2017バンコック&シェムリアップへの旅−3

f0189142_16351922.jpg






車寄せから降りて階段を上ると、真ん中に噴水のあるオープンエアな中庭があります。
鬱蒼とシダ植物が覆っていて、まるで秘密の基地に迷い込んだかのようなミステリアスな雰囲気に飲み込まれます。。
初っぱなから劇的なんです!







f0189142_16335565.jpg








その中庭を突っ切って、こちらのロビーエリアに通されます。
国王ご夫妻の肖像画もアンティーク風ですよね。。




f0189142_16342562.jpg







ロビーの片側には、人形やら置物やらが所狭しと並んで飾ってあります。
最初ギフトショップかしらと思ったのですが、そうではないようです。。
この先、ホテルの全容がわかってくると、ふぅん、なるほどね〜と思うんですけどね。。






f0189142_16373941.jpg







ウェルカムドリンクもこんな風に盛られて出てきました!
凝ってますよね〜!
お花や、象や牛の置物まで添えてあって、タイ風なアレンジってとこでしょうか・・・
丁寧なおもてなしの気持ちが伝わってきます♪
パッションフルーツのジュースです♪

この写真を撮ってる間にも、バトラーのSumetさんが、跪きながら、ストローの位置を色々変えてみてくれたりして。。。
男性なんですが、とっても女性的な立ち居振る舞いで繊細なの。。
なんだかタイらしいなぁ〜と妙に納得しちゃって。。
ちょっと微笑んじゃいました^^;




f0189142_16391511.jpg







これはシューメットさんではないのですが、この格好がバトラーさん達の制服で、白い詰襟の長袖シャツに黒のロングコートの装いはとってもエレガントに見えるんですよ〜◎






f0189142_16395834.jpg







私たちの部屋まで案内してくださる長い廊下のあちらにもこちらにも目を奪われるコーナーが♪






f0189142_16403086.jpg







ちょっとホテルを創るから骨董品集めてきましたってレベルの数じゃないんですよね。。






f0189142_16405818.jpg






ここから先は、ホテルゲスト専用の入り口になっていました。







f0189142_16414348.jpg







廊下を渡ったすぐ先に迎えてくれたのは、、、、
熱帯ジャングルのような温室と水盤!
3階くらいまでの高さまで茂っています!
この吹き抜け感には圧倒されました!!

翌朝ここを通ってみたら、しっかりシャワーが上からも下からも降り注いでいて、専任のスタッフがきちんと手入れを施していました。
私たちが到着したのが夕方の6時くらいだったかな、、もうライトアップされていてとても幻想的でした。。
本当にドラマチックな演出ですよね〜!

このメイン棟の一階、この植物園?の周りを囲うように、(また後ほどお見せしますが)ライブラリーやミュージアム、シアター、ジムなどのパブリックスペースがあり、その上の二階と三階には客室があるようです。
ホテル全体では、このメインレジデンスの28室のスイートと、チャオプラヤ川沿いに建つコートヤードとリバービューのヴィラを合わせて、全部で39室のゲストルームだそうです。
スモールラグジュアリーホテルなんですね♪




f0189142_16444083.jpg






メインレジデンスを通り抜けて、一旦外へ出ると、今度は樹木でトンネルを作ったような小道に誘われてゆきます♪







f0189142_16521215.jpg






夜のチャオプラヤ川を見ながら案内されたのは、「プールヴィラリバービュー」のお部屋でした♪
茶色の扉が外からの入り口です。
すぐ横に螺旋階段が。






f0189142_16473223.jpg







中に入るとすぐに、オープンエアのプライベートなコートヤードがあります。
奥に見えるステップの先は、寝室とリビングとバスルームの客室になっています。





f0189142_16552515.jpg







寝室側から先ほどの外玄関と螺旋階段を見て。






f0189142_1656015.jpg







使わなかったけど、この中庭には大きなディベットが。






f0189142_16594784.jpg






ジャグジープールも使わず。。
小さいので、外風呂みたいな感じかな。。







f0189142_172850.jpg







寝室です。







f0189142_1731420.jpg







コートヤードがある分、寝室兼リビングルームはちょっと手狭な感じかな。。






f0189142_1742011.jpg







コートヤードから入る内玄関をみたところ。






f0189142_1752772.jpg







暗くてわかりにくいかもしれませんが、テーブルの前にはTVキャビネットとミニバーがありました。






f0189142_1755616.jpg







ウェルカムはフルーツ盛りでした♪
バンコック市内の地図が役に立ちました。





f0189142_176368.jpg







バナナチップスや豆類のお菓子。






f0189142_1765525.jpg







ドリンクは全てコンプリではありませんでした。






f0189142_1792320.jpg







ベッドは3段のステップを登った高い位置にあります。
左手入り口手前にデスク。
その先のカーテンが下がっている小部屋がクローゼットです。






f0189142_17103146.jpg







両サイドにハンガーバーと収納棚があって、こじんまりとしていますが、特に不自由は無く。
奥は全身を映せる鏡が取り付けられています。





f0189142_17112428.jpg







そのクローゼットの反対側は、化粧台になっていました。






f0189142_17122616.jpg







クローゼットとドレッサーのさらに先、一番奥にあるのがバスルームです。






f0189142_17125890.jpg







黒と白のシックな色使い。






f0189142_17133581.jpg







ちょっとシノワズリーな感じですね。






f0189142_1714331.jpg







ダブルシンクの反対側にトイレとシャワーブースが並んでいます。






f0189142_17144568.jpg







もう一度コートヤードに出て、螺旋階段を登ってみましょう♪
上から見下ろしてみました。
秘密の隠れ家感ありますよね〜。。
ここはお忍びで泊まるようなゲストにピッタリかも。。
小説や映画のシーンに使えそう。。
な〜んて、想像がたくましくなっちゃいますわ!
そういえば、タイ王室の方々もお気に入りのホテルだとか。。




f0189142_17154512.jpg






上に登り切ると、そこは小さなテラスになっていて、チャオプラヤ川を見下ろせました♪







f0189142_17163836.jpg






ホテル専用の桟橋の上はレストラン&バーになっていました♪
外は夜になってもまだ蒸し暑いんですが、、、
川風が吹いてくるのでしょうか、みなさん寛いで楽しんでるようでした。。
風情がありますね♪






f0189142_17184150.jpg






滞在中はいつもこちらのレストランを利用しました。
「Deco Bar & Bistro」です。
外にもテラス席があるのですが、暑がりの私たちはいつもクーラーの効いたこの室内で。。







f0189142_1719931.jpg







アール・デコ調のインテリアになっています♪






f0189142_17193458.jpg







アミューズで出されたものは、ラーメンを揚げたような感じのものでした。






f0189142_17201767.jpg







チキンのサテ♪
美味しいです♪






f0189142_17203997.jpg







スパイシーなイエローカレー、蟹入りです♪






f0189142_1721075.jpg







これはチキンのココナッツミルクスープ♪
どれも美味しかったんですが、中でもこれが一番でした◎






f0189142_1721183.jpg














f0189142_1722311.jpg






フライドライスヌードルの豚肉入りで、「PHAD THAI GOONG」です♪




ホテルのお食事も満足できました◎
翌朝の朝食がまた楽しみだわ〜^^♪




つづく







by jackie style
[PR]
by jackie-style | 2017-06-03 10:06 | 海外 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/27862929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2017バンコック&シェムリア... 2017バンコック&シェムリア... >>