2017バンコック&シェムリアップへの旅−5

f0189142_11303476.jpg







朝食後、ゆっくりホテル内を見学&撮影してみることにしました♪
お庭や小道も全てが美しく見えるようにトータルでデザインされてるんですね♪
ここを通り抜けると、、、






f0189142_11305877.jpg







メイン棟の裏側に出ます。
右脇の階段を登ると、、、






f0189142_11311988.jpg








ビリヤードを楽しむスペースがありました♪





f0189142_1131404.jpg







反対側から、階段を登ってきたところのエントランスを眺めて。。






f0189142_1132453.jpg







さらに先には、階下にスパの施設を見下ろせます♪






f0189142_11345321.jpg







この階段を降りるんですね、、、






f0189142_11494093.jpg







ここがスパの入り口です。。
残念ながら、今回私たちは時間がなくて利用しませんでしたが、ゆったりとしたロビーを見るだけでも、その充実ぶりがわかりますよね。。
なんでも、「コンデナスト・トラベラー」が2015年にベスト・シティスパに選んだそうです!
実力のほどがわかりますね◎






f0189142_11354660.jpg







上の階に戻って、ガラスの陳列棚にはたくさんの年代物の陶磁器が飾られています。






f0189142_11365226.jpg







この馬車もアンティークで貴重なものなんでしょうね。。
すみません、、、詳しくなくて。。
ただ、へぇ〜とか、ほぅ〜とか言って見てるばかりで!^^;






f0189142_11382028.jpg







コーナーの片隅もほってはありません!
計算され尽くしてあります。。






f0189142_11392357.jpg







そして、真ん中にあるのが、この迫力あるアトリウム!
約30mはあるでしょうか、天井のガラスから日差しが差し込み、南国の青々とした木々の葉をキラキラと輝かせ、昨日の夜の幻想的な感じとはまた違った美しさです♪
アーバンリゾートホテルと謳われるのも宜なるかなですね♪






f0189142_1140387.jpg







真ん中の植物園を、ライブラリーやミュージアム、シアタールームにジムなどの施設が取り囲んでいます。
ここはそのライブラリーやシアタールームの外側に陳列されたミュージアムの一部です。






f0189142_11404944.jpg







ありとあらゆる種類のアンティークが集められていました。。






f0189142_11511724.jpg







片隅にもゆっくりと寛げるコージーなコーナーが♪






f0189142_1152574.jpg







お部屋の中に入ると、こちらはライブラリーを兼ねてのミュージアム♪






f0189142_11524686.jpg







その奥にシアタールーム♪






f0189142_11531426.jpg







いつでも好きなDVDを鑑賞できそうです♪






f0189142_11544683.jpg














f0189142_11573673.jpg







古い映写機でしょうか。。
ディレクターズチェアも古そうです。。






f0189142_11585573.jpg







アンティークなカメラの数々も展示されています。。






f0189142_11594031.jpg








膨大なコレクションですね。。





f0189142_1204178.jpg







こちらは、ジムの受付です。





f0189142_1211392.jpg







写真にはありませんが、ムエタイのリングもありました!

残念だったのは、レンタルシューズが無かったことかな。。
あったら、マシンで汗を流したかったんですけどね。。
なにしろ、毎日3食しっかり食べまくってましたから、カロリー少しでも消費したかった。。。^^;






f0189142_1254636.jpg







もうね〜、ホテル全体が博物館であり美術館でもありました♪






f0189142_1265492.jpg







これは駐車場の入り口に飾ってあったのかな。。







f0189142_12114084.jpg







ここまで徹底したホテル作りは、一体誰がデザインして、誰がオーナーなのか、、、、気になりますよね〜。。
そしてこれらの膨大な数のアンティークは一体どこから集められてきたのか。。。。





f0189142_12141462.jpg







ロビーに戻ってきました。。






f0189142_12145760.jpg







ロビーの飾り棚を覗き込んでみると、、、、






f0189142_12152843.jpg







ひゃ〜!!
1368〜1644AD Ming Dynastyですって!!@@
明の時代に埋葬用として作られた俑でしょうか。。。
一体どれくらいの価値のあるものなのか。。。
それが、ガラスケースの中に何体も飾ってあるんですもの!!!

ねぇ〜ますます気になるぅーーー!?
一体誰が???って感じですよね!!!






f0189142_1217552.jpg







ちょっと中庭で気持ちを落ち着けて。。。






f0189142_1218354.jpg







噴水のコートヤードを抜けると、その先に、、、
こちらのカフェがありました♪







f0189142_12195865.jpg







このカフェは、ホテル宿泊客ではない外からのお客様も入れるそうです♪







f0189142_12202923.jpg







虎の椅子もユニーク!
鳥かごがありますね!






f0189142_1220481.jpg






可愛らしいセキセイインコが2羽いました♪
美しい羽の色ですね♪





*****



ところで、気になるこのホテルのオーナーファミリーがわかりました!
the sukosol hotel
など、タイ国内にホテルをいくつか経営、そして有名な音楽一家でもあるスコソンファミリーでした!

母親のカマラさんは、有名なジャズシンガーで、長男のスキさんは、ロックシンガーでレコード会社のオーナー、長女のマリアさんはタイの歌姫、次男のクリサダさんは俳優でロックシンガーなんだとか。。

そして、クリサダさんはサイアムのクリエイティブディレクターとして、世界的なデザイナーのビル・ベンズリー氏と一緒にこのホテルをデザイン、
自身の膨大なアンティークコレクションを配して、ミュージアムのようなホテルに作り上げたのだそうです。。

なるほど、、、
他では真似のできない、個性溢れるホテルはそうして創られたわけですね。。。。








by jackie style
[PR]
by jackie-style | 2017-06-26 18:37 | 海外 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/27926200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「Cheval Blanc R... 2017バンコック&シェムリア... >>