アンサナ・ヴィラヴァル・インオーシャンヴィラ その17

数日前、東京でも桜の開花宣言が出ました!
今週末からお花見客がどっと繰り出すことでしょう♪
このモルジブ旅行は去年の夏の終わりかけ、初秋の頃でしたので、秋から冬へ、クリスマスからお正月を経て、ついに季節は春になってしまったという事ですよね〜〜。。(^^;)
長かったですが、今回でようやく最終回とあいなりました。(ほっ)
お付き合い下さって有り難うございました。






f0189142_13334796.jpg




f0189142_13351039.jpg




















本当に最後の食事になった、チェックアウトの日の朝食です。
やきそばのようですが、やけに麺が短くてインスタントラーメンを砕いた感じ!
それにポーチドエッグ。
どちらにもケチャップとサラダ菜みたいな付け合わせ。
そろそろ日本のおにぎりが恋しい感じ。
「かもめ食堂」思い出しますわ・・・。












f0189142_1337834.giff0189142_13373072.giff0189142_13374483.giff0189142_133819.giff0189142_13391590.gif






朝食後、インオーシャンヴィラのスタッフデスクに立ち寄り、この日の最終スケジュールを確認。
日本人スタッフの可愛らしいまみさんが最後まできちんと対応して下さって安心です。
前の晩にスケジュール表が部屋に届いていて、それにはお部屋のチェックアウトは11時で、水上飛行機の出発時間は16時30分とありました。
その間どうやって過ごそうか、メインランドでぶらぶらして暇をつぶそうかと話していたのですが、なんとまみさんがメインのビーチヴィラをディユースできるように手配してて下さいました♪
嬉しい気遣いですよね〜〜◎

そんな有り難い申し出にもかかわらず、実は私は朝から浮かない気分だったのです。
その日の朝は、起きたらまず荷物を全部パッキングしてヴィラの入口に出しておき、それからゆっくりと朝食にしようと思ってました。
ところが、だいたいの荷物を入れ終わり、帰りの機内で着るつもりでいたカーディガンだけは別にしておかなくちゃと思ったら、それがどこにも見当たりません!!
このカーディガンは、同じ柄のノースリーブとアンサンブルになっていて、寒い機内でも羽織れるし、軽くてシワになりにくい素材で、旅行にはとても重宝する愛着のあるものだったのです。
同じ柄のノースリーブが引き出しに入れてあるのはちゃんと見えてたので、なんとなくカーディガンも一緒にあるものだとばかり勘違いしてたんですね。

これはどう考えても最初に泊まったフルレのホテルに忘れてきてしまったに違いありません!
深夜に日本から到着して疲れ切っていたうえ、アンサナ行きの水上飛行機の時間を確実に知らされていなくて、翌朝突然フロントから、もうお迎えの車が来て待ってると告げられ、大慌てでパッキングしたのがいけませんでした!(××)

とにかく、まみさんにフルレアイランドホテルへ問い合わせてもらうしかありません!
宿泊日とカーディガンの色柄をお伝えして、後は祈るような思いで電話の向こうの返事を待ったのですが、、、あ〜ぁ、残念ながら見当たらないとの答えでした。
もっと早くに気付いてれば良かったんですが、あれから何日も経っちゃってるし、もうあきらめるしかないですよね。。(涙)


主人は、いいよまた同じようなの新しく買えばって、慰めてくれたんですけど。。
何度も旅のお伴をしてくれたお気に入りだったので、とてもがっかりでした。




f0189142_13414857.jpg



f0189142_1355723.jpg

















f0189142_13451014.jpg

f0189142_1346731.jpg























f0189142_13481938.jpg

















f0189142_13494127.jpg

f0189142_13515421.jpg






















f0189142_13535071.jpg

















f0189142_13585370.jpg

f0189142_13594538.jpg





























f0189142_1902490.jpg











f0189142_192863.jpg








これがメインランドのビーチヴィラです。
お風呂やシャワーが屋外にあるんですね!
常に波が押寄せている水上ヴィラとは違って、砂浜があって海に続いてる方が落ち着ける感じがしました。
ただこのカテゴリーだと、お部屋は少し狭く感じるかもしれないですね。
勿論、ディユースで使わせていただくには充分快適でしたよ♪




*****




主人がビデオを撮ってくるというので、私は部屋で本でも読んでようかと思ったのですが、なんとなくまだカーディガンを諦めきれなくて頭から離れません!
そうだ、外線を使ってもう一度だけ自分でホテルに電話してみようと思いました。
今度は宿泊日だけでなく、部屋の番号もちゃんと伝え、更にデザインや色のディテールまで詳しく説明してみたのです。
するとどうでしょう!!!
ものの数秒で届いて保管してありますと言うじゃあありませんか!!!
ひゃ〜〜〜、嬉し〜〜〜い♪♪
ほんとですか???と何度も嬉しそうに聞き返す私に、相手の女性も笑って答えてくれます。
夕方フルレに着いたら、早速取りに伺うと約束して電話を切りました。

後でわかったのですが、ホテルには、日付と部屋番号とその部屋にあった忘れ物を記入するノートがあって、そのノートをチェックしてみたらちゃんと該当するものが書いてあったらしいです。
私達がチェックアウトした後に、メイドさんがクローゼットの中のハンガーに掛かったままのカーディガンを発見して保管していて下さったんですね。

あのまま諦めていたら、今も遠いモルジブのどこかの暗い隅っこの棚でず〜っと私のカーディガンが置き去りのままだったかもしれません。。。



f0189142_1935464.jpg






f0189142_1953080.jpg























f0189142_1971444.jpg
















f0189142_199116.jpg






























アンサナ・ヴィラヴァル・・・夢のような日々を決して忘れはしないでしょう・・・。






f0189142_19102644.jpg








f0189142_1922512.jpg



地上の楽園より・・・fin.





f0189142_21354423.jpg








f0189142_21361735.jpg


校舎に「BEHAVE」「LEARN」「RESPECT」と書いてあります。











f0189142_21364750.jpg





街中をオートバイがたくさん走ってましたが、そのほとんどが日本製だそうです。












f0189142_21374199.jpg


モルジブの大統領官邸。








f0189142_21384027.jpg









マーレのモスクは立派です。




















f0189142_21392371.jpg





ちょっときちゃない魚市場。







f0189142_21394669.jpg


















f0189142_21414193.jpg





子供用品店。かつらがなんとも微妙。。。

























f0189142_21445625.jpgf0189142_21454575.jpg











f0189142_21462432.jpgf0189142_2146514.jpg
ガイドさんが案内してくれたレストランで夕食。
ここのカレーは絶品でした!
モルジブ滞在中で一番美味しかったかも♪
















f0189142_1131140.gif




シンガポールのラウンジで、主人はシャワーを利用してリフレッシュ。
私はモルジブで買えなかったお土産を物色♪



f0189142_21495336.jpg





f0189142_21513445.jpg





f0189142_21523190.jpg




















f0189142_21531510.jpg








f0189142_21534097.jpg
タマネギと胡瓜が添えられた、スパイシーピーナッツソース味の毎度のサテー。



f0189142_2157518.jpg



マグロのソテー。














f0189142_21581999.jpg
メインは牛肉の味噌風味朴葉焼きでした。
鮭ご飯に冷たいお蕎麦も。



f0189142_2205016.jpg


チャーシュー&ワンタン入りヌードルスープ。








f0189142_2214341.jpg
〆はマンゴ&パッションフルーツのシャーベット。







お腹もこわさず、海に漂流する事もなく、無事に帰れてめでたしめでたしの良い旅でした♪
日本に戻ったら、しっとりとした夜気に包まれてもう秋の虫が涼やかに鳴いていました。。
[PR]
by jackie-style | 2010-03-25 09:37 | 海外 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/13199415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mrs-hkg at 2010-03-25 11:58
ジャッキーしゃん、お疲れ様でした〜♪
もうこれで終わりかと思うと、とっても寂しい気持ちで一杯です。

焼そば、ほんとにインスタントラーメン砕いたみたいですね。
蒸し焼そばの調理法が分らず強引にバラしたのでしょうか(笑)。

ビーチのジェッティの写真、最高ですねー。
ちょっと大きくして、お家に飾りたいくらいです♪

ビーチヴィラ、派手な色目に目がパチパチしちゃいますが(笑)、
自分のお庭みたいな延長にビーチがあるって、いいですよねー。
プライベート・ビーチ状態での朝のお散歩とか貝殻拾いとか、
我が家気分で独占出来て、楽しめちゃいますよね。

大統領官邸、いい味出してますね〜。
とは対照的に、子供用品店、怖過ぎです!夢に出そうです(笑)。

おおっ、フルレ、やるじゃないですか!!
機内用や旅行用のお気に入りの服や靴やバッグをなくした際の
とっても凹んじゃう気持ちが分かるだけに、嬉しいですよね!!

ラウンジやむやむ&サテー、とっても鮮明に蘇ってる今です(笑)。
雲呑麺、美味しそう〜〜〜。
Commented by jackie-style at 2010-03-26 20:37
☆ごくちまさまがいつもコメント下さったお陰で、なんとかリタイアせずにゴールまでこれましたぁ!
なにしろ膨大な写真の整理に溜息ついてましたから。(笑)
有り難うございます。(^^)
一時はごくちまさまと並んでモルの記事を書いてるみたいで楽しかったなぁ〜♪
今回のTaj Coral Reefも、海の様子はどんなかしら?お食事は?と興味津々ですぅ!

私の拙い文章では上手く表現できなくて、写真でこの島の魅力を少しでも味わえていただけたら、とても嬉しいです♪
褒めてもらえるとすぐ有頂天になっちゃってますです。(*^^*)

アンサナカラーはモルジブだから許せる?耐えられる?・・かもですね。(苦笑)

今回印象に残ったのは、中国人のお若い方がたくさんいらしてたって事です。
急速に経済が発展してるのを如実に感じましたね。
ただ、安いツアーでギリギリでいらしてる方が多いんだそうです。
ハネムーンで来ても、ほとんどお金を使わないで、中には滞在中たった10$しか使わなかったカップルもいらしたそうですよ。@@

もうフルレ様様ってくらい、一気にテンション上がってハッピーな気分で帰ってきましたよ〜♪

春は旅心がうずうずしてきちゃいます。。

<< シャングリ・ラ ホテル東京 -2 アンサナ・ヴィラヴァル・インオ... >>