「Hotel Bel Air」@Los Angeles-2015 Summer Vacation-8

プロビデンシャレス空港を朝9時に出発して、2時間弱のフライトでマイアミには11時頃に到着。
予定では、マイアミ空港内で3時間の待ち時間の後、午後2時にマイアミからロスへ飛び、5時間半のフライトで、(時差があるため)ロスには夕方5時には着いているはずでした。
それなら余裕でホテルのディナータイムを楽しめると踏んでいたのですが・・・。


ところが、到着したマイアミのイミグレーションが激込みで、南米からのフライトが次々と到着するため、すでに長蛇の列が幾十にも蛇行しているではありませんか!!
カウンターはたくさんあるのに、一向に進まない。。
空港スタッフが誘導して整理してるつもりなんでしょうが、見てると凄く大雑把で、適当に10人単位くらいの一纏めで区切って、カウンターの前へ進めと指示するんですが、係官によっては仕事のスピードがマチマチだから、サクッと進む窓口とちっとも進まなくてそこでも行列ができちゃう窓口ができてしまい、たまたま選んだカウンターの運次第になっていて、不公平かつ非効率的なんですよね。。
日本の銀行のATMみたいに、先頭から順番に空いたカウンターへサクサクと進ませれば良いのに。。。
太っちょのおじさんスタッフが汗だくになってやってるんだけど、全くクールじゃない仕事ぶり。。。
結局1時間近く並んで、やっと次は自分たちの番だと思ったその時、な〜んとカウンターのPCが全てシャットダウン!!!
もう、嘘でしょーの瞬間でした!!

それからがまた大騒ぎ!
特別にグリーンの用紙を渡すから、それに必要事項を記入しておけと。。
ところが、英語じゃなくてスペイン語で説明したりするもんだから、こっちは全然意味不明!
しかもグリーンの用紙を持った係官があっちこっちに移動して適当にばら撒くもんだから、それを追っかけてるうちに、紙が無くなってまたどっかへ行っちゃうしと。。。
ホント、何やってんだろこの人達、頭相当悪いんじゃないの???と、全く呆れてしまいました。。。
日本の空港じゃ考えられませんわ!!(怒)

で、ようやくどうにかそのグリーンの用紙を見せてイミグレーションは通過、ヤレヤレと思いつつ、指示された通路を進んで行くと、今度は手荷物検査所がこれまた長蛇の列!!
またかいやと、もうため息しか出ません!!
片側の壁際では、次のフライトが間に合わない人々がキャンセル&再予約の手続きをしてるし。。
私たちもひょっとしたら間に合わないんじゃないかと、内心気が気じゃなくて。。
そこを通過すると、さらに次はボディチェックの長蛇の列。。。
ここまでくると、もう屠殺場に向かう子羊のごとく、諦めの境地に達しておりました。。
そんな絶望の表情を見たからなのか、、係官がやってきて、私達日本人夫婦と小さな子供達は、先に行ってよしと許可を貰ったのよね!(笑)
で、やっとボディチェックも無事通過。。

次のロスまでの飛行機に間に合うかとずっとハラハラしていたのですが、このハプニングのせいか遅延していて、ラウンジで軽食を取る時間までありました!
ここで気分を一新して、さぁ後はロサンジェルスにひとっ飛びと、ようやく安堵の気持ちにホッと胸をなでおろしてました。。。。

結局ロスには夜の7時半頃でしたでしょうか、とにかく無事に到着できました。
まぁ、まだホテルでゆっくりできる時間があるから良かったねと話してたんですよね。。。
ちゃんとホテルカーのドライバーさんも出迎えてくれていて、優しそうなおじいさんでとっても明るいし、思わずこちらも笑顔が溢れてしまいます。。
ここまでが本当にヤレヤレでしたから。。。



ところが、ロスの国内線のバゲージクレーム!
まず、電光掲示板が見当たりません!
普通一覧すれば、どの飛行機の便の荷物が何番のターンテーブルで出てくるのか即わかるようになってるじゃないですか!
それがここでは、各ターンテーブル毎に表示されているのを自分達でチェックしなくちゃならないみたい!
ドライバーのおじいさんが気を利かせてアメリカン航空のデスクに聞いてくれ、多分4番のターンテーブルで待ってれば私達のバゲージが出てくるよと教えてくれました。
ところが、待てど暮らせど一向に私達のバゲーッジが出てこない!!
皆んな次々と自分の荷物を引き取って行くのに、私たちだけ取り残され。。。
さすがにおかしいので、又々アメリカン航空会社のデスクに尋ねると、もしかしたら提携航空会社のフライトで運ばれてるかもと。。
本当ですか?と聞けば、フィフティフィフティだわねと。。。(爆)
もちろん、引き換えのタグナンバーやロスのホテルの住所等、ロストバゲッジの際の必要事項を記入して手続きは済ませたんですが、何しろ2日後には日本に帰国するので、ロスにいる間に見つからなかったらどうなるんだろうと不安で一杯になりました!

マイアミの空港がPCシャットダウンだったから、大混乱してたのかもねとも思いつつ、別の提携航空会社のターンテーブルまで移動。
そこでも待てど暮らせど一向に私達の荷物は現れません。。。
結局夜の12時も近くなり、このまま待っていてもロストバゲッジで無理だろうと判断して、とりあえずホテルまで送ってもらうことにしました。。

ドライバーのおじさんも凄く気を使ってくれて、次のフライトで荷物が届くかもしれないよと励ましてくれたり、明るく慰めてくれたり、アメリカン航空に何度も掛け合ってくれたりしてくれていたんですが、これ以上長時間付き合わせるのは申し訳なくて。。。

せっかくの初ロスだったのに、意気消沈して口数も少なく、深夜のロサンジェルスをぼうっと眺めながら、一路ホテルへと向かったのでした。。


*****





チェックインでホテルスタッフに事情を説明し、翌日ホテルからもアメリカン航空に問い合わせてもらう事にしてから、お部屋へと案内してもらいました。

気持ちは沈んでいたのですが、とにかくホテルの思った以上の素敵な雰囲気が何処も彼処からも伝わってきて、夜の暗さの中でもはっきりと、ここが素晴らしいホテルに間違いないことが良くわかりました!
ロストバゲッジがなかったら、どんなに気分が高揚していたことでしょう。。



もう長〜〜い事、ずっとずっと密かに夢見ていた、ビバリーヒルズの鬱蒼とした森の中に佇むHotel Bel Air♪







f0189142_2139814.jpg








これは翌日に撮った写真で、一階にあるお部屋の入り口です♪

サンフランシスコ在住の女性作家の小説の中で読んで、その描写に惹かれて一度は泊まってみたいと憧れていた部屋♪

「SWAN LAKE SUITE」♪
この部屋にこそ泊まってみたかったのです♪




f0189142_14553295.jpg






ここからは到着したその夜に撮影したお部屋の写真になります。
こちらはリビングルーム。
奥はベッドルームとバスルームへと繋がっています。






f0189142_14555225.jpg







寝室側から見たリビングルーム。






f0189142_14593286.jpg







白い玄関を入ると真っ直ぐ通路の先には。。






f0189142_1541013.jpg






もう一つのレストルームが。
照明がどこも素敵です♪




f0189142_15102642.jpg







もう一度リビングルームに戻って、左手が白いドアのお玄関です。






f0189142_15121629.jpg







以前パリで泊まった「プラザ・アテネ」も「ムーリス」も、このホテル「ベル・エア」もDorchester Collectionの中のホテルです。
どのホテルもとても気に入ったので、来年は他のホテルも検討してみましょう♪








f0189142_1517597.jpg







こちらが寝室になります。






f0189142_15185655.jpg














f0189142_15302746.jpg







壁の装飾は、手の込んだ螺鈿のような装飾になっていて、これ一つ取っても、家具調度品を見ても、高級感溢れる造りなのが良くわかります。






f0189142_15225755.jpg







クローゼットも使い勝手良く、ここでのプチシャンデリアも可愛らしかったです。






f0189142_1535086.jpg








右奥がバスルーム。





f0189142_15261371.jpg







左手にシャワーブース。
ミラーインTVになっていました。






f0189142_15392960.jpg







深夜でしたが、午後からずっと食事を取ってなかったので、ルームサービスをお願いしました。






f0189142_154174.jpg







クラブサンドイッチも、オイルサーデンとチーズのブルスケッタだったかな?、ロメインレタスのパルメザンチーズかけサラダも、美味しかったです♪
ウェルカムのシャンパンを開けて、少しでもぐっすり眠れるようにしたのはもちろんのことでした。。
明日のことは、明日考えましょうと。。。






f0189142_154451.jpg







翌朝、テラスに出てみると、、、そう!
ジャグジーバスがあるんでした、、、このお部屋は♪
その事も小説で読んでいて、どんなに気持ちが良いのかしらと想像していたんですよね。。。

今ではジャグジーバスはそんなに珍しい設備ではありませんが、当時の私には憧れでした。。
ビバリーヒルズのこんもりとした森の静寂に包まれて、夜空の星を眺めながらジャグジーに浸かり、シャンパングラスを傾けるって。。

日中はもちろん、一晩中温度設定されたこのジャグジー状態で、好きな時にいつでも入れるようになっていました♪



さぁ、今日はどうやって過ごすことになるでしょう。。。。

一晩寝て多少スッキリしたとはいえ、ロストバゲッジのことは頭から離れません。。。

そういえば昨日、アメリカン航空のデスクスタッフと何度か交渉を繰り返したけど、一言のお詫びの言葉もなければ、申し訳ないという態度もこれっぽっちも無かったなぁと、ぼんやり考えながら。。。



つづく。。
[PR]
by jackie-style | 2016-04-20 14:54 | 海外 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/25145943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2016-04-22 15:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-22 15:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jackie-style at 2016-04-22 22:27
☆鍵コメさま!

どういう訳か公開コメントになっていたので、すぐにコピペしてから削除して、こちらから再鍵コメで入れたため、多分本文を再読できないかもしれません。。ごめんなさいね。。(汗)



*****



昨秋からトラッキング機能がついたんですね!

も少し早かったら良かったのに、残念!

空港での手際の悪さはどこも同じなんですね〜!

日本の至れり尽せりのサービスに甘やかされてたので、今回は良い勉強になりました。

モンスターカスタマーですか!@@
訴訟社会だから仕方ない面もあるかと思いますが、サービス業の基本ってなんだろうと考えたくなっちゃいますね。。
もうアメリカン航空はできれば利用したくないと思っちゃいましたもの。。



海外の実態をビビットに伺えて、視野が広がり、興味深くていつもとても参考になります。
賢明な鍵コメさまだから、文化の違う世界でもスマートに優雅に暮らしてゆけてらっしゃるんだろうなとわかります。



そうそう、トランプさん冗談じゃなくなってきてますね!
日本でも皆固唾を飲んでみていると思います!
いや世界中が注目してますよね!
レッドネックの人達だけが支持してるってホントなのかしら。。。

また機会があったら、色々と教えてくださいませ。。






Commented at 2016-05-31 13:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-31 13:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-31 13:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-31 13:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-31 16:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jackie-style at 2016-06-02 10:12
☆鍵コメさま♪

コメント欄にコピペ>

お手数をおかけしてしまい申し訳ございませんでしたm^^m

私も送信不通と出るとガックシで、未だ原因不明のままなんですぅ。。

他のエキサイトブロガーさんへのコメントはちゃんと送信できるのになぜかしら??不思議???

お返事はまた改めて直接伺わせていただきますね♪

詳細な状況や経過を教えてくださってとても参考になりました!

これからの対策として必要大事な事がよくわかりました!

ありがとうございますm^^m
<< 「Hotel Bel Air」... ジョエル・ロブション&龍吟&資... >>