな、「満寿泉」。
富山のお酒だそうです。






f0189142_11233646.jpg







合わせたのは、あん肝♪
ちょっと甘味を混ぜてるそうです。
あん肝大好物です♡






f0189142_1124118.jpg







「ピュリニーモンラッシュ」の2014年。
ドメーヌ・ジョマンです。
このシャルドネには、、





f0189142_11242978.jpg







淡路島の真鯛♪






f0189142_11245197.jpg







スミイカ♪






f0189142_112514100.jpg







スミイカには、「フリーマン」というカリフォルニアのシャルドネ。






f0189142_11253580.jpg







赤身の漬け♪






f0189142_112626.jpg







黙々と握って、、仕事ぶりが良いですね〜。






f0189142_11262230.jpg







大トロ♪
ほろ酔い気分で、お口の中も天国♡





f0189142_11264621.jpg







「花陽浴」は、埼玉のお酒だそうです。






f0189142_1127768.jpg







コハダ♪






f0189142_1127302.jpg







中トロ♪






f0189142_11275284.jpg








宍道湖の白魚♪





f0189142_11281818.jpg







「龍神」は群馬県のお酒です。






f0189142_11321996.jpg







車海老♪






f0189142_11323894.jpg







春子鯛♪






f0189142_11325831.jpg









玉子焼き♪




f0189142_11332262.jpg







「写楽」は福島の会津のお酒です。






f0189142_11334132.jpg







桑名のハマグリ♪





f0189142_1134261.jpg







干瓢の海苔巻き♪






f0189142_11342255.jpg







さらに、稲荷で巻いた干瓢の海苔巻き♪
これも大好きです♪






f0189142_11344239.jpg






雲丹♪







f0189142_1135228.jpg







ご飯に蛤の肝を和えたもの♪
シメにはちょうど良い塩梅♪

ちなみに、親方三谷さんは、玉子焼きでシメではないそう!
最後は干瓢海苔巻きなんだそうです!

この夜は、シメの海苔巻きよりもさらに品数多く出していただき、お腹一杯の大満足でありました♪






f0189142_11352397.jpg





最後にデザートは、梅のコンポートでした♪
ご馳走様でした。



料理や握りの一皿それぞれに、合わせるお酒も選んであって、シャンパン、赤白ワイン、日本酒と、これだけ種類を多く揃えているお店は、そうそう他にはないですよね。。
三谷さんの研究熱心さ、精進を怠らない姿勢が、人気の所以だとよくわかります。

次回は、また四谷のお店で三谷さんのお話を伺いながら、美味しいお鮨とお酒を愉しみたいものです♪
予約が取れると良いな。。。






今年の3月にホテルニューオータニであったフレンチのイベントです♪
パリで日本人初のミシュラン2ツ星を獲得した「パッサージュ53」のレストランが、東京では3日間のみ(大阪では2日間)、パリのお店と同じお料理を提供してくれるという企画です♪


申し込んだ時には、ギリギリのタイミングでまだお席があって良かった!
ずっと前からお噂は聞いてたんですが、そう簡単にはパリまで行けそうにないので、日本にいらして下さるなら、こんな絶好の機会はないと楽しみにしていました♪






f0189142_17512198.jpg







会場は、ニューオータニのガーデンタワー最上階の40階にある「ベッラ・ヴィスタ」です。
入り口にも大きなポスターが。





f0189142_17514331.jpg







どのテーブルも埋め尽くされ、始まるまではワイワイガヤガヤとしていて、かえってリラックスできる雰囲気になってました。






f0189142_17522044.jpg








シャンパンは、サロンキュヴェSでグラス一杯13000円、ドンペリの2006年でグラス一杯4500円、ボランジェスペシャルキュヴェで2800円の3種類のみ。
もちろん、これはボランジェです!笑





f0189142_17531246.jpg







のっけから黒トリュフのお披露目!






f0189142_17535151.jpg





最初に3品。
右手にあるのが、「キャロットキャロット」
生人参に岩塩をエスプーマで泡立てて。

真ん中が「カブとバラ」
カブはジュレ状になってます。
見た目も美しい♪


左手が「カニと白バルサミコ」
毛蟹と蟹味噌、上に乗ってるのは味付きライスペーパーでパリパリと食感を一緒に楽しんで♪









f0189142_17542838.jpg






「ホタテとコンブ」
昆布ダシと生クリームのピューレ。
ラディッシュの薄い輪切りとからし菜が美しいアクセントに♪
頼んだムルソーの白ワインに良く合います♪






f0189142_17544531.jpg






「イカとカリフラワー」
カリフラワーは生のまま薄くスライスしてあって、説明を受けなければカリフラワーとは気づかない感じで、食感も良かったです♪
烏賊はアーモンドオイルをかけてグリルしたものだそう。
同色の食材は合うんだそうです!






f0189142_17552832.jpg






「白アスパラとコンテ」
コンテはロワールのチーズ♪
白アスパラもロワール産バターを入れて茹でてるそうです。
そして同じくロワール産のモリーユという茸を添えて。



ここで写真にはありませんが、イチジクのパンとプレーンのパンが供されました。



f0189142_17554663.jpg







「オマールブルーとシェリー」
イチゴのコンポートが添えられています♪
ココアパウダーを振りかけてあって、これが絶妙に合いました♪
今まで食べたオマール海老の料理でも、群を抜いて美味しい♡


写真にはありませんが、
この後、お口直しに、
青リンゴのシャーベットだったかな、
「グラニースミスとカルダモン」がサーブされました♪




f0189142_1756222.jpg







「黒トリュフと玉ねぎ」
これは佐藤シェフのスペシャリテですよね♪
ポスターの写真もこちらですものね♪
玉ねぎをカラメリゼしてパン粉とブールクラリフェ(澄ましバター)を掛けて♪
トリュフと甘い玉ねぎ、合うんですね♪




f0189142_17562930.jpg






「仔牛とトリュフ」
10ヶ月の仔牛にフォンドボーとクリームのソース♪







f0189142_1758117.jpg







「オーブラック牛と和牛」
仏産牛肉に和牛を巻いて、ポテト、更に生ハムを乗せて♪
ジャガイモの甘味とそれぞれの肉の旨味が絶妙のバランスになっています♪





f0189142_1804199.jpg






右は、
「レモン」
シャーベットの酸味が強いのでお口がサッパリと♪

左は、
「バイナップルタルトスとペドロヒメネス」
パイナップルのタルトにシェリー酒のアイスクリームです♪




f0189142_17582038.jpg







「黒トリュフのタルト」
下にブルトンサブレを敷いて、上にカスタードクリームを乗せ、黒トリュフで覆っています♪






f0189142_1854870.jpg









写真にはありませんが、別にカップに入った
「ショコラとノワゼットとバナナ」
ヘーゼルナッツのスポンジケーキにバナナのクリーム、チョコレートアイスクリームの冷たいデザートも一緒にサーブされました♪






f0189142_1825060.jpg







プチフールは、
バラのマカロン、タルトフラン、ホワイトチョコトリュフ、チョコレートケーキ♪





f0189142_1871457.jpg






食後酒でいただいたこの、「カルヴァドス ルコント」が美味しかったです◎







f0189142_1875044.jpg







こちらが佐藤伸一シェフです!
今回、パリからはシェフ6名、サービス3名のスタッフが一緒に来日したそうです。
この間、パリのお店はクローズしてるのだと。。


どのお料理もとても繊細で、優れた独創性があって、今まで食べたことのない食材の組み合わせや、驚きの味のハーモニーがありました!
やっぱり本場パリの2ツ星は、別格のものだと実感!
素晴らしいディナーを東京で体験できて幸せでした♪

またパリでも東京でもチャンスがあれば、ぜひ佐藤シェフのお料理を堪能させていただきたいものです♪






ながながと食いしん坊メモにお付き合いくださって有難うございましたm^^m








by jackie style
[PR]
by jackie-style | 2017-08-08 20:03 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/28035522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
2017バンコック&シェムリア... >>