「Ruffles Hotel」 2016 Summer Vacation-12

マレからシンガポールまでは約4時間50分程のフライトでした。
往路のSQのお食事は美味しくいただきましたが、さて復路はどうでしょう?










f0189142_183546.jpg







アペタイザーは、マリネした海老にスモークチキンとモッツアレラチーズ、バルサミコドレッシングです♪
今こうして写真を見ただけでも美味しそうですよね♪




f0189142_1841479.jpg







メインで選んだのは、ブレイズしたラム、付け合わせはラタトゥイユにリヨネーゼポテト、グレービィーソースで♪






f0189142_1844544.jpg







デザートはパンナコッタ♪






f0189142_1851164.jpg







チョコレートケーキも選べます♪
コーヒーはイリィの豆の数種類のセレクションからチョイスできます♪

どれも美味しく頂戴しました♪
SQの評価が高いのも頷けますね。


シンガポール着は、夜の9時近くでした。




f0189142_1854345.jpg







大昔に一度お邪魔して以来の「ラッフルズホテル」です♪
タイ旅行の帰りに寄って、宿泊はしなかったんですが、こちらの中庭にあるレストランで、小さかった娘のお誕生日をお祝いしました♪
その時のチョコレートケーキがとっても美味しかったのを今でも覚えています♪
時の過ぎるのって、本当にあっという間なんですね。。。(しみじみ)





f0189142_1862237.jpg






このロビーの大階段の上から、英国紳士が手にした背広をくるっと大きく回して袖を通しながら降りてくるのを、下から見上げて惚れ惚れしたのを思い出します!
やっぱりスーツを着慣れてるなぁって・・・・とてもかっこ良く見えた。。。
宿泊客以外は立ち入れない二階のエリアから、談笑しながら降りて着た英国紳士達を眺めて、いつか私たちも絶対このホテルに泊まろうと、心に誓ったんですよね。。
あ〜〜それから随分と長いこと、なぜかご縁が無かったんですよね。。
でも、今回やっと来れてようやく念願が叶いました♪








f0189142_13582519.jpg







チェックインの手続きを待つ間にサーブされたウェルカムドリンクは、もう有名ですよね!
シンガポールスリングです♪
ドライジンをベースに、チェリーブランデーやパイナップルジュース、ライムジュース、コアントローなどをシェークして、最後にソーダ水で満たしたカクテルです♪
パイナップルとチェリーの飾りが愛らしい♪
ほんとは甘いお酒は苦手なんですが、シンガポールの気候に合ってるみたいで、ゴクゴク一気飲みしちゃいました♪
美味しかったです♪



f0189142_1404754.jpg







お部屋に案内されて・・・
この長い回廊・・・・風情ありますよね♪






f0189142_1412085.jpg








私たちのお部屋は、この建物の一階の右端にありました。





f0189142_1415223.jpg







振り返って見れば、先ほどチェックインした本館が美しく照らし出されています♪






f0189142_1465448.jpg







ちょっとした場所がとても絵になります♪






f0189142_1431873.jpg






パーソナリティスイートで予約を入れたのですが、このカテゴリーには、過去にラッフルズに宿泊し伝説的な逸話を残した著名人の名を冠した12室のスイートがあります。
エヴァ・ガードナー、チャーリー・チャップリン、ノエル・カワード、アンドレ・マルロー、ジョン・ウェイン等々、中でも有名なのは、サマセット・モームですよね!
ゲストがその中の誰々の部屋をと事前にリクエストすることはできないようでした。。
なので、それらのどのお部屋に通されるかはこの時までわかりませんでした。

で、私たちが案内されたお部屋は、なんと「サマセット・モーム」のお部屋でした!!
内心、そうだったら良いな〜と願ってたので、とても嬉しかったです♪

玄関ドアを開けて左手に、ソファーセット。






f0189142_1443385.jpg







玄関ドアを背にして右手にテーブルセット。






f0189142_145093.jpg







ウェルカムフルーツとラッフルズチョコレートが置いてありました♪






f0189142_1484152.jpg







サイドボードを開けると、ミニバーやティーセットが。
実は翌日気がついたんですが、この中にあった白ワインのボトルが一本、中身が空っぽなのに、うまく蓋を被せてあって、すぐには気付かれないようにカモフラージュされてました!
ゲストの誰かの仕業で、チャージされないようにしたんでしょう。。。
すぐにその旨をバトラーに話したのは、もちろんのことです。
でも、お部屋のクリーニングの際には、こうゆう細かい点までチェックするのが当たり前だと思うのですが、、、、
その後の対応は、また次回以降で書きますね!
流石にラッフルズホテル!と思わせる対応だったことだけは、先にお伝えしておきますね。。






f0189142_14104581.jpg







リビングエリアの次にベッドルームです。
奥にドレッシングエリアとバスルームがあります。





f0189142_14112516.jpg







ベッドの対面には、テレビがセットされた大型ワードローブ。
ワークデスク。






f0189142_1412947.jpg







歴史を感じるアンティーク家具も照明も、全てがぴったりとマッチしていてとても素敵なお部屋でした♪






f0189142_1415124.jpg







大理石のタイル張りのダブルシンク。






f0189142_14165145.jpg







モスグリーンカラーが美しいバスルームです♪






f0189142_14172553.jpg







ウォークインシャワーブースが隣に。






f0189142_1418043.jpg







色彩の美しい陶器の象さん♪
これ欲しいなって思いました!
綺麗なプランターに植えられた植物が置かれてるだけで、なんだか清潔感が増しますよね♪





f0189142_14201192.jpg







デスクの周りの壁には、






f0189142_14395735.jpg







サマーセット・モームがホテル宛てに書いた、お礼状が飾られていました!
一つは、ルクソールのウィンター・パレスホテルの便箋を使ったものでした!
ちょっと調べて見たら、ソフィテル経営で今でもエジプトルクソールにありました!
5つ星の由緒あるホテルです!
いつか泊まってみたいものです♪






f0189142_14213996.jpg







1960年2月にラッフルズホテルで撮られたサマセット・モームの写真です!






f0189142_14412260.jpg







夕食がまだだったので、お腹が空きました!
でも時間が遅かったので、レストランではなくて、こちらの方へ、、、






f0189142_144146100.jpg







有名なロングバーです♪





この時には、まさか、、、、あんなことになるとは、夢にも思ってなくて。。。。








つづく。。。






by jackie style
[PR]
by jackie-style | 2017-02-14 18:15 | 海外 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/27558535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Pockie_totoro at 2017-08-12 00:19
こんにちは、Pockieです。

久々にこちらを拝見したら・・・・先般、念願かなって泊まったラッフルズの紹介があるじゃありませんか!とびっくりでした。泊まる前に拝見するべきでした。。

それにしても、ピーナッツの件は本当に残念でしたね。私が行ったときは、ロングバーはリノベーションにはいっていたので、あの名物は見られませんでした。カレーも本当においしかったです。

まだGWの旅をアップしているのに、念願かなって6月に泊まったので、感激のまま、先にアップしちゃいました(笑)1泊の間、ず~っとラッフルズ漬け、一歩も出ずに堪能し、本当に素敵な体験でしたね。
http://pockie3212.exblog.jp/i79/

シンガポールはまた行く機会があるでしょうから、ぜひぜひリベンジしてください。私もグルメなお店がまだあるので、また行きたいです。
Commented by jackie-style at 2017-08-14 10:20
☆Pockieさま♪

お久しぶりです♪
コメントありがとうございます!
お盆休みの小旅行に行ってて、お返事遅くなりましたm^^m

ラッフルズ!
6月にいらっしゃったばかりなんですね!
またじっくり旅記事読ませていただきますね♪
リノベ中だったと思いますが、楽しまれたようで何よりです^^
あの雰囲気は、そうそう他のホテルでは作り出せないですよね◎
歴史の重みと威厳と華やかさが一体となって醸し出すものがありますものね!

リベンジいつか叶うと良いなぁ。。。
シンガポールにはたくさん美味しいお店がありますものね←そこかい^^;

またゆっくりそちらにもお邪魔させてくださいませ♪
<< 「Ruffles Hotel」... 「Cheval Blanc R... >>