ホテルリッジ&ポンテベッキオ

前の晩あんなに美味しいご馳走をたくさんいただいたのに、一夜明けて目覚めたら悲しいくらいもうお腹が空いてますです(^^;)
またもやリムジンで向かった先はホテルダイニング。
この建物は、昭和初期に建てられた旧三井家の別荘を箱根小涌園から移築したものだそうです。
広い畳の和室にテーブル席が並んでるのですが、違和感なく、椅子のデザインも色もシックで見事に調和していました。
f0189142_17432257.jpg

目にも楽しい12の小皿がいきなり運ばれます!
鯛味噌がとっても美味しくて、これもお土産に買ってかえりました。


f0189142_17433572.jpg

ご飯かお粥をお好みで選べます。写ってませんが、おみそ汁はしじみでした。
鳴門の天然小鯛の塩焼きに酢橘を搾って、ご飯が進みますぅ(はふはふ...)
シラスチリメンに鳴門若布も新鮮!
コーヒーも熱々でよろしかったです。

朝の日の光にキラキラと輝く鳴門海峡を眺めながらの朝食。
それは格別の美味しさでございました。









な訳で、ランチは大阪北浜の「ポンテベッキオ」へ。
ホントのところは、久しぶりに友人と会いたくて大阪に途中下車。
食通の彼女が選んだのがこちらのお店だったのです♪
f0189142_1921287.jpg

ガラスの器が冷やしてあって汗かいてますわん、涼しげ〜でしょ!
「海水漬け知床産バフンウニのジュレ寄せを浮かべたアミノ酸スープ」だそうです。
(メニューよりそのまんま書かせていただきますね^^;)


f0189142_0295987.jpg

「鮎のコンフィの熱々をメロンのソルベットと」
「淡路産ハモの炭火焼きと揚げ賀茂茄子、、、以下長いので省略」
「山口産ノドグロとウイキョウのメッツェリングイネ ボッタルガ風味」
「ウサギとアーティチョークの軽い煮込みソース ブラックオリーブ風味」


f0189142_1036993.jpg

このサマートリュフ、これでもかってくらいに削ってかけて下さいましたよ!
てんこ盛りでしょ♪
友人曰く、トリュフって、「海苔みたいな味やね〜」だそうです。グルタミン酸のうま味調味料みたいな、、、うーーんむつかしい。。。
絶対音感てのがあるなら、絶対味覚ってのもあるのかしら!?
味覚嗅覚に鋭い方なら、きっとズバリと表現できるんでしょうね。


f0189142_11201549.jpg


はい、きっちりぺろりと完食でございます。(^^)V
鮎の頭まで!
パスタ2品、ノドグロとウイキョウや、ウサギとアーティチョークなど、今までに食べた事の無い珍しい食材の組み合わせでしたね。
ランチでもディナー並みのボリュームです。
また来れるなら、パスタのメニューで他のものをあれこれ試してみたいと思いました。

今回はすっかりご馳走になってしまい、この後お買い物にも付き合ってもらったり、ホテルでお茶したりと楽しい時間を過ごせ幸せでした〜♡♪♡
友人の顔を見た途端、すっかり大阪弁?(神戸弁?)になっちゃって(⇒自分ではそのつもり)、時の経つのも忘れてしゃべりまくりでした。(^o^)
東京から神戸に引っ越したばかりの時、照明器具を取り付けに電気屋さんに家に来てもらったのですが、キャスターに乗った上から、「奥さん、これホカシテ下さい」と電球を手渡され、「えっ、なにっ、ホカス?って何?」状態だった私!
関西に知りあいがだ〜れもいなくて心細かった私に、なにくれと本当に親切にお世話して下さったのが彼女でした。
いつまでも友達でいてくれて有り難う♡♡♡
[PR]
by jackie-style | 2009-08-21 15:28 | 国内(ホテル) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/11775685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by strawberry-time at 2009-08-21 19:56
いやーん!!素晴らしい天才@山根シェフのお料理♪
待ってました!のポンテレポですわ(^^)
さすがJackieさまのお友達様のアレンジですわね。
関西イタリアンのドンなだけあって、味、ルックス、ポーションとも
満点でないとお客さんは喜んでいただけませんからね!という
心意気をいつも感じます。のどぐろをドカーンと使う豪快さ、備長炭で
香りを豊かにしかもそっと添えていく繊細さなど、素晴らしいのですよね。
私は最近この山根さんのお弟子さんのお店ばかりなので師匠の味に
出会いたくなってきましたー。(^^)

そうそう!羽田で紙袋を売店のおねーさんに「これ、ほっといてください!」
というとものすごく怪訝な顔をされたことを思い出しましたー。
ほんま、あきませんね~(^^;;
Commented by mrs-hkg at 2009-08-21 20:39
さすが日本のイタリアンという感じで、お見事〜♪
いずれも美味しさが写真から伝わって来ますねー。
とっても手が混んでいて丁寧で見た目も素晴らしいです。
アメリカや香港のイタリアンは見た目で大体味が想像出来るので(笑)、
フレンチや洋風懐石に似て、風味を想像する事が出来たり、
素材や調味料を当てっこしたりと楽しめて良いですねー。
ごくちまは、炊き立てご飯と小鯛とシラスで充分幸せでしてよっ、奥様っ。
欲を言えば、ボッタルガのパスタも♪
むふ〜。
Commented by jackie-style at 2009-08-21 23:58
☆strawberry-timeのmint様〜♪

ポンテレポも関西の新しいスラングか何かでしょうか?
⇒あっ、ポンテベッキオのレポートか、、、今納得!(^^;)

山根シェフのセンスは独特ですね!
誰もが想像できるイタリア料理の枠を超え、もっと自由に独自に世界を広げていこうとなさってるような感じを受けました。
素材の組み合わせの意外さもそうですが、味にも不思議な力強さがあって、東京のイタリアンとは明らかに何かが違うんですわ。。
それこそ山根ワールドなんでしょうか!
テーブルは満席で、人気の高さを物語ってるようでした。

それにしてもmint様のブログ、政治の話題から映画からスポーツから書籍、旅行、音楽、料理、etcと、もう森羅万象に至る話題の豊富さ、知識量に感心すること頻りでございます@@
旦那様とmint様との日々のひとこまも好きですよ〜♡
Commented by jackie-style at 2009-08-22 00:44
☆ごくちま様〜♡

おっ、さすが美味しいものをたくさん召上ってらっしゃる!!
写真を見ただけで、ボッタルガをチョイスなさいましたね(^^)V
私もこれはお代わりしたかったですのよん◎

「青柳」の日本料理、ご主人様が召上ったらどんな風におっしゃるかしらと、ふと思っちゃいました〜。
以前に、じゅんさいをカエルの卵とかじゃないよね??っておっしゃったという話に大爆笑しましたから!!
シラスや若布あたりは難しいかもですね(笑)
鯛の頭だけの兜焼きなんて、よけい訳わかんない感じかも(^^;)
<< ヨーロッパ2008 ホテルリッジ&古今「青柳」 >>