諧暢楼-1

f0189142_12212622.jpg















今年のお正月に泊まった旅館を今頃になって出すのも何だかな〜とは思ったんですが、せっかくたくさん撮った写真をお蔵入りさせちゃうのはもったいない気もするし、こちらに興味がおありの方に少しは参考になればとも思ってUPすることにしましたー。

ここは群馬県の奥伊香保にある創業400年の老舗旅館「福一」が2007年に開いた別館、旅邸「諧暢楼」です。
全部で8室の内3室がジャパニーズスイートと呼ばれるベッド仕様の部屋で、まず100㎡というゆとりの広さに惹かれました♪








f0189142_20471378.jpg













f0189142_20501470.jpg













f0189142_12165448.jpg







草花の文様をモダンにデザインした装飾が眩い廊下に、ジャパニーズスイートのお部屋が並んでいます。
部屋番号は何処にも見当たらなくて、じゃあどうやって識別するかというと、目印はコーナーに置かれた行灯のような照明の天辺に開いてる丸い穴の数!














f0189142_12223520.jpg












ドアを開けて一歩玄関に入っただけで、もうぷ〜んと香しい木の匂いが漂ってきます♪

旅先の邸宅「旅邸」と詠っているように、まるで我が家に帰ってきたかのようにゆったりと作られた玄関。
廊下を挟んで向かって左側にはリビングと寝室、右側にはトイレとパウダールームにシャワーブースそして半露天風呂へと繋がっていきます。
















f0189142_2102778.jpg
f0189142_21175381.jpg
f0189142_23385047.jpg






























なんだろ〜この心地良い気の流れは・・・。
聞けばお部屋はマイナスイオンの空調にしてあるのだとか。。
う〜ん快適〜♪

寝室には琉球畳が敷いてあり、格子天井や障子の和の雰囲気が、ほっと落ち着く空間を演出しています。
枕も固さによって数種類から選べ、ベッドの寝心地も良くてぐっすり気持ちよく眠れました◎











f0189142_21205489.jpg
f0189142_2125228.jpg





























お部屋に通されるとすぐに、ルイ・ロデレールのウェルカムシャンパンと和三盆、それにロールケーキが運ばれました♪





















f0189142_22231240.jpgf0189142_22232462.jpgf0189142_22233578.jpg

























f0189142_21304789.jpgf0189142_21315476.jpgf0189142_21322980.jpg
















リビングの壁側にはお茶やコーヒーのセットが置かれた棚の下にミニ冷蔵庫、書棚、アクオスのTVにヤマハのオーディオセットが並び、障子を閉めれば全て隠すこともできるようになってます。




















f0189142_21514174.jpgf0189142_21575047.jpg





aromatherapy「THANN」のバスアメニティーセット。















f0189142_2242796.jpg







シャワーヘッドのデザインがシンプルで美しいと思ったらイタリア製でした。

























f0189142_2223376.jpg




「白銀の湯」が引かれた源泉かけながしの半露天風呂♪
屋内なので冬でも全然寒くないですし、バスルームには床暖房も入ってます◎
翌朝にちょっと吹雪いたのですが、まさに絶景の雪見風呂を楽しめましたよ〜♪











f0189142_2214343.jpgf0189142_22154943.jpg























クローゼットの中に入っていたシンプルな焦茶のバッグは、大浴場やお食事にでかける時に小物を入れて使えるので便利でした。
ホテルからのプレゼントでお持ち帰りできるそうです♪

写真には写ってませんが、パウダールームとトイレの壁にも小型のTVが取り付けてありました。
電話は全てアマダナです。



自宅で過ごすかのようにリラックスできて、もう一晩泊まりたくなってしまいました。
仲居さんがお料理を運んだりお布団を敷きに部屋に出入りすることがなかったため、まったくのプライベート感を楽しめたのが良かったですねー◎
部屋から望む目の前の山林にも癒されました。
春にはこの山の辺り一帯が桜の名所になってたくさんの花見客が訪れるんだそうです。

お食事は別フロアにある「茶寮」の個室でいただくのですが、さてどんなお正月料理が楽しめるのでしょうか・・・♪

次回はお食事編です。。




今回は映画のお話を・・・。
といっても、まだ一般公開されていないので観ていないのですが、いくつかの雑誌で短く紹介されていて珠玉の感動作と書いてあるのを読み、機会があったら是非観てみようと記憶に留めていた映画。
「冬の小鳥」という韓国の映画です。
今朝の朝日新聞で沢木耕太郎さんの「銀の街から」という映画コラム欄を読まれた方はいらっしゃるでしょうか・・・。
この映画が取り上げられていました。
読んでるだけで観てもいないのにもうジワッと目が潤んできてしまうような文章でした。。
この方が書く文章は心を鷲掴みにして揺さぶりますね〜。
韓国で生まれ児童養護施設に預けられ9歳の時に養女としてフランスに渡ったウニー・ルコント監督自身の実体験から生まれた映画です。

そしてもう一本。
今年のアカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞したアルゼンチンの映画
「瞳の奥の秘密」
これは映画館で観ましたが、評判どおり面白かったです!
ミステリアスな展開に、ハラハラドキドキのクライマックスのシーンでは、横に座った女性が過呼吸になってしまいました・・・。
[PR]
by jackie-style | 2010-10-05 15:49 | 国内(旅館) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/14730600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by paris.fleur at 2010-10-05 17:34
わ~!す、ステキすぎる~~~!!
日本に帰ったらこんなとこ泊まりたいわ~。
雪見風呂なんて最高の贅沢~~~!
Commented by sunny at 2010-10-06 00:34 x
出た~~!
お値段を見てひるみ、
絶対泊まれないわと。(笑)

お写真楽しみにしております♪

超~高級旅館っ。すげー。
Commented by jackie-style at 2010-10-07 10:24
☆あやこママさまー♪

小パリオちゃんとお里帰りはいつになるのかな〜。
一緒に温泉にも行けるといいですねー♪
あっ、ママまたなんかいたずらしちゃいそうだわ・・・(笑)

お顔見てるだけでも可愛くって毎日飽きないでしょ〜♡
ブログで拝見してても身体が随分しっかりしてきたなーと、すくすく育ってるのがわかって微笑ましいです◎
小パリオちゃんの写真楽しみなんですもん♪
Commented by jackie-style at 2010-10-07 10:47
☆sunnyさーん♪

大御所のお出ましだわー、嬉しいですー♡

ここ二人で一泊するだけで、近場の海外行けちゃいますもんねー!
家の場合仕事のハイシーズン?が冬なので、年末年始の休みは疲れきってて、主人が遠出したがらないんです。
だんだん体力気力が落ちてきちょりますわ・・・。
sunnyさんのご主人はほんと凄い!マメだし!!

ここは泊まってみて、部屋の快適さだけみてもまあ損はなかったかと思えましたですよん。静かだしの〜んびりリラックスできます◎
sunnyさんの旅紀行そろそろかなーと楽しみに待っちょりますよーー♪
Commented by lilac283 at 2010-10-07 15:12
心地よい気の流れに反応(笑)

ほ~。マイナスイオンの空調なんてあるのですね!
喘息になってから、建物内の「空気」が気になっちゃいまして(あは)。
このお宿まったく知らなかったのですが、
お部屋も広く明るくて快適そうだし、アメニティもすごく凝ってるし
イイなぁ、と思ってお値段調べてみたら
sunnyさんと同じくひっくり返りそうになりました(^^;すごーい!

だけど、最近の宿の中には、見た目だけ凝って一見ゴージャスにリノベーションしても
中身(と値段)が伴わない宿も多いと思うのですが
ジャクリーヌさんが連泊されたいと仰有るくらいなんだから、
ここはかなり当たりの宿なんでしょうね♡
ジャクリーヌさんオススメというだけでかなりポイント高し!です^^
お部屋に書棚があるんですね。すごい!そこだけラウンジの写真?かと思ってしまいました(笑)。
ジャパニーズスイートはさすがに手が届きませんが
こういうの大好きなので、UPしてくださったおかげで「行った気分」になれて
嬉しかったですよん♪

お食事編も楽しみにしていまーす♪
Commented by jackie-style at 2010-10-08 13:40
☆りらさーん♪

ここなら両手を広げて胸いっぱい空気を吸っても平気だと思いますよー◎
寝具にもこだわっていて羽毛の宝石と呼ばれるアイダーダウンを使用してるとか、確かに寝心地抜群でぐっすり安眠できましたー♪

私ね、りらさんの旅情報の緻密さと文章の上手さに、旅行雑誌のルポライターの仕事なんかも合ってらっしゃるんじゃないかしらと・・・。
いや〜そんな方から・・・こそばゆいです~照れちゃうわー。(*^^*)

調べてみたら(他の方が書いておられた事の受け売りになっちゃいますが)、ここの17代社長である福田氏は、夕食の匂いの残る部屋で休み、布団をあげてホコリの舞う所で朝食というのは、おもてなしとしては異論があるとおっしゃってるようです。
強気の料金設定も、きっと考え抜かれたもてなしの極みに自信を持っておられるからなんでしょう。

毎日お忙しそうで、咳も続いてるとか・・・。(T T)
健康が一番ですよー、無理なさらないでくださいね。
と言いつつ、モルジブの続編が早く見た〜いだったり。。(笑)
Commented by clarice-straring at 2010-10-14 17:06
jackieさま~。
ご無沙汰申し訳ありませんー。元気にぼちぼち復活しております。
あらためてリンクをいただいておりますが、これからも変わらず
お付き合いのほどよろしくお願いいたしますー。

そして奥伊香保ってところがあるのですね~。
まさに上質な方のみが知る、秘湯ということですね。
もぅためいき、すてきー☆
私もいつかいつか、絶対なさそうだけど気合で願っていってみたいっ鯛!!(笑)
オットは、なんとかタイガースが2位だったので最後まで
ゲームのお仕事をしております。また雑誌みてあげてくださいね。
Commented by jackie-style at 2010-10-14 18:18
☆clariceさま、お久しぶりで〜す♪

私の方でももうリンクいただいてもかまわないのかしらんと・・・ずっと忙しさにかまけて思案したままでしたー、お許し下さいませね。
ついさっきTVでご主人様を拝見して、どうしてらっしゃるかしらんと思ったばかりだったんです!!
テレパシーって通じるのかしらと・・・今不思議な気持ちですわ@@

時々覗かしていただいて、相変わらずお若いなー!元気一杯だなー!と感心しておりましたです◎
またゆっくりお邪魔させていただきますね♪

今年は激動の年?と思うくらい次々と変化があって、少々身にこたえて草臥れ加減なんですぅ。。
clariceさまのパワーを少し分けていただきたーい。(^^)
<< 諧暢楼-2 アルジェントASO >>