ヘイフンテラス、サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ、ボスボラス・ハサン

年の初めからあちらこちら行ってたレストランがだんだん溜まってきてしまって、イギリス編を始めたら長くなりそうですし、この際いくつかにまとめてご紹介しちゃいますね。


まずはペニンシェラホテルのヘイフンテラス。
今年の新年会で利用させていただきました。







f0189142_17271282.jpgf0189142_17274926.jpgf0189142_17282365.jpgf0189142_1729647.jpgf0189142_17294136.jpgf0189142_17303499.jpg
















































左上から順に、
焼物入り盛り合わせ前菜。
蟹肉玉子入りフカヒレスープ。
車海老とアスパラガスの炒め。
地鶏とマコモ茸のオリジナルXOソース炒め。
牛肉入り香港醤油風味の炒めライスヌードル。
フルーツ入りオリジナル杏仁豆腐。
のディナーコース料理です。

お味は悪くありませんが、正直ちょっと物足りない感じでした。もっとガツンと食べたかったですぅ!
ここはアラカルトで注文する方がCPからいってもよろしいようです。
メニューからじっくり選べますもんね。
個室だったので落ち着いて和気靄々と食事ができ、雰囲気は申し分ありませんでしたよ♪

因みにこのホテルのPeterバーでは、19時〜21時までのシャンパンお替り自由プラン(お一人様7800円)と、17時〜20時までの6種類のニューワールドワインお替り自由プラン(お一人様3800円)があって、これにメニューから選べるタパス1皿とバースナックが付いてるそうです。



*****



f0189142_17352310.jpg






















f0189142_173953100.jpg
























本場のビストロ料理をリーズナブルな値段で出してくれるとの評判を聞いて「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」を訪ねてみました。
イザシというのはフランス語読みでお名前はひさしさんのことなんですね。

虎ノ門にあるのですが、夜は人気が少なくてちょっと淋しい感じの場所です。
まず店の入口にシェフ自らの大きな写真が飾ってあるのには驚きました!
地下に降りて店に入ると、テーブル席が3つと、後はカウンターのみのこじんまりとした店でした。






f0189142_174086.jpgf0189142_1741371.jpgf0189142_17421172.jpg

























f0189142_182234.jpgf0189142_1831520.jpg


シャンパンはルイ・ロデレール。

ワインはシェフが料理に合わせて選んで下さったブルゴーニュです。





















f0189142_1853849.jpgf0189142_1871170.jpgf0189142_181018100.jpgf0189142_18141891.jpgf0189142_181617100.jpgf0189142_18162997.jpg




















































左上から順に、「スモークした牡蛎にトマトのジュレ」「鴨のフォアグラのソテーに黒胡椒の甘酸っぱいソース」「蝦夷鹿のグランヴヌールに赤スグリのソース」「Brochet(かわかます)のクネル」「チーズ各種」「リヨンの絹織物職人が朝食べたという、ニンニクとタマネギ入りのヨーグルト風なチーズ」



ね、写真見ただけで美味しそうなのが伝わりませんでしょうか?
しっかりとしたお味でしたしボリュームもあってお得感がありました。

この日はたまたまだったのか、私達が一番乗りで、最初は他にお客様がいなかったんです。
なもので、対面にシェフがカウンターの中から私達の様子をご覧になってるのがわかって、ちょっと緊張するというかリラックスしにくい感じが。。(後からお客様が何組か入られましたけど)
ビストロってお店の中がワイワイと騒めいてるくらいの方が楽しいし美味しさも増す感じですよね。
自宅近くにこんなビストロがあったら頻繁に行きたくなるんだけどな〜。



*****



f0189142_18202589.jpgf0189142_18205734.jpgf0189142_1824041.jpg
















トルコ料理を食べたくて新宿「末広亭」近くのこのお店「ボスボラス・ハサン」に行ってみました。


















f0189142_1827191.jpgf0189142_18271335.jpgf0189142_18284728.jpg













f0189142_18311655.jpgf0189142_18312821.jpgf0189142_18314458.jpg






























左上から「赤レンズ豆のスープ」
その右隣は「前菜5種/エジプト豆のペースト、辛い野菜のペースト、ポテトサラダ、ほうれん草の和え物、チキンペーストのサラダ」
「EKMEK/エキメッキのパン」&エラズー産のワイン「OKUZGOZU」
下段左が「スペシャル・カブルマ/チキン煮込みオーブン焼きチーズのせ」
「茸と野菜たっぷりのチーズピザ」
「コーンスターチとミルクのプリン」
最後にドロッとしたトルココーヒーで〆ました♪

このプリンのデザートはプルプルした食感で珍しかったです!
トルコ料理の香辛料を全然知らない分だけ、エキゾチックなお味に食欲を刺激され満足致しました♪
時々未知なる異国の変わった料理を食べに行っては、いつかは旅してみたいと心ときめいて帰ってきます。
そういえばロンドンのポートベローマーケットの屋台で、それは美味なるトルコ料理を発見!
買い食いしながらマーケットを歩いてたんですが、食べ終わってあまりの美味しさに感激して、またその屋台に戻り、写真を激写してきました。(笑)
イギリス編でご紹介致しますね!

ロンドンは現在ヒースロー空港が閉鎖のため、若い旅行者の中には公園で野宿してる姿もみかけるそうです!(泣)
まだ朝晩寒いでしょうに・・・。
安全に飛行できるまで一体どれだけ待てばよいのでしょうか・・・。
今朝方かかってきた娘からの電話では、現地時間で20日の夜にはヒースロー空港も再開されるかもしれないと言っておりましたが・・・どうなることやら。(溜息)
[PR]
by jackie-style | 2010-04-20 08:34 | レストラン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/13475990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mrs-hkg at 2010-04-20 10:36
ヘイフンテラス、お上品でそつのない感じですねー。
二番目の画像、マンゴープリンと間違えてしまった程に、
蟹みそてんこ盛りのオレンジ色だったんですねー。
ガツンと行きたい日には物足りなさそうな感じはしますが、
軽く食べたい女子ランチの日なんかに良さそうなお店ですね。

ビストロ、そしてお店の内装からは全く想像出来ないような、
シェフの特大ポートレートですねえ(笑)。
でもでも、お料理はシャンパンやワインに合いそうで美味しそう♪
皆でつまみながら楽しくワイワイと長居したくなる感じですね。
フォアグラの甘酸っぱい素材は何でしょうか?気になります〜。
クネルは食べた事ないので、あとで検索かけてみますね。
チーズもとっても美味しそう〜〜〜。

トルコ料理も未経験ですが、美味しそうですねえ。
最後の画像はプリンなんですねー、もっちりしていそう〜。
サックリングピッグに見えて仕方ありません(笑)。
Commented by jackie-style at 2010-04-20 23:46
☆ごくちまさま、サックリングピッグにそういえば・・・!(笑)
本場のサックリングピッグがいつも美味しそうで"あ〜目の毒だわ〜”と指をくわえておりまする。

フォアグラのソースはもうはっきり覚えてないんですが(^^;)、多分甘めのバルサミコをベースにしたソースだったと。果物の甘味も使ってるかもしれませんね。
クネルはすり潰した魚のハンペンみたいなものです。
ここのシェフはリヨンのビストロ料理が専門のようで、クネルというのもリヨンの郷土料理のひとつで、ブロッシュ(川カマス)を使ったものが有名なんですって!
ブータンノワールもこの店の人気のメニューらしいですよ。好みじゃないので頼みませんでしたが。
とにかくドカンとくるようなヘビーなお料理なので、カロリーを気にせずガッツリ濃厚フレンチを食したい方には嬉しいお店ではないでしょうか。
私はどの皿もほんのちょっとのポーションだけで充分でございましたです。(××)

考えて見ればどれも他の国の料理なのに、これだけの水準の美味しい店があるって凄いことかもしれないな〜♪
Commented by nazli at 2010-04-22 16:58
ジャクリーヌさん、こんにちは♪

うわ~、ボスボラス・ハサン!
懐かしいです!
サラリーマン時代、トルコ駐在歴のある方に連れて行ってもらったことがありました。
ピデ(トルコ風ピザ)が美味しかった記憶が・・・。^^
そして、ラク(トルコの地酒)が、ものすごーく口に合わなかった記憶が・・・。^^;
そのときは、まさかトルコに住む日が来ようとは思ってもみませんでしたけどネ。(笑)

ビストロも良さそうですね!
お料理美味しそう・・・。そそられます。
しかし、シェフの特大写真て・・・。(苦笑)
京都の某有名店も、ご自分のポートレートを飾っらっしゃいましたよね。
最近の流行ですか~?^^;

↓欧州のフライト、大変ですね!
お嬢様、無事お戻りになられましたか・・・?
Commented by jackie-style at 2010-04-22 18:32
☆nazliさま♬

実はこちらのお店「ボスボラス・ハサン」は、以前にnazliさまのブログでも書いてらしたのが印象に残ってまして、一度行ってみようと思ってたんです。(^^)V

ほぉ〜、ピデって言うんですか!
まんまピザそのものでした!(笑)
やっぱりイタリアから伝わったんでしょうかね・・・。
トルコ料理は世界三大料理のひとつですものね、知らない美味しい料理がたくさんありそうで、興味深いですぅ。。(地酒も気になるし・・・。)

京都の某有名店ってよくTVや雑誌に出てるあの料理人のお店かしらん?
このビストロのシェフは、あんな大きな写真飾るから派手で出たがりのタイプかと思いきや、以外に地味でぶっきらぼうな印象の方でした〜。(^^;)

娘のこと、お気遣い下さって有り難うございます。。m(^^)m
実際、毎日BBCやCNNのニュースにかじり付いて気が気じゃありませんでした!
来週までフライトが満席だと言われてたんですが、急に空きが出て(皆さんいつ飛ぶかわからないので次々と予約を入れておいたのでしょう)、思ってたより早く帰国できそうです。(ほっ)
本人はもうイングリッシュブレックファーストは飽き飽きしたと言ってましたわ。(苦笑)
<< イギリスの旅-2 イギリスの旅-1 >>