小笠原伯爵邸・おそばの甲賀・もりかわ

新春は食シリーズで美味しく始めたいと思います♪
イタリア編が途中なのですが、食べ歩いたお店の写真が溜まってしまってるので、区切りの良い年明けに一挙に整理しちゃおっと!
備忘録代わりの店案内ですが、よろしくお付き合いくださいませね^^v
京都の旅もついでにどこかで片付けたい。。。










f0189142_1423076.jpg







お友達と行ったランチがとても美味しかったので、ディナーで再訪してみました♪
こちらは「小笠原伯爵邸」。
スペイン料理のレストランです。
Wikiによりますと、ここは、旧小倉藩藩主の小笠原長幹伯爵の邸宅として1927(昭和2年)に建てられたスパニッシュ様式の建物だそうです。
戦後米軍に接収され、その後東京都に返還されたのですが、用途を失って放置され、一時は取り壊しも検討されたそうです。
2000年(平成12年)になって民間貸出の方針が示され、レストラン経営のインターナショナル青和が借り手に決定。
修復工事の後2002年にレストラン「小笠原伯爵邸」としてオープンしたそうです。

申し出れば館内を案内していただけます♪
食後、私たちも見学させていただいたのですが、細部に贅を凝らした素晴らしい洋館でした!
今の時代個人でこれだけの建物を造るとしたら一体幾ら掛かるのか・・・無理でしょうね〜。。
取り壊されなくて本当に良かった!




f0189142_1425268.jpg








ウェイティングルーム。
奥はダイニングルームだった部屋です。





f0189142_14282916.jpg







アミューズは、メニューより。。
「黒オリーブとドライトマトのチーズサブレ」
「ハモンのエスプーマとメロンのジェリー」






f0189142_14285933.jpg







「ハモン・セラーノ」の薄切りをアペリティフと一緒にいただきました♪






f0189142_14303716.jpg







続いて、
「アホブランコのアイスクリーム」
ふざけた名前のように聞こえますが、有名なスペインのスープ料理だそうです。
Ajoとはニンニクの事で、ビネガーやアーモンドを加えて作った白いスープをアイスクリームに仕立てたものです。
う〜ん美味しーい♪







f0189142_14321779.jpg







「蟹と法蓮草のラビオリ仕立て 甲殻類のソース」
もうどれも美味しいのがわかってるので以下省略です!(笑
シェフはスペインの方。
盛り付けも繊細です◎





f0189142_1433323.jpg






「雲丹のアロス マジョラムとパプリカの香り」
上に乗ってるのは「花付きはこべ」だそうです。
アロスはスペイン語でお米。
パエリヤよりもリゾットに近い感じでした。





f0189142_1434550.jpg







「アイナメのプランチャ  イカのタリアテッレ レモンのアクセント」
プランチャとはスペインの鉄板焼きの事だそうです。





f0189142_1434438.jpg







「特選牛ロース 南瓜とトリュフのクレモソ イチジクとマラガソース」
クレモソはチーズだそうで、南瓜とトリュフとチーズを混ぜたペースト状のものがお肉の下に敷いてあります。





f0189142_1435523.jpg







この夜は二人のお誕生日をお祝いして。。






f0189142_14362848.jpg







「カフェアライムリーフのアイレ  キウイのタピオカ  ドリンクスタイルで」
グラスのトップにメレンゲの蓋を乗せてありました。
アイレとはスペイン語で空気の意味。
たぶんカフェアライムリーフの柑橘系風味といった感じでしょうか。。




f0189142_14371296.jpg







「杏のコンポジション バジルのシャーベットとともに」






f0189142_14374989.jpg







こんなに洗練されたスペイン料理は初めて♪
建物全体、そしてお部屋の雰囲気がお料理にドンピシャですものねー!
どれも美味しくて大満足の夜でした♪





f0189142_1438714.jpg






食後、館内を案内していただいて。。
ここはシガールーム。
男性だけがシガーを燻らせ談笑したお部屋だそう。







f0189142_1441458.jpg







食堂の間。
他にも色々と見せてくださったんですが、夜なので暗くて良い写真が撮れませんでした。






f0189142_14412884.jpg








屋上に上がって。





f0189142_1442089.jpg







庭園を見下ろすと、結婚式用のテントがありました。
ここでガーデンウェディングをするのも素敵でしょうねー!!










f0189142_14442977.jpg







西麻布にある「おそばの甲賀」さんです。
伺ったすぐ後に、2015年のミシュランが出て、ビブグルマン(5000円以下で食事ができるCPの高いお勧めレストラン)に初めて和食も加わったのですが、ちゃんとこちらのお店の名前が載ってるのを見つけ、何だか嬉しかったです♪





f0189142_14451141.jpg







店内はカウンター5席と、





f0189142_14443386.jpg







4人掛けテーブル3席です。






f0189142_14451250.jpg







飾り付けを見てもセンスの良さが伺えます♪






f0189142_14455197.jpg






ご亭主はあの赤坂砂場で14年間修行されたそうですが、お若くてイケメン♪







f0189142_14462373.jpg






日本酒だけでなく、シャンパンやワインも置いてあります♪
シャブリのハーフサイズを頼んで、あては「クリームチーズの西京漬け」をいただきました♪
濃厚なチーズに仕上がってて美味しいです♪






f0189142_1448550.jpg






オーソドックスなお蕎麦は次回にすることにして、
頼んだのは「雲丹蕎麦」
お・い・し・い♡
見ただけでわかりますよね〜♪






f0189142_14492379.jpg






こちらは暖かい「牡蠣蕎麦」
紅葉おろしを乗せて♪
これも美味しいです♪







f0189142_145765.jpg







ご飯ものも頼めるので嬉しい♪
天重いただきます♪






f0189142_145865.jpg







この店はおつまみも色々と凝っていてメニューが豊富なのがグーなんです♪
雲丹にマグロに山芋にカイワレを海苔で包む「マキマキセット」。



夜だったらもっとお酒も進んだことでしょう。。。

ご亭主のセンスの良さが光る美味しいお蕎麦屋さんでした◎
再訪してまた違ったメニューを試してみたくなるお店です♪





f0189142_14583276.jpg








最後に「もりかわ」さんです。

ここは赤坂にある割烹料理の店で、夜はご紹介が無いと予約の取れない一見さんお断りのお店です。
食べログでも高得点なのですが、やはり住所も電話番号も非公開になってますね。。
ご亭主は「京味」にいらしたそうです。
嵐山の「吉兆」でも修行されたことがあると。。
とっても気さくなお話の面白いご亭主でした!
店内は写真撮影禁止なので、美食の数々をご紹介できないのが残念!

ざっとお品書きだけを並べてみます。。

最初は
「モクズ蟹のお酢の物」・・・まずはお口の中をさっぱりと♪
「柚子大根」・・・大根を先に蒸してから鯛の骨のだしで炊いた大根。だし汁がこれまた最高の味♪
「鯛のお刺身」・・・プリップリで青柳の鯛より美味しく感じました◎
「平貝、サヨリ、みる貝とウド 山椒の香り」
「メジマグロを生姜と」・・・藁で焼いてるそうです。
「松茸と鱧の鍋 酢橘で」・・・鱧をしゃぶしゃぶ風にして、松茸の香りとだし汁でいただく絶品の一品でした♪
「白子柚味噌和え」・・・白子萌え〜です♪
「海老芋と銀杏の炊いたん」・・・芋は炊いたものをサラッと揚げてあって、表はサクッと中はホックホク の極上の美味しさでした♪ 
「雲丹蕎麦」・・・青海苔を添えて。いくらでも啜れるわぁ♪
「白いご飯に、千枚漬け、いくら、じゃこ、このわた、鱧の佃煮と山椒を添えて」・・・〆のご飯まで和食の極意を舌で教えていただきました♪
「デザート」・・・柿と白餡の入った柔らか〜いお餅♪ 上品な味でした。

お美しい奥様が着物姿でおもてなししてくださいます♪
お昼には蕎麦と2〜3品のお料理が付いたものをいただけるそうです。
ランチなら空いていれば一見さんでなくても入れるようですよ。
次回はお昼にもお邪魔してみたいですね♪



食シリーズ、この後も続きます。。。
[PR]
by jackie-style | 2015-01-07 19:49 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/23525831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Salone 2007・レフェ... 2015年の初ご挨拶! >>