ヨーロッパ2008

最近、編集に時間がかかって(たいした出来栄えでもないのですが...^^;)、なかなかブログの更新ができません。

で、去年行ったヨーロッパの写真でまだ使ってないのがあるのを思い出し、合間合間にそれを少しだけUPしてみる事にしました。
ちょっとは間が持つかしらん?

f0189142_17561854.jpg

f0189142_17511074.jpg

f0189142_18414681.jpg

f0189142_1843741.jpg

ここは、ポンピドーセンターの最上階にある「ジョルジュ」というレストランです。
コスト兄弟のプロデュースによるインテリアは、モダンスタイリッシュ。

ランチでいただいたのは、フォアグラにツナとアボガトのサラダの前菜、オマール海老のリゾットとステーキのメイン。
美術館の中のレストランなので、あまり期待してなかったんですが、これが意外や意外、とっても美味しかったんですよ!!
パリ市街を一望できて眺めも良く、外のテラス席もかなり広くて、お天気が良ければそちらも人気があるようでした。

ポンビドーセンターの外観はといえば、モンパルナスタワー同様、未だに評判よろしくないようです。。。
[PR]
by jackie-style | 2009-06-29 10:29 | 海外 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/11413048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tripper_01 at 2009-06-29 15:04
うーむ、外観同様内装もやっぱりポンピドーセンタでありますね。
Commented by jackie-style at 2009-06-29 15:51
☆きゃ〜tripperさん、ようこそお越しやすですぅう♡

つい最近出版された、戸塚真弓さん著の「パリの学生街」を読んでるとこなんですが、パリを愛する彼女が、「ポンピドーセンターだって私は大嫌いだが〜」とか、「あの醜いモンパルナスタワー〜」とか書いてらっしゃって、フフっと笑ってたとこです。

ソルボンヌ大学近くには20年近くお住まいだそうで、カルチェラタンの路地にまつわる話がたくさん出てます。tripperさんなら良くおわかりになって面白いんじゃないかしらん?


Commented by tsukiko-table at 2009-06-29 22:06
こんばんは♫
ポンピドーセンター(笑)
外観はともかく、お料理はやっぱりパリ!
タルタルに目が釘付けです。

早速、明日マグロを買ってしまいそうです。
パリの美術館のレストランって本当においしいですよね。
日本も少しずつ変わっているようですが、京都の美術館も頑張ってほしいです。
Commented by jackie-style at 2009-06-30 00:12
☆月子様が見てくださるんだったら、オマール海老のリゾットもお見せしたかったな〜〜〜!!
これがもう絶品だったんですよ=3
ピントが甘くて残念ながら外しちゃいました(涙)

京都こそ、舌の肥えたお客さんがたくさんいて、お店のレベルも相当高くないとだめなのでは....。

仏人のご主人と結婚されて、長くパリに住んでる日本人のミツコ・ザハーさんという方が、「パリジャンは味オンチ」という面白い本を書いてます。
この方、友人の家のパーティーで、切らしたマヨネーズを即席で作ってあげたら、一同シーンとなって、家でマヨネーズ作れるんだって、びっくりされたそうです!
月子様のお料理見せたら、腰抜かしちゃうかもでしてよ(^^)V
<< ベージュ アラン・デュカス 東京 アマン アット サマーパレス・... >>