デンマーク・スイスの旅-4





ホテルのエントランスには大きなクリスマスツリーが飾られ、華やかにゲストを迎えてくれます♪




f0189142_1385434.jpg





































夜の帳が降りてライトアップされると、暖かな色のオーナメントが一段とゴージャスに輝きを放ち、こんなツリーを見たら思わずホテルにす〜っと吸い寄せられてしまいそうですよね〜♪






外は、少し小雨が降ったのか路上が濡れています。

でもコペンハーゲンよりずっと暖かい・・・

懐かしい場所に戻った安心感がホッと気持ちをリラックスさせてくれるのでしょうか、腕を広げ胸一杯吸い込んだ空気の冷たさでさえ清々しくて、遠い昔に嗅いだ同じ匂いがまた甦ってくるのでした。。












f0189142_13101216.jpg



































f0189142_1312371.jpg












































f0189142_13141534.jpg


























このイルミネーションは、橋の袂にあるお店。

昔は確か中華料理のお店だったけど、今も変わらず営業してるのでしょうか。。


バーゼルには、日本料理店も数件あって、「SAKURA」は今も健在のようです。

そういえば、中華料理専門店のはずなのに、日本人だとわかると、「すき焼きあるよ!食べるといいあるよ!」と勧められたこともありましたっけ・・・。(笑)

















f0189142_12514471.jpg






























この橋を渡るトラムの終点は、スイスの国境。
電車を降りたら、そのまま歩いてフランスに入ることができるのです。
市の中心からは確か30分もかからずに着く近さです。

バーゼルに住み始めたばかりの頃、日曜日にそのトラムに乗って終点まで行き、検問所でパスポートを提示してから、歩いてフランスに入ってみたことがありました。
ちょっとその辺りのフレンチレストランで昼食でも取ろうと思って・・・。

ところが、うっかり両替することを忘れていて(昔からお間抜けですよね〜^^;)、生憎日曜で銀行も閉まっていたため、仕方なくまたきたトラムに乗って帰るしかなかったなんて失敗も、今となっては懐かしい思い出です。

それからも別に用事がある訳でもないのに、路線の異なるトラムに乗ってみては、終点まで行ってみてまた戻るなんてことをしばらく楽しんでました♪
ただひたすら車窓を眺めているだけでも面白くって。。

そういえばある時、延々と農地の広がる村々を通り過ぎ、その終点駅で一旦降りて、近くにあるレストランにぶらりと入ってみたことがありました。
すると、レストランの中は、村中の人々がいるんじゃないかと思うくらいの混雑ぶり!

丁度教会の日曜礼拝の帰りに家族で寄って食事を楽しんでいるようなのです。
その純朴そうなスイスの農家の人々の中に、ひょっこり日本人の親子連れが入ってきたものだから、向こうもビックリだったんでしょうね〜!

一体こんな田舎に何しに来たんだろ?って感じで、小ちゃい子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、興味津々!!

お互いに言葉がわかりませんから、ただこちらもニコニコと笑ってすませてましたけど。。

何注文するんだろってとこから、どんな風に食事するんだろってとこまで、たぶん注目の的だったと思います・・・。

これも懐かしい思い出の一コマです。







フランスに行くにはバスも利用しました。

フランスのサン・ルイという街まで簡単に行けるので、物価の安いフランスの巨大スーパーまでよく買い出しに行ったものです。

国境を超える時には、警備員がバスの中に入って来て、乗客のパスポートのチェックをするのですが、いつも黒人の乗客だけは念入りに、時には荷物の中まで調べられるのです。

そんな特別な扱いにもう慣れきってるのか、諦めているのか、何でも無さそうに従って・・・いや、時には言い争ってることもありましたっけ。

見てないそぶりで車窓に視線を外しても、心に掛かってしまうことでした。









f0189142_1255653.jpg








f0189142_12575252.jpg






上の2枚の写真は、バーゼル市の中心にある「マルクトプラッツ」という広場です。









f0189142_130031.jpg







































そしてこちらが、その広場に面して建つバーゼル市庁舎です。

赤い壁のフレスコ画が美しい市庁舎なんですが、クリスマスのイルミネーションも綺麗に飾り付けられていました。













f0189142_132216.jpg




























1870年からの老舗のケーキ屋さん♪

一階で選んだケーキを、二階のティールームでいただくことができます。


















f0189142_1362655.jpgf0189142_1365024.jpg





















この子豚ちゃんたちは、砂糖菓子なんですよ〜♪













f0189142_139451.jpg





大晦日のフライエストラッセは、人通りもまばら・・・

みんな自宅で家族や友人達と共に年越しを祝うのでしょうね・・・。













f0189142_19525929.jpg





















f0189142_19482741.jpg


























それは「サフラン・ツンフト」というお店です♪

ツンフトはギルドという意味で、香料や染料として貴重だったサフランを輸入する組合の集まりだったのが始まりのようです。
















f0189142_1951269.jpg



























私達は7時からの予約だったのですが、先客は2組程度で、テーブルもまだ埋まってませんね。












f0189142_19534867.jpg



























f0189142_2014138.jpg




















お二階席もあります。



f0189142_2021290.jpg



















f0189142_203412.jpg




















さっきケーキ屋さんのショーウィンドーでみかけた子豚ちゃんのお菓子と同じもの。

お土産にとテーブルに用意されていました♪

食感は和菓子のお饅頭みたいにもっちり感もあるんですが、それをもう少しサクサクっと粉っぽくしたような感じかな。。











f0189142_2071411.jpgf0189142_2072744.jpg


















f0189142_2092945.jpg






















テーブルクロスの上には、シールやビーズやテープが散らばっていて楽しくデコレーションされていました♪





f0189142_2012442.jpg





















ナプキンの形もこの店の百合の紋章フルール・ドゥ・リに似せてるんですね。








この夜は、New year's eveの特別メニューと決められています。




まずはグラスシャンパンが振る舞われました♪










f0189142_20223049.jpg

























スターターは、スモークしたダックのスライスとオレンジのコンフィ。

マッシュポテト添え。

塩っぱすぎず丁度の塩加減の鴨◎

ポテト料理はスイスですもの、間違いなく美味しいに決まってます♪












f0189142_20235389.jpg






















次はお魚。

メニューを調べたら、赤ボラだそうです。

バルサミコソースとカボチャのソースで。

サフランフェンネルと海藻とレンズ豆のサラダと共に。


お魚の焼き方が以外に上手でした!
皮がパリッと身はジューシー♪



ここはフレンチのお店ではなくて、スイス料理のレストランなのですが、シェフの腕前は確かなようです♪










f0189142_20254875.jpg































さて本日のメインが用意されました!

あ〜いよいよだわん♡

長い間、食べたくってず〜っと夢みてきた懐かしのあのスープフォンデュー♪





















f0189142_202746.jpg






















メニューにはバッカスフォンデューと書いてありますね。

確かチーズフォンデューにはキルシュというサクランボのお酒が入ってるんですが、このスープにも入ってるのかしらん!?

たまねぎが浮かんでますね。

















f0189142_20284629.jpg

























お肉は鶏の胸肉と仔牛♪



















f0189142_23173911.jpgf0189142_2311973.jpg























お鍋の廻りには8種類のソースと、野菜のピクルスにドライフルーツのコンフィが並んでいます。


ソースはマヨネーズがベースになっていて、それにマスタードやカレー、ニンニクが入ったり、ヨーグルト味、チーズ味、ハーブ入りのものもあります。
そしてトマトソースがベースのものも。

お肉に火が通ったら、お皿の上で串からお肉を外し、これらのソースをお好みで選んではお肉に付けていただくというわけです♪

ドライフルーツのコンフィは、甘いだけでなくてピリッとマスタードの辛味が効いていて、お肉に飽きるとこれがまた美味しい箸休めになるんですね◎

酸っぱいピクルスもお肉の合間にいただくと食が進むんです♪


そしてお皿には、写真にはありませんが、タイ米も付け合わせでありました。
以前はタイ米じゃなくて、ポテトチップスが付け合わせでした。


そして、それはもう!・・・味は変わらず絶品でありました◎

あ〜こうして書いてたら、また食べたくなってきて困っちゃいますねー!


家にもフォンデューセットがあるので、近々真似して作ってみようかしらん・・・基本は簡単っていえば簡単ですもんね・・・



でもやっぱり、あの寒い季節に身体を縮ませて白い息を吐きながら飛び込む暖か〜いあの店で食べるからこそ、とびきり美味しかったんだと思うのでありました。。







f0189142_12172389.jpg































私達のメインが終わる頃には、お店は満席で大賑わいになっていました♪










f0189142_12341493.jpgf0189142_12342944.jpg


























左はクランベリーのソルベと、ヴァローナのチョコレートケーキ。

右はヴァシュランモンドールというデザートチーズと、クロスティーニと呼ばれるトーストしたパン。










f0189142_12361077.jpg























旅の始まりはともかくも、こうして2010年の大晦日を大満足で過ごせ、幸せな気分でホテルに戻ることができたのでありました♪




















f0189142_12461033.giff0189142_12462582.giff0189142_12464919.giff0189142_12485883.giff0189142_12495784.gif







なにっ!!!!!








前日からの疲れが溜まり、ワインも効いて、部屋に戻るとすぐにぐっすり眠りこけていたんです!

そこに突然の大音響と眩い光が!!!


思わず飛び起きましたとも!!











f0189142_1252256.jpg













f0189142_1253327.jpg














f0189142_12531844.jpg









































ありゃ〜〜〜〜、窓を開けたら、目の前で大花火大会が始まっていましたっ!!


そういえば、新年の幕開けを祝う花火がライン川で打ち上げられてる音を、微か遠くに耳にしていた気もする・・・!!


今思い出すなんて、どこまでも寝ぼけてるわ〜私達!(爆)











f0189142_12544416.jpg


























窓から下を覗いたら、このホテルのテラス席は一等席ですもんね〜、夕方からのパーティーのゲストはこれを待っていたのでしょう!


















f0189142_1361685.jpg

f0189142_1362894.jpg















首を横に向けたら、ひゃ〜〜〜〜、橋の上にもぎっしりと人だかり!(@@)


みんな寒いのに、花火で新年を祝いたかったのね〜♪


ホテルの窓から身を乗り出して、花火より見物客を望遠で撮ってるアジア人って、きっと不思議に思った人が絶対いると思う・・・。(笑)



2011年の幕開けもなかなかに劇的でありました♪





つづく・・・
[PR]
by jackie-style | 2011-03-02 01:12 | 海外 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/15593430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by desire_san at 2011-03-08 21:14
初めて訪問させていただきます。スイスに行きましたが、一度でスイスが大好きになりました。ブログも興味深く読ませて頂きました。
私のスイス旅行で撮った写真をご紹介しますので、ご笑覧下さい。
http://desireart.exblog.jp/12228818/
よろしかったらブログにコメントを書き込んでくださると感謝致します。
他にもいろいろ記事を載せていますので、よろしかったら覗いてみてください。
Commented by jackie-style at 2011-03-09 17:32
☆desire−san様

はじめまして♪
スイスアルプスの写真を懐かしく拝見致しました!
カンデルシュテークからエッシネンゼーにも行かれたんですね♪
いろいろと思い出が甦ってまいりました☆
また後ほどそちらにもお邪魔させていただきますね。
Commented by paris.fleur at 2011-03-11 06:02
わ~~~~~!!すごい人!びっくりです。
でもこんな新年の幕開けもいいですね~。
レストランでのお食事も美味しそう!
スープフォンデュなんて初めて知りました。
スイスに行ったらぜひ試してみたいです。
jackieさんの記事はいつもオチがありますよね(笑)
Commented by jackie-style at 2011-03-11 14:00
☆paris.fleurさま♪

ね〜黒山の人だかりでしょ!
バーゼルはファスナハトと呼ばれる有名なカーニバルが丁度今頃あるんですけど、小パリオちゃんがもう少し大きくなったらきっと楽しめると思いますよ〜♪
このお店のフォンデュは間違いなく美味しいから、それも一緒にお勧めでーす◎

>いつもオチ・・・
はい、せっかく見て下さるんだったら、何かちょこっとでもへぇって思っていただけることがあれば幸いかなと・・・ハハハ(*^^*)
paris.fleurさまの文章はユーモアのセンスがあって面白くって大好きです♬
<< 被災されたみなさまに・・・ ブレイクタイム♪ >>