「Le Meurice」@Paris-2014 Summer Vacation-12

f0189142_14395938.jpg







最後の朝食はレストラン「ル・ムーリス」で♪









f0189142_14413481.jpg







眩いばかりのゴージャスさ!
ヴェルサイユ宮殿の「平和の間」からのインスピレーションだそうです!
サーモンピンクの大理石の壁やイタリア風彩りの床石、天井画にシャンデリア、、、全てが息を飲むような華やかさ。。。
流石はパリのパラスホテルです!





f0189142_15213730.jpg





中央にはフィリップ・スタルクの装飾で、アイスバーグのオブジェがクリスタルのような透明感を醸し出していました!






f0189142_14431498.jpg







沢山のパンの盛り合わせとは別に、なぜかクグロフが必ず付いてきます。。
いつも食べきれなくて。。。






f0189142_14435891.jpg







メニュー以外でも、どんな注文にも応えてくれるとのことなので、
この朝は、主人がヘルシーな野菜料理にしたいとオーダーしたら、こんな一皿に・・・






f0189142_14443938.jpg








温野菜のサラダも作ってもらいました♪



この日、日本に帰るフライトは夜遅い便でしたので、これからまるまる一日パリ散策を楽しめます♪





*****






あいにくこの日は日曜日で、デパートもお店も軒並みお休みで、ショッピングはできずじまい。。
(主人はホッとしたかも。。。)

ランチは、
パリ初日に行ったビストロ「La Fontaine de Mars」のすぐ近くにある、「Café Constant」に行ってみることにしました♪



f0189142_14483397.jpg







予約を取らないお店なので、ディナータイムでは長蛇の列ができていたのですが・・・
ランチは12時からというので、オープンちょっと前に行ったらすんなり入れました!






f0189142_14492215.jpg








1階はバーカウンターになっていて、ランチとディナー以外の時間は朝7時から夜11時まで、カフェとして営業しているそうです。





f0189142_1517555.jpg








お食事はお二階で。





f0189142_1524621.jpg







まずはフォアグラテリーヌをいただきました。






f0189142_15244057.jpg







アーティチョークのサラダ。






f0189142_15251514.jpg







仔牛のカツレツ。
気取らない普段の家庭料理が一番美味しくてほっこりしますよね♪





f0189142_15254932.jpg







ビーフシチュー。
お肉にワインが染み込んでいて柔らか〜い!


初日に行った「La Fontaine de Mars」より、お値段はこちらの方がお安いです。
ブルゴーニュの安い赤ワインのデキャンタとコーラも頼んで、二人で80ユーロくらいでした。
(お味の方は、フォンティーヌの方に軍配が。。。)
でもリーズナブルにビストロ料理がいただけるので、人気の店なのも納得です。



*****






その後向かった先は、






f0189142_15521036.jpg






「ジャックマール・アンドレ美術館」です♪







f0189142_1550021.jpg







ゆるいスロープを登って・・・






f0189142_15402756.jpg







ここは銀行家であったエドゥアール・アンドレ(1833-1894)と、妻であり画家だったネリー・ジャックマール(1841-1912)が、1869年に建てた壮麗な邸宅。





f0189142_1555815.jpg






18世紀のフランス美術と、イタリアのルネッサンス美術品の大収集家であった二人の所蔵品、
ルーベンスなどの絵画を始め、陶器やフレスコ画、ゴブラン織りのタピストリーが展示され、
プライベートルームまでもが公開されています。








f0189142_16135576.jpg







ガイドブックによれば、二人が美術品の収集に充てた年間の資金はルーブル美術館のそれをはるかに上回ったと書いてあります!
驚きですね!






f0189142_16385123.jpg







「The Picture Gallery」






f0189142_16161953.jpg







「The Tapestry Room」






f0189142_16172732.jpg







「The Study」






f0189142_16204659.jpg






二階回廊から見下ろした「The Music Room」






f0189142_16251528.jpg







ミュージックルームから見上げた天井画






f0189142_16263130.jpg






「The Smoking Room」







f0189142_16284646.jpg







「Èdouard's Anteroom」






f0189142_16321315.jpg








中央の絵は当主エドゥアールの肖像画で、画家であったネリーが結婚前に描いたものだそう。





f0189142_1630711.jpg







「Èdouard’s Bedroom」






f0189142_16335683.jpg







「Nélie's Bedroom」






f0189142_16352036.jpg














f0189142_16424821.jpg














f0189142_1644196.jpg






「The Winter Garden」
陽が燦々と降り注ぎ、温室のようなテラスになっていて、ここが一番素敵でした♪







*****






19世紀の夢から覚めたら・・・






f0189142_16484428.jpg







新しくできた「マンダリンオリエンタル パリ」のホテルですね!
客室はモダンな内装のようです。





f0189142_16493652.jpg








エリゼ宮、大統領官邸ですね。





f0189142_16501349.jpg







パリのマルちゃん発見♪







f0189142_1651105.jpg







オペラ・ガルニエ






f0189142_16541382.jpg







サン・ジェルマン・デ・プレ教会







f0189142_16551044.jpg







ここらで喉が渇いたので一休み。

まさにパリのお上りさん的名所巡りでしたっ!

8月のパリにいるのは世界中から集まる観光客ばかりでしょうか。。
主人はいつか6月の薔薇の季節にフランスの田舎を訪れてみたいと言います。
仕事の都合で6月にお休みするのは難しいのよね。。。
いつかリタイアしたらの夢になりそうです。。




f0189142_16583737.jpg







毎回、パリを訪れたら必ず最後はこのお店♪
カルチェ・ラタンにある、中華のお店「美麗華酒家」Miramaです♪






f0189142_16591674.jpg





必ず頼むのは、鴨肉がたっぷり乗ったラーメン♪
海老ワンタンのスープも有名ですって!
日本の中華料理店に比べたら、味はそこそこですが、何しろ安い!
3品のお料理とビールにアルザスの白ワインのデミを頼んで、二人で45€でした!
またパリに寄ることがあったら、次も来ちゃうだろうな〜。




f0189142_1712815.jpg






マドレーヌにもまた会えますように!


Au revoir!
Á bientôt!





2014年夏旅は長らくかかってしまいましたが(^^;)
やっとこれでお終いです。。。(ほっ)

さて2015年の夏旅は何処へと。。。。
[PR]
by jackie-style | 2015-09-28 14:32 | 海外 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/24516597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2016-02-13 10:02
タイトル : ボッティチェリの初期から晩年までの画風の変遷と魅力
ウフィツィ美術館展Uffizi Gallery & Sandro Botticelli  東京都美術館で、初めてのウフィツィ美術館展が開かれました。フィツィ美術館に所蔵されている作品に加え、アカデミア美術館、パラティーナ美術館、捨て子養育院美術館などフィレンツェを代表する美術館からの作品が展示されていました。その中でボッティチェリの作品を追って、彼の作品の変遷と魅力をレポートしてみました。... more
<< 「Loews Regency ... 「Le Meurice」@Pa... >>