デンマーク・スイスの旅-8

コペンハーゲンに再び戻って泊まったホテルは「Hotel D'Angleterre」でした。





f0189142_20283764.jpg





こんな階段を昇って













f0189142_20301247.jpg









赤い絨毯が敷き詰められた長い廊下を見渡したその先に





f0189142_20305088.jpg

















案内されたのは、一番端の突き当たりにある「D'Angleterre Suite」♪





















さてお部屋はどんな感じかしら・・・ワクワク♪



























f0189142_2040939.jpg









真ん中左寄りが入口のドアです。

左端にちょこっと見えてるのはバスルームのドア。





f0189142_20403598.jpg















入口ドアを背にして見た室内奥。






















なんだかやけに入り組んでませんか!?

入った瞬間から、「あー私ダメかも・・・この部屋!」って感じです!(××)






























f0189142_20421520.jpg






こちらがリビングルーム。












f0189142_20433751.jpg








床がミシミシと振動、、、暗くて古くてカビ臭い雰囲気。。






















f0189142_2044413.jpg








寝室のベッドの背もたれは籐製。
ベッドマットレスも薄くて、なんだか寒々しくてシャビーだわ。。(グスン)









f0189142_2132128.jpg







ベッドサイドのクローゼットを開けると、セイフティ−ボックスはいいんですが、上の棚には雑然と寝具リネンが置いてあり。。






f0189142_21469.jpg













寝室の隣のバスルームへのドアと、入口からの通路に面した扉。

















この部屋全体の形がどうなってるのか今ひとつ掴み難いわ〜。
かなり不規則で多角形であるのは間違いないみたいですけどね。(苦笑)






























f0189142_20475463.jpg








バスルームは三角形のようですね!
ダメ出し!

日本のトイレは世界一だと思うのはこんな時・・・
寒い国だからこそ、便座が暖かいと良いんですけどねー!








f0189142_20545183.jpg






シンクも使い難そう。。






f0189142_20563057.jpg




































f0189142_20582754.jpg























f0189142_2110488.jpg














と、入る前までの期待が一気にテンション下がり気味・・・
ま、気を取り直してウェルカムシャンペンでも開けますか!
























f0189142_21114889.jpg







































f0189142_21125047.jpgf0189142_21133177.jpg





























f0189142_21191057.jpg











お腹も空いてきて、寒い外へ出る気にもなれず、ルームサービスを頼むことにしました。










f0189142_21205668.jpgf0189142_21211070.jpg






















ほうれん草入りのカネロニとハンバーグ。

カネロニは塩っぱいし、ハンバーグはマクドナルドの方がまだ美味しいかもで、フライドポテトは油ギトギト・・・シャンパンも全然美味しくなくて・・・。(涙目)






















f0189142_21242547.jpg







翌朝、ホテルの朝食後に通りかかったロビー、どこか素っ気なくてやっぱり寒々しいのです。










f0189142_212521.jpg































ホテルの玄関。

昨日、空港からタクシーでホテル前に到着しても、誰も出迎えには出て来ませんでした!
自分達でよっこらしょっと重いトランクを運びつつ玄関に入ったのですが、駆け寄ってくるスタッフさえいませんでした!
見回すと、チェックインカウンター付近で女性スタッフ二人がおしゃべり中!
近寄ってからようやく気付いてくれましたけど。

そういえば最初に泊まったラディソンSASロイヤルホテルも同じだったなー!

デンマークはあまりに寒すぎて、ホテルドアマンを外に置かないのかもしれませんね!
だとしても、一旦ホテルの中に入ったら、ポーターが駆け寄ってきても悪くないと思うんですが。。
バーゼルのホテルではサービスがきちんとしていましたので、よけいにホテル側の意識の差を感じてしまいました!
ランク的には同じはずなんですが・・・。













f0189142_2144157.jpg









ガイドブックには、250年以上の歴史をもつヨーロッパ最古のホテルのひとつでコペンハーゲン最高級のホテルと謳ってあります。
ネットのホームページを覗いてみたら、お部屋も品の良いアンティークの調度品が置かれていてとても素敵に見えました。

期待が大きかった分だけ、失望も大きかったのかしら。。

ロビー横の壁には、このホテルに滞在した各国の首脳や有名人のネームプレートが多数飾られていました。(また後ほど具体的に写真をUPしてお見せしますね。)
確かに歴史ある由緒正しい立派なホテルなのかもしれませんが・・・ネームバリューに胡座をかいてるとしか思えないホテルでございました!
何か個人的に特別嫌な思いをしたわけでは全然ないのですが・・・
すみません・・・ボロクソですわね・・アハ。







f0189142_213726.jpg























さて、これから先どうしたものでありましょうか・・・つづく。
[PR]
by jackie-style | 2011-05-17 00:40 | 海外 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/15982448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ooawakui at 2011-05-18 10:20 x
あれま、ハズレでしたか。
以前から此処には興味があったのですが、定宿で我慢していて良かった!
名門でもあまり古さが目立ってくると難しいですね。
以前ウィーンで 2週間の予定を 1泊でキャンセルしたホテルもあります。
それと北の方の国はショッパイ料理が多いですね。
朝食堂で塩を吹雪きのようにかけて平気な人もよく見掛けるもんなあ。
Commented by jackie-style at 2011-05-19 11:30
ダングレテールの人、ここまで見ないだろうと思って書いちゃいました!(爆)
部屋に入った途端、なんだか夜に出て来そう〜〜な感じがして!(そんな事はなかったんですけどね・・・^^;)

2週間の予定を1泊でキャンセル>
なんと!・・・理由が凄く気になるわ〜!

実は、私達もこの後ホテルを替えて別な所に移ったんですが、
そのホテル、ooawakui様のコペンハーゲンの定宿のすぐ側じゃないかしらん!?
日本に帰ってから、写真集を拝見して気がつきましたー!@@

北の方の国はショッパイ・・・>
わかります!
スイスのレストランでも、塩分キツくてびっくりする事がよくありましたもん!
Commented by aomeumi at 2011-05-20 18:19
ポルトガル・青目
こうゆーホテル・・・慣れないので、広くて落ち着かないなぁ・・・トイレで寝てしまいそう、フフフ・・・サービスの悪いのは、ポルトガル並?ちょっと意外ですね。いゃぁ、豪華ホテル疑似体験、楽しいです。ありがとうございます。
Commented by jackie-style at 2011-05-21 17:17
☆aomeumi様♪

サービスの悪いのは・・・ちょっと意外ですね。>
そう、私も意外だったです。
なんとなく人々がベタベタしてないような、素っ気ないんだけど悪気は全然感じなくて・・・
ま、寒いから必要最低限にしとこうみたいな?

日本のサービスはちょっと比較できないですよね。
お水もおしぼりもただでサッと出てくるし、ビジネスホテルでさえフロントの愛想良くて当たり前、温泉なんか女将さんが挨拶して廻るくらいですから。。
果ては、ツンデレカフェにメイドカフェって・・・外国から見たら不思議でしょうね〜。(笑)

外に出てみないとわからない、ガイドブックを読んでもTVを観ても伝わらない何かを感じるから、やっぱり旅は面白いです♪
<< デンマーク・スイスの旅-9 デンマーク・スイスの旅-7 >>