2017バンコック&シェムリアップへの旅−8

f0189142_15333144.jpg







とびきりの笑顔でウェルカムされて、真っ白の清潔なカバーのかかったシートに身をゆだね、外気温は36度の猛暑の中を、冷房の効いた車がゆっくりと走り出しました♪






f0189142_15342177.jpg








もちろん、冷たいお水とおしぼりも用意されて、いつものアマンスタイルですね♪





f0189142_1535613.jpg







舗装されていない道路がたくさん。。。






f0189142_1535337.jpg







アジアの国々の中でも、カンボジアはまだまだこれから発展していかなくてはいけない、途上国の一つなんでしょうね。。






f0189142_1536544.jpg







15分ほども走ったのかしら、、、なんと目の前に世界遺産がもう見えてきました!






f0189142_15362744.jpg







シェムリアップの市街地から、すぐ近くにあるんですね!!






f0189142_15371234.jpg







緑がたくさん目に飛び込んできます♪






f0189142_15375324.jpg







あっという間にアマンサラに到着したようです♪
アンコールワット遺跡のエントランスからは10分程の所に位置するそうです!





f0189142_15382658.jpg







クメール語でアマンサラって書いてあります。。たぶん!^^






f0189142_1541833.jpg







フランス人女性のGMはじめ、大勢のスタッフが笑顔でお出迎えしてくださいました♪






f0189142_15422099.jpg







このプール、何百回?、いやちと大袈裟か・・・何十回見たことでしょう。。。
その昔1967年、カンボジアを訪問したジャクリーヌ・ケネディがこの地にあった迎賓館に迎えられ、その迎賓館をアマンがホテルにしたと聞いて以来、ずっとずっと一度は訪れてみたいと思っていました。。

その当時の写真が検索したら出てきたので、最後に貼り付けておきますので、ご興味あればご覧くださいませ。。





f0189142_15435018.jpg







客室に案内される前に、こちらのダイニングルームを通りました。
アマンサラは全室24室のみの小さなホテルなので、レストランはここのみ。
朝食も昼食もディナーも全てこちらでいただきます。
もちろん、ルームサービスでいただくこともできますが。




f0189142_1545383.jpg







ちょうど、シェフが厨房から出てこられて、丁寧にご挨拶くださいました!
お忙しそうだったので、どちらのお国の方かは聞かずじまいでした。。
でも、体型からして美味しそうなものを作ってくれることは間違いなさそう。。。^^




f0189142_15464171.jpg







中庭を挟んで、両サイドにオールスイートのお部屋が並んでいます。
24室のうち、半分の12室がプールスイートで、あとはコートヤードスイートとスイートに分かれているそうです。






f0189142_15473690.jpg








石柱の並ぶコリダーが美しく静謐でした。。。





f0189142_15502226.jpg







こちらが私たちのお部屋です♪
右手奥のドアが入り口です。
コンパクトな作りになっています。




f0189142_15512250.jpg







ベッドの上には、男女別のチェックのバティック(カンボジアではクロマーと呼ぶそうです)がプレゼントで置いてありました♪






f0189142_15514576.jpg







外廊下に面した窓にブラインドがかかっていて、その手前にデスク、ベッドと配置されています。






f0189142_1552767.jpg







テーブルには、ランブータンとトリュフチョコレートのウェルカムです♪






f0189142_15523213.jpg








ルームキーが木彫りの象さんで可愛かった♪





f0189142_15525166.jpg







サイドテーブルの上にも、ウェルカムで生春巻きと飲み物(何だったか、たぶん柑橘系だと、、)が運ばれました♪

チェックインもお部屋で行います。
担当のThanyさん(←谷さんと覚えやすい♪)は、独学で日本語を勉強したそうですが、もう凄く上手でびっくり!
相当頭の良い女性だなと、すぐにわかりました!





f0189142_15532739.jpg







ソファーセットから段差で降りると、このバスタブが置かれています。






f0189142_15541741.jpg








ガラス扉の向こうにテラスと6mx5mのプランジプールがあります♪





f0189142_1556129.jpg







テラス内側の両サイドにはシンクが。
奥にバスタオルとバティックがかかっていて、シャワールームへ続いています。






f0189142_15572257.jpg







シャワー室からの眺め。






f0189142_15593724.jpg







ちょっと暗くて分かりづらいですが、入り口ドアに続く壁際には、クローゼットやトランク置き場、ミニバーがあります。






f0189142_1602365.jpg







この砂岩でできたレリーフがアクセントになって素敵でした♪






f0189142_1615276.jpg







他のアマンに比べると、お部屋の広さは無いんですが、なぜか居心地は良いんです♪
テラスが広々としていて、プールも目に入るから、ちっとも狭さを感じません!






f0189142_1621561.jpg







セキュリティーボックスとミニバーコーナー。






f0189142_162413.jpg







カシューナッツとピーナッツとライムが常備されていました♪






f0189142_1631698.jpg







ドリンクは全てコンプリ♪
ビールも飲み放題ですぅ◎
ただしレストランでビールをオーダーしたら、それにはチャージされると!
全然いいです、ビールはお部屋で飲みますっ♪





f0189142_1633547.jpg






って、早速ビール開けちゃってますね。。笑








そろそろディナータイムです♪




f0189142_1643430.jpg







このサーキュラーになってる天井の曲線が美しくライトアップされています♪






f0189142_165086.jpg






まずは、きゅうりとトマトと玉ねぎの野菜にミンチのお肉と麺、それに干しエビのスープをかけて♪







f0189142_1652149.jpg







あっさりとしたお味で、ヘルシーメニューです♪






f0189142_1654724.jpg







マンゴーサラダには、烏賊や人参や帆立入り♪






f0189142_1661095.jpg







サーモンフィッシュカレー♪






f0189142_1663279.jpg








スペアリブ♪





f0189142_1665249.jpg







青梗菜のサッと炒めたもの♪






f0189142_1681731.jpg







多すぎず少なすぎず、ちょうどよい量のお食事でした♪

アマンサラでは、毎朝食と、ランチかディナーどちらか一つを選べて、1日2食までは宿泊料金に含まれます♪






f0189142_1685272.jpg







デザートは、生クリームにパッションフルーツを合わせたもの♪






f0189142_1691444.jpg







ココナッツアイスとステッキーライスのお菓子でした♪






f0189142_1693614.jpg







お部屋に戻るとベッドの上に、タイの花数珠プアン・マーライのような花飾りが置いてありました。
ジャスミンの花の香りがします♪

今夜はジャッキーの夢でも見ましょうか。。。






*****













f0189142_188672.jpg







1967年、ノロドム・シハヌーク(シアヌークは仏語読みだそうで、原音に一番近い読み方は、ノロードム・シーハヌだそうです)国王に出迎えられて。。






f0189142_1882095.jpg














f0189142_1884182.jpg














f0189142_189822.jpg














f0189142_1892297.jpg














f0189142_1893930.jpg






ヴァレンティノ・ガラヴァーニのドレスが素敵です!










つづく









by jackie style
[PR]
by jackie-style | 2017-08-01 21:45 | 海外 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/28018468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 再びの紀尾井町三谷&パッサージュ53 2017バンコック&シェムリア... >>