イギリスの旅-11

この日は、娘と別行動でした。
日本留学中に娘の英語の先生だった英国青年が、今はロンドン銀行に勤めていらして、忙しい仕事の合間をぬってわざわざ会いにきて下さるのだそう。
日本が大好きで、日本語も流暢に話せる彼は、日本が恋しくてたまらない様子だとか。
久しぶりの再会に、二人の会話も弾むことでしょう。


さて、私が一人で訪れたのは、ヴィクトリア&アルバート美術館です。






f0189142_1413966.jpg








f0189142_14135423.jpg



































f0189142_14161520.jpgf0189142_14162987.jpg













f0189142_14185819.jpgf0189142_14191051.jpgf0189142_14213774.jpgf0189142_14214610.jpg






























500万点を超える美術工芸品の中でも、私の興味を惹いたのはやっぱりこれ!
ガラス工芸とセラミックスの展示品です。
欲しくなっちゃいますよね〜♪





f0189142_14263443.jpgf0189142_14265271.jpgf0189142_14271674.jpgf0189142_14274761.jpgf0189142_14272889.jpgf0189142_14275913.jpg
























































f0189142_1432540.jpgf0189142_14321981.jpg












美術館の中にあるレストラン。
ステンドグラスや天井画が素晴らしいレストランでした。
お腹が空いてなかったので、味の方は確かめられませんでしたが、並んでるお料理を見てるとなかなか美味しそうでしたよ〜♪




この美術館の入り口近くにはギフトショップがあって、デザインの優れた美しいアクセサリー類がショーケースの中にたくさん並んでいました。
お値段も手頃なものからあるため、ついつい長い時間見とれたり買おうか迷ったり・・・。
美術品を見るより真剣になっちゃいました。(笑)









*****






美術館を後にして、向かった先はハロッズデパート。
まだお土産を全部買ってなかったので、ここで調達。
歩き回ったせいか、甘いものに目がいっちゃいますね♪




f0189142_14352943.jpgf0189142_14355079.jpg



























f0189142_14361777.jpg






















f0189142_14411072.jpg



















オールドボンドストリートのブティックも覗きたかったのですが、生憎イースター休暇でほとんど閉まっていました。
ここはそのボンドストリートに面したアーケード街。
王室御用達のチョコレート屋さんがここにあって、さすがにイースターでも(だからこそ?)チョコレート屋さんは開いてました♪















f0189142_14484375.giff0189142_144938.giff0189142_14491616.giff0189142_14494750.gif










f0189142_14571117.jpg








午後は、ホテルの「パーム・コート」のラウンジで娘と待ち合わせて、アフタヌーンティーを楽しむ予定でした。
先にホテルに戻った私は、席に案内されてしばらく娘を待っていました。
ラウンジは既に全席ビッチリ埋まっていて、人気の程を伺わせます。
ドレスコードがあるせいで皆さん着飾っていてそれはそれはとても華やかなのですが、なんだか妙に取って付けたような気取った感じがして、私的にはあまり落ち着いた気分でお茶を飲めそうにありません。(^^;)
せっかくのケーキの写真もここでは撮影禁止で撮れないし・・・と思っているうちに、だんだんお部屋で食べた方がいいかもと考え直し、丁度娘が到着したので聞いてみると、その方がリラックスできるからいいとすぐに賛成してくれました。
急遽ボーイさんにお願いして、ルームサービスで運んでもらったのがこちらの写真という訳です。

このアフタヌーンティーは、ホテルからのサービスの一つでした♪
濃厚なクロテッドクリームを塗っていただいたスコーンが一番イギリスらしくて美味しかったです。
ケーキはね〜、日本のケーキのレベルが高いですもんね〜、う〜む、感動する程のものではありませんでした、正直。
後日、娘はフォートナム&メイソンのアフタヌーンティーも試していて、そちらはかなり美味しかったと言っておりました。








f0189142_1542619.jpg




イギリス滞在中、ディナーで一番美味しかったお店をご紹介致しましょう!
ホテルから歩いてすぐの近さにある、「ベナレス」というインド料理のお店です。
ミシュランの星付きの店だそう。
店内は、蓮の花を浮かべた涼しげな水盤が配され、モダンでスタイリッシュなインテリアがインド料理のレストランのイメージを覆します。








f0189142_159322.jpgf0189142_1594883.jpg
























お皿もステキです。
最初に出されたのは、薄いポテトチップのようなものにチャツネをつけて食べるものでした。
あっ、お・い・し・い!
これは期待が膨らみますね〜♪

実は、席についてメニューを渡され、何にしようかと迷っていたのですが、そんな私達の様子を見て、すぐ隣の席に一人でいらしてたおじさまが、声を掛けてこられました。
迷っておられるようなら、これがベストですよと!
「BENARES GRAZING MENU」がお店の人気料理をコースに組み込んであって、その料理に合わせたワインのペアリングもオプションで頼めるそう♪
見るからに人の良さそうな、お腹周りも充分に貫禄のあるおじさまです。
毎回、ロンドンにくる度にこの店を利用してらして、今日もそのコースを頼んだのだそうです。
もうお食事は終わりかけの頃らしく、デザートの前に追加でワインとチーズを頼んでらっしゃる所でした。

ワインの選び方やソムリエとのやりとり、お一人でも食事を楽しんでる様子に、かなりの食通とお見受けし、勧められたコース料理を素直にオーダーすることにしました。







f0189142_1510664.jpgf0189142_15101714.jpgf0189142_15103276.jpgf0189142_1512762.jpgf0189142_15124496.jpgf0189142_1513285.jpg





















































いや〜これは大正解でした。どれも大変美味しかったです♪
モダンインド料理と銘打ってるように、洗練されたお味でした。
細かい事をすっかり忘れてしまって申し訳ないのですが(^^;)、え〜とパイ生地に包んだクラブサラダでしょ、カレー風味のロブスターのリエットでしょ、シトラスジェリーのダックのテリーヌの3種が前菜かな。
カフィアライムのフレイバーのアンコウや、チリソースやヨーグルトでマリネしたローストラビット、ミントチャツネのラム肉。
そしてメインが、コルマソース味のチキン、コリアンダーマリネの車海老のグリル、ひよこ豆の上のローストラム肉です。






f0189142_15142250.jpg



お皿に乗った小さな白い固まりが運ばれ、何だろうと思っていたら、お水を垂らすとみるみる膨らむお絞りの手ふきに変身するものでした!























f0189142_15165580.jpgf0189142_1517459.jpgf0189142_1517148.jpg

















最後のデザートは、ソルベ、バナナチョコレートブラウニー、ヨーグルトがかかったチーズケーキ。
ワインのセレクトもフランスやイタリー、南アフリカなどから、ソーヴィ二ヨンブラン、シャルドネ、ピノノワール、リースリングなどが選ばれていて、美味しくいただけました♪

お食事も合わせてのペアリングワインオプションの値段は、プレミアコースで99ポンド、プレステージコースだと150ポンドです。


このおじさまと、食事中もおしゃべりを楽しんだのですが、シカゴ在住でらして、ロンドンはビジネスで良く訪れるそう。
日本にも何度か行った事があって、椿山荘にステイしたと話されてました。
美味しいものが大好きで(やっぱり!)、世界中、旅先のレストランを調べ、食べ歩いてはマメにリストを作ってるんですって!
私が料理の写真を撮っていると、娘と一緒に撮ってあげようといって、席をわざわざ立って写して下さいました。
どこかイギリス国内を旅したかと聞かれ、オックスフォードに行った事を話すと、なんとおじさまはオックスフォードのクィーンズカレッジ卒業なのだそうです。
ほんとに親切で気さくでとても感じの良い方でした♪
最後にメモを取り出し、ロンドンでオススメのイタリアンのお店まで教えてくださったのでありました〜。(感激)
そうそうフォトナム&メイソンのアフタヌーンティーは美味しいって、おじさまもおっしゃってましたっけ。。
[PR]
by jackie-style | 2010-07-30 14:31 | 海外 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/14297767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mrs-hkg at 2010-07-30 21:45
アジアンなシリーズと、6番と7番の陽気なおじさんコンビがツボです♪
いいですねー、このギフトショップ、、、手頃な価格といい、
品揃えといい、他にはなかなかない充実度&そそられ度ですよね。

お部屋でとは素晴らしいアイデアですね〜〜〜。
なんと優雅で落ちついて楽しめるアフタヌーンティーだこと♪
日本の温泉宿のお部屋食みたいで、リラックス度が◎ですね〜。

おまけにモダン・インド@大当りと最高でしたねー。
本当に美味しそうだし、一度食べてみたいです〜〜〜。
薄いポテチみたいなの、パパドじゃないかしらん。
輸入食材店に、揚げてない丸い生地が売っていて、
自宅で高温の油でさっと揚げるだけですよん。
油に入れた瞬間、びょーんと大きく膨らむので面白いですよ。
こんなレストランがモルのリゾートにあったらいいなあ〜。
親切なおじ様オリジナルの星付きリスト、買いたいです(笑)♪

ごくちまもハロッズの甘いケーキに痺れてがっかりした口なので
もし再訪する機会があれば、F&M、チェックしたいです〜。
Commented by jackie-style at 2010-07-31 00:58
☆ごくちまさま〜、お伝えしたい事があってご連絡しようと思っていた所でございました!

おっしゃるとおり、パパド、もしくはパパダムといって、チャナ豆やひよこ豆やレンズ豆の揚げせんべいだそうです。
ここのはチャツネが抜群に美味しいのです♪
他のお料理も、お肉やお魚の基本の素材は分るのですが、その味といったら、一体どんな香辛料を使ってるのか想像もつかない奥深さがあって、ここでしか味わえないお料理なんだろうと感心したものです!

おじさまね〜、赤ら顔のサンタクロースさんみたいで、とっても大らかな人好きのする方でございました〜♡
あの時、名刺を交換していれば、日本にいらした際にはご案内して差し上げたいお店がたくさんあったのにと、後になって後悔したりして・・・。
旅の思い出深い忘れ難い紳士でありました。。
<< Summer vacation... イギリスの旅-10 >>