アリラ・ヴィラズ@バリ島-3

f0189142_21514934.jpg





スーリで最期の朝ご飯を食べ、いよいよ次のウルワツに向けて出発です♪
1時間半から2時間くらいかかるロングドライブだそうです。







f0189142_833183.jpg






お天気は快晴!
道中の道すがらバリの村や街の風景が楽しめて少しも飽きませんでした♪

車窓を眺めてると、どうしても目につくのは犬の姿。
実は、バリに深夜に到着して空港からホテルまでの道中、真夜中の道路をうろうろトコトコ歩いてる犬をたくさん見かけました。
首輪をつけてる犬などいなくて、自由に歩き廻ってるんですね。
ところが日中になると、こうして日陰を選んで寝そべってる犬が多く、たぶん暑い日中は休んでいて、涼しい夜に行動するみたい。。
椎名誠さんの「殺したい蕎麦屋」という本のなかで、南の島の犬はみんな地面にお腹をべったりつけて座る独特の座り方なので、「南洋犬座り」と命名したと書いてありました。(笑)
バリでは犬は鎖でつないだりせず、野良犬と区別のつかないような自由な飼い方をしてるのかしらと訝っていたら、スミニャック辺りの街中に近くなってくると、電柱に「missing dog」のビラが張ってあったり、ドッグトレーニングのお店の看板があったり、ペットグッズショップもいくつか見かけたので、やはり日本のペットと同じような飼い方をされてる犬もいるようです。

そうそう、公文の教室もけっこうあちこちにみかけましたね。。
世界の公文式になってゆくのかしら。。

お土産も探したかったので、途中スミニャックで車を停めてもらいショッピング♪

ドライバーさんに、どこかのビーチに寄ってピクニックランチにしましょうか?と勧められたのですが、暑さがハンパなかったので、結局楽しみにしていたピクニックランチは省略。。
ウルワツのホテルに着いてから、涼しいお部屋でゆっくりいただく事にしました。









f0189142_8334582.jpg







ウルワツのロビーからの眺めです♪







f0189142_83475.jpg






ウルワツの敷地はスーリより広いようです。
奥にあるガラス張りの建物はヨガやピラティス用のスタジオになってるそうです。






f0189142_1844283.jpg







私達のヴィラに到着♪






f0189142_18462714.jpg







緑に包まれてとても静かです♪






f0189142_18483461.jpg






プライベートプール際の大きなディベッドが使えました◎
ここでウトウトするのが気持ち良かったです♪







f0189142_18502465.jpg







反対側にTVセットやミニバーコーナー。
残念だったのは、冷蔵庫の中が空っぽだった事!
アルコール類は勿論のことジュースも何も入ってないってどゆこと??






f0189142_18503789.jpg







ベッドの後ろはテラスになっていて緑が映えて綺麗でした♪
素敵なデザインですね◎






f0189142_1854516.jpg







TVキャビネットの裏側にバス&シャワー&トイレ&クローゼットです。






f0189142_18554034.jpg







引出しの収納がこれだけでは足りない感じ。






f0189142_1856368.jpg






プール側から見て。
バスタブのすぐ横にシャワーブースがあって使い易かったです♪
奥の右側にトイレです。







f0189142_19554789.jpg






ダブルシンクの間は荷物でも置くのかと思ったら、お化粧用のミラーになっていました◎








f0189142_18573825.jpg







落ち着いたのでスーリで用意してくれたランチをいただく事にしました♪
ビーフとチキンのサンドイッチにフライドポテトにオレンジジュース♪
ビールが飲みたかったので、ルームサービスをお願いしました。
さあいただきましょうと思ったら、今度はどこを探しても栓抜きが見つからなくて再度電話して届けてもらうことに。。
何本か多めにビールを頼んだんですが、栓抜きを持ってきたスタッフが気を効かせたつもりでいきなり全部蓋を開けちゃったのね!
しかも栓抜きはホテルの備品とばかりに持って帰っちゃいましたわ!
う〜ん、これから教育のしがいがたっぷりあるでしょうねー!!(苦笑)





f0189142_18593421.jpg







部屋でまったり過ごしたら、夕食前にホテルの中を散策してみることにしました。






f0189142_190735.jpg














f0189142_1904728.jpg







夕焼けが見事でした♪






f0189142_191254.jpg














f0189142_1922056.jpg







こちらはThe Warung(ワルン)、伝統的なインドネシア&バリニーズ料理のレストランです。






f0189142_1925067.jpg














f0189142_19213089.jpg






お料理はスーリとどっこいどっこいかな。。(^^;)
どちらのホテルもワインの値段が日本での値段より4〜5倍以上高いようですね。
イスラム教の国はアルコール類はどうしても高くなるんでしょう。。


ウルワツは虫が多かったです!
この夜もテーブル席の足元で蚊に刺されちゃいました。
防虫スプレーで予防した方がいいですね。


次回でバリの旅はおしまい・・・。
[PR]
by jackie-style | 2014-04-21 11:59 | 海外 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/21850474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mrs-hkg2 at 2014-04-23 10:14
お久しぶりです♡
昼間は採光がいい感じでステキなデザインとインテリアですねー。
夜間は暗めだったのでしょうか??
冷蔵庫が空っぽって!!
栓抜き持って帰っちゃったり、全部空けちゃったり、ありえーん(苦笑。
教育のしがいがある、、、きっとしないまま放置に50点(笑。
アリラはモルの元アリラしか経験ありませんが見かけ倒しでした。
我が家はこっそりハリボテ・リゾートと呼んでいました。
見た目はゴージャスですが実際に泊まってみると上っ面だけという意味で。
Commented at 2014-04-23 10:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-23 10:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jackie-style at 2014-04-24 09:47
☆ごくちま奥様、コメント有り難うございます♪

夜も落ち着ける雰囲気の素敵なお部屋でしたよ♪

ふふふ、たぶん放置でしょうね。。
ウルワツのGMの女性はボーッとしてて全然気の廻らない感じの方でしたもの。(爆)
せっかくスタイリッシュな良いデザインの建物でロケーションも悪くないのに、残念ですよねー!

実際に泊まってみて、おっしゃる通りの上っ面だけという表現がよーーーくわかります!
Commented by jackie-style at 2014-04-24 09:48
☆鍵コメ様♪

あ、こちら本音のブログなので、全くの無問題ですわん◎
全然大丈夫でぇす!
Commented by jackie-style at 2014-04-24 09:52
☆鍵コメセカンド様♪

あらま!
私の友人もお嬢さんと一緒に最近行って来たばかりなんですよ!
高校生のお嬢さんには某所はつまらないかしら?ショッピングもできるようなオーストラリアのリゾート地の方がいいんじゃないかしら?と事前に相談を受けていたのですが、某所の方をお勧めした私としてはちょっぴり心配でした。(何しろ行ったのは大分以前の事なので・・・)
が、お帰りになって、とっても良かったよ~♪楽しかった~♪と喜んでいらしたので、ほっと安心したところでした。

5組も@@!・・・そんな事あるんだーーー!!(驚)
いや~それはご主人様達絶対盛り上がりますよねーーーー!!
ホテル側も嬉しいハプニングで、楽しい雰囲気がきっと周りにも伝わっていた事でしょう♪

世界って以外に狭いと思う出来事、我が家にもありました!
べルギーのブルージュに行った際、私達夫婦の共通の知人がたまたま学会で訪れていて、運河の橋の上でばったり遭遇!
一瞬目が点になって、自分がどこにいるのか時空の感覚が分からなくなりましたから。。
Commented at 2014-04-24 10:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jackie-style at 2014-04-24 19:10
☆鍵コメさま♪

セラピストさんの話、それも偶然ですよね〜!(笑)

世界は狭いべルギー編なんですが、も少し説明を加えると。。
その頃私達はスイスに住んでいて、連休を使いべルギーへ旅行してたんですね。
で、日本からやってきた知り合いとは、仕事先も変わってから随分長い事お会いしてなくて、近況を知る由もなかったんですね!
で、運河の橋の上の向こうからやってくる日本人の顔がはっきりするにつれ・・・おお〜っとなった訳なんです!
デジャブーでも見てるような夢の中にいるかのような錯覚に襲われました。。
お互い嫌いな知り合いでなくて良かったです♪(笑)

これは人じゃなくて車の話なんですが、自分が昔通ってた幼稚園で乗ってたマイクロバスが、アジアだったかアフリカだったかの片田舎の道で、目の前を走り去るのを目撃!
しっかり車体の横に書いてある幼稚園の名前もそのままだったと。。
懐かしい偶然に思わず涙・・・したかどうかはわかりませんが。。

昔の彼と飛行機の席が隣同士なんてね〜!
ロマンチックコメディーのお定まりのパターンですよね!(苦笑)
<< Amanoi@Vietnam-1 アリラ・ヴィラズ@バリ島-2 >>