エスキス&大磯迎賓館&國よし

10月は毎週のようにお出かけやら食事会が続き、9月にせっかくファスティングに行ったのに、あっという間に元の黙阿弥でしたー!




お友達とランチ会で伺ったのは、銀座にある「エスキス」です。
エスキスとは仏語で「素描」の意です。
シェフのリオネル・ベカ氏は、このお店の前には「ミッシェル・トロワグロ」にいらしたそうで、朧げながらお顔を覚えているかも。。
南仏出身で、たしか奥様は日本の方だったような。。

山本益博さんがお気に入りのお店のようです。




f0189142_18154627.jpg







まずは、秋の味覚の秋刀魚、トマトのゼリー、山椒、パルメザンチーズ。
フレンチなのに山椒を使ったり、日本の食材を取り入れるのがお得意のようです。
毎日市場に行ってからその日の献立を決めるため、決まったメニューブックは作ってないそうです。





f0189142_14143227.jpg






チーズ入りのバターが入った容器の上に、オーストラリア産マレーリバーのお塩でエスキスの Eの文字を型どっています。
バターの塩気をお好みでということでしょうか。。






f0189142_14151093.jpg







手前のものはバター用の木べらです。
器にも拘りを感じますね〜。

この日、いつもの重たいニコンではないデジカメを持ってきたのですが、主人が設定をソフトフォーカスにしたままだったようで、気づかずに撮影!
でも後で見たら、白を基調にしたお店の雰囲気にマッチしたような写真に仕上がってて、それなりに面白いかも。。





f0189142_14154688.jpg







南瓜のヴルーテ
ヴルーテとはスープとピュレの中間ぐらいのものだそう。
オレンジ、バナナ、ココナッツのフレーバーで。





f0189142_14162113.jpg







フォアグラのソテー、舞茸、プラムを挟んで。
緑はベゴニアの一種のシュウカイドウだそうです。
鴨の胸肉を削り節にして取ったスープを浸して。





f0189142_1416578.jpg







鱒料理なんですが、やっぱり色が飛んじゃってますね〜!
実物は、サーモンピンクの綺麗な色でした!
付け合わせは、葡萄、文旦、きゅうりのソース、クレソンのサワークリーム、マッシュルームの泡だそうです。




f0189142_14173487.jpg







甘鯛、青りんご、生海苔、焼き栗、茴香のピューレと茴香のソース。
う〜ん、繊細過ぎて生海苔が合ってるのかどうかわからない。。^^;





f0189142_14181240.jpg







蝦夷鹿です♪
これももっと赤々としたお肉なんですけどね。。
周りの黒い色は、ブルーベリーのパウダーだそうです。
鹿肉とカシスのソースで。
付け合わせは、牛蒡、ジロール茸、根セロリ。
今まで食べた中で一番美味しい蝦夷鹿料理でした♪
焼き加減も凄く柔らかくて、滋味豊かなジビエ料理を満喫できました♪






f0189142_14184873.jpg






パティシエは、日本、ニューヨーク、台湾の「ジュエル・ロブション」にいらした成田シェフ。
見た目も美しいデザートです♪
葡萄、柿、サフラン風味のゼリー、レーズン、ブランデー風味のアイスクリーム、巨峰のシャーベット。
いろんな味覚が混じり合ってマリアージュが楽しめます♪







f0189142_14201141.jpg







ソムリエに選んでいただいたサンテミリオンの赤ワイン。
お手頃価格でも美味しかったです♪






f0189142_14204985.jpg







まるで店名の如く、美しく素描された絵画のような一皿ですね♪
ミルクのアイスクリーム、ベイクドマンゴー、りんごと一緒に煮込んだグレープフルーツ、キウイのグリーンソースは生姜とハーブの香り、黒いソースはバニラに竹墨を使って、ブリオッシュ、ミュスカのゼリー。






f0189142_14212392.jpg














f0189142_1422384.jpg








林檎の形のオブジェは、リオネルシェフのまだ小さいお嬢ちゃんが描いた絵をもとにして作ったものだそうです。





f0189142_14223620.jpg







お土産のケーキが入ったお店の紙袋にも。。
愛らしいですね♪

センスの良い素敵なお店でした。。






*****






湘南に用事があったついでに、大磯まで足を伸ばし、プリンスホテルに泊まってきました。
16年前に泊まって以来。。。
ホテルも大分年季が入ってきて、中国からのゲストがたくさんお泊まりのようでした。。

その日のディナーに出かけたのは、大磯駅からほんの数十メートル先にあるこちら。。。






f0189142_1425171.jpg






「大磯迎賓館」
「小笠原伯爵邸」の姉妹店で、イタリアンのお店です。






f0189142_14273641.jpg







大きなピザ釜が鎮座してますね!






f0189142_1429185.jpg







夏の喧騒が嘘のようだった湘南。。。
大磯はさらに静かな夜更けを迎えていました。。
秋の寂しい海辺の街って嫌いじゃないです。。






f0189142_1430487.jpg







尾長鯛のカルパッチョです。






f0189142_14314199.jpg







オーソドックスなボロネーゼ。





f0189142_14333031.jpg







ピザ焼き上がりました♪






f0189142_14342141.jpg







大好きなクアトロフォルマッジョ。






f0189142_1435116.jpg








鱸のアクアパッツァ。





f0189142_1437213.jpg







食後に館内を案内してくださいました♪
明治の頃から政財界、文化人など、名だたる名士が競って別荘を建てた大磯の地図!






f0189142_14375432.jpg







写真も残っています。






f0189142_1439438.jpg







結婚式披露宴の会場としても利用され、ここはお二階にある花嫁の控え室。






f0189142_14402312.jpg







親族の待合室でしょうか。。
ステンドグラスも手が込んでいますね。






f0189142_14411732.jpg







一階に戻り、
私たちが一番乗りの客だったのですが、次第にテーブルも埋まって、夜はこれからですね。。






f0189142_14435759.jpg







こんな素敵な洋館に住んでみたいものだとつぶやいたら、案内してくださった女性スタッフいわく、隙間風は入るし、維持管理するのが大変ですよ〜と。。
こうやって、たくさんの人の手が入って、たくさんの人が利用するから、洋館もイキイキとその美しさを保っていけるんでしょうね。。
いつまでもずっとその輝きのままで残していってほしいものです。。






*****





翌日ホテルをチェックアウトしてから向かったのは、
鰻の老舗、「國よし」です♪






f0189142_14452085.jpg






なんと1803年からの創業だそうです!
大磯の土地柄、吉田茂や伊東博文などの著名人始め、宮家からもご贔屓にされたそうな。。







f0189142_1446715.jpg








よく磨き込まれた階段を上がって、、、





f0189142_14481697.jpg







和室かと思ったら、テーブル席のお部屋でした。






f0189142_14491563.jpg







日本酒は、佐賀の「鍋島」♪
ガラスの酒器が良いですね〜♪






f0189142_14505728.jpg








ジャ〜ン!♪!
鰻大好きです♪
特選うな重定食は、肝吸いとお漬物が付いてます。
タレが濃すぎずさっぱり系で、鰻本来の味を楽しめますね。





f0189142_14515563.jpg





静岡産マスクメロン♪
お昼ご飯にはこれくらいがちょうど良いですね。
美味しゅうございました♪














以前主人と、「人生最後に何を食したいか?」という、まあ良くある在り来たりのテーマを取り上げて、喧々諤々互いの好みを言い合ったんですね。。。(破れ鍋に綴じ蓋夫婦なもので^^;)

で、主人のはすっかり忘れちゃったんですが、、、(人のは興味無し。。)

まず、一食だけっちゅうのは、どお考えても無理!!

じゃ取り敢えず5食選ぼうってことにして、

私の場合(順番は関係なく)

1.白いご飯に筋子!

2.白いご飯に納豆!(最後の方になったらbutterを追加してご飯に蕩けさせても良し!)

3.卵かけご飯!(玉子は厳選して、醤油は絶対に久原本家の卵かけ御飯専用醤油、それに同じく茅乃舎の生七味を少々)

4.名店の握り鮨!

5.名店の鰻!

そう、鰻は食べたいよね〜やっぱり。。。

って、ここにきて本当にこれだけで気が済むのか?って疑問がムラムラと湧いてきて。。。

まだあるでしょ!

5つじゃ無理でしょ!

そうだよねー麺系いってないし!



6.昔ながらの醤油ラーメン(支那蕎麦って感じのヤツ)

醤油ラーメンだけで良いのか?と、ふとここでも熟慮!

そう、アレは別物だわと、

7.冷やし中華!

ねー!

ここまできたらキリよく10食までいっちゃう?と、

8.ミートソース!

パスタ大好きですもん!

って、じゃこれも別物だわ

9.ナポリタン!

どっちも甲乙つけ難く好きなんですよ〜♪

あと一つ何にしよー?


そうだ!

パン系忘れてない?

パンよりご飯派なんだけど、最後だからね〜。。

パンで一番好きなのは、


10.カリッと焼いたトーストにバターをたっぷり塗って、固ゆでのゆで卵を粗みじん切りにしてマヨネーズソースで和え、トーストにたっぷりのせてかぶり付く!

ほほっ!!

まぁ大体満足っしょ♪

と、思ったら、またフツフツと疑問が。。。

魚好きの日本人として、はたして鮨だけで良いのか?と。。。

新鮮なお刺身を熱々の白いご飯で食べるのは、お鮨とは全く違う美味しさですからね〜!


うーん、悩むなぁ〜と腕組み。。。

10食食べれるんだったら、結構体力まだ残ってるじゃん!(笑)

この際、1日2食として1週間分14食を食べれることにしよう!!

11.刺身定食!(冷奴付きも可)

あっ、大事なの忘れてた!!

12.家庭のカレーライス!


と、ここまできて後が続かない、、、、


あ〜、もう自分でも呆れてきたわ。。。

後は、これからの課題として残しておくことにしようっと!


あと、2食か。。。
[PR]
by jackie-style | 2015-11-17 18:40 | レストラン | Trackback
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/24681793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< アイランドホテル&リゾート那須... 学食&ヒルズクラブ&キュイジー... >>