熱海荘

そろそろ夏も終わりでしょうか。
もののあわれを感じる秋がもうそこまで来てますね〜。(いと哀し)

ついこの間、浴衣の裾を思いっきりはためかせて、全速力で自転車を漕いで通り過ぎていった乙女は、素敵な夏の想い出を作ることができたのでせうか。。。

さて我が家では、ここ数年夏の恒例行事となってる親孝行を兼ねての温泉旅行、今年は郡山にある「熱海荘」に行ってまいりました。
こちらの雑誌に取り上げられており、お料理も褒めてあったので決めました。

f0189142_14331585.jpg

お玄関を入ったらすぐの畳敷き。こじんまりとした風情でございますわね。
客室数は10室。
ライブラリーにある雑誌は、了解を得てお部屋に持ち帰って読んでもかまわないそうです。
夜には備え付けの冷蔵庫から、好きなお酒をチョイスして、バーとしても利用できるスペース。


f0189142_14434717.jpg

お食事は朝夕とも部屋出しですが、こちらのダイニングでいただく事もできるそうです。

f0189142_1501872.jpg

本間と次の間がある「天河の間」に泊まりました。
すぐ目の前に、「五百川」が流れています。
名前の由来は、京都の鴨川から東に数えて500番目にあたり、萩姫伝説に出てくる川で、お姫さまの病を治したのが、ここ磐梯熱海温泉なのだそうです。


f0189142_1513119.jpg

たっぷりの緑が目に鮮やかで、川のせせらぎと、蝉の声がこだまして、あ〜日本の夏!!
露天も気持ち良かったですわ〜♪

宿の方がおっしゃるには、今年は日暮らしが7月から鳴き始め、例年にはみられない現象だとか。
福島名産の桃も、日照不足のせいで、いまひとつ糖度が足りないみたい。

f0189142_19421457.jpg

大吟醸「剣」だったかな。福島のお酒でした。

f0189142_194453100.jpg

桃のワインの食前酒と一緒に出たのが、枝豆豆腐、ラデッシュの千切り、ブロッコリーの餡仕立て。

f0189142_19472221.jpg

前菜盛り合わせは、素麺鯛スープ、子持ち昆布、魳の焼物、もずく酢、合鴨ロースト、焼茄子胡麻味噌。

f0189142_19493677.jpg

椀物は、鱧葛叩、蓬麩、茗荷、メロン、梅肉。

f0189142_19521976.jpg

向付は、鱸、本めじ鮪、縞海老。

f0189142_19565850.jpg

鮑のステーキ、肝ソース。

f0189142_1959174.jpg

焼物は、赤むつ二色味噌(青唐辛子と山椒の木の芽)焼き。

f0189142_21222073.jpg

揚物は、蓮根海老しんじょ挟み揚、蛸の串揚げ、青唐。
小鉢は、郡山産の采女牛冷しゃぶ。

f0189142_21271530.jpg

焼きおにぎりの鮎茶漬け。これに香の物がついてました。

f0189142_21295818.jpg

ブルーベリーアイスクリーム、桃ゼリー、葡萄。

f0189142_21403716.jpg




地元の山や川の食材はもとより海の物まで、偏ることなく上手に生かした献立になっており、奇をてらった物や味付けの濃すぎる物もなく、高齢の両親も喜んで堪能しておりました。

雑誌にも、何ひとつ特別なものはなく「究極の普通」の宿と書かれていましたが、そのとおりでしたね。
ロビーにあった古い柱時計とともにゆっくりと時を刻み続けているような静かなお宿でございました。


炎天下の夏の午後、蝉の声がジリジリと鳴き続け、プール帰りの重たくなったビニール袋をぶらんぶらんと揺らしながら、目の前をゆっくりと歩いて帰る小学生の男の子。
真っ白なランニングのシャツからは、真っ黒に日焼けしたちっちゃな肩が覗いています。
きっと出かける時には、友達とふざけ合って追いかけっこしながら元気にプールに走っていったんでしょ。
遊び疲れちゃったのよね。。。

今年はそんな男の子を見かけないうちに、夏が過ぎていってしまいそう。
[PR]
by jackie-style | 2009-09-09 00:11 | 国内(旅館) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/11896839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sunny at 2009-09-09 00:53 x
こんにちは。

こちらは誉めている方+リピーターが多い宿にて、
今年の秋に行こうかな~などと、一瞬考えました。
(日本行きは結局ボつになりましたが)

普通の上質という感じですよね。
お風呂も小さくて派手さもなく、
それでもリピートする人が多いのは、
魅力があるお宿なのでしょうね。

うーん、うちのオットにはどうかしら。

写真を見る限り、ちょっと湯河原の石葉を思い出させますね。
Commented by jackie-style at 2009-09-09 17:06
☆Sunnyさん、お越しくださって、とっても嬉しいですぅぅうう♡♪♡

>うーん、うちのオットにはどうかしら。
え〜と、サニーさんご夫妻にはお勧めできません。
お部屋がちょっと黴臭い感じで、鄙びた感じがお好きな方だったらよろしいんでしょうが、、、。(^^;)
もしくは、長逗留して小説でも書きましょかって方なら、若者や子供が少なさそうで、静かに過ごせると思います。

眺めは、正面だけ見てたら清らかな渓流と緑一杯で最高のロケーションです。
が、ちょっと横を覗くと、隣の病院のナース専用のモダンなマンションが建ってて、興を削がれてしまいました。残念!

お料理は悪くなかったですし、サービスも素朴で感じがとても良かったです◎
シニアの方に向いてる旅館って感じがしました。

サニーさんご夫妻だったら、来年あたり「星のや 京都」は如何かしら!?
私がお勧めするのもなんですが。(^^;)
12月12日からオープンみたいですね。
もう年末年始はほぼ満室だそうです。
食事無しのお泊まりだけのお値段で、かな〜り強気の設定でございますですよ@@
あっ、温泉じゃないからダメか〜(××)
Commented by aomeumi at 2009-09-10 19:04
ポルトガル・青目
こんにちは、早速お邪魔して、ニッポンの旅を味あわせていただきました。渓流の中の露天風呂は気持ちの良いことでしょうね。
またうかがいます。ポルトガルにもどうぞ・・・。
Commented by jackie-style at 2009-09-11 10:55
☆青目様

遥々ようこそ〜〜〜でございます。(^^)
「路傍の主婦」を読んで、いきなり心揺さぶられちゃった私!!
&漁師の作法のイワシ料理の写真を見てたらたまらなくなって、買ってきて焼いて食べちゃった私ですぅ♪

ポルトガルの海辺の小さな街の暮らし・・・ブログから伝わる雰囲気がとても好きです♡ 
これからも楽しみにお邪魔させていただきますね。
<< Quintessence FSホテル@丸の内・ekki >>