Collection of books about Jacqueline




名乗っておきながらなんなんですが、ジャクリーヌってえっ誰の事?って自分につっこみ入れたくなる今日この頃(恥&照)。
ちょっとスカシちゃいましたかも(爆)。

が、本当に...

昔から憧れだったジャクリーヌ・ケネディ・オナシス♡

シンプルでモダンなファッションセンス、数カ国語を操り芸術にも造指が深く、知的でウィットに富んだ会話、洗練された優雅な振る舞い、全てにエレガンスを感じます。

仏のド・ゴール大統領が、ケネディに「へたなフランスの女より、あなたの奥さんのほうが、よほどフランスの歴史にお詳しいですな」とささやくと、「へたな男よりもですよ」とケネディが答えたとか。
また、エリゼ宮殿の晩餐会での彼女の美しさに思わずドレスの素材を訊ねたド・ゴール大統領。ゲストの夫人のドレスに興味を持ったのは、後にも先にもグレース・ケリーとジャクリーヌだけだったといわれています。
露のフルシチョフ首相が、ウクライナの教師の数の推移を話すと、「あら、統計のお話なんて、つまりませんわ」と答え、フルシチョフもカラカラと笑ったとか。数々の逸話が残されています。

栄光の輝く日々ばかりでは無く、悲劇の最中にあっても毅然と立ち向かい、波乱万丈と一言で片づけるには、あまりにもスケールが違う人生の荒波を乗り越え、きちんと子供たちを育て上げ、決して優雅さを失わなかったジャクリーヌ。

そんな彼女に魅せられて、いつのまにか集まっていた本の数々です。


f0189142_1450860.giff0189142_14492194.giff0189142_14494080.gif

右下の本は、ジャクリーヌの妹、リー・ラジヴィルの写真集。
彼女はトルーマン・カポーティのお気に入りでした。
インテリア好きは姉に劣らずで、当時の自宅の写真が興味深いです。



f0189142_10593270.jpg








f0189142_110593.jpg








f0189142_113988.jpg






↓に続くレアな3枚の写真は、上右側の「Jack」にあったもの。この本セールで売っててお買い得でした。


f0189142_118517.jpg







f0189142_119585.jpg







f0189142_1192135.jpg








f0189142_1110848.jpg




左から2番目上のDVDは、本の付録で付いてたもの。この中に、ジャクリーヌがTV番組で
ホワイトハウスの中を案内した映像が映ってます!
他にも、スペイン語やイタリア語で選挙応援のスピーチをするシーンなど、超貴重な映像が入ってます。
その下のDVDは、映画化されたもの。









f0189142_1112734.jpg
このショット好きです。









f0189142_11154130.jpg

これも珍しい写真
パスタ好き?









f0189142_11183137.jpg


このコート欲しい!












f0189142_11221384.jpg










f0189142_11322925.jpg

上のブローチと、下の写真のビーズのネックレスも素敵♡
サザビーズで約1000点に及ぶ遺品のオークションがあり、有名な模造パールの3連ネックレスは、なっ、なんと約2200万円で競り落とされたそうです!
模造なのにですよっ!!
このブローチとネックレスもあったのかしら?
いくらで落札されたのかちょっと気になるな〜。買える訳無いし、まぁいいです...。












f0189142_11342970.jpg



ジャクリーヌの実家は、ニューポート郊外にあるハマースミス・ファーム。
ここで「華麗なるギャッツビー」も撮影されたとか..。
14歳から使っていたジャクリーヌの部屋も一般に公開されているらしいです。
いつか、訪れてみたいです。。。
と思って調べたら、今はもう一般公開されてないそうです!!
すっごい残念054.gif



次回も、本繋がりでいきま〜す。たぶん..。








[PR]
by jackie-style | 2009-02-10 00:02 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://jkocamelot.exblog.jp/tb/10322378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sunny at 2009-02-10 01:42 x
Jackieさん、こんにちはー。

ジャッキーと呼ばれた女

A Woman Named Jackie

読まれましたか?(和訳は出てないかも)
ビデオも出てるみたいですよ。

日本では森瑤子さんの「美女達の神話」の中の
ジャクリーンについての記が一番近そうな感じですね。

美人といっても、ちょっと変わったお顔で、それも又よろしー。
最近娘のキャロラインがNYの上院議員になるとかならぬとか
騒いでた時期があったじゃないですか。
やたらにTVに露出度が上がったのですが、
彼女、いきなりキレイになりましたね。
以前はちょっともっさりした印象ですが、現在は痩せてすっきりし、
嗚呼、お母さんにそっくりになってきたわ。
ちょっと神経質ぽくてイイ感じ、なんて感動しました。

ワタシはジャクリーンがナーバスぽい感じで、
眉間に皺をよせている顔とか好きです。(^^;)
Commented by jackie-style at 2009-02-10 11:06
Sunnyさん、C・デビット・ハイマン著の本ですね。上下2巻で和訳のもの読みました。
膨大な資料を集めた力作ですよね。ビデオもあるんですか!?
早速探してみます◎ 森さんの本も読んでないのでこれも必読だわ!
いつもサニーさんには、教えていただく事がたくさんあるわ~。

キャロラインの話題は聞きましたが、生憎生キャロラインの映像を見逃して残念★
そういえば、サニーさんもジャクリーヌにそっくりと言われてらしたとか、私、彼女の意思の
強そうな聡明なお顔立ち好みなんで、羨ましい!
あと彼女の足のラインも好きです。足&腕が美しい女性に弱いものですから(←無いものねだり)^^;
なもので、世界有数のバカ嫁の名に恥じないヴィクトリア・ベッカムの足&腕にいつも目がいっちゃう...あっ、チェ・ジェウはもっっ~っと綺麗!(スパモは綺麗で当たり前だからあんまし..)

↓つづく

Commented by jackie-style at 2009-02-10 11:06
すいません、話がそれちゃってました。
今、篠田さんの「第4の神話」読んでます。ちょっと硬くてキツイかな〜。生真面目な方なんでしょうか?
ふと林真理子氏だったらどう書くのかしらと思いました。「RURIKO」読みましたが、
本人まだ元気にご活躍なのに、よくあそこまで書かせてくれたものだなぁ~と少しびっくりでした。作者に、人間の業も善悪も全て包み込む懐の深さがあるからでしょうか?それに浅丘さん自身がさっぱりして拘らない性格だという事もありそうですね。

<< シモネッタさんをご存知? 強羅花壇7 >>