ジョエル・ロブション&龍吟&資生堂パーラー@iPhone

お友達と一緒に、ジョエル・ロブションのフレンチクッキングデモンストレーションに行ってみました♪






f0189142_16511841.jpg







ラ・ターブルの朝比奈シェフが教えてくださいます。






f0189142_16523035.jpg







驚きのプロのテクニックをじっくりと見れましたよ!

レシピもいただいてきましたが、これがね〜、、、食材を集めるだけでも大変。。
トリュフのジュ、、白ポルト酒にフォアグラ、、マリネしたフォアグラを真空にし、、、、って、とても家庭でやるのは無理よね〜。。。
ワサビクリームには、クロロフィルって、、フォアグラのボンボンにはベジタブルゼラチンだそう、、^^;
サラダの上に飾るのは、セルバチコにベルローズに花穂ですって。。

前菜だけでもこれですから、、、メイン料理なんてどれだけ手間暇かけて作ることか。。。(ため息)
家で再現するなんてとっくに諦めて、後はプロのクッキングショーを楽しませてもらいました♪


実はお楽しみはこれから。。。




f0189142_16541599.jpg







デモンストレーションの前菜とメイン料理を含んだ、コース仕立てのお食事を実際にいただけるんです♪

まずは、アミューズブーシュにかぼちゃのムース♪
やっぱり流石のお味です!
完璧!






f0189142_16554185.jpg







ビーツのパンやイカスミのパンも美味しい♪






f0189142_165643.jpg







これが前菜のサラダ♪
「さやいんげん豆ミモザ風仕上げ、パルメザンチーズとフォアグラのコポー、天然ワサビのクレームを添えて」♪

左側の丸いボールがフォアグラのボンボンで赤ポルト酒にくぐらせたもの♪




f0189142_1657205.jpg





あまりの美味しさに次のお魚のお料理を撮り忘れ。。。
「活平目 蒸し焼きにし、マドラス風味のグラッサージュ ベーコンとオニオンコンフィーを詰めたロメインレタスのファルシ」でした♪




メインは「子羊背肉のロティー ゆっくり煮込んだ肩肉とズッキーニをカネロニ仕立てに」♪

デモンストレーションの際に、お肉を焼く担当を任されていたサブのシェフ、腕にはたくさんの火傷の跡があって、プロの厳しい世界を垣間見た気がしました。
朝比奈シェフからパーフェクトな焼き加減と褒められていましたね!


本当にソースも焼き加減も見事に完璧な一品でした♪








f0189142_16575457.jpg






「スリーズ やわらかいショコラブランのムース グリオットのソルベとキルシュのジュレを添えて」♪
デザートまでしっかりいただいて♪






f0189142_16581261.jpg







コーヒーとプチフールでお終いです。。

そうそう忘れてはいけないのは、お料理と一緒に供されるシャンパンやワイン!
まずは、ブーブクリコのシャンパンが振舞われ、次にHUGELのゲヴェルツトラミネール、次にブルゴーニュの2013年「 MACON MILLY LAMARTINE」のシャルドネ、最後は2011年のボルドーはメドックの「CHATEAU LA TEMPERANCE」でした♪
なみなみとグラスに注いでくださいましたよ♪
どれもお料理とのマリアージュが素晴らしくて、流石はロブションレストランのセレクトでした♪

贅沢な時間を過ごせて大満足でした♪






*****






フレンチの次は、和食のお店へ。。
お友達ご夫妻をお招きして。。。






f0189142_16585551.jpg







久しぶりに「龍吟」です♪






f0189142_16592293.jpg







主人とお友達の奥様が同じ誕生日月なので、そのお祝いも兼ねて♪






f0189142_1202492.jpg







ここは器も素晴らしくて目を楽しませてくれます♪


・・・・丁度直前に、
elastic様のブログで、「龍吟」はスマホならOKだけど、カメラはNGになったという記事を読んだばかり!
お陰で重たいデジカメを持参せずに済みました!
スマホでも十分な写真が撮れて良かったです。。



f0189142_1211983.jpg







この日のメニューを拝見すると、それぞれのお料理にテーマが添えられていました。
まずは、
「〜始まりは様々な“感覚”から・・・〜」
季節・香り・温度・食感・そして組み合わせ






f0189142_1214382.jpg







“雲子”  “蕪”  “柚子”

真鱈の白子のねっとりとした濃厚なお味に痺れました♪






f0189142_1222053.jpg






“北寄貝”  “五色三香菜”  “ばち子”


ばち子は、ナマコの卵巣を乾燥させたものだそうです。





f0189142_1224712.jpg






テーマは、
「〜滋味涵養 冬物語〜」
湯浴み鍋

“松葉蟹”





f0189142_123297.jpg







この出汁つゆに蟹をくぐらせていただきます♪
たまらない美味しさです♪







f0189142_1233361.jpg





「〜“お造り” 日本近海からの便り〜」
海の豊かさ  潮の流れ

“海の幸”  二皿の仕立て

とらふぐとカラスミです♪








f0189142_1235490.jpg






「〜“備長炭”〜」
焼きて香りし 炭火のちから

“赤ムツ”  “孫小”  “辛子酢”


孫小は、海老芋の子供だそう。。
卵黄と紫蘇の衣揚げ。





f0189142_1242099.jpg







続いてのテーマは、
「〜蓋を開けた その中に・・・〜」
心和一癒






f0189142_1244476.jpg







“五右衛門豆腐”  “うに”






f0189142_1255019.jpg






「〜故郷の恵み〜」
香川県『観光大使』として・・・

讃岐オリーブ牛 名物“併せ焼き”
ふたつ小玉は、ペコロス玉ねぎとうずらの卵


山本征治氏は香川県出身でしたね。



f0189142_1261198.jpg





「〜瑞穂の国〜」
同釜食仲

“貝”  “筍”

“国花菊椀”








f0189142_1263267.jpg






「〜甘美〜」
冷涼・温もり・遊び心・懐かしさ  そして 誘惑

苺一笑

苺を炊いた時のお出汁を煮詰めた“蘇”をかけて。







f0189142_1265646.jpg





日本の誇り“国菌”oryzae

“熱燗”  “冷酒”

oryzaeは麹菌のことかしら。。

熱燗とはスフレのこと、冷酒は酒粕と牛乳のデザートを差してるそうです。









f0189142_1271540.jpg







最後にお抹茶をいただきました。



いや〜、古代からの瑞穂の国を連想させる壮大なテーマと共に、日本の食の豊かさを味わわせていただきました。。。

オリンピックを控え、日本を訪れる外国人旅行客が日増しに増えてゆく昨今、、、
山本氏は深く日本という国を意識し、日本の食の原点回帰を探求し追及してゆくかのようでした。。。
孤高の精神を持って、同じ地点に安住することなく、常に精進を止まない姿を、この夜も見せてもらった気がいたします。。

帰り際、JALの機内食の洋食も美味しくいただきましたとご挨拶しましたら、今は和食だけを監修なさってるとのことでした。。


これからも斬新で素晴らしい和食の世界を、世界中に知らしめる、その先頭を切っていっていただきたいと切に思います。。






図らずも短期間に、フレンチと和食のトップのプロフェッショナルな世界を堪能させていただき、日本の食のレベルの高さを改めて感じ入ることができました♪






*****






銀座の歯医者さんに行った帰り、ランチの時間でお腹が空いたので、一人だったのですが、久しぶりに寄ってみました。
資生堂パーラーです♪





f0189142_1274694.jpg







蟹サラダ♪
オーソドックスですが、とても美味しいです♪






f0189142_128998.jpg







ちょうど、某有名なファミリーがお食事にいらしてました。
お店もすぐ近いですものね。。
お嬢様のお話をニコニコと聞きながら、仲良く楽しそうにお食事なさってらして、、とっても素敵な雰囲気でした♪







f0189142_1282745.jpg






こちらでハンバーグをいただくのは、初めて。
これは、まぁまぁかな。。
もうちょっとお肉がジューシーだとよろしいんですが、ちょっと硬かった印象が。。



一人でも、落ち着いてゆったりランチをいただける、老舗ならではの良いお店ですね♪














iPhoneで撮影したアルバムの中からついでに、、、、






f0189142_21233762.jpg






バナナのサラダと、ミートボールのシュクシャカ♪







f0189142_20135419.jpg







先日のお休みに行った、湘南の建築中の家です♪
夏までには完成すると良いのですが。。。






f0189142_20141890.jpg









今回は、全てiPhone撮影したものを集めてみました。
暗いとやっぱり画像が荒れてしまいますが、
明るい場所なら、結構ちゃんと撮れてて、サクッと使えるから便利ですよね〜♪


iPhoneシリーズでした!
[PR]
by jackie-style | 2016-03-23 21:50 | レストラン | Trackback
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/25072056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「Hotel Bel Air」... 「Amanyara」@Prov... >>