シャングリ・ラ ホテル東京 -2

f0189142_1872720.jpg


お部屋はデラックスベイビューにUG。



f0189142_188396.jpg




昼食をいただいたロビーラウンジでもそうでしたが、ナプキンがパリっと糊が効いていて真っ白でとても清潔感があります♪





f0189142_1893141.jpg























f0189142_18111931.jpg





このスリッパがフカフカで履き心地が良かったですね。




f0189142_18123053.jpg










f0189142_1814883.jpg




f0189142_1816139.jpg
f0189142_1818883.jpg




革張りの時計。サイドテーブルの引き出しのプリングも革。女性には嬉しい時計やアクセサリーの小物入れも革。
部屋全体のインテリアや細部にも高級感があって悪くありません。





f0189142_18233734.jpg
















f0189142_18253916.jpg



これはちょっとお洋服を掛けておくハンガーと時計やキーを入れるトレイが一緒になってるスタンド。ビジネスステイの方には重宝するのかしらん?
私達は使いませんでしたが。






f0189142_18273115.jpg



バスアメニティーはロクシタンで、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローションのセットです。
VOSSのミネラルウォーター。
引き出しの中には、mouth washや、wild rose,jasmine,chamomile3種類のBath saltが常備されてました。

右側の壁に埋め込まれたTV。



f0189142_18291416.jpg








f0189142_18303787.jpg




寝室側から見た浴室です。
バスタブの隅にはタオル地のヘッドレストも置いてあります。




f0189142_21151494.jpgf0189142_21175264.jpgf0189142_2118761.jpgf0189142_21182116.jpgf0189142_21192016.jpg












茶器セットも素敵です。
グリーンティー以外にオリジナルヒマラヤンブレンドティー(Black Tea)がありました。

























f0189142_21204197.jpg




f0189142_21225971.jpg





ディナーはイタリアンレストラン「Piacere」で。






f0189142_21302742.jpg




箸置き入れみたいな木箱の中に温かいおしぼりが入ってます。







f0189142_21315012.jpg




ワインはクロード・ドュガの2006年ジュブレイ・シャンベルタン。



f0189142_2133930.jpg

パンは無花果とオリーブ入り。もちもちしててなかなか美味しかったです。




f0189142_213415100.jpg


アミューズで最初に運ばれたのが、アボガトのムースと蟹のサラダのトマトカップ入り。
「あれっ??う〜〜ん、、もしかして・・」
なんだか悪い予感が・・・。






f0189142_21382640.jpg
前菜に選んだのは、ポテトクリームに雲丹とキャビアのサラダをのせて海老のフォーム仕立て。
メニューを読んだ時には期待していたんですけどね〜。
キャビアがえっこれだけ?でしたし、海老のフォーム自体が何の香りも味もなくて邪魔なだけ!
下の方にこれまたほんのちょっとのスープが入ってたんですが、雲丹は一体どこにあるの?
シェフ忘れたのかしら??

それにしても泡好きみたいです。。















f0189142_21365572.jpg


来ました来ました!
イタリアンレストランですものね〜、パスタで勝負してもらいましょう!
フィレンツェ風のタリオリーニ、トリッパと手長海老のソースだそうです。
はあ〜〜、なんともぼやけた味。。。全然インパクトがありません。(悲)


f0189142_21423020.jpg



3種のフォアグラセレクション。
グレープフルーツの蒸焼き。ブリュレとパッションフルーツソース。ピスタチオを纏ったポワレ。
グレープフルーツの蒸焼きとフォアグラの味がてんでバラバラに主張してて合わせた意味が不明!
ピスタチオの方はフォアグラ自体が美味しくありません!













f0189142_2144849.jpg



リボルノ風魚のスープ。
材料は良いのにスープが美味しくないどころか、ちょっと機械油っぽいような・・・。
どうしてこうなるの・・?不思議だ!



それからテーブルウェイターのサービスがごちゃごちゃしてるようで、別々に何度も同じオーダーを取りに来たり。



f0189142_2145164.jpg







ホテルのメインレストランとして今後に期待したいところです。











f0189142_2149163.jpg




このパジャマ、くにゃっとした柔らかな肌触りでとても着心地良さそうでした◎
VOSSのお水もベッドサイドに。











f0189142_2153501.jpg








f0189142_21555654.jpg



昨夜の雰囲気とはまた違って、爽やかに日差しがふりそそぐレストラン。
ここで朝食をいただきました。


f0189142_1228189.jpg




窓の外を眺めれば、直下に東京駅です。














f0189142_12311862.jpgf0189142_12312828.jpg

























f0189142_12392518.giff0189142_123950100.giff0189142_12401283.giff0189142_1241210.gif







f0189142_12424076.jpg




f0189142_12442136.jpg





f0189142_1245207.jpg





今回の滞在で楽しみだったのが、「CHI」スパでのトリートメントでした。
中国とヒマラヤをイメージした内装で、調度品もエキゾチックかつ重厚感があります。
施術台のベッドはリクライニング式になってます。
ガラス戸の向こうがシャワールームです。

このスパの始めには、コンサルテーションがあって、まず自分が属する元素の診断を受けます。
元素というのは、「金水木火土」の5つの元素からなり、私は「火」という元素に属しているという結果でした。
その「火」のエレメント専用のアロマオイルを使ってのマッサージを受けることになります。

刺繍が美しい民族衣装が掛かった壁際のソファーに座って、最初はクレンジング・フットバスを受けます。
お湯の中にはヒマラヤンソルトとオイルとマリーゴールドが入れてあり、とても気持ち良いです♪

選んだのは「マウンテン サンパ ラブ」という一時間のコースでした。
サンパというのは大麦だそうで、チベットではこのサンパを肌に纏うことで高山の寒暖から身を守る伝統が受け継がれてきたのだそうです。このサンパとオイルを組み合わせリンパを刺激してデトックス効果となめらかな肌に仕上げるコース。
塩スクラブよりは優しいボディワークで、肌の余分な脂を吸収して、すべすべと艶を整え若々しい肌に磨き上げてくれるんですって♪

オイルの香りに包まれて蕩けるようなマッサージに身を委ね、いつのまにか微睡んでしまったようです・・・。
施術の最後は、ゆっくりとシンギング・ボール(写真の金属のボール)を叩いて、その音色がまるで身体の隅々の神経に共鳴してゆくかのように鳴らしてゆきます。
高く低く音が幾重にも振動してこだまのように寄せては遠のいてゆきます。微睡みから徐々に覚醒へと、穏やかに気持ちがゆっくりゆっくりと目覚めてゆくかのようです。

施術が終わると、ソファーに座って運ばれてきたハーブティーをいただきます。
翡翠のカップには、ローズとクコの葉の入ったお茶、これも「火」のエレメントのお茶だそうです。

やはり評判の高いスパだけのことはありました。
聴覚、視覚、味覚、嗅覚、触覚の五感全てを研ぎ澄ませるスパでありました♪





f0189142_21381157.jpgf0189142_21383568.jpg




















f0189142_2139249.jpgf0189142_21391677.jpg




















15時のレイトチェックアウトなので、エステの後はプールへ。
お昼を過ぎるとプールもジャグジー風呂もサウナも貸し切り状態でした♪
夜はプールサイドにキャンドルが灯されてとても綺麗だそうです。






f0189142_2140461.giff0189142_21402381.giff0189142_21403818.giff0189142_21405182.gif






f0189142_2143356.jpgf0189142_21431435.jpgf0189142_21432554.jpg
















こちらはシャングリラホテルの帰りに立ち寄った、東京駅構内ににある「万歴龍呼堂」というお店です。
乾坤白黒羽二重餅をいただきました。
白餅には百合根が、黒餅には胡桃と黒胡麻が入っています。
上品な甘さでとても美味しかったですよ〜♪
主人のお汁粉も美味だったそう。

このお店はミシュラン1つ星をもらってる東麻布にある和食の店で、店頭にはお弁当も並んでました。
今度新幹線を利用する時にはここのお弁当を買って、ついでにお土産用に和菓子も一緒に包んでもらうのも良いかもですね◎
[PR]
by jackie-style | 2010-03-31 08:12 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/13257988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sunny at 2010-04-01 02:10 x
シャングリラ・レポ、ありがとーです。
ここんとこずっと一休でプライスをチェックしているのですが、
激しく値下がりしてますね~♪
4万円でEXラウンジ付きって凄くないですか?
やっぱりすいているのかしら~。
このままず~っとこのままで・・・。(笑&願)
Commented by jackie-style at 2010-04-01 06:49
☆きゃーSunnyさん見て下さって有り難うございま〜〜す♡
えっ、4万円??ホントに??
それはかな〜りお得でございませんか〜♪♪
はやくお里帰りなさって、日本湯煙り温泉紀行のいつもの楽しく面白いレポ心待ちしておりますからね〜〜!!(ファン代表より)

春気分にウキウキ誘われて、ちょっくら西の方面に今から出かけてきま〜す♪
帰ったらまたお邪魔させて下さいませね。(^^)
Commented by mrs-hkg at 2010-04-01 10:01
う〜ん、お部屋もスパもジムも素敵なだけに、
イタリアン・レストランがイケてないのが勿体なーい!
ものすっごく豪華な食材のオンパレードなのに〜〜〜。
たまに、どうしたらこんなに美味しくない料理が出来るの?
って思うお店があったりしますよねー。
自分で作る方が美味しいからキッチン貸してね、って思う事もありますよね(笑)。
スリッパやナプキンや革小物と細部まで拘りがあり嬉しいですね。
万歴龍呼堂さん、なかなか美味しそうで、お食事の方もとっても気になりまする〜。
西の方面?いいですねー。
お天気に恵まれ、まったりほっこり春を満喫出来ます様に♪

Commented by jackie-style at 2010-04-10 17:56
☆ごくちまさま、お返事大変遅くなってしまいごめんなさいね。(深謝)

帰国してどうも疲れが出たようで風邪を引いてしまいました。(××)

そうなんです。シャングリラホテルのスタッフはきびきびとサービスも行き届いていましたし、親切で丁寧な応対だわと感心した場面もいくつかありました。
全体の設備もチープな感じはまったくないし、お部屋も居心地良くて、スパ施設も施術も高いレベルなのに、ほんと残念なのはこのイタリアンレストランでした!
実はチェックアウトした後、その日の夕食にいきつけのイタリアンレストランに食べ直し!?に行ってしまった程でした。(爆)
値段も安くてこんなに美味しくできる店もあるのになぁ〜とつい思ってしまいました〜。(苦笑)

万歴龍呼堂は私も次回是非お弁当を試そうと思ってますんですよ、ふふ♪
この白黒羽二重餅も上品で美味しくてお使いものに最適だわと思いました◎

春とはいっても日本よりまだ肌寒い国に行って来ました。。。

<< イギリスの旅-1 アンサナ・ヴィラヴァル・インオ... >>