「Portrait Suites」@Roma-2014 Summer Vacation-3

f0189142_2012310.jpg




翌朝、「ル・ムーリス」での朝食はこちらで。。
まるで宮殿の中のような眩さでした!
この雰囲気、他では味わえないヨーロッパのクラシックホテルならではのゴージャスさです♪







f0189142_206155.jpg






食べきれないくらいたくさんのパンの盛り合わせ。
クグロフは手付かずのままでした。。







f0189142_2072597.jpg






フルーツの盛り合わせ♪







f0189142_2082879.jpg







とろ〜りクリーミィなオランディーズソースをかけていただくエッグベネディクト♪



ローマまでのフライトは午後の便でしたので、ゆっくりと朝食を楽しむことができました♪







*****




f0189142_20131378.jpg







パリ〜ローマ間はエールフランスで約2時間。
アルプスの山々はいつ見ても清々しくて美しいですね♪









空港からのタクシーの窓から見る久方ぶりのローマの街は、何だか前より建物がきれいに見えました。
外壁の汚れを洗ったのかしらん。。。
当時、パリに比べるとローマの建物はどれも煤けて見えた覚えが・・・。







f0189142_2015652.jpg






スペイン広場に続くコンドッティ通りに到着です。
正面に見える丘の上のトリニタ・ディ・モンティ教会は修復中のようですね。。







f0189142_2022252.jpg







ローマ最初の宿は、こちらコンドッティ通りに面したフェラガモのお店の上のホテル「Portrait Suites」です♪
横道に入った奥に小さな入り口が見えています。






f0189142_20265255.jpg






わずか14室だけのデザイナーズホテルです。
ここを選んだ理由は一にも二にも、インテリアを手がけた Michele Bonan氏の作品である実際の部屋に泊まってみたかったからです♪







f0189142_20301315.jpg







エントランスを入ってすぐ右手の階段を登ると、






f0189142_20313772.jpg







2階がチェックインルームになっていました。
ここでお茶をいただきながら、レストランの手配をお願いしたりタクシーを待つこともできます。





f0189142_20321618.jpg






フェラガモ創業時からのイメージビデオが映されていました。
このホテルは、サルバトーレ・フェラガモがローマやフィレンツェに所有するブティックホテル、「ルンガルノホテル」のうちの一つです。



*****



ではお部屋に案内していただきましょう♪






f0189142_20385697.jpg







お部屋指定で選んだのは「Penthouse Suite」♪
最上階のお部屋です。
エレベーターの中も総革張りでしたが、こちらのドアも手触りの良い高級革仕上げです!
後でご紹介しますが、右手に見える黒のキャビネットの中にはコンパクトなキッチンシステムが収納されています。





f0189142_20393846.jpg






フェラガモのシューズをテーマにした写真、色や光の加減がとても素敵でセンスを感じます♪
ソファーもスウィートですね♪







f0189142_20393866.jpg







反対側にはテラスに続く扉があり、奥は寝室になっています。





f0189142_20482866.jpg







このベッドもスィートですね♪
Bonan氏のデザインはとってもエレガントで大好きです。






f0189142_20525283.jpg





カーテンを開けると日の光がたっぷりと入ります。
デスクの上にはiPod ドッキングステーション。
デスクトップやチェアー、ベッド足元のフットベンチも革張り・・・フェラガモさんなら皮革製品はお手の物です♪









f0189142_2048585.jpg






ベッドサイドの横のドアを開けると中はレストルームでした。







f0189142_210434.jpg







何気ないけどやっぱり細部に拘ってると感じるシンプルなシンク。






f0189142_20492419.jpg






Bonan氏は写真の扱いが上手いですね。
この部屋の雰囲気に絵画は似合いませんものね。






f0189142_213367.jpg







リビングに戻って、黒のキャビネットの引き出しの取っ手も革でできています。
キャビネットの扉を開けてみると・・・





f0189142_2135486.jpg







ミニバーに専用のキッチンがついてました。






f0189142_2141157.jpg














f0189142_2143229.jpg














f0189142_21153386.jpg







靴の木型のオブジェが飾ってあってギャラリーチック♪
壁のエアーコントローラーの色も靴の色に合わせたかのようで、細部にまで拘ってるなぁ〜♪






f0189142_21162746.jpg






このペントハウス・スィートはメゾネットのようになっていて、上階にリビングと寝室、そして階下はバスルームという造りです。







f0189142_21183353.jpg







階段降りて左手から一周してみましょう。
まずトレーニングマシンやダンベルが置いてありました♪






f0189142_21205938.jpg







その横には小さいですがドライサウナの小部屋♪
サウナ大好きの私には嬉しいサプライズ♪
続いてシャワーブースとレストルーム。






f0189142_21215395.jpg







階段正面に位置するダブルシンク。
なぜか浴衣がバスローブ代わり!






f0189142_21221542.jpg






シンクに続いて大理石のバスタブ。







f0189142_21253473.jpg







そしてクローゼット。
手前に真っ白なタオル地のリクライニングチェアーが置いてあります♪

この秘密基地のような隠れ家バスルームがすっかり気に入って、音楽をかけながらバスタブに長時間浸かり、サウナと冷たいシャワーを繰り返し、、、飽きたらリクライニングで読書・・・・もちろんシャンパン持ち込みです♪
最高に贅沢なローマの昼下がりを過ごせました♪





f0189142_8303560.jpg







シンク横の壁には映画の中のバスタブのワンシーンが飾ってあります。





f0189142_8305564.jpg







バスアメニティーはフェラガモ♪






f0189142_8311672.jpg






ラブリーなティッシュデコレーション♪







f0189142_8311642.jpg







トイレットペーパーホルダーも隠してあって・・・






f0189142_8321831.jpg







引っ張るとこの通り。






f0189142_8332856.jpg







さて2階に戻って、ベランダにも出てみましょう♪






f0189142_14575475.jpg














f0189142_14592054.jpg






正面にスパニッシュ・ステップ♪
真下にコンドッティ通りです。







f0189142_1534659.jpg







お隣の家の屋上テラスも素敵でした♪






f0189142_1594264.jpg






Michele Bonan氏が手がけた他のホテルにも是非行ってみたいものです。。。
カプリも良いのよね〜♪







f0189142_1510096.jpg







ウェルカムフルーツでもいただきましょう・・・






f0189142_15104068.jpg





と思っていたら、暫くしてまたまたこんなウェルカムが届きました♪
冷えた白ワインとチーズの盛り合わせ♪

このチーズ、とっても美味しかったんです、ホント!!
さすが美食のイタリアです♪

さぁ今宵のレストランは何処へ行きましょうか。。。
コンシェルジェに相談してみましょうか。。


つづく
[PR]
by jackie-style | 2014-11-07 18:39 | 海外 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/23246280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「Portrait Suite... 「Le Meurice」@Pa... >>