ボストン〜ロードアイランド〜NYへの旅-9

NYはたった2泊の日程で、しかも初日のこの日、ホテルに到着したのは既に午後3時近く。
ディナー一日目に行きたかったレストラン「ジャン・ジョルジュ」は、事前に日本から予約していたんですが、午後5時15分という一番早い時間帯でしかお席が取れませんでした。
なので、市内観光やショッピングは翌日まわしにならざるをえませんでした。
明日は歩き廻ることになりそうだから、今宵はゆっくりディナータイムを楽しむことにしましょう♪






f0189142_13494550.jpg







マンダリン・オリエンタルホテルの真ん前、トランプ・インターナショナルホテル&タワーの一階にあるレストランです。

すでに行列を作って予約のゲストがお店がオープンするのを待っていました。
時間を逆算してみても、少なくても一晩で3回転くらいは入れ替えするんでしょうねー!






f0189142_13385572.jpg






スターシェフ、ジャン・ジョルジュさんです♪
厨房に籠りきりかと思いきや、結構お姿を表してはあちらこちらに挨拶しています。
食事の終わりかけ頃には、私達のテーブルにも座ってくださって一緒に写真に収まってくれたり、メニューにサインのサービスもしてくださいました♪
気さくな方のようです。







f0189142_11564663.jpg














f0189142_11574871.jpg








最初のアミューズ・ブーシュ。
正直すっかり忘れました!
たぶん豆のポタージュ?(不明)、お魚のカルパッチョ、チーズ系の一口パイかな。。










f0189142_1158179.jpg








選んだコース料理は、ジャン・ジョルジュのSignature Dishes.

これが有名なEgg Caviarですね♪
さすがにこれは美味しい♪
キャビアと卵の黄身とクリームが渾然一体となって濃厚な味が舌を滑らかにすべってゆきます♪





f0189142_11581643.jpg







帆立貝にキャラメリゼしたカリフラワーを乗せて、ケイパー&レーズンのソ−スだそうです。
帆立にカリフラワーがドンピシャに合っていたかというと・・・?







f0189142_11583056.jpg








ガーリックスープにタイムが浮かんで、サイドにはソテーしたカエルの足ですね。
カエルの方は美味しかったんですが、それとこのスープの組み合わせがなぜなのか・・??







f0189142_13473813.jpg














f0189142_11592769.jpg








中央に写ってるインド系のウェイターさんが優秀でした♪
素早くて機転の効く対応が有能さを表していました。

ゲストは多国籍で、たまたまかもしれませんが中国人やアジア系もたくさん見かけました。
旅行客が多そうですね!

決して狭い店ではないのですが、テーブルがビッシリと詰まっていてどれも満席!
それが毎晩3回転ともなると相当数のゲストを受け入れる訳で、ウェイターさん達スタッフの数も半端なく多かったです!






f0189142_13482057.jpg






Turbotという平目のお魚です。
フランスのジュラ地方の黄色いワインを使ったChâteau Chalon のソースだそうです。
魚自体が美味しいとも思えず、ソースも特別に美味しかったという記憶がありませんね。。







f0189142_13483339.jpg






ロブスター、レモングラスとfenugreekという豆のBrothにサヤエンドウ豆。
アレレ、、おかしいなぁ〜???メインに入ってもどれもイマイチ。。。







f0189142_13502968.jpg








Broiled Squab 炙り雛鳥に、付け合わせはコーンのパンケーキに乗せたフォアグラです。
もうお腹が一杯で半分もいただけず、残念ながらお皿に残してしまいました。
すると、先程のインド系のウェイターさんが心配そうに、何かお気に召しませんでしたでしょうか?と尋ねてきました。
申し訳なくて、「たぶん旅の終わりで疲れもあって、すでにお腹が一杯になってしまいました。」と答えると、それでは残りをお包みしましょうか?とまで親切に言って下さいました。
ホテルに持ち帰っても何だかなぁと・・・丁重にお礼だけ言ってお詫びして。。ホントごめんなさいでした。。(汗)









f0189142_13592439.jpg







デザートもこれといって斬新なものはなかったなぁ〜。
逆に日本のフレンチのレベルの高さがよーーくわかったりして。。







f0189142_13594283.jpg






帰りには、お店からのプレゼントでチョコレートのお土産もいただきました♪





こちらの期待が大き過ぎたせいでしょうか・・・肩透かしをくったような印象が否めませんでした。
旅の終わりで、それまでずっと洋食続きでしたから、食傷気味だったせいもあるでしょうね。
その日の自分のコンディションで、つい辛口な評価になってしまったのかもしれません。
(・・・という事は明日のディナーも似たような結末に陥りそうな予感が。。)
「MASA」にすれば良かったのかしらん?
でもわざわざNYでお鮨ってのも乗り気になれなかったしなぁ。。
次回は、お料理の先生が行かれた「PER SE」か「Blue Hill at Stone Barns」に是非行ってみたいものです♪(いつになることでしょう。。)






*****







f0189142_13544228.jpg







ホテルの部屋に戻ると、テーブルの上には果物が♪
そういえばチェックインの際にフロントスタッフが、すぐにコーヒーをお部屋にお届けしますと言ってたはずなんですが・・・忘れちゃったみたいです。。(^^;)







*****






f0189142_1356992.jpg







一夜明け、ホテルダイニングで朝食をいただきました♪






f0189142_1357499.jpg





私達が席に着いてすぐ、ちょっと離れた別のテーブルに二十歳そこそこの若いアジア系イケメン3人グループが座りました。
あれだけカッコ良い男の子達だと、やっぱり韓国の子達よねー!?なんて、夫に話してました。
(オバさん力全開!・・・夫興味無し!)
で、しばらくすると、とぎれとぎれに日本語が聞こえてきて、ハーバードがどうのこうのと。。。
身ぎれいな恰好で、スマートな振る舞いで、臆せず堂々としていて、若く溌剌としていて、しかも日本男子♪
なんか日本のお母さん代表みたいに、嬉しくなっちゃいました♪(ハハ)






f0189142_13572441.jpg







ふふっ、胃凭れ解消にはお粥でしょ♪
和定食も恋しかった〜♪






f0189142_14362615.jpg







マンダリンのフロントデスク。
前日このフロントで、リードに繋がれた中型犬が飼い主と一緒にチェックインに並んでいてびっくりしました!
ゲージに入れなくていいようです!
犬と一緒にお泊まりできるのは良いですねー♪
私も連れて来たかった。。。






f0189142_1437996.jpg






さて久方振りのNYの街はどんな顔を見せてくれるのでしょう。。
次回でこの旅の最終章をやっと迎えられそうです。
[PR]
by jackie-style | 2013-04-12 20:01 | 海外 | Trackback
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/19202774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ボストン〜ロードアイランド〜N... The Ocean House... >>